パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


台ごとの回転数の違いの理由とは・・・

これに関してはステージのクセ、止め打ちのやり方など


いろんな要因が確かに考えられますが、
一番の要因はといいますと?



























やはり釘調整とストロークでしょうね。


なのでより多くデジタルを回せるということが
基本中の基本ということになります。



この釘のポイントやストロークはそれぞれの機種に
よっても変わります。


役モノが大きなものとそうでないもの。


あるいは釘の数が多い機種、少ない機種。


液晶画面が横に広いもの、そうでないもの。



いろんな要素がそこにはあるわけです。



そしてこの回転率に影響を与えるポイントは
実は3つあります。




セブン機の回転率はいかにしてヘソによく玉が
入るかどうかに掛かってます。


そしてそのヘソに玉を絡ませるためには
その途中の経路が重要なポイントになります。



つまり風車周辺の「寄り」と風車からヘソまでの「道」が
非常に重要なポイントになります。


これは大事なことなのでしっかりと頭に叩き込んで下さい。


まとめますと?!


・寄り釘

・道釘

・ヘソ



この3箇所の要素が回転率に大きな影響を及ぼします。



これらの釘の名称と箇所を覚えるようにして
次に全体のその機種の盤面全体を見るようにします。


パチンコは当然各機種ごとに釘の配置などが
違うわけなので、それぞれに適した打ち方が
あるわけですから。



チョロ打ちが有効なもの


強め打ちが有効なもの


右打ちが有効なもの


天釘狙いのもの



このように機種によって有効な打ち方は様々です。




そしてこの打ち方ひとつで回転率に大きく影響する
機種をここではご紹介しておきますね。^^



「海シリーズ」の場合


このシリーズはほぼ左右対称になってる釘構成に
なってますから、当然右側からもヘソ入賞が見込めます。


また機種によっては天釘狙いで
ワープ通過率がアップします。


左側よりも右の釘調整が良さそうな台を
狙って打つのも非常に有効な打ち方です。





「花の慶次~雲のかなたに~」の場合


初代の「花の慶次」はチェロ打ちが有効でした。

その方がワープを抜ける玉筋が多かったからですね。

そしてこれも同じ原理です。

ワープを抜けてステージ上に乗った玉は
通常ルートよりもヘソへの入賞率が高いので
回転率がUP↑します。




最後に大当たり中に玉が増える機種を紹介。



それが「松方弘樹の名奉行金さん」であります。



この機種は、アタッカーへの玉を導く左右の釘に
注目してみてください。


右側は玉がこぼれる箇所が2ヶ所。

そして左側は4箇所あります。


ということは?!

必然的に大当たり中は右側から玉を流した方が
アタッカーへの玉のコボレが少ないので
出玉が増えるということですね。

なのでこの機種に関しては大当たり中は
右打ちをすべきであります。





いかがだったでしょうか?



これらの細かいポイントを少しだけでも
知ってるだけで収支に大きく影響します。



色んなストロークの方法がありますので、
是非とも機種ごとに研究してみてください。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/501-e9d17b77



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。