パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パチンコファンのお金は果たして持つのでしょうか?

 最近、本当にホールの出玉が渋いという声を耳にします。




 新台入替といっても昔ほど出ないし、ましてやイベントといっても

 大げさなほどは出ないし・・・・



 出てくる言葉は愚痴にも近い言葉ばかり。




 ひとついえるのは、ホールが昔に比べて確実に出玉を出す
 体力が無いという事実。

 ※まぁ、全部が全部ではありませんが。



 そしてそれに輪を掛けたようにパチンコ台の値段の高騰化。



 一昔までは、CRセブン機あたりですと1台あたり15~17万円
 ぐらいの値段でホールは買えたわけです。



 それが近年、大型液晶だ芸能人の版権料だなんだといって
 ドンドン機械代が高騰していってます。



 それだけホールの負担が増えてるわけです。



 そして新台を入れても、回収するのに昔の倍以上の期間が
 掛かってしまうわけです。




 そしてホールもそろそろ自店の適正台数というのを
 本格的に把握しなければならない時期であります。



 他店が入れたから内もあれを入れようとか
 周りのホールに合わせて新台ばかりを入れていては
 いずれは破綻してしまいます。



 そしてメーカーの売り方や集金方法もホールを苦しめてる
 原因にもなっています。



 その結果!?




 ホールの粗利率は莫大にUP↑してるのです。


 これでは、お客が負けて当然です。




 すべての負担は一般客だということをもっと
 顧客の方も認識しなければなりません。




 新台が出たからとって、あるいは話題の機種が出たからといって
 短期間に新台が出れば出るほど、いかに顧客は勝てなくなってる
 という事実を知らなければなりません。




 それでも、悲しいかな?



 パチンコユーザーは、目新しい新台を打ちたがるわけですね。



 業界全体が落ち込んでるし、機械代の購入費用も上昇してます。



 これはそもそも4号機の撤去がかなり効いてます。




 一時期流行った『吉宗』や『北斗』などのヘビーユーザーは
 やはり波が荒い連チャン機に馴れてるので、波の荒い機種しか
 打ちません。




 つまり、そのようなユーザーが換金率の高いホール(等価交換など)
 などの営業手法を取るホールに流れているのです。



 ということは!?




 メーカーもホールもそれらヘビーユーザー向けの営業方法をやり
 そしてハイリスク・ハイリターンの勝負を好む層に合わせているのです。




 このようなことでは、全体的に一般のユーザーの財布の中身が
 持つわけでないということはご理解いただけるのではないでしょうか?



 

【追伸】


ホールコンの裏側を知りたい方はこちらから!


http://pride.xsrv.jp/hole-con/index1.html  




スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/350-ac605c35



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。