パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールの不況の要因を探る!

ホールが厳しくなってきてるのは承知の事実。



そしてその要因になってるひとつに機械代の
高騰の問題があるわけですね。


ここ数年のホールとメーカーの関係性

もっというなら?


時流にそぐわない業界の構造そのものに
パチンコ不況の大きな原因があるようです。


そんな中でパチンコ業界の不況を肌で感じるのが


●倒産軒数の多さ


ではないでしょうか?



私の住む三重県地方でもそうなんですが
国道をクルマで走ってるとパチンコホールの
跡地に「売り物件」という看板を目にする
ことが増えてきています。



特に地方の方は馴染みのホールがここ数年の間に
続々と潰れていきましたからね。


また今現在生き残ってるホールに関しても
さらに繁盛してるのかというとちょっと疑問です。


ライバルが少なくなり、客数が増えるどころか
かえって全体的に減ってるところもあるようです。



客が全体的に減った上に、以前と比べても客が撤収する
時間も非常に早くなってきてますからね。



つまり最近では以前ほどは閉店近くギリギリまで
粘る客がめっきり減ってきてるということです。



こうしやホールの軒数の減少や客数の減少の主な
要因として考えられるは何かというと?!



やはり「スロット4号機の強制撤去」
ではないでしょうか?


実際にホール関係者もそうですが、打ち手である
ユーザーもみんなそう口を揃えて言ってます。



その4号機のスロットの強制撤去の時期ぐらいから
実際にホールの釘自体も渋くなってきてます。



確かにこれも一要因かもしれません。



ただ今の場合は?



スロットの客数は下げとまりの状態で
そのツケがパチンコに来てるということです。



5号機に変わってからというもの
釘調整が日々厳しくなっていってます。



勝てなくなってパチンコ自体を止めていく
人も少なくはありません。



ただこれも本来打ち手にサービスのかけらもないような
回収営業をしてきたホールをのさばらせた我々打ち手にも
大きな要因があるということもいえます。



新装開店などを見てもそう。



今のホールの集客の命綱でもある「新台入替」


いまだに打ち手には「新台入替は出る」という
イメージを持ったまま初日から打ちにいく人が
多いです。



単なる新台好きなのかは分かりませんが
新台入替で釘をあからさまに開けてるホール
なんて今は皆無に近いです。


なのに新台好きのユーザーが打ってしまうから
ホールは益々これでもいけると勘違いしてしまう。


そういうユーザーに限って

「いや~~、中々勝てないわ。」

と首を傾けたりするわけです。



つまり反対にいえばですよ?



ユーザーが新台を打つのを止めれば
状況は一転すると思います。


そうするとホールも新台入替に頼る営業を
本当の意味でも見直し、より普段の営業に
力を入れると思いますし。。。



またメーカー側もホールが今後なかなか新台を
買わないとなると?



流石に今までのような殿様営業もしなくなるでしょうし
ましてや抱き合わせ販売とかそういったアホな売り込み方も
しないでしょうし。


機械が売れないとなったら、もう少しコストを下げて
安い値段で売れるように企業努力するでしょうしね。



私が思うには、今までのパチンコ業界の変な意味での
馴れ合い構造が今回偶々その膿が噴出してきたのでは
と思うわけです。



高いと分かっていて新台を相変わらずに毎回買うホール。


値段をドンドン高くしていくメーカー側。


釘があまり甘くないと分かっていて新台だからと
打ちにいくユーザー達。


そう考えると、こうした互いの馴れ合い構造が
今のパチンコの不況を作り出した要因では
ないかと思ってしまうわけです。



営業する側も機械を売る側も、また実際に打つ側も
みんなが意識改革がある意味必要な時期に来てる
証拠ではないでしょうか?




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/342-7d70a30d



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。