パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えっ?この夏の注目であるCRギンパラ2が・・・・・
この夏の注目機種であるCRギンパラ2なんですが・・・


それが意外と予想もしなかった光景がホールで
見受けられるようです。



つまりホールによっては新台入替初日から
空き台がちらほら出てる光景が目に付いたからです。



そして中には年配客の捨て台詞なんかも・・・・


「こんなの昔のギンパラじゃないじゃないか!」


ってな具合でね。



昔のギンパラの凄さを知る年配層の客には
文句を言いたくなる気持ちも分からなくはありません。



といいますのは?!



初代のギンパラは設定が1~3に分かれ、設定1で大当たり確率が
約223分の1で、確変突入率は約50%だったわけですが、

肝心の出玉の方はというとですね?


約2300個もあったんですね。



それに対して今回のギンパラ2の場合はというと?!


確かに大当たり確率と確変突入率は初代とほとんど
変わりはないわけです。



ただし出玉は初代の出玉数の半分の1250個。



なので、当時を知るギンパラファンの年配層の客は
冒頭の台詞を言いたくなったわけです。



1回の大当たり出玉が1250個しかないので、
大当たり確率の分母の半分もデジタルが回せないって
具合になってるわけです。



それから初代のギンパラファンにしてみれば、
初代の良かった部分を再現して欲しかったというのが
本音でもあります。



盤面も役モノも初代ギンパラにそっくりでありながら、
演出に関してはまるっきり違うというね。。。


それもある意味残念に思ってる要因のひとつです。



あのシンプルで分かりやすかった演出や特長を
待ち望んでいたギンパラファンも多かったはずですから。


なおさらのことです。



それにどのホールも今回のギンパラ2のスペックが
甘いということで過剰に警戒をし、釘をガチガチに
絞めすぎたのも苦戦してるひとつの理由でもあります。



台のデザインもGOODだし、出玉のポテンシャルも
そんなに悪くないのに、非常にもったいない話です。



そして実際のホールでの釘調整は、右のスルーを締め気味に
してるので確変中に出玉が激しく減り、打ち手を苛立たせてる
光景もあります。



初代のギンパラは確かに右打ちが不自然ではなかったのですが、
今回のギンパラでの右打ちに必然性をあまり感じません。


ホールでの使い方も右側のスルーを締めてるので
玉減りだけが右打ちで目立つようになってしまってます。



しかもそれと同時に大当たり確率が甘いわりには
ハマリも意外と深いですから。



800回とか平気でハマルので、それなら甘デジの海を
打とうかというように思う客がいるのも何となく分かります。



ただ、出玉の能力は確かにある機種です。



実際に10連チャンで1万発以上出る台もあります。


つまりツボに入れば勝ち逃げするのも可能な機種であります。



それから初代と同じように、魚群が出たら
2回に1回は当たるというのもですね?



気になる点ではあります。



それからあと他には今回から採用されてる
液晶枠のリングが回転する「リングスベリ」。


これが今回の目玉といいますか?


勝敗のカギを握ってます。



これが回転時に発生して、リーチになれば?!



かなり激アツなので、外れるとマズイです。



実際には外れるケースが多々あるようです。^^;



まぁ、マイナス面ばかりを強調して言いましたが、
それでも初代のような連チャン性の高さは侮れません。



今後のホールの対応に注目すべき機種でもあります。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/641-fce6e693



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。