パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠隔操作の種類について
遠隔操作の種類について解説させていただきます。


遠隔操作は2通りあると言われております。


【1】個別台型

【2】島全体型



【1】個別台型は・・・・


パソコンで1台1台の出玉調整をするタイプになります。


したがって、好きな時に大当たりをさせることが可能です。


操作する機械を好きな台に移動させることが可能で、
全台に仕込む必要はないタイプ。


2000年頃にCR海物語6で、1つ10万円前後の価格で
ハーネスを取り付ければ、好きな時に当てることができ、流行しました。


特徴としましては「バグ」が発生しやすく、
スロットならリールのぶれがひどかったり、
パチンコならおかしなエラーになったりします。



【2】島全体型は・・・・


これは1島(40台前後)全体での出玉調整をするタイプです。

1日の出玉設定をしたら、後は勝手に調整してくれるものになります。


パチンコ台の確率に左右されないよう、
遠隔操作の機械が出玉を自動で調整してくれます。


しかし、どの台が当たって、どの台が出るかまでは分かりません。


普通は全台に取り付けてあるので、そのパチンコ店が
グランドオープン若しくはリニューアルオープン時に
業者が大掛かりに取り付けるタイプ。



【1】に比べて大掛かりな為、費用が高いので、
採算が取れそうにないホールでは使われてない可能性が高いです。



そのパチンコ店のニーズに合わせてですが、
通常は【2】の島全体型が多いです。



お客が10人もいないガラガラの店なら
【1】のタイプになります。



ですが、普通は出玉管理を正確にするために
【2】の島全体型を使用するケースが多いのです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/553-a1d993c9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。