パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


データランプで誰もが見落としてる部分とは?
パチンコの台上にはデータランプといわれる
データ数値の表示機がどこにも設置されています。



そしてほとんどの人がこのデータランプを見て
台選びをするのではないでしょうか?



このデータの見方ですが・・・・


大当たり回数だけを見てる人

全部が全部マメにチェックしてる人

とりあえずスタート回数だけを見る人


まぁ、人によって様々ですが。




このデータランプでも特に重要なのは
やはりデジタルの回転数です。


出来れば1000円あたりの実際のその台の
回転数をデータランプと照らし合わせてチェック
してみることをお勧めします。


これをやっておけば釘が分からない人でも
何となく感覚的にその台が回るかどうかが
判断出来るようになります。


出来れば2、3台他の台と打ち比べてみます。


もしそうした試し打ち自体が無駄な投資になるから
嫌だという人にはこの方法がいいでしょう。



それはデータランプのある表示部分を見ることです。




その表示部分とは?




















●総スタート回数

の箇所であります。



この総回転数が他の台に比べてそれだけ多ければ?!



その台に関しては前日は釘が良かったので
沢山回してもらっていた可能性があります。




それと、大当たり抽選は、スタートチャッカーに
玉が通った瞬間にはじきだされています。



例えば回転数があまり多くなくて大当たり数が多かった場合は、

「釘が良くて玉が沢山通った分、大当たり計数にかかりやすかった」

とも考えられますね。



さて、そうなると当日はどうなるか?



出ていた台の「波」を期待して座る人をあてこんで、
ホール側が釘を反対に締めてしまっているか?


それともあまりいじらずに、ぶん回しの出来る
釘調整のままなのか?



そのへんのホールとの駆け引きというか
読みがここでは必要になります。



仮に釘の良し悪しを当日のデータから読むとしたら、
どれぐらいの投資金額使ったとしたら回りが良さそう、
という回転数があればそれを試してみるといいと思います。



ホールに設置されている台のスペックと、
それに見合うボーダーラインというものを
ある程度普段から覚えておくとと良いですね。^^



twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/577-dfeb85bf



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。