パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


海シリーズの最新作「沖海2」を打つポイント

今回の海シリーズの最新作である「沖海2」は
エヴァ5に似たスペックでもあり、数値的には
特別目新しいものではありません。




ホールのメインを占めるスペックとなるだけに
出玉性能を正しく把握することが大事です。



では、早速「沖海2」を一通り解説していきたいと思います。


まずはその連チャン性について



沖海2MTMSの確変平均連チャン数は4.72回。


これまでは大海スペシャルMTEの4.5回が
最高だったので、また過去最高連チャン数を
更新したことになります。



もっとも、大当たり出玉数が段々減ってきてるので
連チャン数が上がるのは当然といえば当然のことです。


大当たり出玉を考慮すれば大海M56が過去においては
最も爆発力のあった機種であるといえます。


ちなみに初当たり毎の平均連チャン数をみると
初回ダイレクトに通常図柄を引くパターンのほか
突確経由で通常図柄で終わるという実質単発パターンも
考慮すれば初当たり毎の平均連チャン数は約3.6回ぐらいです。



それから次に時間効率について。



この機種は長いリーチがないので、消化効率を
考えた場合には他の機種に比べて優秀です。

パチプロが好みそうな機種であることが分かります。


とはいっても?!


数年前の機種に比べれば大当たり出玉が減少しており
突確等が増えてるので消化は少しずつではありますが
遅くなる傾向にあります。




次にボーダーラインについて。



ボーダーラインは地中海の方がやや甘めで
1000円あたりの回転数が同じであれば
平均収支も地中海の方が少し上になります。



ですが、沖海2の方が大当たり確率が低く
連チャン性が高いわけで、勝率の安定性には
欠けます。


両機の平均投資額は実は2000~3000円程度しか
1日に変わりません。


なので普段打ってる時はスペック差を実感としては
掴みにくいかもしれません。



しかしながら、極度に引きが悪い場合や、その逆に
妙に引きまくることは確実に増えるはずです。



ちなみにですが、初当たりまでの平均投資額は


大当たり確率の分母 ÷ 千円あたりの回転数 × 1000


と計算機で計算すれば簡単に求めることが出来ます。



とにかくパチンコを打つ場合、まずはその機種の
スペックをよくチェックすることが大事です。


それから初当たりに掛かる投資金額やボーダーライン
あるいはその他の要素など総合的に考えてください。



またもっと大事なのは?!



他の似たような機種やスペック機との比較。


またシリーズ物であれば、過去のスペック機との
比較をすることで、その機種がどういった性格の
機種であるかが判断できます。



勝つためには事前のチェックが必ず大事です。






【追伸】


ホールコンの裏側を知りたい方はこちらから!


http://pride.xsrv.jp/hole-con/index1.html






CRスーパー海物語IN沖縄MTA(裏玉循環加工セット)中古パチンコ


【業務用】CRスーパー海物語IN沖縄2 電子ライター(50個入り)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/405-d8f9e5ab



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。