パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エヴァ6の釘のポイントについてです。
エヴァ6に関しては、どのホールも初日から
割かし良心的な釘調整で営業をすると思われます。



今年の年末までは最低限使おうというホールの
強い意志がそこにはあります。



最近の新台入替は初日からホールの回収モードが
目立つケースが多々ありました。



朝一の並びにしてもかつてに比べたら!?



開店の30分前に並んでも余裕で台が取れたりもします。



つまり、最近の新台入替では朝一に並んでる客の大半が
1パチやスロットが目当ての方が多いわけです。



まぁ、こうした現象はある意味新台の確保が以前に比べて
非常に楽になったということでもありますが。。。



それでも肝心の新台の釘が回収モードでは意味がありません。




新台入替初日から釘が回るというホールも確かにありますが
その比率は以前に比べて格段に減っています。



ですが、エヴァ6に関しては!?



先ほども申し上げたように初日から釘を甘くする
ホールが多いのではないでしょうか?



ただ、その中にはエヴァ6といえども
回収モードに近い調整で営業を初日からするホールも
あるでしょう。



ですが、その比率は少ないと予測できます。




というわけで?!



ここでエヴァ6を打つに当たっての釘読みのポイントを
簡単に解説してみたいと思います。





まずはヘソ周辺。



エヴァ6のヘソ周辺に関しては、ステージ上から穴を抜けずに
雪崩落ちてくる玉が多いだけに、ヘソ釘に関しては
一定量の幅があり、なおかつ上げ調整気味の台がベターです。




次により周辺に関して。




寄りは、風車周りがとても重要です。


ただ、ワープ上で玉を外に逃す形になってないかどうか?


これがポイントになります。



基本的には、寄りや振り分け部分は悪くされることはあっても
良くされることは少ないので、釘の動きが大きければ大きいほど!?


それだけ危険信号だといえます。





そしてスルー周辺。




スルーに関しては、抜けやすい位置にありますが、
電サポ中に止め打ちをして玉を増やそうと思えば?


プラスでの調整は必須です。



通常時のヘソの入賞を考えてもスルーに寄ることは
プラスに働くので、入口だけでなくスルーに寄り易いかも
チェックするようにしてください。




最後に電サポ中の止め打ちについて。



確変中や時短中は電チューが約1.5秒の開放を
3回繰り返します。


ただ開放間のインターバルが約1.6秒と開放時間よりも
少しだけ長めであります。



要するに、開放ごとの止め打ちが簡単であり、
止めた際にの効果もそれだけ高いということであります。



なので、このことを頭に入れながら電チューが開く直前に
3個打って止めを基本にして、各開放を狙っていくと
良いでしょう。





いかがだったでしょうか?




釘読みはどの機種でも大事ですが、エヴァ6に関しては
上記に解説したポイントをしっかりと頭に入れて
勝負してみてください。




ご参考まで。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/613-0c44a6d8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。