パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大当たりする台を見つけるためには・・・

パチンコ台の大当たりというのはどうなっているのか?


もうご存知の方もいるかと思いますが。。。


それは台の基板にあるROMによって決定される
大当たりの確率で大当たりの周期もある規則性に
従って形成されるわけです。


これらは保通協の内規規制によって
基準が決められています。



それに加えて、ホール側が稼働率を考えて、
シマ全体の回転数や大当たりの回数を釘調整で
制限するわけです。


もっとわかりやすい言い方をしますと?


一台一台にそれぞれ大当たりの確率や波が
もし存在するのであれば・・・?


これはシマ全体のトータルの波が存在しても
おかしくはないと言うことです。



台それぞれの周期性、つまりに波を持つ上に、
シマ全体の大当たりの周期性も自ずと発生する
と私は思ってます。


実際に釘を叩いて台を調整していたから言えることですし
また毎日データを見て各台ごとの確率とスタートの相関性も
見ていたからいえることです。


このシマの波というのは台の波と違い、
かなり人為的な部分が存在するわけです。

(ただし店が当たりやすい台をセットして、
その当たりやすい台の位置の波のことを言ってるの
ではないのでご注意ください)



要するに近隣の台の調子を見て、
自分の打つべき台を見つける方法です。


台ごとには大当たりに波があるのですが、
シマ全体の波を把握するのは我々一般の
打ち手としてはどう判断すればいいのか?


当然それを知るためにまず我々が最初に
やらなければならないのはデータ取りです。


一台の時と違って、何回大当たりしたかを
メモするのではなく、収支がプラスになる台の
動きをチェックするのです。


もちろん千円プラスでもプラスになるのですが、
それではあまり意味がありません。


逆に大爆発する台ばっかり見てたら
これまた痛い目に遭います。


つまりそこそこ当たってる台を毎日見るわけです。


ここで大事なのは、大当たりの回数ではなく
その台の回転数と大当たりの回数の両方を
必ずチェックしてメモしておくことです。


例えばですが?


10回くらい当たっていても回転数が極端に多いと、
負ける可能性が大きくなる訳です。


この逆の場合もしかりです。



つまり一台の波の時みたいに調子のいい時を狙うのではなく
あくまでもトータルのプラスを目指すことが大事です。


そこで、次は今日は何番の台がトータルで
プラスになったかをメモしておくことが大事です。

 
必ず波の存在を発見することができます。


つまりトータルでプラスになる台の波が存在するのです。



台自体の波攻略は読みがはずれることもあります。

また、ある程度のリスクを負います。



しかしながらこのようにシマ自体の波を読む方法は
負ける確率が少なくなるのではないかと思ってます。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/291-c8a0737b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。