パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パチンコで勝つための努力はどんなものがありますか?

努力というと!?


何か面倒だなぁって思う方もいるかもしれません。


だからこそ、楽して儲かるみたいなものが
この世の中からなくならないのだと思いますが・・・


パチンコでもそうですが、ゴト師であろうとプロであろうと
やはりそれなりの努力はしてます。

※ゴト師は犯罪なので絶対に真似しないようにしてください。


ゴトは確かに褒めたことではありませんが、
彼らの事前調査に対する念入りな努力に関しては!?


ある意味すごいものがあります。


失敗すれば、警察に捕まるか?


飯の喰いっぱぐれになってしまうから真剣です。



またパチプロもそうです。


稼ぐために日々努力をし、研究を怠りません。



で、ここから本題に入るとしますね。



いわゆるパチンコで打つ前の努力としては?


まずなんといっても機種の勉強ですね。



昨今では色々なシステムのパチンコがありますので、
その内部システムや打ち方などを知る必要があります。


その上、潜伏確変というものもありますから、
知識がなければ確変中に止めてしまう可能性もあります。


それと同時に毎月、続々と新しい機種が出てきますので、
新台のチェックも欠かさずに行ってください。



あなたが勝負に行くホールにある全ての機種の特徴を
知るくらいの勢いで勉強が必要だと思います。



それに加えて、釘を見る訓練が大事です。


パチンコは、設定が見た目では判断できないスロットと違い、
打つ前から、一番大切な釘を見ることが出来ます。


どの釘がどのようになっていれば良いか?


またどうなってれば良く回るのか日頃から研究します。


無論プロといってもその機種ごとに
完璧に釘読みすることは難しいですが。。。


実際にいざ打ってみたら!?


全然回らなかったということも頻繁に起きます。


しかし、釘を見ることで、ダメな台は消去法で排除できます。


つまり打つに値する候補台を絞ることが出来るだけでも、
釘読みをするだけ十分意味があります。


あと、は店選びですね。



どんなに腕のいい釣り師も、水溜りでは魚は釣れません。


きちんといい釘の台を置いている店を探す必要があります。



そのために、幅広く情報収集をする必要があります。


各ホールごとのメール会員になったり・・・・


ホールのホームページをみたり・・・・


常連客の生の会話を聞いてみたり・・・・


とにかくなんでも利用します。



で、いい店が見つかったら打つ前日閉店前に下見。


1週間単位でデータを取って、店の癖などを見つけます。


どのように釘を変化させてくるか?


あるいはその移り変わりはどうか?


また見せ台をどこに置くか?


どの機種に力を入れるか?


イベントの出具合はどうか?


など・・・・・・



狙い台を決めて、それをいざ確保し打ちます。


パチンコの場合は、打つ前に釘を見て判断します。


どんな狙い台でも、釘が悪ければ打たない。


それで他に良い台を探します。


この意識は必ず持ってください。



打つのも、ただ打っているだけでなく止めうちするですが、
通常時だけでなく大当たり時も確変時短時も止めうちが必要です。


通常時は、保留が3個になった瞬間に止めます。


止める直前までに打っていてまだ盤面を落ちている玉で4個目を入れるという作戦です。


4個になった瞬間に止めたのでは、止める直前まで打っていた玉が無駄になりますからね。


釘の良い台だと、3個で止めても残りの玉で4個目が入り尚且つ
5個目6個目も入ってしまう可能性もあるので、保留2個で止めたりします。


大当たり時も打ちっぱなしでなく、止め打ちすることが大事です。


ラウンド間に、アタッカーが閉まっている時間がありますよね?


そのときには玉が無駄になりますので、9カウントの台だったら
7個くらい入ったところで止めうちすると!?


その直前までに打っていた玉で8個9個を入れるという作戦です。


釘のいい台の場合は、6個目5個目などで止めて、
残りで789と入れる場合もあります。


確変時短時は、パカパカ開く電チューの動きにあわせて止め打ちします。


機種によって違いますが、

「空いているときに玉がそこにあり、閉まっているときには玉がないようにする」

というのは共通です。


で、その狙い台が良い台なら、止めうちを駆使して打ちます。


狙い台が打った末ダメな台なら、迷わず捨てる覚悟が必要です。


いつまでも出ない台に未練を残さないためです。


そして他に良い台が空いていないかを探します。



この時に、最初に勉強した幅広い知識と釘の勉強が役立ちます。


良い台が無かったら、空くまで待つか他の店に行くか帰ります。


ここでは無駄金を使うのだけは避けます。


それと、潜伏確変状態で捨てられている台を探すというのも立派な立ち回りです。


ここでも普段からの幅広い台の知識が必要となります。



で、閉店まで打ち続けた場合も途中で帰った場合も、
閉店前のデータ取りは欠かしません。


打たない日でも、データ取りだけには行くべきです。


その後、家に帰ってデータ整理や翌日の狙い台を決めるなど、
様々なシュミレーションや戦略を練ります。



あとはこれの繰り返しです。


大切なのは、確率論を信用し、
「理論的にプラスなんだ」と信じることです。


どんなに運悪くはまり続けても・・・・


またどんなに運良く箱を積んでも・・・・・


釘の悪い台ならば即やめする潔さが大事です。


これらは、理屈を信じて初めてできることです。


また、それらは長いスパンでの収支に
成果をもたらすものなので常勝必勝などは無理です。


運悪く負ける日もあります。


そんな運の悪い日に、

「理論的に正しいことをしているんだ自分は」

と信念を貫き通すことが大切です。



決して、オカルトや遠隔などに逃げてはいけません。


本当にこれらを真面目に出来たなら、確実に収支に変化は出ます。



『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』の攻略情報に興味はありますか?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■無題
スゴイ詳しくパチンコの勝ち方を説明されて勉強になりました。
【2011/08/26 18:21】 URL | 吉川智之 #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/820-7a457f55



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。