パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2日間出た台は釘を閉めるのがセオリーでしょうか?

釘師は日々データを見ながら釘調整を行います。



そしてその台の実際の確率やスタート回数を
比較しながら明日どうするかを判断します。




そしてその中でも釘調整をする際に判断に迷うのが

●2日間出た台

であります。





そこで

「2日続けて出た台は釘を閉めるのがセオリーなの?」

について検証してみたいと思います。




パチンカーが台を選ぶ時に利用しているのが
台上のデータランプであります。



このデータランプでは、

昨日、一昨日、本日のスタート回数や大当たり回数

などが見れるようになっています。




そこで、あなたが台選びするときに悩むのが?

●2日間連続で出ている台

に出くわした場合です。




大抵2日間出ている台に関しては、顧客心理として

「2日間も出たから3日目はもう出ないだろう・・・」

という心理が働きます。




そして

「2日間も出たから釘もどうせ渋いだろうから。。。」

といって敬遠いたします。




では、実際のところホールの釘調整はどうしてるのか?




まず結論を言う前にですが・・・



いわゆるホールの釘調整は現場の店長が
1週間のスケジュールを組みその中で、
平日と土・日に分けて考えます。




土・日は当然閉め調整で、稼動が落ちる月曜日に
釘を大きく開けて、平日の火曜日~金曜日にかけて
ホールにもよりますが微調整していきます。




そして次に機種ごとの調整ですが、はじめにその機種で
確保したい利益を決めてから、それをクリアするためには
スタート回数をあらかじめ決めます。




同じ機種であれば、なるべくどの台も
同じスタート回数になるように調整をいたします。



隣の台と大きく回転数に狂いがないようにするのは
店長の腕の見せ所でもあります。




ただ、同じ釘調整にしてもどうしても
個々の台の誤差は生じます。


それはなぜかといいますと?



打ち手の打ち方に寄るからです。




つまり、打ち手にもいろんな打ち方をする人間がいて

・止め打ちをするタイプ

・いわゆる親父打ち

などがあるので、スタート回数は同じ釘調整を
しても狂いはどうしても生じてきます。



いろいろと能書きを語ってしまいましたが・・・





では最後に結論です。




個々の台における日々の釘調整については、
スタート回数が同じになるように調整するだけなのです。



ですので、その台のが玉が出ようが出まいが
実は案外関係ないことです。



なので、2日間出たからといって3日目は
極端に釘を閉めるということはないのであります。


 
それから余談ですが、回っている台をそのままにして
回ってない台を開けるというようにして全体のバランスを
取るホールが実際には多いのです。




そういう観点からすると、3日間連続で出る台も
ありうるというわけになります。




いかがだったでしょうか?



この辺をきちんと理解した上で、データランプを
見るようにするとまた違った観点で冷静に見れると思いますよ。



パチンコで勝てる台を見つけるには?








パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/741-4544ffe0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。