パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出玉の増減のメーカー別の傾向とは?
出玉とひとえに言っても、それはホールによって扱い方は様々です。


いわゆる等価交換に近い営業をしてるホールでは
当然その出玉周辺の釘調整は辛めになってる傾向があります。



要は、出玉を削った状態ってやつですね。



それが換金率が低くなるに連れて・・・



普通は出玉周辺を削ることは少なくなります。



ただ、最近のホールは換金率の高低関係なしに
その機種を打つ客層を見て出玉を削ってしまう。



そしてその異種外れるまでそのまま放置というホールもあるようです。



これはすなわちプロ連中対策でもあるわけです。



彼らばかりに止め打ちなど技術を駆使されて
抜かれるのをホール側は一番嫌います。


なので、プロ連中が多いと分かれば?!



その機種のコーナーは極端に出玉を削るという
釘調整を行うケースも多々あります。



通常はプロ連中がそのホールからいなくなれば
出玉調整も元に戻しますがね。。。



ただ、客がいなくなった頃を見計らって出玉調整を元に戻す前に
機械が外れるといった具合です。



ホールとしては出玉を削って当然という風に
思ってるフシがあるのでしょうね。



例えばですね?




沖縄海などは普通の人が打つと玉が減り、1回の出玉も1300個を切るぐらいの
調整になってるホールもあるようです。


まぁ、これは等価交換のホールではそれぐらいが通常なのでしょうけどね。^^;



それ以外の換金率なら、せめて1400個をキープ出来るぐらいの調整にしてもらいたい
という打ち手の思いも多々あります。



こうしたホールの出玉の増減調整は打ち手のレベルによってかなり左右されます。



そういった点から考えるとですね?




メーカー間のゲージ構成に対する格差が明らかです。



京楽系の場合、アケれば甘い。


それに対して三洋の海系の場合はホール側は
有無を言わさずに出玉を削りますといった具合にね。。。




こうしたゲージに対する格差が起こるのは
メーカーの開発のコンセプトというか?


志の違いがかなり影響してると思われます。



海系に関しては、メーカー側としてはブランド品なので
何としてでも売らなければならない機種であります。



だからこそ、プロ連中ばかりに技術で出玉を抜かれる
というのが困るというホールの現場の考えに迎合してるのです。



その結果として?!



海系の場合、誰が打っても出玉が減る機械を作りました
という仕様になってるわけです。



それに対して京楽系の場合、ホール側の出玉の削りに壁易してる人達向けの
機械を開発しようとする姿勢がゲージ構成からもしっかり見えています。



例えば京楽系の中でも、「美空ひばり」なんかはどれだけホール側が
ひどい釘調整をしても出玉が減らない仕様になっています。



つまり万人が打っても、大当たり中や確変中には出玉が減らないというか、
ストレスが無くなるように考えてゲージ構成を作ってるのだと思います。


まぁ、こうしたゲージ構成を見てみてもそこに各メーカーの意図が隠されてます。



最近の京楽系の機種に関しては、打ち手のイライラ感とか
そういうものを出来るだけ排除しようとする心意気が感じられるように思えます。



ただ、実際に問題としては、機械を扱うホール側としては甘いゲージ構成の
機種に関しては割数を落とすのにかなり苦労するわけでして。。。^^;



それでまだ稼動が上がり、客が付けば問題ないわけです。



その機種をイベント台にして他の機種を打ってもらう
という相乗効果が狙えるわけですから。



いずれにしても、ホール側も各メーカーの開発の意図というかコンセプトを
しっかり理解した上で釘調整をする姿勢が臨まれてるのは言うまでもありません。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/615-e60107cf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。