パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メーカー発表のデータと現実とはブレがある?!
新機種なんかが出ると、メーカーからその台に関する
データが公開されていきます。



大当たり確率とか、確変突入率、出玉なんかがそですね。




それでその大当たり確率とか確変突入率なんかを目安に
機種選びをして打つ方もいるかと思います。




またホール関係者も当然新機種が出た際には、
メーカーからいわゆる開発データ(シュミレーションデータ)
というものを入手し、それを参考にします。



ですが、それらのメーカー発表のデータと実際にホールで
導入し、稼動させた時のデータとにはズレが生じる場合があります。




よくあるのがですね?


「あの機種は思っより確率は辛いとか甘いとか。。。」


こんな感じです。




それは打ち手側も同じです。





そして実際には思ったよりも辛く出てしまうなんてことが
最近よくあるようであります。




では、なぜこのようなことが起こってるのか?




それはひとつの理由として、一昔前は開店釘をメーカーの人間が
調整していたが、昨今はホール側で調整するようになった
ということがその要因であるようです。




つまり、ある時を境にして、メーカー側も警察庁が
釘調整を隠れ蓑にしてギャンブル性の高い性能を持つ
機械を持ち込むのを防ぐためです。




そうした警察庁の強い姿勢から、メーカーも最近では
開店釘の調整を一切しなくなったわけです。




なので、今ではホール側が何も訳が分からないまま
手探り状態で開店釘を叩いてるわけです。




そのことが、釘調整レベルの低下に繋がってるわけです。




つまり、同じ機種でも同じスタート回数に調整したとしても
回転にムラが出たりとか・・・・



同じ出玉調整にしたつもりでもアタッカーに玉がしっかりと
入らなかったりとか・・・・・



まぁ、色々あるわけです。





ほとんどのホールが事前情報のないまま
初めての台を釘調整するわけです。




なので、どの機種でも他の機種同様にしてしまう
というミスを犯してしまうわけなのです。





それで当初のメーカー発表の確率が思うように
出なかったり、辛くなったりしてしまうわけなのです。





機種によっては釘調整によっても甘くなったり、
その反対に辛くなったりもします。





その辺のメーカーからホールへの釘調整の情報伝達が
しっかり行われてないことにも起因してるのです。





例で挙げるならば!?




人気のタイガーマスクなんかがそうです。





元々この機種は打ち手に甘い設計で開発されてます。





それがいざホールが営業で使う際には?!



電チューサポートの玉減りを激しくすることで
全体のバランスを取るという想定だったわけです。




ただ当然ホール側にはメーカーの意向は伝わっておらず、
実際にホールでは甘くて使えないって現場の意見に
なってるわけなのです。





このようにして、現在はメーカー側が開店釘調整を
しなくなったことでせっかくの新機種の特性が活かされてない
ってことが頻発してます。




ですので、我々打ち手としても新機種を打つ際には
その辺のことも頭にしっかりと叩き込んでおくべきだと思います。





是非ともご参考にして打ってみてください。




パチンコで勝てる台を見つけるには?








パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/750-69cd93c7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。