パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


データランプにあるデータを上手く活用しよう!

データを取ることはパチンコを打つ上では
非常に重要なことであります。



そしてこのデータ読みからホールの状況を
探るということが大事です。


データ読みなんですが・・・


これから把握できることは
以下の通りです。




まずはデータランプにあるデータを
上手く活用してみましょう!



●コーナーの総大当たり回数

シマごとの大当たり回数をチェックすることで
そのホールのサービス機種が分かります。



●総回転数の伸びてる台

時間短縮機能は働くのでよく回る台は
総じて総回転数も伸びる傾向にあります。



●新装時30分後の回転数


いっせいに打ち出した時はよく回る台ほど
回転数が伸びる傾向があります。


●大当たりデータと総回転数

大当たり回転数が少ないのに総回転数が多い
ような台はよく回るから粘った可能性が高い。





一般的にデータ読みというと何か

「そろそろ大当たりが来る・・・・」

というように見るものだと思ってる方が
実際にかなりいます。



ですが、これはあくまでも優秀台を見つける
ための手段であります。



そして大当たり回数が少ないのに回転数が
伸びてるような台であれば?


「優秀台なので客が粘った!」

という可能性があるわけです。





【機種ごとのデータ読みについて】


ハネモノに関してはデータ読みから
羽根の開放率やV入賞率を把握しやすいです。



次に羽根デジに関して。


これは毎日安定して大当たり回数が多ければ
それだけ優秀台である可能性があります。



また最近のミドルタイプについて。


ステージ個体差の大きい機種であれば
活用の価値がかなりあります。


最後にMAXタイプに関して。


かなり運の要素が強くなるのでデータ読みが
正確に活用しにくいです。




これらのタイプごとの機種でやはり一番
データ活用の効果が高いのがハネモノです。



羽根モノは台毎の個体差の影響を受けやすい
機種なので台ごとにV入賞率が違います。


それを釘読みするよりもデータで割り切って
判断した方が優秀台への近道になります。


またMAXタイプに関しては出玉の波が荒れるので
大当たりの伸びてる台が必ずしも優秀台である
というわけではありません。



このようにデータ読みは機種ごとに
活用するということが大事です。





それから最後になりますが・・・・



データ読みの最大の利点はやはり目に見えない
部分を数字で表してくれるということです。


特に海シリーズのステージの優秀台探しには
効果は絶大であります。


またステージの優秀台は見た目の釘が
案外悪く見えますからね。


釘読みの精度が上がるほどに実は発見しにくい
という可能性がありますからね。


また優良店探しにもデータ読みは欠かせません。



データを見てチェックするだけなら
お金は一切掛かりません。


是非ともデータを有効活用してみてくださいね。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/294-69b117c0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。