パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールコンピューターの歴史をたどる?

パチンコ店はホールコンピューターを使って
各台ごとのデータを集めます。


このデータは日々の釘調整をする上では
非常に重要な役割をもたらします。


またデータに関しては、当時のフィーバーブームの頃から
その重要さが指摘され始めました。


こうしたデータの扱いにより?!


近年は、さらなるホールの成績が左右されるようになってきました。


そこで!?


もう少しデータに目を向けようではないかということもあり
ホールも真剣にデータ管理をするようになってきたのが
フィーバーブームの時期になります。


それまでは


●アウト

●セーフ

●差玉

●打ち止め回数

●売上

●ジェットカウンターで数える玉数


ぐらいのデータ管理でありました。


これだけのデータで事足りていたのは当時は事実でありました。


ところが、ここで実は問題も同時に生じていたわけであります。


その問題とは一体何かと申しますと?



当時は、フィーバー機の売上は上がるのですが、
他の一般台に関しては上がっていないという事実がありました。


 
そこでホール全体の売上だけでは機種に合わせたクギ調整が
まったく出来ないというジレンマに陥ってしまったわけです。


ですので、島ごとの売上を求めて、機種の種類ごとに割数を
出さなければならなくなったのです。


いわゆる機械の性能の差が大きくなってしまったわけで
島の割数を出す役目がコンピューターに付加されたのです。


そして、その後にフィーバーのカウント規制が始まったのです。


これは連チャン規制のようなもので、機械の魅力だけでは
ホールも営業が出来なくなったということなのです。


こうなれば、とにかくホールの力で顧客を呼ばなくては
ならなくなってきたわけであります。


 
そこでクギ調整を円滑に行うために、それぞれの機械について
細かくデータを取らざるを得なくなったのです。


その時に登場したのが?


●ベース(遊び率)


と呼ばれる考え方だったのです。



これは特賞中と特賞以外に分けで、特賞以外の時に
アウトに対するセーフの割合を求めたものから導き出される数値です。

※詳しくはこちらのマニュアルに書かれてます。
⇒ 
http://www.zero-one-pachi.com/holekon.html


 
この機械の状況を把握しなければならないとのことで
生み出されたのが、ベースなのです。


 
このようにしてより正確なデータが求められるようになり
今現在に至っております。


今では、確率変動中のデータなどももちろん検出出来ます。


 
競争が激化している今日この頃!?


 
パチンコ台から提供されるデータ数字は、ホール営業に
とっては非常に重要な武器のひとつとなっています。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■無題
こんにちは(^-^)/
プロからしたら止め打ちで回転数上げたり出玉増やすだけでも店員張り付いたりでウザいですけどね( ; ; )
【2011/12/09 16:29】 URL | 三流のパチプロ #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/863-b5c253b6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。