パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パチンコを打つ際の見切りについて

最近の台は演出も多様化し思わず追加投資をしてしまいますね。


フラッシュや効果音、派手な役物の演出で打ち手を魅了する。
(少し前までは激アツと言われた演出も通常演出と変わらないようになっているが)


また、よく「勝っているのに負けている」という
不思議な現象の人をよく見ることがあります。


つまり連チャンして大当たりを何度か引いたにも関わらず、
その後に慾を出して全部ドル箱を突っ込んでしまうという・・・


もしかしたら今のあなたもそんな経験があるかもしれません。


そしてこのことは裏を返せばですね?


もしかすれば負けている人よりも勝っている人の方が
負けている場合も・・・。


矛盾した言葉だが、もっとわかりやすく言えば
勝っていたのに最終的には負けてしまった人。


つまり


“大当たりを引いたのにもかかわらず、負けて帰る人”である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


はじめから当たりを引かなければ早く撤収したかもしれません。


ですが、当たってしまっただけの取り戻そうと
深追いをしてしまい、大負けに・・


これが先ほどいった“勝っている人 勝ってた人ほど負けが多い”
という理由になります。


パチンコとは欲と自制心の戦いのようなものです。


私は前から何度も精神やマインドについて
お話しを繰り返しさせていただきました。


つまり自制心がしっかりしてないと?!


パチンコでは深みにはまってしまいます。


確かに法律上は“むやみに射幸心を煽ってはいけない”となってます。


ですが、その射幸心に煽られて、多くの方がパチンコをするわけですし、
あのドキドキと大当たりを引いたときの喜びはたまらないのは事実です。


どんなに負けてもなぜか当たりを引いた時!?


特にセブン機なら確変を引いたときなど過去の負け分なん
て記憶すら一瞬でなくなりそうですよね?


しかし本来パチンコをするものは当たりが引きたい
と願うのが当然で、またその当たりを引くのが難しく
少ない投資でいかに早く当たりを引くにはどうするかを考える。


それがホール選びから始まり、前日の下見であったり
釘であったり、データーをみたりと言う事になるわけです。


しかしこの場合、当たりを引いた時点で“当たりを引く”という
希望はクリアされています。


つまりその時点では勝っているわけですね。


でも、なぜか勝っているのに負けてしまう。


それがもうひとつのパチンコの壁“見切り”である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


プロとアマチュアの重要な違いはここがもっとも大きなところかもしれません。


プロはトータルでプラスで帰る。


100%勝てるのはゴトしかないのは今更言うことではないが、
必ずプラスになるようになる。


プラスしになければならない。


それは当たり引いたら必ず“プラス”でなければいけない。

つまり“当たりを引いた”すなわちプラスであるということです。


この段階で勝負はある意味決まってます。


しかしここでもうひとつの壁“見切り”が重要になります。


まず前日前々日をみて確変を引いたらいくところまでいくかが、
癖の悪い台はそこでとまってしまう恐れがあるので
時短で100回プラス20回ぐらいで見切りをつけます。


人によっては40回ぐらいで見切りをつけている人もいるでしょうが、
癖の悪い台については早めに切り上げたほうが良いでしょうね。


中には“これは当たりだ”というプレミアに近いリーチも
ことごとくはずす台もあります。


そのような台はあまりお勧めではありません。


でも見切りに関しては答えは簡単です!


釘を見ることなどは知識と経験が必要になってくるが、
これは気持ちの問題だからです。


今日からでも明日からでもできること。


誰もができて誰もが簡単にはできないこと。


それが常に精神と頭は冷静であるということです。^^


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法



パチンコの打ち方ってどうすればいいのですか?

実は・・・

私の知り合いのプロはパチンコを両手で打っています。


「えっ?何を言ってるの?」って言われそうですが・・・・・


実はこの両手で打っていることだが、以外に他の人はやっていません。


ある人に“ハンドルを固定しますか?”という質問をされたことですが!?


多くの人は、ある程度スタートしやすい位置を見つけると
コインなどで固定をしている人が多いです。


私は固定自体は別に悪いと思わないです。


ただ私の知り合いのプロは固定をしない。


では、なぜそのプロはハンドル固定をしないのか?


その理由ですが・・・・・


彼が言うのにはですね?


パチンコを打つ際に、右手でハンドルを通常のように握り
そして左手を添えるように持つときが多いそうです。


ストロークを見てあわせる事はもちろん、右流しや左流しなど
とっさの対応がしやすい事と、両手で持つ事で球筋を見たり
ストロークをみる事ができるからがその理由です。


つまりフリーの方が対応的にしやすいのが一番の理由とのことです。


あと上皿を押さえる事で角度が変わり入りやすくなるという話もありました。、


ですが、今のホールは台の上に玉があり、しっかりと固定されている事から
影響はないと思います。


ただ出てきた玉が暖かい場合は注意が必要です。


それはなぜかと言いますと?!



玉が暖かいということはどういうことかと言うと、


長い時間上にたまっていた証拠でもあり、出ていないと言うこと
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。



でてきた玉を触る事でその台の調子もわかるので
是非玉を触って肌で感じてみるようにしてください。


よくパチンコで勝つにはどうしたらいいか?

と聞かれることがあります。



ですが、最も重要で基礎となるのは次の3つです。



1:最初の1、2分で見る場合 一番は大当たり回数


過去に対して出ているということはその台が出すと言うこと。

まったく出ていないものを選ぶよりも出ているものを
選ぶのは当然ですし、もちろん出す癖があるということです。



2:釘を見る


そのあとに釘を見る。基本中の基本ですが・・・・ 

へそチャッカー スタートチャッカーの釘

この釘であいているか閉めているかはもちろんホールの意図を
読む事で台の癖、そして今日の調子まで見ることができます。


3:データをチェックする


そのあとにデータです。

その台の履歴を見てチェックします。



この3つが重要ポイントです。


大当たり回数が右肩上がりというのは当然だが、やはり出ていない
台よりも出ている台を狙う方がいいですね。


比較的多く出ている物を選ぶ。

釘についてはへそ以外にもへそまでの釘が重要になる場合があります。


多くの人は釘というとスタートチャッカーの釘しか見ない人が多いです。


しかしホール側もその事は知っていて、スタートチャッカーの
釘をあけておきながら、スタートチャッカーまでの釘を閉めている
というケースもあります。


つまりスタートチャッカーの釘があいていても、
そこまで玉が行かないのということ。


これはスタートチャッカー以前の問題です。


まぁ~ホール側の立場で考えれば簡単なことだが、この当たりはやはり
釘が見る事ができるかどうかが勝敗の分かれ目になります。


また釘も正面や上からではなく左右から見ることも大切です。


横から見て上向きか下向きか?


基本的に釘が上を向いている場合、玉は弾くが、下を向いている場合
玉は釘に巻きつき下に落ちます。


その事を知るだけでも、この釘はどういう意図でホールが設定し
どんな台ななのかを知る事ができますね。


釘については同じ台で比較するのも良いし、
隣の台と比較するのもひとつの手だと思います。


ご参考までに。。。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法



パチンコホールの回収日の攻め方と癖の読み方について

パチンコホールは、出玉を出したり回収したりしながら、
最終的には利益を上げるようにしてます。


そしてここでいうパチンコ店の回収日とは?!


一般的に月末の事をいい、20日ぐらいに給料を
もらいその給料を狙ってホールが動くことから回収日と呼びます。


この回収日にホールは台を閉めて来ます。


閉める事で玉のロスを多くし収益を上げようという考え。


週末なども回収日と言われるが、ホール側に立場から見れば、
お客の財布がゆるい時、暖かいときは回収日です。


一週間で言えば土日など“何もしなくても客が来る日”も回収日になるが、
主に月末の事が多いです。


回収日の場合、大半の台を閉めてしまうが、それでも通路側 角1 2 
などは看板台として釘をそんなに極端に閉めてこないですね。

 
ただいつもセンターを開いている場合!?


出している場合などは角1 角2閉めてくる恐れが・・・


それでも1台 2台のうちどちらかは必ず開けているはずなので
台の癖と釘をみながら打つ。


これが回収日の攻め方になります。


少ない優良台を的確に選び慎重に打つのが基本です。
~~~~~~~~~~


次にホールの癖の読み方についてです。


ホールの癖は一週間通えばそのホールの店長や主任など
設定側の癖が見えてきます。


シマ毎の出し方や釘の触り方など。


ただイベントとなる少し異なって・・・全ての台を開放するわけではないので 
どこかで回収しなければいけないですね。


そういう場合は?!


極端に開き具合がわかるので、釘の味方を
勉強するにはわかりやすいです。


それ以外は一週間通うとほぼ癖を見る事ができます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ホールの癖と言うのはイベントの打ち方や広告の出し方などあるが
最も重要なのはシマ毎のの出し方と釘の調整の仕方です。


全ての台を毎回設定する事は困難。


全ての台の一本一本の釘を設定し、それを大型店では何百台と
いうパチンコ台を翌朝までに触るのはさらに困難。


その結果として?!


限定された台の限定された釘だけの調整に終わる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それがそのホールの癖になります。


ホールの形状、つくりによっては少しでも多く出ているように
見せるために交互に出してみたり、商店街や正面のとおりに面している
場合など、外から中の様子が覗ける場合など。。。。


“出ているイメージ”をつけさせる必要がある。


これがホールの癖につながります。


つまりホールの仕事のひとつとして客に“出ているイメージ”
を植えつけるのが仕事でもあるわけです。


最近では入り口でイベント(ジュースの配布やお菓子の配布など)
をして入り口まで来させようとする。


入り口にくれば中を覗き、目に映るのはドル箱の山と快適な音楽、
そして“○○台スタートします。”の快適なアナウンス。


それをもっとも効果的に演出する方法が個々のホールの癖であります。


この癖を読む事で台の絞込みが限定されるので、釘の比較はもちろん台
の選定にも有効的になります。


朝イチなど台選びに時間がないときはもちろん、イベント中の空き台の
少ないときでも安易に優秀台を見つける事ができますね。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法




知って得する便利なパチンコの携帯サイトとは?

今の時代は情報化社会であります。


そしてパチンコの世界においても最近ではいろんな情報があります。


●ネット上のサイト

●各パチンコホールのメルマガ

●パチンコ雑誌

●携帯サイト

●パチンコ攻略会社

●パチンコ商材


などがあります。



ただ、これらの中には有料なものも確かにあります。


ですが、もちろん無料で利用できるものもあります。


どうせなら、無料で利用できるものを最初は有効に扱えるようにすれば
それだけ立ち回りに有利になります。


実はパチンコの勝ち組といわれてる人間ですら、こうした情報収集を日々行い、
そして様々なツールを上手く活用しております。


そして今現在ネットが盛んになってきてますが、このネット上においても
無料で活用できる便利なツールやサイトが数多くあります。


それでは次から実際にネット上で使える便利なパチンコツールを
ご紹介していきたいと思います。



是非ともあなたのパチンコの立ち回りの際に有効活用してみて下さい。


PachinkoFAN ⇒
http://pacnk.com/


これはセグ情報の無料サイトになります。



最近の機種はランプがあちこちに付いてたり、
ありいはセグで判別したりと何かと複雑になってます。


かといってイチイチパチンコ雑誌などをホールに
持ち歩いて調べるのも面倒ですよね?


そんなときに、携帯から見れる上記のサイトで
調べることが出来るのでとても便利ですよ。^^


しかもこのサイトはセグパターンがビジュアル形式で
とても見やすいですから。


是非とも一度チェックしておいてみてください。



あとこれなんかもお勧めです!


PACHINKO104 ⇒
http://www.pachinko104.net/



このサイトは機種のスペックや演出面などの
お役立ち情報サイトであります。


更新スピードも非常に速く、新機種とか出た際に
調べるのにとても便利です。


各機種のスペックもかなり細かく説明されてますので
非常にお勧めですので、こちらもチェックしておいて下さい。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!




twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする



大当たり出玉をしっかり把握しましょう!

一時期は高価交換が主流になってきたのでその影響があるのかわかりませんが

ホールの出玉調整も、どちらかと言うと削るような調整を行っています。



ホールによっては、もちろん釘調整はまちまちですが・・・。

例えば



●出玉を削ってスタートをなるべく多く回すような調整


●出玉はノーマルでスルーチャッカーで確変中の玉を削る方法


●全体的にバランスを取るような調整



など・・・・・。



ホールによって様々な釘調整があります。



そこで、最近のホールの出玉調整について物申します!!



最近のホールは出玉カットしているホールが増加してきています。



あなたがもし安定的な勝利を望むのならば

出玉カットを軽視してはいけません。



それは実はホール選びの基準にもあるからです。



それとよくありがちなのは、いわゆる『底上げドル箱』

 

どこのホールも少ない出玉をいかに多く見せるかを意識しております。



ほぼすべてのホールがドル箱を積む際に出玉感のある積み方をし始めています。



思いっきり底上げをしたり、空箱の上に積んで倍に見せたりとね。。。




あなたもこのおかげで通路が狭くて通りにくいという

経験はされたことはないでしょうか?(苦笑)



このようにホールもいかに出てない出玉を出ているように

見せるかの努力はすごいしているようで。。。(苦笑)



そんな努力をするぐらいだったら、ちゃんと正規で

出してもらいたいものですよね?



まぁ、ホールも出玉をいかに出しているように

見せるということに相当頭を使っているようですね。




それから出玉の調整に関しては、そのホールの意識が

かなり分かるようになります。



これは確変・時短中の調整の玉減り具合にもいえることなんですが

通常時の回転数を上げる代わりに出玉を削ろうとか、回転数を

抑え気味にして出玉はあまり削らないでおこうとか・・・。



それは個々のホールの方針によって釘調整は違ってきますから。



そしてどちらの調整を選ぶのかはアナタ次第。

 

大当たり中の出玉が削られてイライラするような方は

後者の方を選べばよいですし。



まぁ、両方良いのが一番ベストなんでしょうけど

そんなホールはまず皆無です。(苦笑)



ですが、ここで大事なことは大当たり出玉が変われば

もちろんボーダーラインも変わってくるということです。




あまり回転数は良くないのだが、出玉の調整具合が

良ければ勝負出来るなんてこともありますからね・・・。



すべては、あなたがどこで勝負の要点を

決めるかが大事なわけですから。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。