パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールで出てるように見えるトリックの正体がこれです!

もうこのブログを読まれてる方でしたら
パチンコ店が利益をいつも以上にとるために、
釘を締める期間というものが存在します。


パチンコ店における回収日

短期的回収日→土・日・祝祭日・月末&月初め(給料日後)

長期的回収日→ 年末・年始・ ゴールデンウィーク・ お盆


そしてもっと細かく見ていきますと!?


年始>お盆>GW>年末>3連休の中日>日曜>3連休の最後>3連休の最初>土曜>入れ替え前>入れ替え後


が一般的に回収割合が大きい順番になります。


このパターンを知っておくだけでも
立ち回りに役立ちます。


つまり無駄な日や時期に打ちにいくムダ打ちを
防ぐことが出来るからです。


ですが、ホールごとに特徴が加味されるから、
このパターンも絶対では無いですが・・・


それでも基本的な傾向としては頭に入れておいて下さいね。


一般的には、店が黙っていても集客が見込める日に、
わざわざ還元する理由は少ないと思って下さい。



要は、何もしなくてもお客が普段以上に集まる日です。


お客が多い日というのは、平日などの少ない日に比べて、
釘を締めても出ているように見えるという、
店側にとって非常に都合のよい日なのです。


これが店側の打ち手に対するトリックなわけです。



では一体それはどのような作用で、
ホール全体として出ているように見えるのでしょうか?



では、ここで分かりやすく例で解説してみますね。


例えば100台のパチンコ店に、平日お客が30人いたとします。


当然稼動している台は30台、稼動していない台が70台になります。


もしこれが100台中100台すべて稼動していたら?


あなたの目から見てどうでしょうか?


それぞれのお客の勝ち負けは別ですが・・・・・・


もし仮にホール側が全体的に釘を締めても!?


普段以上にパチンコ台の稼動があるため
大当たり回数は確率的に上がっていきます。


それと同時に玉を積んでいる人も多く出てきます。


つまり単純にホールが出てるように見えるトリックは?!


客数が多いということです。


それが、玉が出ているように見える要因になります。



ここでひとつ疑問に思う方もいるかもしれません。


大当たり回数が上がって、玉を積んでいる人が多くなれば、
パチンコ店は損をするのではないかとね。。。


ですが、店全体の釘を締めて、なおかつ客数が多いということは、
その分売り上げが飛躍的に上がっていきます。


要は、玉が出ていようと、その分現金での売り上げが
いつも以上に上がるようになるわけです。


このために店は出ているように見せることができ、
なおかついつも以上に容易に回収できるというわけです。


人数の少ないところから絞り取るのと
全体から絞り取ることの差といえば分かりやすいです。



この回収日といわれる期間に、出す店というのはまずほぼ無いです。
(グランドオープンやリニューアルオープンなど特別なことがある場合は除く)。


土・日でもよく常連客などが

「今日はよく出てたぞ~~~!」

なんて知人や周りに言ってる会話を聞くこともありますが、
それもまさにホールのトリックに騙されてるわけです。



本質が見えずに見た目のドル箱の積み具合だけで
判断してしまってる証拠であります。


平日は客数自体が少ないため、出玉感を出せない上に、
回収自体は土・日のように楽ではありません。


回収とは、単に釘を閉めれば回収できるという捉え方ではなく、
売り上げが上がって初めてきちんと回収できるといえます。


つまりある程度の客数を確保した上での回収ということです。


そのため、どうしても平日は開け気味の調整で、
休日は締め気味の調整になってしまうのです。


平日の客数が少ない時期に無理矢理に回収しようとすれば、
ただでさえ店全体の出玉感がない上に、少ない客から回収しなければならないため、売り上げも上がらず、いつも以上に釘も閉めざるを得ません。


それを繰り返していけば、当然悪循環になります。


客は少なくなる。 


⇒ 回収できないから釘をまた閉める。 ⇒ 余計に客が減る。


まぁ、こんな感じです。



休日の客数が多い日には、無理をせず多くの客からまんべんなく回収できます。


そのため、ホールにとっては容易に回収できるという状況になります。



パチンコ店にとって、客数が少ないときに釘を開け、
客数が多いときに釘を締めるというパターンは、
例外なく日々の営業の中で行われている業界の常識なのです。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


スポンサーサイト

これからのパチンコホールの行く末は・・・・・

警察庁から出された通達により、ホールが行う広告宣伝が
事実上規制されました。


今回の広告規制に関する内容としては!?


「射幸心をそそる営業、広告宣伝が行われてないか?」


「換金をアピールする行為や宣伝広告が行われてないかどうか?」


という点にあります。



昔から何かとこの射幸心を煽るような行為や文句に対しては
行政はうるさく指導してきていました。


そして今回もさらにそれに拍車を掛けるように
うるさく通達してきてるわけなのです。



過去においても、パチンコ業界においては、
色んな規制や通達が行政から各遊技組合を通して
ホール側に警告されてきた歴史があります。



ですが現実には、規制から逃れるような隠語での
広告宣伝は止みませんでした。



その結果として今回の規制につながったとの見方が
自然ではないでしょうか?



結局はホール間での競争が昨今では激化してきており、
イベントや広告等でしか他店との差別化が出来なくなってきた故の
集客競争が今のパチンコホールの姿なのです。


実際にホールに設置されてるパチンコ機に関しても、
昔のようにバリエーションがあるわけでもなく、
どのホールも同じような機種ばかり。。。



つまりどのホールも同質の競争に陥ることで!?


最終的には広告宣伝での差別化しか
方法が無くなったということであります。


それに打ち手側も踊らされていたわけです。



では、今後こうした規制によってホール側の
営業方針に何か大きな変化が出てくるのでしょうか?



もちろんこれに関してはハッキリしたことは
今のところは分かりません。


ですが?!


ホール側が元々地域に密着した顧客重視の姿勢で、
ちゃんと機種の特性を生かせる釘調整や機種選定なとの
本当の意味での企業努力をしてればですね?


何もイベントや派手な広告宣伝に特化して
集客をすることもなかったわけです。



そしてすでにそのことに気がついてるホールは
自分の独自のカラーで地道に営業をされてます。



つまりどのホールも代わり映えしない同じような新聞チラシや
イベントであることに気がついてるホールに関しては!?


そんなことを止めており、顧客に特化した営業努力を始めてます。



つまり無駄なチラシや広告宣伝よりかは、
その分を出玉で還元するという原点に戻ってるわけです。



顧客との本来とのコミュニケーションがそれで活性化し、
より口コミでの宣伝効果がむしろ高くなってきてるわけです。



今後はそのようなホールが少しでも増えていくことを
個人的にも強く望んでいきたいと思います。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



パチンコ店の店長は過酷な仕事です。。。

パチンコ店の店長の仕事は普通の人が思う以上にハードです。


人事のことやら、釘調整のことやら、店のことやら。。。


その他にも経理のことやらチラシの原稿の作成やら・・・・


とにかくいろんな仕事があります。



これは中小ホールで人出が少ないホールの店長ほど、
一人で何役もやらなければなりません。


私がいたホールがまさにそれでした。^^;


ちなみに私の場合、毎日の売上金も土・日以外の
平日は毎日車で自ら運んでましたからね。


まぁ、とにかく人使いの荒い会社というか
社長というか。。。


経営者としては、それだけ人員を減らせて
人件費の経費削減が出来るからそうしてるのでしょうが。。。



とにもかくにも現場の人間はたまったもんじゃありません。



このような朝から晩まで忙しい日々を送ってたわけですし、
おまけにバイトとか社員の誰かが休めば?!



店長自らがホール出たり、カウンターに入ったりもしました。


その間に業者が訪問してくれば相手をしたり。。。。


また合間を縫ってバイトの面接なんかもしてました。



この状態で、社長から


「店長もちゃんと休み取れよ。」


って言われてもねぇ。。。



社長にそういわれるたびに心の中でいつも叫んでました。


「なら、人をもっと増やさんかい!!!」


ってね。(苦笑)



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!

財布の中にいくらお金を入れて打ちますか?

パチンコを打ちに行く際にはどれぐらいの資金を

財布の中に持っていかれますか?


余裕を見て多めに入れていく方もいれば、

最低限しか入れていかない方もいます。


それは人それぞれでしょう。


ですが、手持ち資金云々のことよりも大事なこと。



それはどれだけ財布の中にお金を入れていこうが

結局は打つ側の確固たるルールというか?


マインド(精神)が大事だってことです。



では、ここでそれぞれの場合についての
メリット&デメリットを挙げてみます。



【財布にお金を多めに入れていく方の場合】


メリットとしては、


・心に余裕を持って打てるメリットがある。

・回る台を見つけた場合に途中で資金不足にならない

・数多くの台の試し打ちが出来る


というようなメリットがあります。


その反対にデメリットとしては、


・財布に余裕があるのでついついお金を当たるまでつぎ込んでしまう


ということが挙げられます。



次に【財布に最低限しかお金を入れてない方の場合】


メリットとしては、


・必要以上に粘らないので途中で諦めも付きやすい

・限られた金額で打たなければならないので台選びに慎重になる

・運よく小投資で大当たりした時に利益率が高くなる


というようなメリットがあります。



その反対にデメリットとしては、


・数多くの台で試し打ちが出来ない

・回る台に当たっても投資金が限られてるので粘れない

・途中で資金不足になってしまう


ということが挙げられます。



どちらにしてもそれぞれにメリット&デメリットがあります。



それと同時に必ずしも上記のような傾向になるわけでもありません。



つまりその打つ人の性格とか考え方の違いによっては
これと全く逆のことも考えられます。



財布に多めにお金を入れて打ちに行く方の中でも、
マインドがしっかりしていて自分の中で

「今日はいくら使っても1万円までにする!」

といった強い意志がある方であれば!?


財布の中に5万でも10万でも入っていても
1万円使った時点で止めることが出来ます。



それとは反対に財布の中に数千円しか入れていかない方でも
ついつい誘惑に負けてしまい、途中で銀行のATMとか
コンビニのATMにお金を引き下ろしに行く方の場合!?


これはやはりお金を当初以上に使ってしまうことになります。



何度も言いますが、結局はその本人のマインド次第なのです。



これが出来てないと!?



結果的には、財布にいくらお金を入れて打ちに行こうが、
あまり意味が無くなってしまうってことです。



ですので、まずはパチンコを打つ場合の心構えや考え方の
本質をよく理解しなければならないってことです。



実はパチンコは打つ前から勝負はもうすでに付いてるのです。



理由は今述べたことです。



パチンコは冷静に、負けても熱くならず、
なおかつ投資金額を決めるといいです。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



パチンコの釘読みで見るべきポイントとは?

「パチンコの釘の見方が分からない」


という相談をよく受けます。


これは慣れしかないといってしまえば
それで終わってしまいますが。。。


そういう無責任なことではいけないので
しっかりと説明してみたいと思います。


実際に釘を見る点は多いとは思います。


そこで初心者の方が すぐに釘の良し悪しを判断するには
一体どの釘を見ればよいのか?


またホールがよく調整する釘の箇所はどこなのか?


これについてひとつずつ解説していきたいと思います。


まずパチンコ台の釘は以下のような構成になってます。


・スルー周辺

・はかま(逆八の字)周辺

・ワープ周辺

・風車

・渡り連釘

・ジャンプ釘

・命釘

・アタッカー周辺

・玉返し右横


基本をこれとして、そのホールの釘調整の癖をつかめば
大抵は見るべきところは見つかります。


実際のホールの釘調整でほとんど調整する頻度の少ないのは

スルー、アタッカー、連釘

この3箇所です。


これはなぜかといえばですね?


基本的にスルーやアタッカー周辺の釘は
大当たり出玉に直接関係ある箇所だからです。


なので各台を一定にしておかないと
後々の釘調整が面倒になるからです。


それから連釘は本数が多いので叩くのが面倒。


命(ヘソ)釘はほぼ毎日叩く頻度は多いですが、
素直に見ていいのかはそのホール次第となります。


なぜならば?


よくあるパターンとして多いのは、
ヘソ釘を広げて下げるってフェイクもありますね。


それ同時にスルーを殺すなんてこともします。



ちなみに風車の箇所は曲げるとかなり目立つので、
袴釘の末端をいじるケースは多いと思います。


そして最近ちらほら見かけるのが、『玉返し右横』です。


ここをいじられると他が変わってなくても
全てアウトなんてことになったりするので厄介です。


昔で言うぶっこみ辺りに打とうとしても、玉返しを上げ君にして
素直なルートを描けないと全く回らなくなるケースがあります。


1本だけで簡単に調整できて、目立たないいやな釘です。



このように各ホール側が釘調整する癖は正直違うので
分かりません。


ですので、とにかく目ぼしいホールなら毎日とは言いませんが、
木曜日、日曜日、月曜日と見てみてください。


だいたい土曜が締め始め、日曜が最悪。


月、木曜から本格的にあけるというパターンが多いです。



昔ほど差がつかなくなっていますが、
とにかく観察することが一番いいことです。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!




出る・出ないはあなたの考え方次第です。

パチンコホールにあるデータを見て打つという方は

意外と多いのではないでしょうか?


確かにそれらの機器は打ち手にとって役立つかもしれません。



ですが、そのデータを過信してはいけません。



やはり総合的に見る必要があるからです。



要は、単にデータだけを見ても

うーんだから?って感じになります。


出る・出ない・・・は、実際には何を見ても解らないです。




ですので、台のデータやクギ調整などを総合的に吟味して
判断することが大事です。



そして出る可能性が高い・低いは、クギ調整を見れれば、

ある程度の判断材料にはなるかと思います。



台のデーターは、見る人の考え方によって様々です。



以下のように様々なパターンを挙げて見ました。




1.時短即止めの台が有った場合


この場合ではある人は、出たばっかりだから、
しばらく出ないだろうと思うかもしれません。



また別の人は、時短終わった後に出る台は、

比較的少ない回転数でまた引き戻すことが多いと

判断するかもしれない。



2.800回転以上回して放置の台が有った場合

ある人は、そろそろ出るだろうと思うかもしれないと判断します。



そして別の人は、嵌っているからこれからも

出そうにないと思うかもしれません。



3.10連チャンして、400回転で放置の台が有った場合


ある人は、10連チャンもしているので、

次はもっと嵌るだろうと思うかもしれません。



また別の人は、10連チャンしているが400回回っているので、
そろそろ次の当たりがくるかもしれないと判断するかもしれません。




4.過去、四回続けて単発当たりの台が有った場合


ある人は、単発ばっかりだから、打たないと判断するかもしれません。


また別の人は、単発が四回だから、次は確変だと思うかもしれません。

要は、クギの見方がわからない・知らない人が

台選びの判断材料として、台のデータを見ているのだと思います。



それはそれで、ひとつの立ち回りの仕方のひとつとして、
十分ありだと思いますし、私は否定は致しません。


但し、トータル的に勝率UPの視点から見ると、

データだけで判断するというのは疑問が残りますが。。。


実際にデータではなく、クギ重視で台選びをする方もいます。



もちろん今の基板制御のパチンコでは、

その台が出るか出ないかはわかりません。



ですが、釘読みが出来て少しでも他の台よりも

回る台が確保で居るならば?!




それは軍資金の面を考えたら得策だと思います。



つまり同じ1000円でも回転数は全然違ってきます。


なので、同じ回転数を回すにも釘の良い台ですと

それだけ初期投資金額を抑えられるという観点です。



あとはあなたが実際にホールで立ち回る際に

何を判断基準にするかどうかが問題だと思います。


同じ回すにしても釘重視で行くのかどうか?



あるいはデータだけを頼りに釘は無視して打つのか?




それはそれぞれの考え方次第だと思います。




パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



ネット上のパチンコサイトを有効活用してください。

ホール選びを行ううえで知っておくと非常に便利なサイトと

そのサイトの有効な使い方の説明をしていきます。



パチンコ好きの方でしたもうすでに知ってるかと思いますが

こちらのサイトです。



【P-WORLD】



http://www.p-world.co.jp/index.html





これからこのサイトの使い方をお話しをしていきます。

P-ワールドに関してはもうすでにご存知の方も多いかと思います。



いわゆるパチンコホールの総合サイトとして有名です。


実際にホール関係者も数多く見てるサイトでもありますし、

一般のユーザーも数多くの方が見ています。




このP-ワールドなんですが・・・・

ここで全国にあるすべてのパチンコホールが一瞬にして

調べることが出来ます。



そしてこのサイトを有効に活用することで、

ホールにわざわざ行かなくても各ホールの設置機種やイベント情報

あるいは新台情報などが分かるようになってます。



しかも、ホール情報だけでなく全国のホールの設置機種のランキングや

反対に撤去されてる機種のランキングなども見れるようになってます。



また新台情報なども見れますし、またメーカーなどのHPサイトや

業界関係者のページなども見れます。



あるいは掲示板なども無料で利用できるのでわからないこととかあれば

掲示板に書き込んで答えを待つという有効活用法もあります。



この掲示板で思わぬ裏情報やホール情報などが分かったりもしますから

とても便利なサイトであります。

ある意味、パチンカーにとっても欠かせないサイトであります。

またP-ワールドは、誰でも無料で家にいながら

ホール情報を知ることが出来ます。



ホールにどうしてもいけない場合でも、あらかじめこのサイトを

見ればホール情報が分かります。



細かい情報や生の情報はやはり実際に現場のホールにいって

調べるのがベストなのですが、こうして家にいながらでも

最低限のホール情報は見れますから便利です。




そして特に私が重要視して見るのが!?



『新台の設置台数ランキング』であります。



ここで上位に入ってる機種があれば、実際にホールに行って見てみます。




また実際に打ってみます。



そして客付きやヘソの回り具合をチェックします。

それから撤去リストも必ずチェックします。



ここで上位に入ってる機種があれば、実際にホールに行って
その様子を見に行きます。



客付きはどうなのか?

あるいは実際の釘は辛くなってるのかどうか?



こうしたことを意識してチェックすることでホールが出す気がある

機種とそうでない機種を見極めることが出来ます。




また『新台の設置台数ランキング』で上位の機種に関しては、

実際にその機種が導入されてるホールを数軒見て回ります。

そして実際に打ち比べてみます。


で、普段からどのホールも全体的に釘が渋めであれば?!



ホールから外れるのも時間の問題ということが

何となく予測できます。



つまり、ホール側もいざその新機種を導入したけども

実際にはそれほど主力にならない機械という判断を

してる可能性が高いからです。



長く使おうとしてる新機種に関しては、やはりある程度は

釘を甘くして還元しようとしますからね。


こうしたことでも判断が出来るわけです。



なので、そうした新機種はいくら全国的に

導入ランキングが上位であっても深追いは禁物であります。


いかがでしょうか?



今までカンとか雰囲気で選んでいたホール選びや機種選び。



これで何となく精密なホール選びや機種選びが出来そうではないでしょうか?



パチンコで勝つためには一番最初に重要になるのが

このホール選びです。

このホール選びの段階で失敗するとそれだけで

勝ち続けることは難しくなりますからね。



確かに最初の内は中々出るホールを見極めることは少し難しいですが、

正確なホール選びは必要な事ですし、何度か実行すれば必然的に

どのホールがいいのかが段々と分かってきます。



こうしたサイトを有効活用しながら、ホールのメール情報とも合わせて

実際の立ち回りに生かしてみてください。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



積極的に貯玉システムを有効活用しよう!

貯玉システムを有効活用すると
何かと得することがあります。


仕組みが分からないから、面倒だからといって
このシステムを使わないのは本当に損です。


ちなみにこの貯玉システムなんですが・・・・


簡単に説明すると以下のようになります。


・出玉の引き出しや預け入れが自由自在に出来る

・基本引き出しの際には手数料が掛かる

・長期の預け入れには金利は発生しない


この貯玉システムを有効に活用することで
メリットが多いのも事実であります。



そしてまずこの貯玉システムを利用するためには
ホールで会員登録をする必要があります。



ホールに用意された用紙に必要事項を記入すれば、
その日のうちから利用が可能になります。


その場でカードが発行され、このカードに貯玉数が記憶されます。



あなたが端数の玉などを貯玉で貯めておくことで
後々に貯まった玉数を換金したり、好きな景品に交換できます。



そしてホールによっては「手数料無料サービス」などを行ってます。



等価交換未満なら!?



是非貯玉の再プレイ手数料無料サービスを利用したいところです。



大当たりする前から持ち玉遊戯と同じ玉単価となるので、
いきなり有利な条件で打つことが出来ます。



よくある貯玉サービスとしては以下のようなイベントがあります。


・いつでも2000個までは無料

・イベントや特定の日だけ上限なしで手数料無料



そして貯玉システムに関しては実は
1円パチンコにおいては特に最重要なのです。



つまり1円パチンコにおいては
4円以上に貯玉が重要ポイントになるわけです。



1円パチンコの場合、低額貸玉という性格上、
換金する場合にどうしても4円以上に端玉が発生します。



ですので、1円パチンコで打つ場合には
しっかりと貯玉をしておくべきなのです。



いかがでしょうか?


貯玉は何度も言うように有効活用しない手はありません。



パチンコで勝つためには!?


確かに技術や知識なども大事です。



ですが、まずは無駄な投資金額を抑えるということが
今のパチンコでは特に大事なポイントです。


そのひとつの手段として貯玉システムは
打ち手にとっても有効な手段であります。



このような無駄な投資を省くということも
立派なパチンコ必勝法になるわけです。




では、最後に収支関係以外の貯玉のメリットを
挙げておきましょうかね。



・持ち玉になってもやめやすい


・出玉計量の際に貯玉できるホールの場合は
 必ずしも当日に交換、換金する必要がない


・そのために閉店時の景品カウンターや換金所に並ばなくて済む


・サイクルカードとは違い、紛失した場合でも再発行可能ならば
 貯玉はそのままキープが出来る



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



1円パチンコの本当の真実の裏側とは?

1円パチンコのホールでは4円パチンコのホールに比べると、

同じだけ稼動したら売上が単純に1/4になります。


これだと粗利も当然減るものだと思いますよね?



ところがこの営業方法にはちゃんとカラクリがあるわけです。



だからこそホール側も1円パチンコで営業が
ちゃんと成り立つわけで、なおかつ粗利もしっかりと取れるわけです。



では、まず1円パチンコの仕組みについて
簡単に解説をしてみたいと思います。



【換金率】

これは各ホールごとに違ってきますが一番多い換金率は0.6円~0.75円です。
これは4円貸しに換算すると2.4円~3円になります。



【玉貸し】

一般的なパチンコは1玉が4円でホールから借りるわけですが、
1円パチンコの場合には1玉1円で借りることが出来ます。

4円の時に比べて4倍多く玉を借りることが出来るので、
いつもよりも投資金額を抑えることが出来ます。



【設置機種】

撤去予定の機種などを1円パチンコで再活用するホールが多いので
設置機種に関しては非常に多彩ではありますが、4円でも客付きが良い
新台が入るというケースは稀です。



以上のような4円パチンコとの違いを明確に理解した上で
1円パチンコを打つことが大事です。



そしてここでホール側がなぜ1円パチンコで利益を取れるのか?



その本日に迫ってみたいと思います。



この1円パチンコが粗利を取れるという鍵を握る重要なポイントが?


1円パチンコの本質的な部分が4円パチンコの
1/4ではないということなのです。



つまりこういうことです。



ホール側は玉を貸した時点でテラ銭をとります。



例えばですね?



貸し玉1個に対して、1円パチンコ0.5円交換なら
0.5円、4円パチンコで3円交換であれば1円の
テラ銭を取るということになります。




この場合、1円パチンコのテラ銭は4円パチンコの半分です。



さらに、4円パチンコの3円交換で貯玉再プレー手数料が
100個あたり17個なら?



貸し玉料1個に対してテラ銭は1円パチンコと同水準の
約0.5円になります。



確かに貸し玉料金は1/4であります。



しかしながら、ホールの粗利となるテラ銭は決して
1/4ではないわけです。



それが1円パチンコを商売として成り立たせている
大きな理由の本質であるわけです。




加えて従来では2.5円店のように、貸し玉単価でなく
あくまで換金単価が営業形態の呼び名でありました。



その流れをふまえれば!?



1円パチンコには「0.5円のホール」や「0.6円のホール」
といったような呼び名が相応しいのではないかという感じが
しないでもありません。



しかし、1円パチンコの普及に尽力した業界人たちは
貸し玉単価である1円を前面に押し出して、全てが
4分の1であるかのように誤解を与える宣伝を
これまで繰り返してきたわけです。



これが1円パチンコの真相部分でもあるわけです。



その結果としてどういうことが起きたかというと?



多くのパチンコファンが1円パチンコであれば
月々の遊技代が1/4になると錯覚してしまった
というわけであります。



このこともまた、1円パチンコが急激に浸透し
なおかつ普及してきた理由でもあるわけです。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。