パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パチンコを打つとき、釘を見ると言いますが・・・・ 

パチンコを打つとき、釘を見る・・・と言いますが、
チャッカーの釘を見ているのですか?


どこの釘がどうなってたら良いんですか??



特に初心者の方にはパチンコを打つ際に
いくら釘読みが大事だといっても中々最初のうちは
よく分からない場合があるかと思います。



ヘソ釘を見るのが基本中の基本ではありますが、
それでもそれ以外にも色々な釘があり区別が付かなかったり・・・・



あるいはどこの釘をどう見たらいいのかが
分からないといったことがあるでしょうしね。


これから釘読みについて説明する前に、
まず台には「ねかせ」といった奥に向かった傾きがあります。



仮に同じ条件で考えて見ましょう。



極端な場合は別で、玉を釘に向かって真上から落とした場合。


上げ釘の場合・・・・・根元に向かって玉が釘にからむ。

下げ釘の場合・・・・・ガラス面に向かってすべり、落ち着きのない球筋となる。



また左右に曲げた場合は広くなった側に玉が流れる。


真上からの条件ですので、これが様々な条件で作用される事になります。



最初に天釘左の「ぶっこみ」にむかって発射された玉は
「寄り釘」の広い側をすりぬけて「風車」に絡むことになります。



この風車の左右の曲げで左に曲げられた場合の方が
「ワープ入り口釘」に入るか?



あるいは「道釘」に導かれて、「命釘」の横の「ジャンプ釘」で
ジャンプしスタートチャッカーに入る事になります。


勿論ステージの個々のくせはあるのですが。



つまり一番大事なことは、玉の流れを見ることなんです。



どの釘がどうなってると玉の流れがどうなるのか?


これを常に観察するクセを付けてください。



それが出来るようになると、案外釘読みは簡単に見れます。



ただ実際のホールのパチンコ台は設置された時から
それぞれのホールで同じ条件はないと思います。



ホールコンのデータを見ながら釘調整を行い、
こうしたいという目標に近づける事になります。



そしてホール側が日々のデータを収集し、
前日・前々日との比較から釘調整を行います。


ただ実際のその台の釘を見て回るかどうかは
やはり結局打ってみないと判らない現実があります。



それで実際によく回る台を見極めるためには、
試し打ちをすることになります。


天釘左側のポイントを変え少しでもよく入る場所を探す。


1000円でどれだけ回るか?



これも各機種や各台によっても、若干のスランプがあり
一様でないところが難しいところも確かにあります。



それで試し打ちしながら自分でよく回るポイントを
出来るだけ早く掴むことが大事です。


この試し打ちの際にもやはり玉の流れをよく見極める
ということが何よりも大事になります。


それで打ちながら、もしヘソが開いてるにも関わらず
思ったほどデジタルが回らないというのなら!?



ストロークの打ち方を変えてみたりします。


それで自分なりの回るポイントを見つけ出します。



案外と弱め打ちで回る時もあれば、
強め打ちの方がよく回る場合もあります。



なので打ちながら実際の釘とのズレを修正していくのです。



最近の台に関していえば、昔に比べて液晶とか役モノとかが
やたらと大きくなり、その分釘の数が昔の台に比べて
少なくなってきてます。



その分、釘を見て台を選ぶというパチンコの醍醐味が
薄れてるようにも思えますが・・・・


それでも釘を見る楽しみはやや少なくなりましたが、
投資金額を抑えつつ当たりを待つ。



これが大事です。



釘読みはまだまだ重要な要素でもあるわけです。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/849-17effc64



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。