パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年のパチンコ業界の動向について
パチンコ業界は行政の規制や法改正などで
色々と変化していきます。



そのスピードが年々早くなってきています。


最近では2007年10月のスロットの4号機の
完全撤去がありましたよね?


それにより、ホールの従来の営業手法は
根底から変えざるを得なくなりました。


今まではスロットで粗利を抜いて
海系のメイン機種で還元するといった
手法が使えたわけですが・・・・


このスロット4号機の撤去により、
営業手法自体を見直さなければ
ならなくなったわけです。


ですが!?


ホールもしぶといところがあります。



倒産・閉店したホールも確かにありましたが
その後に出てきた5号機の「ジャグラー」に
かなりのホールが救われたフシがあります。


この「ジャグラー」がある意味ホールの
救世主となったわけです。


そして今の現状では、とりあえずは
ホール数の減少は落ち着いたのでは
ないでしょうかね。


そして一昨年から昨年にかけては、
スロット4号機がなくなった反動といいますか?!


市場が再びマックス至上主義に戻った
感じがありますね。


2005年などと比べれば、甘デジや1円パチンコの
拡大で市場は拡大しており、にも関わらずに
不景気と相まって市場はドンドン下へ下へと
拡大してます。


つまり完全に日本経済と同じでデフレ状態に
なってしまってるわけです。



そこで今年のパチンコ業界は一体全体
どうなっていくのか?


ということですが・・・・




おそらくは従来のミドル機が少なくなって。
その辺りの確率のものはすべて1/200台に
追いやられて、確率が1/300台のパチンコ機は
マックススペックに集約されるのでは
ないでしょうか?



そして設置店舗数が50%を超えてる1円パチンコも
ついに設置台数も50%を超え、4円貸と同等化
していくことが予測されます。


つまり、今年も昨年以上にパチンコの市場が
大きく変化する年になるのではないでしょうか?
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/456-2e909a46



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。