パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


釘読みの意味合いを理解してますか?

釘読みは確かに初心者のうちは、難しい部分でもあります。


ただこれも、やはり慣れです。




この釘読みなんですが、デジタルが回るかどうかを見た目で

判断し、そこからボーダーラインを把握してそれ以上の

台を選択するために必要なわけです。




つまり、もっというならボーダーライン以下の台を

無駄な投資を極力避けて切り捨てるために必要になります。




なので、釘読みというのは

これらを見極めるためには必要不可欠な条件なのです。




そしてそれと同時に、そのホールが本当に出玉を還元する

意志があるかどうかを量ることが出来ます。



過去の釘の形と今の形、同じシマ内での釘の比較

あるいは他のホールの同じ機種との比較など。。。



様々な観点から比較して、最もボーダーラインが良さそうな

台を選択することが大事です。



つまり、こうした比較をするということは

『これぐらいの釘調整の場合には、通常時はこれぐらい回る。』

『大当たり出玉がこれぐらいで、確変・時短中にこれぐらいの玉の増減だった。』


というような過去のデータによる自分自身の基準が必要不可欠になります。




 
例えばですね?


電化製品を思い出してみてください。



もしあなたがテレビを買う場合、

あなたが欲しいと思っていた型式の新型テレビが

どの店でもすべて同じ価格だったらどうですか?



 
つまりどこで買っても一緒ですから、値段の比較の
 
しようがありませんよね?



つまり釘調整でも一緒です。



自分が覚えた基準の釘調整があるからこそ、今目の前にある
 
台の釘調整を比較することが出来ますし、また基準となる

釘を思い浮かべることでいろいろと比較することもそうですが
 
推測することが出来るわけです。



『あのときと比べてヘソ釘の幅が広いなぁ』


とか


『アタッカー周辺の釘がマイナスになってるから出玉はあの時よりも

少なくなってるだろうなぁ。。。』


とかね。


 
いろいろ推測が出来るわけです。




つまり、まずは徹底して釘の形を覚えることが大事です!




ボーダーライン以上の台、自分が目標としてるラインの台を

見つけて、それを基準とするのがベストでしょうからね。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
1 ■なるほど
フムフム、なるほど
【2009/03/10 17:46】 URL | 名無し #79D/WHSg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://1brand.blog87.fc2.com/tb.php/146-92f197e7



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。