パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


釘調整の見抜き方と練習方法について

【釘調整の見抜き方と練習方法について】



例えばですね?


パチンコ店が10店あったら、
10店とも釘調整が異なります。


 
それぞれのホールの店長の釘調整にも癖があり
調整方法や釘を障る箇所も微妙に違いますからね。


道で殺す調整を好む店長もいれば、スタートを出来るだけ
回すような調整で出玉を削る調整にする店長など・・・


また一見するとまったく同じように見えても
釘調整自体微妙に異なりますからね。


これは料理の世界でも同じようなことがいえる。


同じ素材や材料を使ったとして、同じ料理方法をしたとしても
調理した人によって味付けが違うので当然味が違います。


これは、釘調整にも同じことが言えるのです。


パチンコホールでは、同じ誘導釘を調整するにしても、
方向や度合いその他の誘導釘との組み合わせ、あるいは
命釘の釘調整と、これだけでも数限りなくあります。



そこで、そのホールの味付け、つまり釘調整を
見抜くためには、どの釘を、どの方向に調整するかを
普段から見抜く訓練が必要であります。



ヘソ釘だけなら比較的初心者でもある程度簡単に
見極めれるでしょうが、それが誘導釘と複合的な
調整をしてあると、かなりの練習が不可ですし
習得するのに時間が掛かります。



まず、あなた自身でいくつかの台を選び、その中でも
よく回る釘調整の台をピックアップして、1000円ずつ
スタート回数回を数え、1万円で何回デジタルが回るかを数えてみる。



そしてその次に1000円平均で何回デジタルが
回転するのか自分なりに計算してみる。



ボーダー以上をかなり大幅に回る台であれば、
数日の間に釘が締まる調整になるのが予想できます。


その時、どの誘導釘を動かしたかを
記憶しておいて見極める訓練をする。



動いた箇所が発見できたら、さらに
試し打ちで打ってみるとよいでしょう。


しかし、1000円ではわかりにくいので、
研究のためにもう少し、3000円~5000円
程度は練習のつもりで打つとよいでしょう。



それで平均回転数がどの程度下がるか?

これを判断します。



その誘導釘にいつも注意して打っていれば、
そのパチンコ店の釘調整のクセ自然と
分かるようになるはずです。


いかがだったでしょうか?



釘読みは数と経験がモノを言います。



くじけずに、またちょっとばかり釘が見れないと諦めずに
ひとつでも多く釘を見る癖を付けてみてくださいね。




【追伸】


ホールコンの裏側を知りたい方はこちらから!

http://pride.xsrv.jp/hole-con/index1.html



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■ありがとうございます。
いつも、とっても役に立つ情報をありがとうございます。m(__)mペこ
【2009/11/23 08:40】 URL | 大殺界男 #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/389-72a0ef2c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。