パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ業界が暗くなってしまったのか?

最近のパチンコメーカーの傾向としては
よほどの人気があり話題性のある機械でないと
売れないという状況であります。


ホール全体の市場が全体的に弱体化してることに加えて
打ち手の財布の懐事情が厳しくなってきています。



また、それに更に追い討ちを掛けるように
世界規模での大不況の最中でもあります。



若者に目を向けてみますと、就職先もままならず
パチンコを好きで打ってる層が毎月の収入のあてが
ない状態でもあります。



それだけ今現在活気があるホールでも
次第に昔に比べて体力が落ちてくる可能性もあります。



今の日本の経済を見てみると、大手の有名な製造メーカーや
電気メーカー、あるいは自動車メーカーですら
リストラや派遣切りなどで経費を切り詰めています。


そしてそのようなメーカーの工場がある地域では
人口密度が激減し、それに比例するかのように
パチンコホールもかなりの影響を受けています。



特に有名なところでは、愛知県の豊田市なんかが
いい例でしょうね。



ホール全体の体力がなくなってくると、当然
ホールが顧客であるパチンコメーカーも
深刻な問題になってきます。



過剰なTVCMでの宣伝費やキャンペーンで
打ち手確保に躍起になっています。



かといってパチンコ人口が減少傾向にある地域では
それらの宣伝が功を奏することはありません。


なので次々に発売される新機種がホールに
次々に導入されることが少ないわけです。



それだけ新台を買うお金の余裕がホール側には
ないわけであります。



今まで散々高飛車にホールに対して次々に機械を
打ってきたツケが回ってきた証でしょうね。



・抱き合わせ販売

・ボックス購入での優先権

・過去の販売履歴での優先販売

・手形の期間を長期は受け付けない

・止め処もなく高騰化する機械代



などなど・・・。



これまでメーカー側は、ホールに対して
散々やりたい放題してきたわけです。



つまり食い物にしてきたわけであります。



そしてその反動が、我々打ち手の方に
回ってきていたわけであります。



全国のホール全体の体力が落ちれば、当然
出玉に影響することは目に見えています。



機械代も最近は有名キャラを使ったものが多く
その版権料などが機械代にかさむので、どうしても
1台あたりのパチンコ台の値段が上がってしまう。



これをクリアできるようにメーカー側も
企業努力すれば、ホールの負担も減って
いずれは打ち手にも還元が出来るような
体制になるはずです。



今まではメーカー側の立場があまりにも
強すぎたわけであります。



今までのパチンコ業界の歴史がそれを
見事に証明しています。



ただ時代は確実に変わります。



また変化しなければいけません。



いつまでも既得権にしがみついてる行政や
一部メーカー、そのお役人。



こうした人種の構造改革を推し進めていくことが
パチンコ業界の未来が明るくなるのではないでしょうか?





 

【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





元パチンコ釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座-TPG

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/195-172b7e22



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。