パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


様々な価格があるパチンコの新台の値段の裏側とは?
パチンコの新台の値段は、その機種やメーカーごとで
それぞれ異なります。


また実際の販売経路についても様々です。


大抵は直販と呼ばれるメーカー直が多いのですが、
中には代行店を通しての販売経路もあります。



この代行店経路は、仕入れ台を自由な価格で販売する
というわけではなく、販社がメーカーとホールの売買を
仲介し販売手数料を得るという形態のことです。



なので販社としては、当然在庫を抱えるリスクがない半面
価格拘束力という意味ではメーカーの支配下に置かれてます。



つまり、パチンコ機の価格体系はメーカー側が
自由自在に設定してるという裏事情があります。




といってもメーカー側もなにも強気一辺倒の定価で
販売ばかりしてるわけではありません。



一方では売りやすさを考慮して、各社多様な
値引きを設定してるわけですね。


そのひとつには?!


一括値引きというものがあります。



つまり現金で一括で支払ってくれる景気のいいホールは
1台あたり5000~1万円程度の値引きをしてます。



またパチンコ業界では昔から手形払いが通例ですが
不渡りのリスクを回避し、手形交換等の手間や経費も
省けるのでメーカーにとっても何かと都合の良い
値引きなのであります。



それから一定時期までに契約してくれた場合の
「早期契約値引き」なんかもあります。



つまり、これは予めその機械を購入することを
決めてるホールに有利な値引きであります。



またメーカーにとっては、他社の機械と判断を迷うホールに
最終決断を促す効果もあるわけです。




それからあとは「下取り値引き」があります。



これは新台を購入する際に、自社が過去に販売した
古い機械を1台あたり1万円とかで下取り、設置シェアを
維持するための手段であります。


撤去台の処分を兼ね、ホールからも喜ばれる上に
引き取った機械の液晶を新台に使いまわすことも
出来るのがメリットです。


ホール側とメーカー側の双方にメリットがあるやり方です。



まだあります。



多台数購入ホールを最優遇する「台数値引き」。



これは、最大額を台あたり4~5万円値引きします。



また自社機種の購入履歴に応じて値引きする
「機歴値引き」においては?!


最大額を台あたり2万円前後とする場合が
多いようです。



そして多くのメーカーが採用するこれらの値引きは
有力メーカーにおける最大値引き額の方が中小メーカーに
比べて大きいという特徴があります。



つまり、このことは有力メーカーはホール側に
毎回毎回多台数を購入して欲しいという心理が
隠されてるわけです。



またそういった多台数を購入するホールを優遇する
価格体系を構築してるということです。



まぁ、こうした裏取引が色々とある以上、
ホールもメーカーも大きいところだけが
得をするようになってしまってます。




それでも、今後はこうしたやり方も通用しなく
なる可能性があります。



それは中古機経路についてのルールが変わったからです。



詳しく話するとスペースがいくらあっても
足りなくなるので、今回はこの辺にしたいと思います。

※この件については、また機会がある時にお話したいと思います。






あのパチンコ黄金率でおなじみの

小山内さんが新商材を発売しました。



詳細は以下をお読み下さい。



 ↓  ↓  ↓  ↓










スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/540-6eb66827



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。