パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リサイクルパチンコを再考してみてはどうでしょうか?

今年はパチンコ業界は東日本大震災がかなり多大な影響を及ぼしてます。


例の東京都知事の問題発言から新台の納期、
あるいは自粛モードによる稼動と売上の激減、
電気の節電の問題や定休日問題など・・・・



業界を取り巻く環境は厳しいのは事実です。



その中でも特に影響を受けてるのが各メーカーです。



東北・北関東エリアの工場から多くの部品供給を受けてる
メーカーは、機械の製造が思ったように進ませることが
出来ない事情があるわけです。


部品工場自体が被災したことで、新台を作るために必要な
部品が足りなくなってるのは明らかです。



それであれば、

「他の工場から調達すればいいことでは?」

って思いますよね。



でも、話はそう簡単ではありません。



つまりパチンコ台は、申請したものと全く同じ部品を
使用していないと許可が下りなくて販売が出来ないからです。



それが例えネジ1本程度であったとしても
申請と違ってればNGなのです。



こうした保通協の厳しい申請規定があるので、
今回の震災によってネジ業者が向こう1年はネジを
作れないとなると!?


メーカー側も当然その間は新台を製造出来なくなるわけです。



ただメーカー側も新たな部品で申請しなおすという手段も
確かにありますが、それにはまた更に数百万円ほどの
申請料金が掛かってしまうわけなのです。



それに時間的にも2ヶ月近く販売するまでに
掛かってしまうわけなのです。



いわゆる機会的ロスってやつです。



そこでメーカー側は、部品の下取りのために
ホールから外れた台を下取りする方針を固めたのです。



これはお互いにとってもメリットがあります。



ホール側も新台が安く買うことが出来ますし、
その分、打ち手に還元できるようになりますしね。



メーカー側も部品が再利用出来るので、
コスト的なことや時間的なロスが解決できます。



そしてもっといえば?!



廃棄台が再利用されることで、廃棄物が生まれない
というエコ効果も環境にはいいからです。



なので、各部品工場が平常通りに稼動しても
こうした方針は今後も続けていってもらいたいものです。



誰もが得をするような仕組み。



それが今のパチンコ業界には
本当に大事なことではないでしょうか?



なので、今後はリサイクルパチンコ台をもっともっと
メーカー側も真剣に考える時期に来てるのではないでしょうか?


パチンコで勝てる台を見つけるには?






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/786-6dca7a3b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。