パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新台が出なくなったのはメーカーのせい?

パチンコホールの新台入替は、減ることはなくても

 むしろ増える一方であります。




 一昔前の新台入替といったら

 どんなホールであっても(普段客の少ないホールでも)

 このときは、開店前に列を作ってお客が並んでいたものでした。



 最近では、大手のホール以外は

 こういった光景を目にする機会も明らかに減りました。



 それともうひとつは、新台入替といったら

 ホールは間違いなく通常よりは出すというイメージがありました。



 ところが、近年の新台入替は

 ほとんど出さないホールもかなり増えてきました。



 この理由は、いたって簡単です・・・・




 ホールが出玉を出せなくなったからに他なりません。




 では、なぜホールが出玉を出せなくなったのかというと?



 ご存知のように、新台の機械代の高騰によります。



 昔ですと1台あたり17万円ぐらいだったのが

 今では、それの倍ぐらいの値段がします。



 ということは、単純に考えてコストが2倍近く

 掛かってしまうということになります。



 おまけに昔ほど新台の寿命が短くなっているので

 ホールも回収する前に客が飛ぶなんてことも珍しくは

 なくなってきました。




 ホール関係者の大方の意見は、ホールよりも

 遊技機メーカーの方が間違いなく儲かっているとのこと・・・・。



 そりゃそうですよね?



 ここ数年、毎回のように流れるTVCM。

 派手な展示会イベント。

 他業種にないような営業マンのボーナスの多さ。




 もっといえば、メーカーは法律を盾に取った

 ”押し売り業者”であるともいえます。




 この業界で、本当に甘い蜜を吸っているのは

 実はメーカーであるのです!




 現在のパチンコメーカーの数は19社ほど。



 これは、全国のパチンコホールに比べても

 明らかに数が少ないということは理解出来ますよね?



 
 たったこれだけの企業が、1万軒以上もあるホールに

 卸す機械代の利益を分け合っているわけなのです。




 しかも最近では、機械の代金が倍以上もする値段。



 コストが昔に比べて掛かるとはいえ

 ほとんど利益として残りますから・・・・・。



 そういった数字を吟味してみただけでも

 明らかにメーカーの方が儲けるというのが分かります。



 実際に遊技機メーカーの中には、一部上場している

 企業も存在しております。




 1台30万円近くもするパチンコ台を、ホールは新台入替のたびに

 シマ単位で購入しなければならず、メーカーの儲けは察して余りあります。



 しかもボックスでないと優先させないとか

 これを(腐った機械)買わないと、次のいい機械は後回しに

 するだとか・・・・・。



 もうそれこそやりたい放題している現状がメーカーには

 あります。




 お客も本当に文句をいうのは、ホールやクギ師ではなく

 メーカーの方に言うのが筋ではないでしょうか?(苦笑)




【追伸】


ホールコンの裏側を知りたい方はこちらから!


http://pride.xsrv.jp/hole-con/index1.html



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/403-3f997d94



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。