パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


多くのホールが選択したのは・・・・・
今年に入ってから、一部の地域の警察本部が、県ごとのパチンコ店の
遊技組合に対して賞品に対する指導を始めています。



この賞品とは・・・・


パチンコホールが客に提供する物のことで、
「換金用の物」を特殊景品と呼んでるわけですが・・・・



この特殊景品の「提供個数」が合ってない?


というのが今回の警察の指導のようです。




これは一体どういうことなのか?



つまり簡単にいえばですね?


遊技料金等規制違反という風営法違反のことであります。




この風営法には

「賞品に関しては規則に従うように。。。」

という内容が記されています。



ここには、

「当該遊技の結果として表示された遊技球等の数量に対応する
金額と等価の物品」


という等価交換が義務づけられています。



大抵の方は、この等価交換と聞けば・・・・



4円玉貸し ⇒ 4円交換


という意味で解釈するはずです。




しかしながら今回の場合は、そうではなく

「客に提供した賞品の市場価格が提供個数の貸し玉料と等価」

であるという意味です。



といってもその地域ごとの所轄の警察が色んな物品の市場の本当の価格などを
全部が全部把握してるわけでは決してありません。



明らかに値段が異なることが分かるような偽物ブランドなどで無ければ
普段はホールや組合に対しては何も言いませんから。



物品に関しては、ホール側も安く仕入れて安く出してる。。。


あるいは仕入れが高いものに関しては高く出してる。。。



こうした建前があるので、仕入れ価格と提供個数が
合っていれば、換金率の高低で等価交換違反ということにはなりません。



それで、今問題になってるのが?!


同じ店舗で換金率の異なる島がある場合です。



最近はこうしたホールの営業方法を見かけるケースも多々あるかと思います。



つまりこうしたホールの場合には、警察の解釈としてはですね?



同じものを違う価格で提供してるのと一緒です。



つまりこの場合、1つの物を2つも3つも違う価格の状態で
提供してると判断されます。



論理的にはこれが違法と解釈されるわけです。




そして一部の警察が組合に指導してるのが・・・・



「一物一価にしろ!」


ってことです。




つまり打ち手の目線からすれば?!



そういう地域のホールは全部換金率を
全ての島で同じに揃えるということになります。



現在、多くのホールが「完全等価交換」を選択してます。



低価交換あるいは高価交換をホール側は選択しても
OKなんですが・・・




それでもスロット5号機の島のことを考えると
やはり完全等価交換がベストであります。



つまり、多くのホールがスロットのことを優先して
等価交換を選択せざるを得なかったというわけです。








パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/618-46328433



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。