パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


データランプの歴史

いきなりですがデータランプと聞かれれば?

パチンコを打つ方のほとんどが知っています。


パチンコ台の上に設置されてる
ランプがあるのはもうご存知ですよね?


あれは、別名では「コールランプ」「データランプ」と
呼ばれたりもしています。


元々は「コールスイッチ」とランプ部のみの、ホールスタッフを
呼び出すことを目的としたものでした。


呼び出しランプと称しているのは当初の発祥の名残です。



そもそもデータランプという呼び方をしてなかったのには
訳があります。



昔の現金機しかなかった連チャン機全盛の時代には
ほとんどのホールが大当たりしたら光るという簡単な
トップランプしかなかったわけです。


あるいは、ランプを押して何かあった時に
店員を呼ぶための目的としての役割しかなかったのです。


そうこうしてるうちに、あの上場企業であるダイコク電機が
ホール向けに大当たり回数を同時に表示するデータランプを
開発いたしました。


それが今のデータランプへの流れというか
先駆けになったわけであります。



当初出たときは、斬新でホール関係者も打ち手側も
かなりの衝撃というか注目をしました。


従来だとホールは打ち手に一切台情報を提供しないという
秘密主義を敷いていたからです。


また導入したホールも、台情報が見られるとなると
稼動に影響するのではないかという不安も確かにありました。

※出る台が分かるとそれ以外は打たないのではという不安。



ただそれも導入してみたら杞憂に終わりました。



台情報が(この時代はその日の大当たり回数だけですが)公に
見れるというのが打ち手の潜在的ニーズを満たしたわけです。



そして時代と共に集客要素が高く、他店との差別化が
図れるということでどこのホールもこの大当たり回数が表示される
データランプへと移項したわけであります。



その後、データランプもドンドン進化していき

・スタート回数表示

・3日間の大当たり回数表示

・履歴表示

・確変の回数表示

・スランプグラフ化

など


様々な機能を搭載したものに進化を遂げてきています。


ここ10年ばかりで呼び出しランプは急速に発展してきました。


いまやバリエーションは多種多彩。



むしろこうしたデータランプがないホールは
ドンドン淘汰され生き残っていけない時代にまで
なってきています。




その中でこうしたデータランプを開発する会社は、
プレイヤーの方が欲しいものはなんなのか?
を常に追求してきました。


今もなお進化し続けるデータランプですが
今後も益々今までにない機能を搭載したものが
いずれは出てくるのではないかと予測されます。


ホールに遊技されに行く際は違う観点で呼び出しランプに
注目してみてはいかがでしょうか?!



今の時代はデータランプはホールの必須アイテムです。



また我々打ち手もその流れに乗り遅れないように
常にデータランプのことも研究しべきでしょうね。



【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/468-ec332ae2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。