パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールに備え付けられた確変判別表について

最近のパチンコ台は何やらゲーム性が複雑化して
初心者の方には分かりづらいものとなっています。


それと特に年配者にも分かりにくくなっています。



それが本来のパチンコファンを遠ざけてる原因にも
ある意味なってるのかもしれません。



そして最近ではホールの動きに小さな変化が
起き始めています。



その変化なんですが!?




最近の機種に多い潜伏確変を示す7セグなどに
対応した判別表を台間に備えるホールが
増えてきたことです。



しかも『筋肉マン』とか『北斗の拳』などの
メジャー機種の判別表が惜しげもなく設置
されてきています。




当然これまで潜伏確変を判別しなかったような
打ち方をしていた打ち手が潜伏確変を捨てるケースは
減るでしょうね。


その一方で、潜伏確変の可能性がある台を追うような
立ち回りをしていた打ち手にとっては、ハイエナのチャンスが
これまでよりも減る可能性があります。



なので今までハイエナで上手く潜伏確変を拾ってきた
ような立ち回りで美味しい思いをしてきた層には
あまり歓迎出来ることではないのかもしれません。




また、こうした判別表の設置は実際にホール自身も
粗利を減らすという自体を及ぼすわけです。



実はこうした潜伏確変で閉店を迎えた台はホール側が
ラムクリアをすることで、潜伏確変が消えて
丸ごとホールの利益にもなるわけです。



しかしながら、こうした目先の利益を捨ててでも
判別表を備えつけるホールが増えてきてます。



現状では勝てるはずが、わずかの知識や情報の差で
負けて帰る客が実際にはかなりいます。




また潜伏確変を捨てて台を離れる客は、何度も
同じミスを繰り返して負け続けます。



こうしたファンこそ一番大事にしなければ
ならない層だということをホール側も
最近になってようやく気がついたようです。



初心者の方や年配者などの情報弱者が潜伏台を
捨て、一部の打ち手がそれを拾って美味しい思い
をするという現実。




それらは決してホールが望むような本来の
パチンコの姿ではありません。



判別表の設置が実際に増えてるという事実が
今まで基本的なことを疎かにしてたという自覚を
ホールがようやくしてきたということですね。


【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!




スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■ペタありがとうございます☆
潜伏のセグ表置いてるとこって少なくないですか?

個人的にハイエナ成功したときは爽快ですが(^^;

でもセグ表置いてあるといちいち自分で
調べなくても良いんで便利ですよね(^^)/
【2009/05/30 22:15】 URL | kpachiw #79D/WHSg [ 編集]

2 ■潜伏確変
そんな店があるんですね

確かに今のパチンコは奥が深くなっている気はしますがあんまり知りすぎてもおもしろくなくなっちゃうという常連さんもいるようです…

私は絶対調べますけどね…
【2009/05/31 10:45】 URL | yu-kinkin #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/205-f3223839



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。