パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんな台だったら打ってみるべし?

パチンコを打つに来るお客の台選びには、
それぞれ違いがあるのは間違いありません。


 
たとえば、前日出ていた台を選ぶお客もいれば
反対に前日はまった台を選ぶお客もいます。



まぁ、どちらが良いかどうかは判断できませんが
ホール側としては、単に差玉(打ち込み玉数から
払い出し玉数を引いたもの)だけを基準に出玉率の
調整を行ってるわけではありませんから。



ホール全体の出玉率や機種ごとの出玉率、
あるいはそれぞれの回転数やベース・・・・


あるいは、機種ごとの実際の基板確率など。


これらの様々な台のデータをもとに釘調整するわけです。


仮に2日間よく出た台があったとしても、
その台の回転数やベースといった数値が
大幅に基準を上回っていない限り?


釘を大幅に締めたりすることはまずありません。


お客が思っているほど、ホール側は
それぞれの台の出玉には関心をもっていません。


機種ごとの出玉率やホール全体の出玉率が目標数値に
収まっていれば良いというのが本音のところです。



前日、前々日と出ていた台を打ってみて、
ボーダーラインを超える回転数を保って
いるのならば?




勝てるという信念を持って打つ続けるべきでしょうね。


もちろんそれでも必ず勝てるという保証はありません。


100%出ると確信出来る台などありませんし、
それはホール側にも分からないことですからね。


ただ、基準となるべきボーダーラインはしっかりと
機種ごとに把握しておく必要性はあります。


ホール側も

「この台は確実に出る!」
 
という確信はありません。


ただ、ある程度の予想は出来るわけです。


それはなぜかと申しますと?


先ほど述べたように、機種ごとのデータがあるからです。



こういった機種ごとのデータを分析することで、
ある程度の基板の傾向がある程度把握できる
というわけです。



それを把握するために、釘調整でスタート回数を
基準としているわけなのです。






【追伸】


ホールコンの裏側を知りたい方はこちらから!


http://pride.xsrv.jp/hole-con/index1.html




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/394-47f7c133



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。