FC2ブログ
パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今のホールは本物の釘師がいない・・・・・

今のパチンコホールの店長クラスのほとんどは
20代~30代前半に移行してきてます。


一昔前の店長クラスは、やはりある程度業界の経験もそうですが、
厳しい下積み生活を経なければなりませんでした。


ところが、今の時代は変わりました。


ついこの間まで大学生をやっていた学生が、
たったの1年や2年の研修で店長になる時代です。


そしてこの時代の流れといいましょうか?


こうした現代の店長の生まれ方が本物の釘師の存在を
無くしてしまってる要因にもなってます。


その影響は、ホールでの釘調整にも表れています。


羽モノとかCR機でヘソのスタートチャッカ―に
中々玉が入らずにイライラしてる打ち手も多いでしょう。


そして普通は羽モノといえば?!


遊べる台として年配層に人気のある機種でもあります。



それが、今の店長クラスの釘レベルで遊べない台に
成り下がってるわけなのです。


とにかく全体的に回らない台が増えて来てます。



こうした一番の要因がですね?



さっきも述べたように釘師の不在なんです。


今のホールには、残念ながら釘を熟知した釘師と呼べる
熟練のスタッフがいません。


それで、今現在はどうなってるかというとですね?


釘の基本も分からないまま見よう見真似で釘を叩く
素人まがいの店長・主任クラスの釘師です。


だから当然、台の釘の構成や特性を分からないまま
釘調整をするから、必然的に回らない台になってしまうわけです。


これが一昔前の釘師であれば!?



もっと打ち手にやる気を起こさせるような釘調整をしたかと思います。



同じ釘を閉めるにしても、彼らは熟練の技術がありますから、
打ち手に見た目で分からないように工夫します。



そして今はパチンコメーカー側が新台入替時に釘調整をするのは
違法行為になりますが!?



それでも機種の特性を知らない素人釘師に任せられないといことで
密かにメーカーの人間が釘調整をする場合も出て来てるようです。



そして今のこの熟練の釘師がいないということが、
実はパチンコファンを痛い目に遭わせてるわけなのです。


1000円打っても、デジタルが2、3回しか回らないとか・・・・・・


こんな釘調整をしていては打ち手もホールから離れてしまいます。



そしてこうしたデジタルが回らないのは、実は釘調整だけではなく、
台の傾斜も関係してるわけです。


私の時代の釘師は、みんなメーカー別で傾斜のサイズを測り、
なおかつ各メーカーごとに台の癖をつかみ研究してました。


今の若い釘師さんは、こうした傾斜とかを考えずに
釘だけを調整してしまいます。


だからその機種に合った特性が生かせないのですね。


この台の傾斜を上手くつけてやることで、
見た目の釘はほとんど変わりません。


この台の傾斜を日々研究してたのが?!


昔の熟練の釘師だったわけです。


そして打つ前にこの傾斜をチェックする方法があります。


それは100円ライターを台のガラスに立てて、
気泡が真ん中にあるかどうかを確認することで分かります。



この時に左右に気泡が偏るなら傾斜があると考えていいわけです。



まぁ、いずれにしろ今の釘師は知恵がないといいますか?!


創意工夫が足らない気がします。



同じ打たせるなら、打つ手にやる気を起こさせる調整にしなければなりません。



釘調整によって生きる機種もあります。



まぁ、今はデジタルパチンコが主流なので、
こうした私の考え方は古いのかもしれません。



ですが、昔の釘師は間違いなくどのホールも味のある釘調整を
していたのは事実であります。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/855-1bba8710



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。