パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘソ釘ばかりを見ていては勝てません!
 釘読みはいきなりすぐに誰でも出来るものではありません。



 当然、パチンコを打ったことがない方には

 何をどう見たらいいのかがさっぱり分かりません。




 でも、それも経験を積んである程度数をこなしていけば

 誰でも読めるようになってきます。



 ただ、それも問題意識を持って釘を見ないことには

 上手には決してなりませんからね。




 最近の機種ですと、昔の機種に比べて液晶画面が大きく

 ヘソに行くまでの距離が長いものが増えてきました。



 この液晶サイズによって玉の流れにスランプが出来たり

 しますし、ヘソが広がっていても中々回らないという

 ことが起こりえます。



 なので、ヘソ釘だけを見るのではなくその前の誘導釘とか

 ジャンプ釘なども見るクセをつけるようにしたいものです。




 一般的にはヘソ釘が開いていて、なおかつ上がり気味だと

 デジタルが回りやすいといわれています。




 ただ、これも機種のゲージ構成にもよりますので注意が必要です。




 いくらヘソ釘が開いていても上げ調整気味になっていても

 ジャンプ釘が上げ調整であれば、そこで玉が失速して

 ヘソに中々入らなくなってしまいます。



 反対にジャンプ釘が下げ調整になっていれば!?




 液晶横を通過した玉が、ヘソに入る前にジャンプ釘で跳ねて

 ヘソに絡みやすくなります。



 そうすると確率的にはヘソに入りやすくなりますので

 当然デジタルの回転率が上がるわけですね。



 なので、見た目の釘だけを見ているとこういったことに

 気がつかない恐れがあります。



 ですので、釘を見ることは当然大事なのですが

 もっと大事なことをいえば!?













 ●ヘソに絡むまでの玉の流れをよく掴む


 ということが重要なポイントであるわけですね。




 このような視点を持つことで、どんな機種に出くわしても

 応用が利くようになりますからね。 ^^






 いかがだったでしょうか?





 今までヘソ釘ばかりに気を取られていた方はこれを機に

 今一度釘読みのポイントを見つめなおしてみていかがでしょうか? 







 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/625-d1a4f0d7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。