パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パチンコを打つ際の見切りについて

最近の台は演出も多様化し思わず追加投資をしてしまいますね。


フラッシュや効果音、派手な役物の演出で打ち手を魅了する。
(少し前までは激アツと言われた演出も通常演出と変わらないようになっているが)


また、よく「勝っているのに負けている」という
不思議な現象の人をよく見ることがあります。


つまり連チャンして大当たりを何度か引いたにも関わらず、
その後に慾を出して全部ドル箱を突っ込んでしまうという・・・


もしかしたら今のあなたもそんな経験があるかもしれません。


そしてこのことは裏を返せばですね?


もしかすれば負けている人よりも勝っている人の方が
負けている場合も・・・。


矛盾した言葉だが、もっとわかりやすく言えば
勝っていたのに最終的には負けてしまった人。


つまり


“大当たりを引いたのにもかかわらず、負けて帰る人”である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


はじめから当たりを引かなければ早く撤収したかもしれません。


ですが、当たってしまっただけの取り戻そうと
深追いをしてしまい、大負けに・・


これが先ほどいった“勝っている人 勝ってた人ほど負けが多い”
という理由になります。


パチンコとは欲と自制心の戦いのようなものです。


私は前から何度も精神やマインドについて
お話しを繰り返しさせていただきました。


つまり自制心がしっかりしてないと?!


パチンコでは深みにはまってしまいます。


確かに法律上は“むやみに射幸心を煽ってはいけない”となってます。


ですが、その射幸心に煽られて、多くの方がパチンコをするわけですし、
あのドキドキと大当たりを引いたときの喜びはたまらないのは事実です。


どんなに負けてもなぜか当たりを引いた時!?


特にセブン機なら確変を引いたときなど過去の負け分なん
て記憶すら一瞬でなくなりそうですよね?


しかし本来パチンコをするものは当たりが引きたい
と願うのが当然で、またその当たりを引くのが難しく
少ない投資でいかに早く当たりを引くにはどうするかを考える。


それがホール選びから始まり、前日の下見であったり
釘であったり、データーをみたりと言う事になるわけです。


しかしこの場合、当たりを引いた時点で“当たりを引く”という
希望はクリアされています。


つまりその時点では勝っているわけですね。


でも、なぜか勝っているのに負けてしまう。


それがもうひとつのパチンコの壁“見切り”である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


プロとアマチュアの重要な違いはここがもっとも大きなところかもしれません。


プロはトータルでプラスで帰る。


100%勝てるのはゴトしかないのは今更言うことではないが、
必ずプラスになるようになる。


プラスしになければならない。


それは当たり引いたら必ず“プラス”でなければいけない。

つまり“当たりを引いた”すなわちプラスであるということです。


この段階で勝負はある意味決まってます。


しかしここでもうひとつの壁“見切り”が重要になります。


まず前日前々日をみて確変を引いたらいくところまでいくかが、
癖の悪い台はそこでとまってしまう恐れがあるので
時短で100回プラス20回ぐらいで見切りをつけます。


人によっては40回ぐらいで見切りをつけている人もいるでしょうが、
癖の悪い台については早めに切り上げたほうが良いでしょうね。


中には“これは当たりだ”というプレミアに近いリーチも
ことごとくはずす台もあります。


そのような台はあまりお勧めではありません。


でも見切りに関しては答えは簡単です!


釘を見ることなどは知識と経験が必要になってくるが、
これは気持ちの問題だからです。


今日からでも明日からでもできること。


誰もができて誰もが簡単にはできないこと。


それが常に精神と頭は冷静であるということです。^^


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/886-6562bc54



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。