パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールコンで釘師は何をするのか?

パチンコホールは釘調整で出玉を調整します。

※ここでホールコンとか遠隔でとか思ってる方は
これから先を読まないで下さい。



実際にクギ調整をする場合に、どのように行うのか?


もちろんハンマーと板ゲージを使って行うわけです。


あるいは、玉ゲージというものを使います。


これは先がパチンコ玉が付いてる棒状の
ものであります。


普段の通常営業のおいてはホール側は、
ほとんどが命クギを板ゲージとハンマーを
使って調整を行う。


通常は、命クギ以外はほとんど触りません。


玉ゲージを使うケースにおいては、板ゲージでも
閉めたりないときなんかに玉ゲージを命クギの
根元にあてて調整いたします。


また、特にハネモノなんかでハカマの調整を
する場合などにもこの玉ゲージを使います。


ここ最近の機種は、セブン機が主流になってきているので、
昔の権利モノや一発機のように、あちこちのクギを調整したり
することはありません。


強いていうのなら?


高価交換が主流の現在で、出玉調整を変えたりするぐらいで
あとは命クギをほとんど調整するぐらいです。


また、スタートでスランプがきつい機種などで、
このスランプを無くすような場合に、道クギを触ったり
誘導クギを触ったりする場合があります。



そしてその次はホールの釘師が見る
データの読み方です。


データというものは実際にホールコンと
呼ばれる機器から各台のデータ情報が出力されます。



では、実際にホールでクギ調整をする店長クラスの人間は
データを読んでどんなことを分析しているのでしょうか?


・スタート回数(一分間あたりのスタート回数)

・ベース(一分間あたりの返し玉)

・トータル出玉(1回の特賞で獲得した大当たりの出玉)

・TS(特賞確率。甘めに出たのか?辛めに出たのか?)

・特賞履歴(何時何分に特賞がかかり、どれだけ連チャンしたか)

・稼動数(アウト玉の数、つまりお客がどれだけ打ち込んだか?)

・セーフ玉(機械がどれだけ玉を出したのか?)

・出玉率%

・割数(店側がどれだけ損をしたか?得をしたか?)

・台売上げ(その機種がどれだけの売上を上げたかどうか?)

・粗利額(一日でどれだけの利益があったのか?)

・客滞率(どれだけ、その台でお客が粘ったかどうか?)



こうしたデータを元にその日の反省と、
明日の出玉の戦略を練るわけであります。


必ずデータはクギ調整の心臓部になりますので
毎日毎日チェックすることが大事であります。



このようにしてホールの釘調整をする店長は
日々ホールコンから出てくる台のデータ情報を
分析し、釘調整に生かしてるわけです。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/309-20a4dc85



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。