パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大当たり直撃なんて出来ませんよ!
まずは、簡単にパチンコ台の大当たりの仕組みについて。



例えばですね?



ここに1~630までの数字が書いてある的があります。

それがグルグル回っています。




この回転速度は1周期約1.3秒で、パチンコ台の電源が

入っている限り、回転速度は常に一定であります。




ですので当然、早くなったり遅くなったりすることはありません・・・。




その中で、1~630までのうちで3と378の数字があたりです。


つまり631個の数字の中で2つの当たり図柄があるということ。



なので、確率は1/315.5になるわけですね。




ですので、この的に矢を打って

3か378に突き刺されば大当たりというわけであります。




あれは弓矢が固定されていて、誰が打っても必ず的に

当たりますよね。





1週1.3秒で、しかも的から外すことはない・・・・・?



こういうと、狙えばかなりの確率で当たると思いますが・・・・?



実はそうはなかなか上手くはいきません!?





矢を放つタイミングは、

あなたの好きなときというわけにはいきません。




つまり、玉がスタートチャッカーに入った瞬間と

決まっているからであります。




しかも的はコンピューターの内部で回っているだけなので

実際には打ち手からは見えません。




いつ打てば当たるのかが外部からは分かりません。




つまり、あなたは目隠しをされて打っているようなものであります。





で、ここで実は注意しなければならないことがあります!


それは一体何でしょうか?





この的は、デジタルに表示される『出目』とは全くの

別物であるということ。





もう少し説明するとですね?



『的』は当たりかハズレかを決めるだけにあります。




そして『出目』は実は後から作られます。




例で言うと、『的』に矢を射る抽選で『大当たり』を引いたら
 
その後にどのリーチで揃えるかを決めて、リーチが掛かり

デジタルがそろいます。





ハズレを引いた場合、どの出目でハズレるのかを決めて

その出目を表示して終りとなります。




その際に作成したハズレ出目が、上下図柄がテンパイした形に

なってたらリーチが掛かりますが、これは最初からハズレと

決まっているので、当たることは絶対にありません。





ですので、まとめますと

大当たりはスタートチャッカーに玉が入った瞬間から

もうすでに決まっているというわけであります。


 

今まで述べてきたように、意図的に大当たりを

狙うことは出来ないような仕組みになっていることが分かるはずです。




いかがだったでしょうか?




このことをしっかりと頭に入れておいてくださいね!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/148-b79b576c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。