パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実際のホールでのパチンコ台の稼動数について

パチンコ台やそのホールの人気度を測る上での
バロメーターとなるのが稼動数です。



ホールにいる客数でもそのホールの人気度は確かに図れますが、
ホール関係者の場合、そこよりも稼動数を見ます。



なぜならば?!



来店数や客数は、時間帯によっても全然違ってくるからです。




例えば、朝・昼がガラガラのホールであっても夕方以降だけの
ピーク時だけを見ると、そのホールはよく流行ってるって
思いがちになります。




ですが、稼動数はウソをつきません。



その日のトータルでの実際の客がその台に打ち込んだ玉数を
正確に示してくれるからです。




冒頭で、フルに稼動した場合(13時間営業として)
稼動数は78000発になるというのが理論上で分かります。




ですが、実際にはこの数値はありえないわけで、
現実に修正すると?!



最大でもこの数値の7掛けとして、53000発ぐらいが
実際のピークの稼動数だと判断できます。




この稼動数の最大値をご理解したうえでここからお話します。




某全国のパチンコ店のデータによると!?



現在は4円パチンコの平均稼動数は18000~19000ぐらい。


でも、このデータはある程度しっかりしたホールが集まってのデータです。




ですので、実際の本当の稼動数のデータは当然この数値よりも
かなり大幅に劣るものと私は思います。



現実的には実際のホール全体の稼動数の数値は、
その3~4割減になるものと思われます。



つまり正確な全国平均での稼動数は約13000発ぐらいが
妥当なラインではないかということです。



通常、我々ホール関係者の見方としてはですね?



この稼動数が平均3万発以上あるホールはAクラスであると認識します。



そして平均稼動数が1万発にも満たないホールを
D・Eクラスと言ってます。




つまり存続自体がやばいホールであるということになります。



まぁ、これは元々昔ながらにやってる借金のないホールなら、
別段気にすることもないことかもしれません。




ですが、借金がまだ残ってるホールのオーナーさんですと!?



当然呑気に構えてられない数値であるということになるわけです。




というわけで、今回は一般の方にあまり馴染みのない「稼動数」という
言葉を用いてホールの人気のバローメーターの見方を解説してみました。




手短でしたが、何かの参考になればと思います。^^


パチンコで勝てる台を見つけるには?






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/769-3d662558



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。