パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールは昔から「儲かってる間は触るな!」が基本

最近のホールでの新台の釘が非常に厳しいと聞きます。


確かにこれだけ機械代が高騰し、頻繁に機械も入替となると
ホールもそれだけ余裕がないという証拠でもあります。


むしろ昔の新台初日みたいに、ガバガバに開けてある方が
珍しいぐらいでしょうからね。


それでも昔は釘があまり甘くなくても、ある時期になれば
「開け返し」が期待出来ましたからね。


それももう死語になりつつあるのでしょうか・・・・



今の新台入替は、はなから負け戦と分かって討死しに
行くようなものかもしれません。


昔は「開け返し」があったわけですが、最近では
その時期が非常に見えにくくなってきてます。


ただ一応の目安としてはないわけではありません。



例えば、お客が飛んだ時なんかがそうです。



新台を誰も打たなくなれば?


当然機械代を回収するどころか、メーカーへの
支払いも出来なくなってしまいますからね。


ホールがその新台を長く使う意思があるならば?


必ずどこかで「開け直し」をするはずですからね。



そこを狙うわけです。



ただちょっと開けた程度では今のお客はそれを
体感出来ませんし、決して満足はしません。



ホールとしても体力がないわけですから
そもそも昔の新台入替のように赤字覚悟の
大甘釘なんてことは出来やしませんから。



ただやはりお客が飛んだら開ける傾向にある
というのは事実であります。



ホールが新台を開けるのであれば間違いなく
そう考えるからです。



お客が喜んでくれて台の稼動も上がり、ホールが
儲かってる場合には釘をそもそもガバガバに
開ける必要性なんてそもそもないわけです。



昔からホールにとっては

「儲かってる間は触るな!」

という言い伝えみたいなものがあります。


つまり利益が取れてる間は下手に余計なことを
しない方が良いということです。



ホール側の資金に余裕がある場合には、必ず
どこかで開けてきます。


機種云々でなくホールからお客が居なくなれば
商売にならないわけです。



そして新台を導入するのも、そもそもそこに
理由があるわけです。



何かしらの理由で打ち手を満足して
またリピートしてもらう。



昔なら

新台 = 勝ちやすい

という公式がそっくりそのまま
当てはまりました。



でも今は

「話題の新機種にいち早く触ることが出来る」

ということが新台を打つことのメリットに
なってしまってる部分があるかと思います。



今は新台は釘がバカバカ甘いなんて幻想を抱いてる
打ち手なんてほとんどいないのではないでしょうか。



新台を狙うのであれば?


ホール側の開けなおしの時期はいつなのかを
緻密に調査しておくことが大事なのかも
しれません。


ホールの店長になった気持ちであなたも
一度考えてみてください。


「今は稼動が高く儲かってるからガバガバに開ける必要はないなぁ。。。」

とか

「そろそろ飽きられてるから開けなおしでもするかな。」

とか。



ホール店長の胸のうちを読むことが何よりも大事です。






【データランプを攻略せよ!】



このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■無題
初めまして。
人のいないパチンコ屋さんってありますよね。
出さなかった結果なんでしょうね。
参考にさせていただきます。
【2009/07/18 10:38】 URL | パチンコ パチスロの真実が知りたい #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/252-1b7bd270



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。