パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


釘調整を行うに当たって意識する点とは?
パチンコメーカーによってその台の出方にはクセがあります。


つまり基板の出方の傾向です。


例えば、昔だったらあるメーカーの機種は
2日連続で出るとか。。。


あるメーカーの機種に関しては1日おきに出るとか。。。


あるいは昔の京楽ではないですけど
なぜかあるメーカーの台は朝一の立ち上がりが
イマイチ悪いとか。。。



当然こうした各メーカーごとの機種の基板の流れは
1日や2日では分からないわけです。


最低でも1週間以上は実際に稼動してみて
初めて分かることが多いわけです。



そう考えると?!



案外新台初日からただ漠然と打つよりも
ある程度日にちが経ってから打つ方が
こと新台を打つ場合に関してはむしろ有効なのです。



実際にホール側としても、やはり新台に関しては
メーカーのデータがあってもこれは実際に稼動させないと
実データというものは分からないからです。


なので新台入替の3、4日は様子を見て
釘調整もいろんなパターンを試します。


その機種にあった釘調整法を入替当初に試して
その台の傾向をデータとしてチェックするわけです。


実際にプロ連中は新台入替初日よりも
ある程度日にちが経った4、5日後に
実際に勝負に出るケースがあります。



ホールにいる店長クラスは日々現場を見てますから
顔ぶれが初日にいた連中と数日後に経過した後の連中の
顔ぶれは大体は把握しています。



常連ではないのに、入替数日後に急に毎日打ちに来る
セミプロみたいな連中が何食わぬ顔で勝負してる姿を
見かけますからね。



そして彼らの打ち方をチェックするわけです。


ホールコンのデータと照らし合わせると非常によく分かります。


彼らが打つ台は、他の台に比べて大抵は
スタート回数も1分間あたり0.2~0.3回ほど
UP↑してるのが確認出来ますからね。



同じ台を打っても、彼らは打つポイントを
把握して打ってきますから当然スタート回数も
他の一般客が打つよりも回せるわけです。



話を元に戻しましょうかね。



各メーカーによって基板の中身と傾向は違います。


それはメーカーが違うから当然といえば当然ですよね?



そこでホール側としては、いち早くその新台の傾向を
データから掴む必要性があるということです。



この傾向と粗利のボーダーラインとなるスタート回数を
いち早く見抜いていかないと?!



無駄なロスを増やすということになるからです。



余分な出玉や余分なスタート回数。


そうしたものが粗利を圧迫してしまうわけです。



最終的には釘のコントロールミスとなって
無駄な営業をしてしまう可能性もあるわけです。



実は経営者であるオーナーはこれを一番嫌います。



だからこそ、みんな現場の店長クラスは必死で
新台の釘を研究し、採算ベースラインになる
ポイントをいち早く探る努力をするわけです。



無駄な出玉やロスをそれだけ出すということは
出すべきときに十分な出玉を出せなくなる
ということになりますからね。



大事なことは、出すべき時にちゃんと出し
回収すべき時はしっかり確実に回収することです。



これが釘師に求められるスキルであります。



確かに短期で見れば、釘調整が上手くいかない部分も出てきます。


それが新台であれば当然です。



でも、そのロスを出来るだけなくすようにすれば
それだけ計画通りに出玉が出せ、それはすなわち
店の信用にも繋がるわけです。



私が言ってる意味・・・・


これで何となく分かっていただけましたか?



それがしっかり出来るホールは繁盛店として
客に支持されてるホールであります。



出すべき時にちゃんと出す


それはイベント時であったり、新台入替などのお祭り時であったり・・・


こういう時にしっかり出せないと客の信用を失うわけです。


昔のように1度失った信用はそう簡単にすぐには
取り戻せない時代になりました。


だからこそ、経営者も釘調整には相当シビアになるわけです。




twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/575-e40f6355



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。