パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「リユース」とは一体何なのか?

今はパチンコメーカー側も
生き残りに大変な時代になってきてます。



そこで様々なコストダウンを試みてるわけですが・・・


そんな中でメーカーが最近躍起になって
試みてるのが「リユース」であります。



では、この「リユース」とは一体何のことでしょうか?



つまりこれは、ホールから引き取ったパチンコ台を
再利用することであります。


特にMAXタイプやミドルタイプの台を引き取り、
その部品をリユースして甘デジなんかを製造します。


そしてホールに再納品する等、「スペック変更」と
セットになっているのが!?



パチンコ台のリユースプランの特徴でもあります。




実はこのプランはスロットではすでに前から
行われていることであります。


というのはですね?



スロットの場合、筐体構造自体が他機種と変わらず、
電源ボックスやリール、ホッパーなど共通に利用できる
部品が多いためでもあります。


なのでリユースをすることで部材調達のコストを
かなり低く抑えることが出来るわけです。



それに対してパチンコの場合はというと!?


役モノや基板の設計がシリーズごとに根本的に
異なることが多いので、古いパチンコ台を下取りしても
他機種に使いまわせる部品は液晶ぐらいなのです。



なのでこれまではパチンコに限っては
リユースするのは効率的に悪かったのです。



ですが、ここ最近のパチンコメーカーの
ビジネスモデルは変わりました。


シリーズ販売においてまずはMAXタイプや
ミドルタイプの台を販売し、その数ヵ月後に
甘デジを発売するという一連の流れになってきてます。



これによって、メインスペックの販売で生じた
余剰部材を設計構造が同じである甘デジの製造に
回すことが出来るようになったのです。



また液晶に限らず、基板や役モノなどの大多数の部品を
リユースすることが可能になったわけです。



実はこのリユースについてはホールにとっても
かなりのメリットがあるわけです。



それはどういうことかといいますと!?



メインスペック機をメーカーに変換する必要があるけど
リユース機の実質価格は9万~18万程度になります。



なので下手に新台を購入するよりかは
格段に安い値段で新台入替が出来るということです。



ともあれ、この販売形態は始まったばかりです。



この販売形態がパチンコ業界全体に
どんな影響を及ぼすのか?




今後の動向に是非とも注目です!!






【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/557-0cec7e2c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。