パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


筋肉マンはえらい!
最近の機種によくあるのが、潜伏確変と呼ばれるものです。



これは大抵は、盤面の隅のLEDランプで判断
することが出来ます。


でも当初はこのランプの存在に気がつかずに
確変状態が分からずに遊技を中止して立ち去る
客も多かったわけです。



なのでハイエナ狙いが通用していたわけです。



大当たりなのにプレイヤーが損をする。


これって本質的なことをいえば
かなり理不尽なことであります。





確変かどうかが分からない状態では
電チューサポートが働かない。。。。

※スペックによっては電チューサポートがあるものもある。



しかもその状態にするのには出玉アリの大当たりと
同じ確率で当選しなければならない。



これはどう考えても打ち手にとっては損を
してるような気になります。


それと同時に台上のデータランプの大当たりカウントが
上がってしまうのも非常にやっかいなわけです。




そんな中で、今月京楽から筋肉マンが
発売されホールに導入されました。


この機種も確変を隠す『潜伏モノ』でありますが
対処法がきちんと盛り込まれています。



つまりホールに小当たりカウンターを設置
させるように推奨してることであります。



ここでいう小当たりカウンターとは?


パチンコ台が小当たりになった時に
その回数を表示する機器のことです。




従来の台で偽装されていた『小当たり』が
正直にデータとして表示されるように
なったということであります。


ただ実際には出玉の無い大当たりまでカウント
する仕組みになっているのです。


これは、つまり小当たりと思ったアクションが
大当たりで確変になってる可能性があるということ。



『小当たりか。。。』

というガッカリ感を

『実は確変だったのか?』

というプラスへと転じるための試みであるわけです。




ただこれも従来の小当たりを大当たりと表示する
ことと同じように打ち手に錯覚させるという面に
おいては変わりはありません。



でも、損したかというよりも得したという
満足感が働く方法であるために打ち手には
賞賛されるのではないかということです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■隠れ確変
それはさすがに知りませんでした。筋肉マンステージもガセだと思ってました。999が、機械城モード終了後も確変が続いてることは知ってました。
【2009/04/06 16:35】 URL | 0487698739 #79D/WHSg [ 編集]

2 ■初めまして
まだ筋肉マンは打ってないのですが面白そうだなーとは思ってみてました。バカボンが打ってみたいなーと思ってます。すごく勉強になります。
【2009/04/07 11:45】 URL | ももち #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/169-f9a583ec



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。