パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初心者が低リスクでパチンコを楽しむ方法

パチンコというとあまり知らない方は

「もしかして大損するのでは?」


というイメージがあるかもしれません。


しかし、最近は、低リスクでパチンコをゲームとして
楽しめるようなシステムが導入されています。


もうご存知の方も多いかと思いますが、
いわゆる低貸玉営業方法であります。


パチンコで勝つための方法はこちら!


それが最近流行の1円パチンコ営業であります。


この1円パチンコなんですが・・・・


パチンコは、お店からパチンコ玉を借りて遊戯します。


かつては、貸玉料金が「1玉=4円」で統一されていました。


しかし、今は「イチパチ」といって、

貸玉料金が「1玉=1円」

というシステムをとっているホールがたくさんあります。


中には、「1玉=0.5円」というホールすらあります。


つまり、「1パチ」だと!?


従来の4分の1のリスクでパチンコを楽しむことができるのです。



「1パチ」のお店は、P-WORLDというサイトのパチンコ店検索で、
「貸玉」の条件設定をして探すことができます。



お店によっては、


「イチパチコーナー」と「ヨンパチ(4円貸玉)コーナー」


この両方を設置している場合もあります。



こうした1円パチンコ営業のホールで遊ぶのが
初心者の方は最初はいいのではないかと思います。



次に今度は初心者の方が打つパチンコの機種についてですが・・・・



その主たる機種の中でも「甘デジ」があります。



この「甘デジ」なんですが?!


通常はパチンコの大当たり確率は、

およそ1/400~1/300のものが多いです。


しかし、最近「甘デジ」として大当たり確率が

1/100程度の台が増えてきています。


甘デジは、確率が甘い分だけ、大当たり時の出玉が少ないです。


ただ、確率上では通常のパチンコ台より3~4倍当たりやすいので、
気軽に大当たりを楽しみたい人にお勧めです。


通常のパチンコ台と甘デジ台とは、大当たり確率が異なるものの、
見た目はほとんど差異がありません。



パチンコ台は、盤面の右上に大当たり確率が書いてあることが多いので、
そこを見ることで甘デジかどうか判断することができます。


ただ、すごく細かい字で書かれているので、
初心者の方には少し分かりづらいかもしれません。



親切なホールの場合ですと?!


各パチンコ台に機種名や確率を書いた札を取り付けて、
甘デジかどうか見た目で分かりやすくする工夫をしています。


また、


「通常のパチンココーナー」と「甘デジコーナー」を


分けているホールも多いです。


ただし、甘デジのつもりで打っていたら実は通常のパチンコだった・・・・


なんてということになると大変なので、
初心者の方は、お店の人に確認するといいかもしれません。



最近は、「1円パチンコ」のお店で「甘デジ」を打つというスタイルで
なるべく低リスクでパチンコを楽しむ人が増えてきています。



ですが、初心者の方といってもなるべく早い段階で
釘が見れるようにした方がいいでしょう。



なぜならば?



「甘デジ」や「1円パチンコ」という手法に胡坐を書いて
釘をガチガチにしてるホールもかなりありますから。



初心者にとって優しいから打ってみようなんて安易に思ってたら!?


釘がガチガチで全く回らないなんて台ばかりかもしれません。



せっかく投資金を抑えようとして優しいシステムでのホールを
選んだのに、4円パチンコ以上にお金を突っ込んでたなんて
笑えない落ちもあります。



なので、見た目とシステムに惑わされないように
初心者といえども釘読みの訓練はしておいた方がいいわけです。


『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』の攻略情報に興味はありますか?

スポンサーサイト

パチンコで勝つための努力はどんなものがありますか?

努力というと!?


何か面倒だなぁって思う方もいるかもしれません。


だからこそ、楽して儲かるみたいなものが
この世の中からなくならないのだと思いますが・・・


パチンコでもそうですが、ゴト師であろうとプロであろうと
やはりそれなりの努力はしてます。

※ゴト師は犯罪なので絶対に真似しないようにしてください。


ゴトは確かに褒めたことではありませんが、
彼らの事前調査に対する念入りな努力に関しては!?


ある意味すごいものがあります。


失敗すれば、警察に捕まるか?


飯の喰いっぱぐれになってしまうから真剣です。



またパチプロもそうです。


稼ぐために日々努力をし、研究を怠りません。



で、ここから本題に入るとしますね。



いわゆるパチンコで打つ前の努力としては?


まずなんといっても機種の勉強ですね。



昨今では色々なシステムのパチンコがありますので、
その内部システムや打ち方などを知る必要があります。


その上、潜伏確変というものもありますから、
知識がなければ確変中に止めてしまう可能性もあります。


それと同時に毎月、続々と新しい機種が出てきますので、
新台のチェックも欠かさずに行ってください。



あなたが勝負に行くホールにある全ての機種の特徴を
知るくらいの勢いで勉強が必要だと思います。



それに加えて、釘を見る訓練が大事です。


パチンコは、設定が見た目では判断できないスロットと違い、
打つ前から、一番大切な釘を見ることが出来ます。


どの釘がどのようになっていれば良いか?


またどうなってれば良く回るのか日頃から研究します。


無論プロといってもその機種ごとに
完璧に釘読みすることは難しいですが。。。


実際にいざ打ってみたら!?


全然回らなかったということも頻繁に起きます。


しかし、釘を見ることで、ダメな台は消去法で排除できます。


つまり打つに値する候補台を絞ることが出来るだけでも、
釘読みをするだけ十分意味があります。


あと、は店選びですね。



どんなに腕のいい釣り師も、水溜りでは魚は釣れません。


きちんといい釘の台を置いている店を探す必要があります。



そのために、幅広く情報収集をする必要があります。


各ホールごとのメール会員になったり・・・・


ホールのホームページをみたり・・・・


常連客の生の会話を聞いてみたり・・・・


とにかくなんでも利用します。



で、いい店が見つかったら打つ前日閉店前に下見。


1週間単位でデータを取って、店の癖などを見つけます。


どのように釘を変化させてくるか?


あるいはその移り変わりはどうか?


また見せ台をどこに置くか?


どの機種に力を入れるか?


イベントの出具合はどうか?


など・・・・・・



狙い台を決めて、それをいざ確保し打ちます。


パチンコの場合は、打つ前に釘を見て判断します。


どんな狙い台でも、釘が悪ければ打たない。


それで他に良い台を探します。


この意識は必ず持ってください。



打つのも、ただ打っているだけでなく止めうちするですが、
通常時だけでなく大当たり時も確変時短時も止めうちが必要です。


通常時は、保留が3個になった瞬間に止めます。


止める直前までに打っていてまだ盤面を落ちている玉で4個目を入れるという作戦です。


4個になった瞬間に止めたのでは、止める直前まで打っていた玉が無駄になりますからね。


釘の良い台だと、3個で止めても残りの玉で4個目が入り尚且つ
5個目6個目も入ってしまう可能性もあるので、保留2個で止めたりします。


大当たり時も打ちっぱなしでなく、止め打ちすることが大事です。


ラウンド間に、アタッカーが閉まっている時間がありますよね?


そのときには玉が無駄になりますので、9カウントの台だったら
7個くらい入ったところで止めうちすると!?


その直前までに打っていた玉で8個9個を入れるという作戦です。


釘のいい台の場合は、6個目5個目などで止めて、
残りで789と入れる場合もあります。


確変時短時は、パカパカ開く電チューの動きにあわせて止め打ちします。


機種によって違いますが、

「空いているときに玉がそこにあり、閉まっているときには玉がないようにする」

というのは共通です。


で、その狙い台が良い台なら、止めうちを駆使して打ちます。


狙い台が打った末ダメな台なら、迷わず捨てる覚悟が必要です。


いつまでも出ない台に未練を残さないためです。


そして他に良い台が空いていないかを探します。



この時に、最初に勉強した幅広い知識と釘の勉強が役立ちます。


良い台が無かったら、空くまで待つか他の店に行くか帰ります。


ここでは無駄金を使うのだけは避けます。


それと、潜伏確変状態で捨てられている台を探すというのも立派な立ち回りです。


ここでも普段からの幅広い台の知識が必要となります。



で、閉店まで打ち続けた場合も途中で帰った場合も、
閉店前のデータ取りは欠かしません。


打たない日でも、データ取りだけには行くべきです。


その後、家に帰ってデータ整理や翌日の狙い台を決めるなど、
様々なシュミレーションや戦略を練ります。



あとはこれの繰り返しです。


大切なのは、確率論を信用し、
「理論的にプラスなんだ」と信じることです。


どんなに運悪くはまり続けても・・・・


またどんなに運良く箱を積んでも・・・・・


釘の悪い台ならば即やめする潔さが大事です。


これらは、理屈を信じて初めてできることです。


また、それらは長いスパンでの収支に
成果をもたらすものなので常勝必勝などは無理です。


運悪く負ける日もあります。


そんな運の悪い日に、

「理論的に正しいことをしているんだ自分は」

と信念を貫き通すことが大切です。



決して、オカルトや遠隔などに逃げてはいけません。


本当にこれらを真面目に出来たなら、確実に収支に変化は出ます。



『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』の攻略情報に興味はありますか?



パチンコ台のスペックに関するトレンドとは?

時期によってパチンコ台の仕様やスペックは変化していきます。


そして昨今のパチンコ機に関しては!?


とにかく事前に機械の情報収集をすることが大事です。


昔の新台みたいに初日に行って、店員にちょっと説明聞いて
それで理解できるという台は少なくなってきてます。


昔はリーチアクションなどのゲーム性だけを聞けば
誰でもすんなりと打てた時代であったからです。



で、今のパチンコ機のトレンドとしてはですね?



数年前からマックスタイプが主流になりました。


ですが、これも陰りが見えており、今はドンドンとST機に
シフトチェンジしていくのではないかという時代背景になりつつあります。


最近ではMAXタイプのST機が出ています。


それと同時に出玉の多い機種が増えてきてます。


これは打ち手にとっては嬉しいことです。


多いラウンドを引けば、2000個オーバーの出玉もありますからね。


ラウンド数が偏ったときにはドンと出玉が増えるって
この感覚も受けてるようですから。


ですが、そのしわ寄せも無くもなく、
当たらない時には全く引けないわけですが。。。



で、その全く引けない時の味付けをどうするのか?


これがメーカーの思惑なんですね。



例えば、ミドルで「北斗百裂」がありますが・・・・・


これも引かないとかなりひどい機械です。


出玉ありを引かない限り電サポに行かないわけですから。


つまり、3連、4連としても一向に玉が増えずに
ST抜けなんてことも多々あります。


また「銭形平次」なんかも引けないとなるとかなりきついです。


ですが、引いたときの出玉感はかなりのものです。


で、実際にAKBというキャラクターもそうですが、
内容的にも打ち手に受けてるわけであります。



こうして考えてみると?!



従来のMAXタイプの機種よりかは、ミドルやライトミドルのST機が
これから主流になっていくような様子は伺えます。



これまでのMAXタイプのパチンコ機が頭打ちになり、
客離れが激しい現状を見てるとそうなるのはって思うわけです。



今の時代はやはり打ち手の財布の懐事情も厳しくなってきてるので
初当たりを引きやすい機械が受けてるような気がします。



そう考えてみると!?



大当たり確率が下がってきてるのはいい傾向だとは思います。



初当たりは引くけど出玉が少ない。。。


あるいは出玉が取れてもかなり少ない。。。。



こうしたデメリットを補う何かがあればいいわけです。


そこをメーカー側ももっと上手に考えて開発し、
市場に出してくれれば言うこと無いわけです。



で、最近の機械は段々とそれに近づいてきてるものも出てきてます。



先ほどの「銭形平次」なんかもそうですが。。。




ですが、中途半端なすぐにこけるような機械だけは
もう市場には出して欲しくないという気もしないでもありませんが。。。



いかがでしょうか?



ここは、静かに今後の各メーカーの動きに注目しましょうかね。


『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』の攻略情報に興味はありますか?



パチンコ店の不正行為は実は内部のチクリから発覚?

『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』の攻略情報に興味はありますか?



パチンコ業界には、昔から色んな不正行為がありました。


そして実際に社会ニュースとして何度か挙げられたこともあります。



そんなホールの不正行為の中でもよく取り上げられてたのが?!



なんといっても遠隔操作です。



そうした話題をマスコミがこぞって題材的に取り上げるので
ホール全体がそのような不正行為をしてるかのように
打ち手に今でも思われています。



ですが、現実問題としてそんなホールはごくわずかでしょうね。



風適法の改正も色々とあり、今では罰則が昔に比べて
かなり厳しくなってきてます。


またそうした行政の網目をくぐって実行するホールも
かなりの政治力とか後ろ盾がないと確率的にはやれません。



なので、今ではホールがそこまで危険を承知して
遠隔に手を染めることはありません。

※もちろん全くないわけではありませんが。。。



この遠隔操作と共にホールの不正行為の中でも
過去に一番多かったのがやはり脱税行為です。



こうした手口はいたって単純です。



つまりデータ上の売上と現実の売上の差額分を
オーナーが自分の懐に入れるという手口です。



昔のホールではよく閉店後になると!?



オーナーがいきなり事務所にやってきて
カバンの中に売上の一部を運びこむ姿を目にしたスタッフも
いるかもしれません。



これは随分と昔の話になりますが・・・・・・



今は亡き、あの大物映画監督の伊丹十三氏の「マルサの女」という
映画があったのをご存知でしょうか?



その映画の中のワンシーンにもこれと同じような光景がありました。



ある日、国税が目を付けたパチンコホールにその職員が客を装い
ホールにパチンコを打ちに行きます。


で、その際に売上の除外をしてないかどうか?


そのことを証拠として閉店後に事務所に踏み込んで確かめるために、
両替機に入れる千円札にわざと赤印の札を入れてたあの有名なシーンです。



映画の中では、そのホールは見事に札束を一部除外してたのが
発覚するわけですが、昔のホールのオーナー連中も昔はこうした
いたって単純な手口で売上の一部を除外して裏金作りに勤しんでたわけです。



パチンコホールの売上と経費計上は、基本的に現金(掛売りなども含めて)の動きで把握します。



そして日々営業で記録として残してるホールコンピューターのデータ。


本来的にはこのホールコンピューターのデータ数値とは、
あくまでその裏付け資料に過ぎません。



なので、「マルサの女」の映画で出てきたシーンのように
ホールオーナーが一部の売上金を搾取すれば!?



当然、このデータ数値と実際の金額が合致しません。



現実的には閉店後に実行するわけなので、
コンピューターの「タイム情報」も改ざんしないと
税務署から簡単に疑われます。



あまりに閉店後の時間とかけ離れてると
当然おかしいということになるわけです。



これと似たようなことで昔あったCR機の導入時の
プリペイドカード何かでも同じ手口がありました。



オーナー自らが偽造カードを使って閉店後に各台ごとに
そのカードをユニットに突っ込んで玉出しをして、
実際には売り上げてもいない売上をデータ上で挙げて
カード会社に売上を請求するという手口です。




では、ここで本題に入ります。




冒頭で述べたようにホール側のパチンコ台のデータ改ざんは
一体何を目的にしてのことなのでしょうか?



ここで断っておきますが!?


よくある営業中でのパチンコ玉の詰まりや
配線不良による結果でのデータ不良は改ざんではありません。


それはあくまで営業上での機械や配線トラブルで起きたことです。


なので調査判明からの修正であれば、
もちろんそれは改ざんではありません。



それが仮に店長個人が自らの懐(お小遣い稼ぎ)搾取の為の
「ツジツマ合わせ」ならどうでしょうか?



この場合には、当然背任罪または立場が役員であれば
特別背任罪の未遂罪にあたります。



当然、そこで実際にお金の搾取があれば未遂ではなくなります。



発覚すれば刑法ですから、実刑もありえます。



ですが、店長や役員が自分では上手くやったつもりでも
調べれば実際にはこんな手口はすぐばれます。



また通常はこんな行為は「本部へのデータ吸い上げ」によって
大抵は即発覚するわけです。


それとオーナー自らが常に日々のお金勘定をしてる
中小ホールであればすぐにばれるものです。



人間って大体みんな同じようなことを考えるものです。



特にこれが本部を入れての会社あげてのことなら?!


「脱税」を目的に搾取脱税行為があれば
所得税法、法人税法、地方税法違反にあたります。



ですから悪質高額ならば当然実刑もありえます。



協力者については違法と知りつつ実行したか?



あるいはどの程度関わったかの判断もあります。



そしてホールのこうした不正の発覚においては
内部通報(チクリ)から発覚する場合がほとんどです。



まぁ、人間そう安易に悪いことは出来ないってことです。




公開開始!『銭形平次・7つの定石』のレビュー

あの「パチンコ黄金率」でお馴染みのみのさんたさんの新商材である

こちらのパチンコ情報は、もうチェックしましたでしょうか?


↓  ↓  ↓  ↓


ここから見れます!



今回のノウハウとしては!?



AKBパチンコにある攻略ポイントが見つかった解説書となります。



ちなみに「CR銭形平次」は、確率が1/198.6の台です。



4ラウンド当たりもありますから、
確率が低いからといってもちろん安全とは言えません。



ですが、一ヶ月1で手堅く何万、何十万と稼ぎたいのなら!?



今の時代はスペックが甘い機種は勝ちやすいとも言えます。




そして今回の「銭形平次」ついては、
その定石通りに打つだけでも負けないことが判明しました。



重大なポイントの一つは止め時にありますが、
その他にも幾つかの定石があります。




ちなみに教材の題名にもあるように!?


今回のパチンコ教材は7つの攻略ポイントに分けて解説されてます。


ちなみに以下がそれになります。



【1の定石】【台選び】


【2の定石】 演出の類似機種


【3の定石】【好調パターン】


【4の定石】【不調パターン】


【5の定石】【朝一の台の選び方と打ち方】


【6の定石】【午後からの台選びと打ち方】


【7の定石】【夜からの台選びと打ち方】



今回はマニュアル自体も40ページほどと少な目で
非常に読みやすくなってます。



また最後には実際にみのさんたさんの実践検証の
結果報告も解説されており、とても分かりやすく
イメージがしやすくなっています。


そして今回のAKBパチンコの攻略ポイントなんですが・・・・



他の海系とかのように攻略ポイントが少ないのが特徴です。



ですが、その少ない攻略ポイントをズバリ暴露してるのが
本教材の特徴であります。



どちらにしても、その攻略の波形を把握することで、
どんな台を打てば勝ちやすいのか?


どんな台を打ったら勝てないのか?


それが見えてくる筈です。



この7つの定石を把握して、この夏は「銭形平次」で
是非とも稼いで貰いたいと思います。


ここから見れます!




商売って人間心理なんです・・・・

『CRびっくりぱちんこ銀河鉄道999』の攻略情報に興味はありますか?



大型連休がある時期はホールの稼ぎ時でもあります。



当然、連休の日にちが多ければ多いほど
ホールの稼ぎは増えるわけです。



確かに年々、連休といえども昔のような売上は
望めないところもありますが。。。



それでもホールにとっては稼ぎ時であることに
変わりはありません。



その連休中でも特にホールの売上が増えるのは
やはり中日であります。


私もかつて店長をしてた時代に統計を取ってたのですが、
初日は世間は移動とか何やらで用事があります。



それと最終日も同じです。



Uターンなどで移動が多い日でもあります。


なので、連休の中日が何かと自由な時間があり、
ホールも売上が一番上がるわけであります。



これは、松竹梅なんかの人間心理に似てますよね?



大抵、飲食店ではコースのメニューを3つそろえてます。



値段の安いもの、高いもの、そしてその中間のもの。



そしてこの3つ揃えるのがミソでして、店側が売りたいのは
実は真ん中のコース料理なんです。



なので、それを選ばせるようにあえて3つのコース料理を
どの店も揃えてるわけなのです。



結局、商売って最終的には人間心理なんです。



びっくりぱちんこ銭形平次 無料攻略法


パチンコホールの新規開拓をしてみませんか?

1円パチンコで勝つための情報はこちらから!



今現在通ってるホールであっても
いつ何時店を閉店するかもしれません。


ある日、突然店にいったら!?


シャッターが下りてたなんてこともあります。



そこで大事なことは!?


普段からいくつか勝負するホールを数軒確保しておく
ということがとても大事な要素になります。



で、その新規ホールを開拓する際には
当然ですがそのホールの情報収集に努めます。



今はどのホールでもメール会員を募集してますので
そのホールのメール会員に入っておきます。



そしていざそのホールに行って
実際に稼動できるかの確認をします。



たとえ打てる台があっても、今のホールはそう甘くはありません。


肝心の釘がガチガチに閉まってたり・・・・・


平常でも昔のようなガバガバ開きの台は
そうお目にかかれることはありません。



全体を通して客付きの良い機種やコーナーをチェックし、
それと同時にその機種の釘をチェックします。



それでここからがポイントです。



そのホールが何かしらのイベントをやる際には
必ず見に行き、実際に稼動具合や釘の様子を見ます。



で、そのイベントの規模を判断材料にします。


・DM(チラシの部数や範囲),会員メールマガジン,HPでの告知,


それとそのイベントが開催される時期などもチェックします。



同じようなイベントでも、暦や時期によっては
全く中身(出玉の具合)が違ってくる場合も多々あります。


特に週末は期待度が下がります。


また月初や月末でも違うかもしれません。


それと同時に平日も余裕があれば見ておきます。



ここでのポイントは、打てる台があった日と
同条件の日に行くことがコツです。


イベントにあふれて肝心のお目当ての台が取れなかったり、
そのコーナーで打てなかったりする場合があります。


特にイベント時に関しては。。。



なので、念のために翌日にまた見に行くとか、
あぶれた時のついでに見に行くのが現実的です。



こうしたイベントなどの出玉祭の時にそのホールの
信用度を図っておきます。


で、平常営業の際や打てそうな時に行きます。


その場合に次の3段構えで考えておくとよいです。



【自分の思った通りの台が確保出来た】

⇒ そのまま座って打つ


【釘が全体的に渋い】

⇒ 少し様子見するか? 後日にまた出直す


【目当ての機種が全然釘が渋い】

⇒ ホール全体の様子をチェックし、他に打つ台がなければ撤退



一番はあなたの目論見通りの台を確保できることですが、
その目論見通りにことが進まなく、あてが外れる場合も多々あります。


なので、特に新規のホールを開拓する際には
上記の3パターンを頭に入れておいて下さい。



それと撤退した場合でも!?


1回だけでそのホールを見切るのではなくて、
再度来店する際の条件の吟味をし直したいところです。



臨機応変さももちろん大事ですし、
日を改めて再度来店するのもアリです。



またお目当ての機種がダメでも違う機種やコーナーを
行った時にチェックしておくとか。。。。



勝ってる人間は、こうして粘り強いわけです。




それから釘での注意点ですが?!



ヘソ以外の箇所(誘導釘、道釘、寄り釘、ジャンプ釘等)を
閉めてるホールは、そもそも出す気が普段からありません。



ヘソが閉まるだけならば?!


それはある意味前日に店側が頑張った証拠です。



ですが、ヘソ以外の箇所を閉めてくるホールは
一般客にとってはたまったものではありません。



このような傾向のあるホールは手を出さない方が無難です。



それから普段から閑散として活気のないホールも
選択肢から外すようにしてください。


そのようなホールはとにかく時間の問題です。



機械を買うお金がないとか、資金繰りが厳しいとか。。。


あるいは店がそろそろ閉店するとか。。。


なにかしらのサインが出てます。



何度も言いますが、店のやる気は釘や新台入替、
それとイベント等に顕著に現れます。



今回述べたことをしっかりと頭にいれながら
新規ホールを開拓してみて下さい。



びっくりぱちんこ銭形平次 無料攻略法




今年のお盆営業は特に気をつけてください!

例年の場合ですと!?


世間でいうお盆休みというのは大抵は
8月の第2週~3週にかけてです。


ところが今年はちょっと様子が違います。



それはなぜかと申しますと?!



今年の夏場の電力不足を受けて休みの期間を
例年に比べてずらしてる企業が多いからです。



また計画節電などの影響で、会社自体を早めに休みにしたり
大型の連休を取る企業もかなりあります。



私が聞いたところによれば!?



中には20日間ぐらいの休み期間を取る企業もあるようです。



こうなると、お盆休みというよりかは
長期休暇というわけですね。



では、この長い休暇をどうやって過ごすのか?


もちろん旅行に行く方も多いとは思います。


ですが、多くの方は

「暇つぶしにパチンコでも行こうかなぁ。。。」

ってなります。



もしあなたがそんな気分に少しでもなったとしたら
ちょっと聞いて欲しいのです。


通常、お盆はパチンコホールはブッコ抜き営業といわれてます。


これは昔からのホールの慣習でもあります。


お盆や正月などの連休中は通常以上に釘を閉めて
利益を回収するという営業方法のことです。



つまり、連休中はホール側は暇を持て余してパチンコに来る客を
カモがネギを背負って来たみたいに思ってるわけです。


それでブッコ抜きを図るわけですね。



で、ここからが本題です。



例年、お盆はパチンコホールには行かないでということを
私はもう口が酸っぱくなるぐらい言い続けました。



それで冒頭での話です。


今年は例年以上に計画停電や節電の影響で各企業が
大型長期休暇を取ります。


つまり世間はロングスパンでのお盆休みに入るわけです。


そのことを踏まえた上で申します。



今年の各ホールはそれを知った上で長期間での
ブッコ抜き営業を仕掛けるかもしれないってことです。



それ考えると!?


本当に怖いです。


さらにいえばですね?



ホールは節電のために夏場の輪番店休を余儀なくされてます。



なので、休んだ分の売上確保に躍起にならざるを得ません。



だからといって全部のホールが全部ブッコ抜くわけではありませんが。。。



それでも例年に比べたらホールもさらに厳しい状況に
陥ってますから、そう考えても不思議ではありません。



ですが、今も述べたように今年は例年のお盆商戦とは
意味合いが違ってます。



このことは打ち手としてはしっかりと
頭に入れておかなければなりません。



暑い真夏日にホールで大やけどしないためにも
例年以上にホールには気をつけてくださいね。




びっくりぱちんこ銭形平次 無料攻略法



パチンコ業界の売上がドンドン減少してる・・・・

年々、パチンコ業界のシェアが下がってきてます。


この要因は確かに色々あるとは思います。


その要因の中の一番の原因となってるのは?!


やはり機械を認可する行政の天下り先機関、
それとメーカー側のパチンコ台の販売法が一番ではないかと思います。



特にメーカー側の販売法はほとんど昔と変わってません。



相変わらずホールには強気の売り方。


それと同時に機械代も益々高くなる。



本当に業界や打ち手のことを思ってるのなら!?



当然パチンコメーカー側もこれとは逆の姿勢になるはずです。



それだけホールも打ち手もパチンコメーカー側に
舐められてる証拠でもあるわけです。



で、ここに興味深い記事があります。



あのデータロボでおなじみの●イコク電機は
先月に「DK-SIS白書2010」発刊記者会見を開催しました。


そこで発表されたのが!?


4円パチンコの稼動数(アウト)と粗利がともに
2009年8月から今年5月まで22ヶ月連続で前年実績を
かなり下回っていたという内容です。


その結果として!?


全国パチンコホールの総粗利規模が、 1995年のサービス開始以来、
初めて4兆円を割り込んだことを明らかにしました。



この要因について同社グループは、いわゆる1円パチンコに代表される
低貸玉営業の拡大を上げたことを挙げてます。


「1円の拡大が4円の業績悪化を招来する負のスパイラルに陥っている」

とも述べております。



つまり、今後も1円パチンコが拡大すればするほど!?


ホール側の4円への収益依存度が強まる構造にあると指摘してます。


ちなみにこのようなホールの粗利の数値も発表してます。


3兆9200億円の総粗利(推定値)の内訳としては、


パチンコ2兆7900億円(前年比4000億円減)

パチスロ1兆1300億円(同500億円増)


となってます。



これ見ても分かるように、パチンコの減少分が
パチスロの増加分の8倍にも達してることが分かります。



それだけ我々が思う以上にホール側としては、
パチンコの売上と粗利益共に厳しい状況に陥ってるわけです。



そしてこうした数値を見て分かるとおり、
世間で思われてるほど1円パチンコは業界にいい影響をもたらしてません。



もっと分かりやすく言うとですね?

「低貸玉営業が伸びても市場拡大にはつながっていない。」

ということです。



つまり、そうした1円パチンコ市場も冷静に見ると、
かなり限られた市場での値下げ過当競争になってるわけです。


この現象はある意味スーパー業界に非常に似てます。



こうした値上げ競争は、各ホールにとっても
最終的にはもちろん共倒れを招きかねないわけです。



なので、個人的には前のように4円パチンコ主流の
健全な営業システムが本当の意味でメインとなることを
望んでます。



そのことが同時に本来の4円パチンコ再生になるのではと思うわけです。



それとメーカーの次から次へと販売する体制も
どうにかしてもらいたいものです。



ホールばかりが負担が来て、肝心の顧客に満足に出玉として
還元出来てない実情を見るにつけ、腹立たしくなる思いです。



この業界もいち早く構造改革を行うべきです。



そして一部メーカーと行政との癒着も無くすことです。



いたたまれないのはいつまで経っても
ホール側と打ち手であります。



本当に今のメーカーの販売体制を変えるだけでも
私は業界が変わると思ってます。



昔のような早いもの順で機械が買えるという
自由競争システムを復活させるべきです。



一部の過去の機歴(機械を買った履歴)だけで
売り先のホールを選ぶという今の行き過ぎた
メーカーのやり方に楔を打つ意味でもです。



本来の全うなパチンコ台の販売法になることで、
貧乏くじを引き続けてた中小ホールにもチャンスの芽は
出てくる可能性はあるわけです。




パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



勝てない人が負けから抜け出すためには?

どうせパチンコを打つならば?!


とにかく勝ちたい・・・


そう誰でも思うはずです。


「パチンコで最近全く勝てません。。。」


そんな相談をよく受けます。



ただ、そうした方々に必ず聞くことがあります。


「収支表をきちんと付けていますか?」


と。。



ですが、ほとんどの方が

「いいえ、付けてないです。」

という回答が返ってきます。



実は多くの方が勝てない理由がここにあります。


それを理解せずに?!



負けのせいをホールのせいにしてるわけです。


挙句の果てには、やれ遠隔だのホルコンだのと
外部的な要因のせいにしてるわけです。



この反対にパチンコで勝ってるタイプの方というのはですね?



勝てる人は自分の全ての立ち回りから一台一台のデータや
1000円当たりの回転数までの全て細かくメモしており、
自分の悪いところを冷静に判断してます。


そしてその日の立ち回りが終われば収支を付けます。


これは一般家庭でいう家計簿のようなものです。



今の現状であなたの財布の中身がどうなってるのか?


これを把握せずに打って方がそれだけ多いってことです。



今月はまだ給料入ったばかりなのに!?


牙狼とかMAXタイプの荒い台ばかりを打ち、
早くも10万円を使ってるとしたら・・・


当然、そんな立ち回りを続けていては
その月はお金が持ちませんよね?



なので、自身の収支表を見て懐具合と相談しながら、
時にはどうしても打ちたいなら1パチに切り替えるとか。。。。


もっと初当たり確率の甘い台で勝負するとか。。。


そういう方向転換も必要になります。



なのに、自身の収支を付けずに今のあなたの財布の中身を
把握しない状況で気持ちだけ熱くなり、突っ込んでしまうわけです。



一番いいのは、常に収支表を持ち歩くことです。



それと同時に持ち歩くお金の金額を最初から
予め決めてホールに行くことです。


そうすれば、必要以上に突っ込むことなく
冷静に立ち回ることが出来ます。



その日に決めた手元のお金が無くなればですね?


「今日はもうお金が残ってないから諦めて帰ろうかな。」

と踏ん切りもつくものです。




私の知人の中に手堅く立ち回るタイプの人間がいますが、
彼の場合、まさに今述べたようなやり方です。


そしてその知人の場合は、よく見てますと!?


負ける金額を抑える行動且つたまには勝ちたい
という動きをしますので手堅いのだと思います。



ですが、いざ実践となると!?


『撤退する勇気、追う勇気』


この辺の按配が難しいところではありますが。。。



また負けが込むタイプの方の多くはですね?


牙狼のようなどうしても連チャンのきつい機種ばかり
打ってる傾向がどうしてもあります。



そうした荒いタイプの機種ばかりやっていると
どうしても収支の波が大きくなります。



なので、どうした荒い機種を打つ場合には、
そこをちゃんと理解した上で実践してください。



それと同時にそのような荒い機種を打つ場合には、
最初から割り切って5千円勝負だけにするとかね。。



いずれにしろ、人間は手元にお金があると
使ってしまいたくなる生き物です。


なのでその欲望に負けないためにも収支は必ず付けてください。



それと同時にホールには必要以上のお金を
持ち歩かないようにしてくださいね。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。