パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イベントを利用して勝つ方法とは?
最近のイベントとはある意味死語になってるかもしれません。


昔と違って、あえて平常営業で釘を開けるホールは
少数派になってきているからです。


赤字を出すぐらいの勢いで出玉をそれだけ還元する
ホールが近年特に減ってきた証拠でもあります。



昔のパチンコホールの赤字イベントを知るものとして
今のホールの現状は本当に寂しいものですが・・・



ただ嘆いてばかりいても始まりません。



昔に比べて厳しくなりつつあるイベントですが
イベントに向かう際の押さえるべきポイントが
ありますから。



今回はその辺についてお話をしてみたいと思います。



ポイントえおいくつかに分けて話します。


1つ目はもう当たり前のことでしょうが
出す気のあるイベントを判断することです。



最近では煽るだけ煽っておいて釘は平常のまま
なんてホールもかなりありますから。



また情報収集の手段も難しくない時代です。



インターネットやピーワールド、携帯のメルマガや
チラシや葉書、店内告知等があります。



そしてイベントのコツは?


とにかく信頼に値するかどうかを
見極めることであります。



・日頃のホールの告知と釘の結果

・新イベントの有無

・開催頻度の低いもの

・機種の稼動の普段からの違い

・イベントを行う日程

※休日前はガセが多い。連休後とかは本物も多々ある。

・イベント時の普段からの客付き具合


などをチェックしておきます。



ホールのイベント告知の煽り方と実際のイベント時の
釘の具合を確かめれば、手間と時間は確かに掛かりますが
それ以上に得られるものも多くなります。



つまり最終的にそのイベントの信頼度を判断するには
常日頃からそのホールの釘調整の具合を確かめるという
地道なチェックが一番です。


それから過去のデータを分析するべきです。




またイベントで勝負する際に注意点があります。


まずは入店前の情報集めが大事だということです。


・そのホールの入場システムはどうか?(抽選か?並び順なのか?)

・目当ての機種の設置場所を確認しておく

・機種ごとの勝ちやすさはどうか?
(イベント機種が複数の場合、スペックの甘い機種を狙うとか)

・日頃のホールの釘調整の方針(スルー、アタッカー周辺など)

・ステージのクセなどはことあるごとに打ってメモしておく

・客層はどうか?(イベント時と普段ではどう変わるのか?)




以上のことなどを予め事前に調査しておきます。




そしていざ本番のイベントの際には、投資ラインや
妥協のボーダーラインを決めておくことが大事です。



それからイベント機種に座れなかった時の対処方法なども
しっかりと頭に入れておかなければなりません。


座れなかった場合にどうするのか?


他店に移動するのか?

それとも空き台が出るまで待つのか?

その日は割り切って打つのを諦めるのか?



またイベント時は普段よりも客数が多い傾向にあります。



なのでその客数の多さに惑わされない勇気が必要です。



ダメと思ったら撤退するという勇気がイベント時には
絶対に必要になりますからね。



以上、イベント時における勝負のポイントと
注意点をお伝えしました。



是非とも参考にしてみてください。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■無題
始めまして。

読んでいるうちに通じるものがあるので失礼かと

思いましたがお歳拝見いたしました。やはり同じ

世代でした。パチンコに一時ははまりましたが

余りつぎ込むので卒業しました。因みに始めの

パチンコは手打ちでしたよ。

また訪問させていただきます。
【2009/08/01 16:10】 URL | たんぽぽ #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/271-5f4d5b67



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。