パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


持ち玉比率のことを理解してますか?

パチンコで勝つためには持ち玉比率を
考えることが大事だとよく言われます。





ただ、この持ち玉比率の意味がよく分かってない方が
中にはいらっしゃいます。



昔はよくパチンコ店員の呼び込みマイクでも

「パチンコの必勝法は粘りと頑張り!!!」

と言ってたものですが・・・・

※すいません。古い時代の話で。^^;




それはつまりこの持ち玉比率という考え方が
それだけ重要だということです。



今回はその持ち玉比率について解説をして
みたいと思いますね。




この持ち玉比率なんですが・・・



持ち玉比率は、現金投資時に回した回転数が
少なく、持ち玉遊技時に回した回転数が多いほど
上がります。



つまり持ち玉比率の重要性に関しては
「換金差額」によって変わるということです。



昔のような換金率が2.5円とかの時代だった頃は
持ち玉比率がかなり重要な要素のひとつであったわけです。



分かりやすくするためにここでは
持ち玉比率を計算式で表してみましょうかね?



持ち玉比率=出玉で打った回転数÷総回転数×100


という計算式で求めることが出来ます。



例えばですね?



通常時の総回転数が2500回転のうち
持ち玉遊技で回した回転数が2000回転の場合、


2000÷2500×100=80%


という計算でこの場合の持ち玉比率を
求めることが出来ます。




そして換金差額については


4円(貸し玉)-2.5円(換金金額)=1.5円


ということになります。




そして昔でいう粘れば粘るほど勝率が上がる
といわれていた頃の場合!?



持ち玉比率が上がれば上がるほど勝率も
上がるといわれたのには実は換金差額に
その理由があったわけですね。



というのはですね?



換金率と等価交換はイコールではないホールの場合では
持ち玉時の玉の価値が現金投資時に比べて換金差額分だけ
下がるわけです。



そういうわけで、打てば打つほど
つまり持ち玉比率が高いほど打ち手側は
得するということになります。



先ほどのように例えばホールの換金率が2.5円の場合!?


1玉あたり1.5円もお得になるわけです。




つまり仮に2万発打ち込めば、この場合においては
3万円も得したことになるわけですね。




但し、これはボーダーライン以下の台で長時間
粘っても勝てないので、必ずより回る台を打つように
することが大事です。



それから出玉共有のホールはカップルなどで
打つ場合、特に有利になります。


どちらか一方が大当たりして出玉を共有することで
現金投資をしなくて済むわけですから。



また貯玉再プレーのホールの場合も手数料が
無ければ持ち玉で打つのと同じ理屈になります。



なのでより有利に打てるわけですね。




こうしたことを理解してるだけでも
それだけ有利な立ち回りが出来るということです。^^





【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/558-711ef735



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。