パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水戸黄門が実は狙い目って本当に?
京楽の「びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門」がホールでの稼動が好調のようです。


TVCMでも度々宣伝されてることからもその注目の高さは伺えます。



そしてこの「水戸黄門」なんですが・・・・




演出もさながら役モノの動きはさすがは京楽という出来具合です。



しかも本機は確変中に吉本興業のタレントたちが大活躍する
という効果もあってなのか・・・・



予想以上に打ち手のハートを捉えてます。



それと同時にホールでの稼動も高稼働を記録してるようです。



ホール側の立場としては、今後は定番機種としての
期待もしてるようであります。



といいますのは?



スペックをいい意味で裏切るようなメリハリの利いた
出玉の出方を記録してるからであります。




ちなみに好調台ですと、一挙に1万発~2万発は
当たり前のように出ます。



そのために、前日に3万発のホールの黒字の台が
翌日には反対に4~5万発の赤字に転ずることも。。。



「水戸黄門」はミドルタイプであるにも関わらず、
MAXタイプのように出方がかなり荒いようです。




ですので、このことは裏を返せばどういうことに
なるのかと申しますとですね?



あまり普段打つ時間のないサラリーマンの方でも、
短時間勝負で大勝ちするチャンスがあるという機種で
あるということです。




しかしながら、こうした出方の影響によりホールによっては
早くも釘をシメシメ調整にしてるところもあります。



本機の場合、ヘソ釘だけでなく、寄り釘やアタッカー周辺の釘も
閉めるポイントが満載の機種であります。



ですので、1000円当たりの回転数はしっかりと
チェックしておくことが重要になります。



普段はそうそう回る台がないと嘆いてるパチンカーの方もいます。




ただ、「水戸黄門」の場合、今後はホールもメイン機に近い扱いを
してくるはずなので、もし通常営業であまり回る台がない場合には!?




ここはある意味割り切ってイベント狙いだけに絞る
というのもひとつの手です。



正直これだけメリハリのある出方をする機種の場合、
いつ出るのかがホール側としても予測しにくので扱いに
とても苦労する機種であるといえます。



イベントといっても、これだけメリハリがある出方であれば
釘が甘くても出ない可能性も多々出てきます。



そこでホール側が取る手段としては!?



とりあえずはヘソ釘を開けて、スタート回数だけは
しっかりと回るような調整にすることです。




ですので、デジタルの回り具合云々よりかは、
朝一なら前日のハマリ台



夕方以降に狙うのであれば、その日の好調台





このように割り切って攻めるのもいいかもしれません。




ご参考までに。。。






1パチの必勝法とは? ⇒ こちらをクリック



元釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/669-9e8df52b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。