パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あの噂のツールに「桜マックス」が追加されました!
あの噂のツールである「魚群探キチ」に、
ついに「桜マックス」が追加されました。

魚群探キチツールはこちらから!



この桜マックスについては、沢山検証されており、
万発オーバーする等、良い結果がでております。



このツールを入手しておくだけでも商材代金以上の価値があります。



このツールで示した勝率50%以上の数値では
ほぼ70%以上は実際に勝ててるというデータがあります。



もし普段から台選びに悩んでるという方には
もってこいのツールだと思います。

魚群探キチツールはこちらから!



さらに今回のパチンコ攻略の基本としては!?



実戦に基づく立ち回りの解説ですが、
実戦向きに「早見表」での解説になっています。



パチンコの攻め時を早見表にする!


その様な発想と早見表作成は、流石に24年間無敗を誇る
蒲生氏ならではのことです。



蒲生氏が指導する『ペンタゴン攻略』はパチンコの当たりの仕組みを
ペンタゴン(五角形)の視点から考え、アドバイスしています。



『ペンタゴン攻略』は、プレイする方の経験から初級者・中級者・上級者に分け、
その方々に見合った厳選したアドバイスされています。



ご自分のレベルに応じたしっかりとした「台選び・立ち回り」が分かります。

それからこのマニュアルの流れをここから解説していきたいと思います。

            



まず最初に序章としては・・・


現在のパチンコの大当たり仕組みについて解説されています。

この大当たりの仕組みについて著者は5つの推測をしています。

多くの方が知らなかったであろう部分が解説されています。




それから次の章になります。



この章では、打ち手のレベルに応じたパチンコの立ち回り方法という点を
特に重視して解説されています。


初級者向け、中級者向け、上級者向け

それぞれのパチンコレベルの層に分けて解説してます。


この箇所が、このマニュアルの一番の核となる部分です。



初級者向けの方に対しては基本的なことからアプローチしてます。



そして実践的な部分においては!?


前日、前々日の大当たり確率からの判断により
当日の見込み台を選ぶ方法が解説されてます。



それから中級者向け、上級者向けと続きます。


上級になればなるほど、より実践的な理論やノウハウの部分がさらに深まり、
かなりパチンコの経験者でないと理解できない部分が多々あります。



また今回のマニュアルの一番の大きなポイントは
「パチンコの素人でも勝てるために編み出された攻略法」という点であります。



●初級者は、マニュアルに書かれている通りに「データランプ」を活用するだけ

●中級者は、「データの取り方・使い方」「台の狙い方」を解説

●上級者は、さらに一歩進んで、「プロの応用した立ち回り術」を解説




何といってもこのノウハウの一番の売りとしては
特典に付いてくる『魚群探キチ』ツールであります。

魚群探キチツールはこちらから!



このツールは、携帯電話にデータランプの情報を打ち込むことで、
「打つべき台か?」「止めるべき台か?」又は「打つにしても幾らの予算で打ち込むか?」
を表示してくれるツールです。



つまり、早見表を土台にして探索を簡便にした「携帯電話ツール」です。



あなたが実際にやることは、ホールで台を前にして
必要項目をガイダンスに沿って入力するだけです。



そして瞬時に出る台を判別することが出来ます。



一瞬で勝てる台を判定するツールをチェックしてみて下さい!

魚群探キチツールはこちらから!




スポンサーサイト

ペンタゴン攻略の中身とは?
ペンタゴン攻略とは・・・・・



このパチンコ攻略の基本は、実戦に基づく立ち回りの解説ですが、
実戦向きに「早見表」での解説になっています。



パチンコの攻め時を早見表にする!


その様な発想と早見表作成は、流石に24年間無敗を誇る
蒲生氏ならではのことです。



蒲生氏が指導する『ペンタゴン攻略』はパチンコの当たりの仕組みを
ペンタゴン(五角形)の視点から考え、アドバイスしています。



『ペンタゴン攻略』は、プレイする方の経験から初級者・中級者・上級者に分け、
その方々に見合った厳選したアドバイスされています。



ご自分のレベルに応じたしっかりとした「台選び・立ち回り」が分かります。

それからこのマニュアルの流れをここから解説していきたいと思います。

            



まず最初に序章としては・・・


現在のパチンコの大当たり仕組みについて解説されています。

この大当たりの仕組みについて著者は5つの推測をしています。

多くの方が知らなかったであろう部分が解説されています。





それから次の章になります。



この章では、打ち手のレベルに応じたパチンコの立ち回り方法という点を
特に重視して解説されています。


初級者向け、中級者向け、上級者向け

それぞれのパチンコレベルの層に分けて解説してます。


この箇所が、このマニュアルの一番の核となる部分です。



初級者向けの方に対しては基本的なことからアプローチしてます。





そして実践的な部分においては!?


前日、前々日の大当たり確率からの判断により
当日の見込み台を選ぶ方法が解説されてます。





それから中級者向け、上級者向けと続きます。


上級になればなるほど、より実践的な理論やノウハウの部分がさらに深まり、
かなりパチンコの経験者でないと理解できない部分が多々あります。



また今回のマニュアルの一番の大きなポイントは
「パチンコの素人でも勝てるために編み出された攻略法」という点であります。



●初級者は、マニュアルに書かれている通りに「データランプ」を活用するだけ

●中級者は、「データの取り方・使い方」「台の狙い方」を解説

●上級者は、さらに一歩進んで、「プロの応用した立ち回り術」を解説




さらにこのノウハウの一番の売りとしては
特典に付いてくる『魚群探キチ』ツールであります。

魚群探キチツールはこちらから!




このツールは、携帯電話にデータランプの情報を打ち込むことで、
「打つべき台か?」「止めるべき台か?」又は「打つにしても幾らの予算で打ち込むか?」
を表示してくれるツールです。


つまり、早見表を土台にして探索を簡便にした「携帯電話ツール」です。


このデータは、蒲生が全国の教え子と連絡し合って収集して、
「蒲生独自の方法で解析」したものに基づいています。



あなたが実際にやることは、ホールで台を前にして
必要項目をガイダンスに沿って入力するだけです。


そして瞬時に出る台を判別することが出来ます。


『魚群探キチ』が、ホールでの貴方を強力にサポートします。




「魚群探キチ」は、台上のデータを打ち込むだけで、
どこまで打てばいいのか?

を打ち込みの予算額まで提示して答えを出してくれます。



打ち込んだ数値に依って、勝利可能性の%が表示されます。

50%以上を表示する台では、70%以上の勝率を誇っています。



早見表 ⇒ 魚群探キチ ⇒ プロの立ち回り ⇒ いざとなれば現地指導


と言う、『ペンタゴン攻略』の著者である蒲生氏からは、
万全な体制でご購入者をサポートする意気込みが伝わって来ます。




サポートも3ヶ月回数無制限が約束されていますから安心できます。



一瞬で勝てる台を判定するツールをチェックしてみて下さい!

魚群探キチツールはこちらから!





パチンコメーカーはホールを値踏みしている!
 パチンコホールは、自分達が良いと判断した

 パチンコ台をメーカーに注文します。



 特にそれが前評判の高い機械ですと、それだけ注文が

 メーカーに殺到いたします。



 つまり、各ホール間での競争が注文の時点から

 始まっています。



 そして新台を注文したからといって安心は出来ません。



 なぜならば?





 メーカーはその注文したホールの過去の実績を

 冷静に見てますから。



 つまり、どういうことなのかと申しますと

 そのホールの過去の納入実績を見てるということ。



 そのホールが過去にどれだけそのメーカーの機械を

 買ってくれたかどうか?



 そして過去にそれだけ多く買ってくれたホールに

 優先的に納品するわけです。




 つまり、新台を買うのには実は注文の早い順ではないのです。




 過去にどれだけそのメーカーの機械を買って

 そのメーカーに協力してきたのか?



 この一点をメーカーは見て、そのホールに新台を

 納入するかどうかを上の人間が判断するわけです。




 なので、今まで購入実績のないホールが

 いくら今度の前評判の良い新台を入れたいと思っていても

 後回しにされるわけです。




 メーカーというのは、現金です。




 過去に付き合いをどれだけしてくれたかどうか?



 すべてはこれですからね。




 まるで天下り先のようなやり方をしてます。




 そして今まで協力してくれたホールには

 支払い方法もある程度融通が利きます。



 手形を長くしてもOKだったり、あるいは裏で

 値引きをしたりと・・・・。




 パチンコ業界ほど不平等な業界はありません。



 まぁ、逆をいえばもろにガチガチの資本主義社会でも

 あるわけです。



 お金のあるホールは相手にするが、機械代を払えない

 体力のないホールは相手にしないというね。。。




 新台が地域でバンバンにトップで入るホールは

 それだけメーカーへの実績があるというわけですね。




 
 あなたの通うホールの新台入替を見るだけで

 そのホールがメーカーとどのような付き合いをしてるのかが

 一発でわかるというわけです。
 



 いかがだったでしょうか? 







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする




ホルコン理論の矛盾とは?
そもそもこのホルコン理論とは一体何かと申しますと?!


パチンコ台は4~6台を一グループとして管理されていて、
ホールコンピュータが大当り配分を決めていると言う事を
前提として成り立つ理論です。



そしてそうした理論を情報として販売してる業者もいます。



もう少しこの理論を説明しますとですね?



大当りの配分はグループごとに回ってくるので、
5台グループの内の一台に大当りがあれば
そのグループ内に配分される事が多いということです。



なので抽選で大当りが配分された台を観察して、
次に大当り抽選で当選する台を見抜くと言う理論です。



これには、先ずその該当すると思われるホールがパチンコ台を
1番台・2番台・3番台・4番台・5番台というような順並びで
グループを組んでいるか?



または1番台・11番台・21番台・31番台・41番台と、
末番結びでグループを組んでいるか?



これを見分ける事が必要という理論のようです。




もしそのホールが並び番号でグループを組んでいる場合?!



1番台から5番台までを一グループとして、
仮に1番台に大当りがあったら・・・・・



この理論でいけば、次に大当りが配給されるのは
2番台から5番台の内のどれかと言うことになります。




そして末尾番号でグループを組んでいる場合には?!


1番台に大当りがあったら、次に大当りが配給されるのは、
11番台・21番台・31番台・41番台のどれかと言う事になります。



但し、このグループ分けが番号とびで、51番からの事もあれば
101番からの場合もあります。



ですが、このホルコン理論。



一見すると何か良さそうな感じがしますが・・・・・




現実的にこれをホールで実践するとなると、
かなり難しい障害が起こって来ます。



つまりこういうことです。



先ず、グループ分けが並びであるのか?末番であるか?


これを見定めるには、相当な時間その該当ホールの観察をしないと
素人ではまず判別できないでしょう。



いや、業界関係者でも無理でしょう。



またもし仮にそれが見分けられたとしても、
残り4台の内のどれであるかを見分ける事も難しい事です。



よしんばそこまで上手く仮に見分けたとして、大当りしたとしても?!


その台が「本日好調台」である保証はどこにもありません。



もしあなたがこの理論を実践するために朝からホールに
朝一にいったとしてホルコン攻略の適合台を探してみるとします。



ですが、実践すれば分かると思いますが、現実はかなり苦労しますし、
見分けるのも困難であることがよく分かると思います。



しかももしそれが百歩譲って本当だと仮定したとしても
どこかに先に大当たりが出るのを待たなければいけません。


仮に大当りがどこかの台に台に出たとして考えてください。



その状況で自分が今打っている台を捨てられるかとなると
おそらくほとんどの方が実際には迷ってしまうと思います。



まぁ、もし仮に実践するとしても気休め程度に考えて
都合の良い時だけ活用してみるというスタンスです。



そもそもホルコンを扱ったことがあるものとしては、
ホルコンで出玉を操作してること自体が遠隔操作になります。



遠隔操作を攻略するには、現実問題としてそのホールの店長なり
あるいはオーナーなりとつるまないと不可能です。




しかもその理論を主体として打つべき台を探すのは
あまり効率的でないと私は思います。



最大の難点は、ほとんどの方がそのホール島の
グループ分けを見定めるのが難しい。



それと初めて打つホールでは現実的に使えない。



またホールで当たりが出た台を全台見張る事はできないので、
ホール内を巡回して、たまたま見かけた台を基準にして
並び台・末番つなぎを探さなければなりません。



なのでそういうケースでは、ほとんどが空き台である事が少ない。

ということが挙げられます。



まぁ、その理論を信じる方もいるでしょうし、
実際にそれで大当たり台にありつけた方がいるのであれば
何も私は言うことはありませんが。。。



なので、ホルコン理論を信じるも信じないもその人の勝手です。



もし仮に実際のホールで試すのであれば?!



あくまで気休めで補助的なものとしての程度で
考えておいた方が精神上にも良いかとおもいますので。




パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






効率の良い立ち回り方法とは?
 あなたは、パチンコを打たれる時ってどういったことを

 考えて打ちますか?



 また、何を考えて打ちますか?


 何を優先して行動しますか?




 ちょっとだけ考えてみてください。



 いいですか?













 パチンコを打つ時に、大事なのは
 
 ・メンタル面
 
 ・体調面


 は、あまり関係なしかな???



 でも、



 ・店選び
 
 ・台の選択
 
 ・立ち回り方

 は、とても大事なことです!



 つまり、いい台に座れたら粘りまくり、いい台が

 確保できなかった場合には、すぐに撤退すること。



 これは、何の商売でも同じ原理です。


 ・いい商品(人気商品)が入荷できるかどうか?(いい台が確保できるか?)
 
 ・それが、市場に出るのに間に合うかどうか?(新台が納期に間に合うか?)
 
 ・どこの場所・立地条件に出店するか?(どの台を選ぶのか?)
 
 ・周りのライバル、市場はどうか?(どのように立ち回っていくのか?)

 など・・・・・・・・・・・。



 最近では、機種構成の変化からか、夕方開店が極端に少なく

 なってきています!


 つまり、それだけ立ち回りの効率が減ったということ・・・。




 つまり、

 『一日で効率よく稼ぐために回れる軒数が減ったということ!』



 これは、裏を返せばそれだけ

 『朝イチの並びが重要になっている!』

 ということの裏返しでもあります。



 それに輪をかけて、新装開店でちゃんとクギを開けるホールも

 少なくなってきています。



 ここ最近多いのは、

 平常並みのクギ調整をしているホールがあるという事実。



 ここぞ!という時の大幅な入替など以外は

 あまり出さないということ。



 あとは、機械を入れ替えるだけ平常営業に近い形の

 新台入替になってきていますね。



 そして、店側は、それを補う形で

 ・メール配信
 
 ・チラシを部数をまく

 などの手法をとるわけであります。



 ただ、このように新台の全く期待できなくても

 その他の、海とか高稼働を普段からしている

 ような機種なんかですと



 新台入替を機に、テコ入れして強化していく可能性も

 ありますので、



 もし、このような機種での過去のイベントに信頼性があるような

 ホールですと、期待できるかも知れません。



 このように、ホールの状況tか内部事情を元に

 立ち回っていくことはとても大事なことです。




 まぁ、見極めていくには決して簡単なことではありませんが

 『無駄にならないような立ち回り方』

 は実践していかないと、確実に稼ぎたいとおもってる方は
 
 このことを頭にしっかりと入れておいてください。







【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html




パチンコユーザーはメチャメチャ負けてます。。。
 最近、本当にホールの出玉が渋いという声を耳にします。



 新台入替といっても昔ほど出ないし、ましてやイベントといっても

 大げさなほどは出ないし・・・・





 出てくる言葉は愚痴にも近い言葉ばかり。




 ひとついえるのは、ホールが昔に比べて確実に出玉を出す

 体力が無いという事実。

 ※まぁ、全部が全部ではありませんが。



 そしてそれに輪を掛けたようにパチンコ台の値段の高騰化。




 一昔までは、CRセブン機あたりですと1台あたり15~17万円

 ぐらいの値段でホールは買えたわけです。



 それが近年、大型液晶だ芸能人の版権料だなんだといって

 ドンドン機械代が高騰していってます。



 それだけホールの負担が増えてるわけです。



 そして新台を入れても、回収するのに昔の倍以上の期間が

 掛かってしまうわけです。




 そしてホールもそろそろ自店の適正台数というのを

 本格的に把握しなければならない時期であります。




 他店が入れたから内もあれを入れようとか

 周りのホールに合わせて新台ばかりを入れていては

 いずれは破綻してしまいます。



 そしてメーカーの売り方や集金方法もホールを苦しめてる

 原因にもなっています。




 その結果!?





 ホールの粗利率は莫大にUP↑してるのです。



 これでは、お客が負けて当然です。





 すべての負担は一般客だということをもっと
 
 顧客の方も認識しなければなりません。




 新台が出たからとって、あるいは話題の機種が出たからといって

 短期間に新台が出れば出るほど、いかに顧客は勝てなくなってる

 という事実を知らなければなりません。




 それでも、悲しいかな?



 パチンコユーザーは、目新しい新台を打ちたがるわけですね。




 業界全体が落ち込んでるし、機械代の購入費用も上昇してます。




 これはそもそも数年前の4号機スロットの撤去がかなり効いてます。




 一時期流行った『吉宗』や『北斗』などのヘビーユーザーは

 やはり波が荒い連チャン機に馴れてるので、波の荒い機種しか

 打ちません。




 つまり、そのようなユーザーが換金率の高いホール(等価交換など)

 などの営業手法を取るホールに流れているのです。




 ということは!?




 メーカーもホールもそれらヘビーユーザー向けの営業方法をやり

 そしてハイリスク・ハイリターンの勝負を好む層に合わせているのです。




 このようなことでは、全体的に一般のユーザーの財布の中身が

 持つわけでないということはご理解いただけるのではないでしょうか?






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!







あなたの打ってる台の確率をチェックしてますか?
 どこのホールにも、台上にはデータランプがありますよね?



 むしろそれが設置されてないホールを探すことの方が

 難しいのではないでしょうか?



 このデータランプにもいろんなタイプがあります。




 ・3日間しか表示しないもの

 ・1週間表示するもの

 ・10日間のデータを表示するもの


 など・・・・



 この他にも機能的にいろんなものが存在いたします。

 ※グラフが出るものとか・・・。




 そしてこのデータランプには、全体の大当たり確率が

 表示されるタイプが多いのです。



 つまり大当たりごとに確変割合と実際の機械のスペックとを

 比較して、確変割合が低い場合には全体の確率自体を

 チェックしてみてください。




 例でいうならば!?





 300分の1の機械でしたら100分の1

 350分の1の機械でしたら150分の1

 以上となる基準がかなり勝ち繋がるかと思います。





 確率が高ければ高いほど、当然これらの確率も上がり

 やすいので、全体の目安としてもとても参考になります。



 ホール側としては、全体ベースとして平均的なスペック

 の割合に落ち着くという前提で釘調整をいたします。




 その中で、我々が勝とうとするのなら!?




 スペック以上の確率の台を見つけなければなりません。




 なので、今打ってる台の確変割合を常に把握しながら

 スペック確率を大幅に下回ってる場合には、初当たり確率で

 大幅に上回らないと勝てないという計算になりますね。





 このことを頭にいれて、ホールで勝負する時には

 台上のデータランプのその台の状態を常にチェックする

 クセを付けてくださいね。




 ●確変の割合はどうなのか?


 ●また全体の大当たり確率はどうなのか?



 

 数字化するクセをつけることで、勝負する基準がより

 明確になりますからね。





 いかがだったでしょうか?




 
 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






あなたはそれでもパチンコ店長に憧れますか?
 ホール全般の運営を取り仕切るといわれている

 パチンコホールの店長。



 実は、そういう私も店長だった過去があります。^^;



 そしてパチンコホールは、この店長が

 『ホールの命運を握る』といっても過言ではないが

 その分、責任も当然ながら大きいのであります。



 そしてこのホール店長になりたいという

 パチンコ好きの若者がいるのも事実であります。



 では、そのパチンコ店長になる方法をちょっとだけ

 お教えいたしましょうか。。。




 まずパチンコ店長になるためには、当然ながら

 パチンコ・スロット業界の知識や金銭管理能力、あるいは

 人材管理能力など総合的なスキルが求められます。



 実際にホールを運営していく上に、イベントなどの企画

 ホールの宣伝などの広報能力など、総合的に自分のホールを

 マネージメントしていく能力が求められます。



 ですので!?



 ホール店長になる人のほとんどは



 ●まずは現場で経験を積む

     ↓


 ●そしてある程度経験を積んだら主任などに昇格


     ↓


 ●それから副店長などに昇格


     ↓

 
 ●オーナーや上層部の信頼を受ければ晴れて店長に!!



 という段階を踏む必要性があります。





 いきなり店長になれるほど、甘くはありません。



 その他の方法としては、能力のある主任や副店長クラスを

 他店や他業種から店長として引き抜くなどがあります。




 その反対に、出来る店長を他店が引き抜くということも

 当然ながらありえます。




 実際、私も現役時代には四国のホールなどから

 依頼を受けたこともありますからね。。。

 ※断りましたが。^^;



 とにかくホール店長の仕事は業務全般に渡ります。



 ホールスタッフの管理や経費の決済などの金銭管理や

 業者との応対、新台の展示会に参加、ホールの宣伝

 社内での営業会議など・・・・・。




 そして最も大事な仕事といえば

 ●釘調整

 の仕事ですね。^^




 このように店長という立場は、パチンコホールを総合的に

 プロデュースする能力が求められます。




 確かに成績がソックリそのまま反映するわけなので

 ある意味非常にやりがいのある仕事でもあるといえますが。



 ですが、非常に責任重大な仕事であることは

 覚悟しなければなりませんからね。




 それでも、あなたはパチンコ店長に憧れますか?






【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html




優良店の判別はスロットコーナーに注目してみてください。
自粛期間中はホールは思い切った出玉還元イベントで
打ち手に美味しい思いをさせてくれるはず・・・・



と期待したパチンカーの方も多いかと思います。


ですが、実際のところはかなり苦戦してる様子です。


こういう時期は、より体力のあるホールで打つ
ということが大事な要素になります。


ここでいう体力のあるホールというのは
いわゆる大手ホールとかチェーン店というわけではありません。



最近新台入替でこけまくってるホールとか・・・・

やけに次々に新台を軒並みに導入してるとか・・・・


そんなホールは大手でも有名ホールでも危険です。



そのようなホールよりも!?



むしろ地域密着型の小さなホールであっても
無理せずに新台を入れずに、また新台入替の回数も
大手に比べて少ないのにも関わらず!?



イベントや普段でも朝からお客が並んでるようなホール。


そのようなホールであれば安心できます。



それと最近では、スロットコーナーの力の入れ具合で
優良ホールかどうかを判断できます。



最近のスロット機ではヒット作が出てきており、
打ち手に支持され続けてる機械が出てきてます。



「エウレカセブン」とか「新鬼武者」などのヒット作がホールで導入されており、
4号機時代の勢いを取り戻そうという勢いがあります。



また自粛期間明けにも各メーカーが続々と目玉の
新機種をホールに登場させる予定です。


「戦国無双」や「緑ドン」

あるいは「アントニオ猪木が元気にするパチスロ機」など・・・・



注目のスロット機が目白押しです。



特に「戦国無双」と「猪木」に関しては主力機種になりうる
可能性のあるスロット台でもあります。



これだけ5号機が年末に向けて盛り上がってくれば!?


ホール側としても当然出さないわけにはいきません。



なので、今まで以上にスロットコーナーが盛り上がっていない
ホールに関してはパチンコでも出さない可能性があります。



ですので、普段スロットなんて打たないという方もこの時期のホールでは
スロットコーナーもチェックしておくようにしてみてください。



案外と優良ホールが見つかる可能性もありますので。



あとはスロット関連のイベントなども要チェックしてみてください。



目安としては、やはりそうしたイベント時に朝から
行列を作って並んでるホールかどうか?



こうしたイベント時に行列が出来てるということは
何よりも信頼度が高いホールである証拠です。



また最低限、打ち手に還元しようとする姿勢がある
ホールであるということも言えます。



逆にいえば、スロットコーナーが普段から稼動がイマイチであったり・・・・・



あるいはイベント時にも関わらず、そう大して客の数が
増えてないようなホールであれば要注意です。



そのようなホールは、そもそも出玉を出す体力がない証拠でもあります。



打ちに行くだけ時間と労力の無駄ってやつです。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





勝てない人がなぜかやらない行動とは?
勝てない人がなぜかやらないこと。


それはズバリ!



収支表をつけることです。



パチンコで勝てないと嘆いてる方の多くが
収支表をつけないで打ってる人がいます。



この収支表とは?



いくら投資して、いくら回収出来たかを記録しておくものです。



これは普通のA4サイズのノートで十分です。



まさかパチンコを打ってるあなたは
収支をつけていないなんて事はありませんよね?



パチンコの収支表は自分自身の立ち回りを見直す絶好のアイテムです。

そしてこの収支表には以下のものを記入してメモしておきます。


・打った店

・イベントの有無(内容)

・打った台

・投資額

・回収額

・台ごとの収支

・合計収支

・感想、反省

などを記録します。



当然、収支を記録することで立ち回りがシビアになってきます。


自分がどれだけ負けているのかが冷静に分かるからです。



負けてる人のほとんどは現実を知りたくないからなのか、
この収支を付けることから逃げているような気がします。



負けから逃げちゃダメです。


その負けを正面から受け止め、次へ活かしていく事が大事です。


はじめから勝てる人なんていないので徐々に習慣化していきましょう。


また収支表には収支だけでなくその日の反省や感想も必ず書きこんでいきます。


・なぜ、あの台を選んだのか。

・なぜ、あのタイミングでやめたのか。

・なぜ、あの人はいつも勝っているのだろうか?

・今日のイベントは本当はガセだったのではないか?


などなど、とにかく何でもいいので自分なりに気がついたことをメモしておきます。



また勝ち負けに関わらず気が付いたことを記入します。

そしてその後、次からどうしたらいいかを書き出します。




そうすることで何がいけなくて、これからどうすればいいのかが
ハッキリと分かるようになります。



この作業は、ノートとペンでやることをお勧めします。

こういったことは手書きの方がしっかりと頭に入るからです。


・収支を記録することで自身の現状を知る

・なぜ負けたか、次どうしたらいいかなどを明確にする


あなたもこれらを意識して次の実践後から、収支表をつけてみて下さい。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





釘だけを見ていてはダメです!
あなたはパチンコを打つ場合、釘を見るのはもちろんですが
試し打ちの段階でちゃんとストロークを見極めてますか?



ヘソ釘が開いているように見えても
打ってみたら回らないとかいうことがあります。



その際には、自分なりにいろいろとコースを打ち変えてみて
一番ヘソに絡むポジションを見つけなければなりません。



ちなみにストロークには様々な打ち方があります。


●ブッコミ打ち

●チョロ打ち

●ゴム打ち

●天打ち


など・・・




機種によっては、寄りの具合とかがありますので
どの打ち方が効果的ということは一概には言えません。



やはりそれは実践で試し打ちをして
判断するしか方法はありません。



例えばですね?


 
エヴァなどでは強めに打つと風車の上でのこぼし数が
増えるのですが、回転率自体は上がるという現象になります。



このことは、反対にいえばヘソ方面に玉がよく集る方が
良いという基本だけでは到達できない事実でもあります。



やはりそれぞれの機種のゲージ構成やワープの具合などで
ケースバイケースであるということになります。



玉の流れをよく見極めて、一番よくデジタルが回る
ポジションを把握することが非常に大事です。




チョロ打ちの方がよく回る機種もありますし・・・


ゲージ構成が似ていても、同じように打っても
片方の機種はよく回るが、もう片方は回らない
ということもありますからね。



とにかくゲージ構成だけでなく、実際の玉の流れを
よく見分けることが大事なわけです。



 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!









ピーワールドでホール選びをしたあとは・・・・
ホール情報を入手するのは家にいながらにしても出来ます。



もうご存知かと思いますが、「P-WORLD(ピーワールド)」という
パチンコホール情報サイトにアクセスすることでお目当てのホールの
情報が入手できます。


「P-WORLD」 → http://www.p-world.co.jp/index.html




そこでまず自分の住んでいる地域をクリックして、
片道30分以内で通えるホールを調べます。



次に片道30分以内で通える店の店舗名をクリックして、
HP下にある「パチンコ設置機種」を確認します。



その際、ホールに打ちたい機種が設置されているか調べ、
その機種が設置されていたら、設置台数も確認します。




そして次に打ちたい機種が設置されているホールを
ここでは3~5店舗リストアップするようにします。



打ちたい機種があるホールを見つけたら?!


ホール名をメモするか、そのホールのHPをパソコンに
お気に入り登録しておきます。



次に、HP上にある「基本情報」を見てみましょう。


住所、電話番号、店付近の詳細な地図などを確認することができます。



ここで「換金率」も確認しておきましょう。

換金率は、収支に関わる重要な情報です。


必ずチェックしてください。



換金率が掲載されていない場合は、店に直接電話して聞いてみましょう。


換金率が確認できたら、必ずメモしておきます。




この手順で、あなたが打ちたい機種があるホールを、
最低5店舗見つけるまでリサーチを続けて下さい。



住んでいる地域にもよりますが、5店舗見つかるまでに
1時間もかからない作業です。



片道30分以内に5店舗見つからない場合は、移動手段を変えたり、
行動範囲を少し広げて調べてみましょう。




そしてホールの候補がある程度絞れたら次は実践です。


実際に店に行き、大当たり回数・出玉・客付きをチェックします。



あなたが打ちたい機種があるホールを3~5店舗見つけたら、
設置台数が多い店から順に店に行きます。


店をチェックする時間帯は21時~22時くらいを目安にして下さい。


お昼過ぎなどの早い時間帯では、まだ台が中途半端な状態なので、
釘の良い台があるホールかどうかを判断することができません。



閉店1時間など、なるべく遅い時間にチェックしましょう。


ホールに行ってチェックするポイントは、

1.打ちたいコーナー全台の大当たり回数

2.出玉

3.客付き

この3つです。


ホールに入ったら、まず打ちたい機種のコーナー全体の
「大当たり回数」をチェックしましょう。


この3つの中でも、大当たり回数が最も収支に直結します。



この大当たり回数をチェックするだけでも、稼げる店かどうか、
ある程度判断することができます。



≪大当たり回数のチェック方法≫


大当たり回数は、そのホールに勝てる台が
あるかどうかを判断する重要なポイントです。


まずは、大当たり回数から稼げるホールかどうかを
判断するための目安を、換金率ごとに解説します。


●換金率が2 . 5円~2 . 9円の場合

打ちたい機種のコーナー全体を見ながら、30回以上大当たりしている台が
何台あるかどうかをチェックしていきましょう。

30回以上大当たりしている台が1シマに5~6台ほどあればOKです。



●換金率が3 . 0円~3 . 4円の場合

打ちたい機種のコーナー全体を見ながら、30回以上大当たりしている台が
何台あるかどうかをチェックしていきましょう。

30回以上大当たりしている台が3台ほどあればOKです。



●換金率が3 . 5円~等価(4円)の場合

打ちたい機種のコーナー全体を見ながら、25回以上大当たりしている台が
何台あるかどうかをチェックしていきましょう。

25回以上大当たりしている台が2、3台でもあればOKです。



この3つを目安に大当たり回数をチェックし、
稼げるホールかどうかを判断していきます。


1回だけで判断するのではなく、違う日に2回、3回と
継続してチェックしに行きましょう。


2回に1回、換金率ごとの条件に合う店なら、
稼げる優良ホールの可能性が高まります。




≪出玉のチェック方法≫

出玉をチェックする前に、まずはホールに
「データロボ」が設置されているか確認して下さい。


データロボとは、ホール全体の台情報を調べることができる
「情報提供マシン」です。

差玉や、一週間前の大当たり回数、出玉が確認することができます。

※差玉とは、投資された玉数を差し引いた、正確な出玉数のことです。




●データロボが設置されているホールの場合

データロボが設置されているホールの場合、打ちたい機種全台の
出玉状況を詳しく確認することができます。

出玉状況の傾向を大まかに把握することで、
そのホールが稼げるかどうかがある程度分かります。

目安としては、あなたが打ちたい機種全台で、
3割以上プラスの台があるホールならOKです。

差玉がプラスになっている割合が、常に3割未満のホールは避けて下さい。




●データロボが設置されていないホールの場合


データロボが設置されていないホールの場合、
店内の状況から出玉を判断します。

客が積んでいるドル箱の数に注目して、稼げるホールかどうかを
大まかに判断していきましょう。

この場合、ドル箱を積んでいる人が多ければ多いホールほど、
稼げる優良ホールの可能性は高まります。

少なくとも、ドル箱を3箱以上積んでいる台(手元に1箱、足下に2箱)が
そのシマの1/3 以上あるホールならギリギリOKです。

打ちたい機種のコーナー全体を見て、足下にドル箱が
全然積まれていないホールは避けて下さい。





≪客付きのチェック方法≫


「客付き」は、打ちたい機種でどれくらい客が打っているかを調べます。

例えば、打ちたい機種が15台設置されているホールで、
7~8人の客が打っていた場合は「5割程度の客付き」ということになります。


ここは多少アバウトでもいいので、大まかな割合をチェックしていきましょう。

客付きの割合が、常に4割~6割程度のホールならOKです。


毎日2割以下の客しかいないガラガラのホールは、
勝てる台がある可能性が低い。



常に7割以上の稼働率があるホールは、ライバルが多く、
勝てる台に座りにくいので避けましょう。


以上が、「打ちたい機種のコーナー全台の大当たり回数」「出玉」「客付き」から、
稼げそうな店をあぶりだすホール選び方法です。



ここまでの条件を全てクリアしたホールが、
「稼げる優良ホール候補」になります。


ここまでしっかりリサーチができていれば、
後は勝てる台を見つけて座るだけです。



今までの手順をきちんと実践して、
稼げる優良店を見つけていきましょう。




パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!








店長が実際にイベントで行うクギ調整のノウハウとは?

本日はホールの店長がやっている釘調整の話を
具体的にしてみたいと思います。



結論をまずいいますと、店長によってこのクギ調整は
バラバラだということ!




ただ、調整の参考として聞いていただけると
有りがたいです。



・毎日調整

・日によって調整する日とそうでない日がある

・あまり触らない



とにかく店長によって、やり方はサマザマデス・・・・。





そして、実際に行うクギ調整は統一ゲージにして、

つまり同じ機種、同じ釘調整にして スタート(回転)
する度合いを 大体全台一緒にして同じような調整方法
を現場の店長さんにはお勧めいたします。


ただし、海系等の台数が多い機種については
島などによりスタートの差を付ける方が良いと思います。



つまり、メリハリをコーナーによってつけること!



海のイベントなどで全台甘釘調整をする予算が無い時
等は特に重要なポイントですね!


そこで、こういった海のイベントは実際にはどのようにして
やったらいいのか?やるのか?


●コースに色分けしたり絨毯などを引いて、名前等を付けて日頃から営業すると
 イベントしやすいです。(マリンちゃんのコースなど・・・)

●海等が3列など多数ある場合には?



1コースは 大当たり出玉(特賞数)が大目の調整


2コースは スタートをよく回るように回転数重視 (大当たり出玉はカットする調整)


3コースは 小穴(ベース)が甘い台を作る。あるいは、
       確変のベースが減らないような調整にする


などとシマ分けをして調整してお客様に選ぶ楽しみを
与える方法も有ります。


もちろん、コーナーにはいろいろな装飾品やポップなどでお客に分かりやすい
ように演出をすること!!
         



●入り口付近は甘めの調整にして通行する人が、
 『今日は、よく出ている!』と思わせること。


このようにただイベントだから、そのコーナーを出せばいいと安易に考えて
クギ調整をするのではなく、ちゃんとした戦略に基づき行うことが大事なのです!



また、例えばそのホールに年配の方が多くて
命釘なんかを良くチェックするようなお客が多いホールは・・・・



あえて、命を大きく広げるような調整をしておいて
道釘などで、逃がすような調整をするという・・・。


まぁ、クギ調整はそのホールの店長の姿勢がすべて出ますから
一概にどういった調整がいいとかいうことはいえないのです。


ただ、大事なことは

『自店のクギ調整はこうだ!』


というものを、お客に理解していただけるような調整をして
それをイベントに繁栄させることでしょうね。






 【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html





遠隔操作の気になる噂とは・・・・・
よく勘違いされている方の中で、噂話やネットの情報を
真に受けておられる方が多いのも困りものです。


まず遠隔操作自体は、ホール全体の出玉を出し過ぎず、
また逆に出さなさ過ぎずして割数をコントロールするための
ものであります。


コンピューターに必要項目をそれぞれ入力しておいて、
営業中に勝手に機械が出玉調整をしていくような仕組み
になっています。


例えば

●粗利を200万円

●割数を11割

などといった具合に、項目を入力していけばいいだけです。



それから、遠隔操作に関してほとんどの方が思っておられるのが、
ホルコンで特定の台を操作してボタン一つで大当たりさせる機能です。


この機能は実はあまり主流ではなく、むしろオーナーが自身の
裏金作りをするために口の堅そうなサクラを雇って台を
打たせるようですね。


こうしておけば、証拠が残りませんから一部をサクラに渡しておいて、
残りを自分の懐に入れれば立派に裏金作りが完了というわけです。



また、このような機能は常に事務所に誰かがいて
カメラで常に見ていて、ボタンを押して大当たりさせているように
思われていますが、そんなことはありません。



毎日、不特定多数の客を相手にしておりますので、
一人の人間がカメラとコンピューターの前に張り付いてやるのは
とても非効率でありますし、労力が大変になります。


したがって、サクラなどを使って打たせる場合だけ
こうしたことをやるようです。


いかがでしょうか?



遠隔操作のシステムは一般人が考えるほど単純なものではありません。


また実際に扱ってるホールもわずかです。






【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html








パチンコホールコンサルタントとの仕事とは?
 このパチンコホールコンサルタントの仕事ですが・・・・・



 オーナーからの依頼で、ホール経営のアドバイスを行うのが主な仕事であります。


 当然ながら、パチンコ業界に精通した人間でないと務まりません。



 人材の募集に関しては、新卒からの採用もありますが

 業界の事情や情報に精通した人間でないと中々業務に

 励むのは難しいところも実際にはあります。



 ですので、以前ホールで店長をやっていた人間とか

 あるいはメーカーの営業マンであるとか・・・・



 元々パチンコ業界で仕事をしていた人間でないと

 難しい部分は確かにあります。



 そして現実には、元店長とか元メーカーの営業マンとかが

 転職して働いているケースが多々あります。




 個人でやるケースもありますが。実はホール向けのコンサルタント

 に関してはかなりの数が存在し、そこに所属している場合が多いです。



 会社によっては

 ・年齢が25歳~30歳で店長の経験がある人

 とかが条件になっていることもありますからね。




 ですので、一般人がなるには

 かなりハードルが高い業種でもあります。



 それからこのコンサルタントの具体的な仕事内容ですが!?




 パチンコホールの市場調査や業界の情報、あるいは動向など

 いち早くキャッチし、効率の良いホール経営に結びつけることが

 彼らの仕事でもあります。



 その内容も非常に多義に渡り、イベントの企画や人材育成

 派遣、収益アップに繋がる各種のアドバイスから、市場動向を

 把握して将来を予測して経営の指針を決めるなど幅広いです。



 コンサルタントの中には、実際にホール経営そのものを

 すべて任されているものも存在いたします。



 長年に渡るホール店長や部長などの経験者から

 行政・司法書士などの資格を持つ人間もいたりと・・・・・。



 一口にコンサルタントといっても、その人種は

 本当に様々です。




 それでは最後にこのコンサルタントのメリットと

 デメリットを!!




 【メリット】

 ●担当ホールの収益向上の具合で契約期間や報酬などが

  大幅にUP↑する可能性が高い


 ●経済や広報の専門的知識があればパチンコ業界未経験者でも

  働けます。




 【デメリット】

 ●契約しているホールの収益向上が見られない場合には

  即刻契約打ち切り。収入も不安定になる可能性がある。


 ●ホール経営者には、わがままでワンマンなものが多いので

  そのわがままぶりに仕事以外でも振り回されるハメになることも

  多々あります。





 どうでしたか?




 パチンコホールコンサルタントの意外な素顔は

 いかがだったでしょうか?






 

【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html






大当たり出玉の求め方をしっかり把握してますか?
パチンコで大当たりした時に出る1回当たりの出玉


果たしてその出玉をしっかり把握して打ってる方は
実際にはどれぐらいいるのでしょうか?



もしこの出玉を意識しないで打ってると!?



ホールのカモになってしまいます。




ホールによってはこの大当たり出玉を極端に
削ってるホールもあります。



その分、ヘソを甘くしたりしてどこかで調整してれば
まだいい方なのですが・・・・



ヘソも渋く、なおかつ出玉も削ってあり少ない
というホールではそもそも打たないことが原則です。



では、この大当たり1回当たりの出玉の求め方を
簡単に解説してみましょうかね?



まぁ、基本的なことなのでもう知ってるという方は
あえて今回はスルーしてもらって構いません。




一般的な標準出玉の計算方法を公式で現すとですね?



次のようになります。



賞球数 × カウント数 × ラウンド数 = 出玉数




分かりやすく例を挙げてみましょうかね?




例えば、スーパー海物語IN沖縄2の場合




上記の公式に当てはめて出玉を計算してみると!?



13個 × 8個 × 16R = 1664個



というように出玉を求めることが出来ます。




ただこれは正確な出玉ではありません。



そうです!!



カンの言い方はもうお分かりだとは思いますが・・・・・・



大当たり中には打ち込み玉というものがあります。




先ほど求めた出玉数から打ち込み玉数を引いた玉数が
実際の正式な出玉数ということになります。




大当たり中の打ち込み玉数を求めるのも簡単です。



パチンコ台は規定で1分間あたりに100発と決まってます。



例えば、大当たりを消化するのに3分掛かったとすれば
打ち込み玉数は300発となります。



なのでこの場合には、


1664個 - 300個 = 1364個


が正式な出玉数ということになります。




ホールで実際に打ち込み玉数を把握するには
携帯電話などに付いてるストップウォッチなどで
大当たり消化時間を計ると便利です。^^




この出玉数なんですが・・・



当然釘調整次第では、同じラウンド数であっても?!



出玉の個数に差が出てきます。




また同じラウンド数でも賞球数やカウント数が変われば
当然出玉も変化してきます。





いかがだったでしょうか?




実際の正確な大当たり出玉数というのは、大当たり中にも
玉を発射してるので、その分を差し引いた玉数が実際の出玉数
ということになります。




このように正式な出玉数の求め方を知ってるだけでも
ホールごとに同じ機種であっても出玉の違いというのを
実際の体感として正確に把握することが出来ます。




このような出玉数の求め方を知ってるだけでも
そのホールの本当の出玉数が分かります。



また実際のそのホールの出玉数は他のホールに比べて
少ないのか、それとも多いのか?




そうした比較をすることも出来るようになります。



非常に便利な公式なので、是非とも覚えておいて下さいね。^^







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







ホール選びの一番の重要ポイントとは?
ホールにはぞれぞれ種類があります。


それは立地条件だったり、台数の違いであったりといろいろです。


●大手チェーン店

●駅前・ビジネス街のホール

●地方の郊外ホール


この中で、大手チェーン店の場合ですが新装開店とか
グランドオープンは積極的に攻めてもいいかと思います。



ただ、2~3週間を過ぎればあまり期待は出来ません。


このような大手チェーン店の場合、完全に営業方針がマニュアル化
されており、平常営業になったらそんなに期待は出来ませんからね。



それから駅前とか商店街などの立地条件にあるホールですが、
こうした立地は通り客や一見客が多いので、そんなに期待は出来ません。



ただこれも周りにライバル店が多くて客の取り合いをしてる場所で
あるとか、あるいは最近新規の店が出店してきたとかいう場合は、
反対にチャンスがあります!



状況判断が特にこうした立地条件にあるホールでは大切です。



それから郊外店の場合、これも立地条件によります。


例えば、交通の便が良いホールだとそこそこのクギ調整である場合
が多く、出す意志は期待するほどはないという判断が出来ます。


もちろん中には出玉還元率が良いホールもありますが・・・・


それは先ほど述べた駅前店などと同じで
ライバルが多いということが条件になります。


それから郊外店の中でも、少し交通の便が悪い立地条件のホールの
場合は、集客がある意味交通の便が良いホールに比べて大変です。


なので出す意志が長く続く可能性があります。



こうした郊外店のホールは狙い目でもあります。


しかしながら、これも周辺にライバル店があまり無ければ
ある意味殿様商売をするホールもあります。


なので、とにかくここでも周辺のライバル店の
有無をチェックしておきましょう!



そして『ホール選び』をする上で一番大事なポイントとは!?



パチンコホールがその地域に密集してることがポイントです。



それでなおかつその地域でホール同士で
客の取り合いをしてるような地域であるなら!?



たとえ出す期間がそれぞれのホールが短くても、
必ずどこかに出す意志のあるホールがあります。



ですから、常に近辺のホールの状況は調べておいた方が良いでしょう。



あとアドバイスするなら、地域密着型のホールが
良いかと思われます。


大手全国チェーン店以外で地元で規模が大きいホールの場合、
周囲の環境に関係なく安定的に出す傾向があります!



つまりそれだけ地域に密着して地元のお客を大事にするホールで
ある可能性が高いわけですから、ある程度は安定した出玉を魅せる
可能性が高いホールでもあります。



いかがだったでしょうか?



それぞれのあなたの住んでる地域のホールをマメにチェックして、
勝負しようとするホールがどの傾向にあるのか?




今一度確認してみてくださいね。^^





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






最近のパチンコは中々勝てません・・・・・

「最近のパチンコは中々勝てません!」


最近では、こういうメールを頂くことがあります。



確かに昔の台に比べて勝ちにくくなってるのは間違いないでしょう。



でも、勝てない原因をパチンコ台の構造的な問題に
変換していてはいつまでも勝てるようにはなりません。



実際に、負け組を横目に勝ってるパチンカーもいるわけです。


彼らと負けてるパチンカーとの違い。




それは・・・・・・




状況に応じて、また年々時が経つにつれて
臨機応変さがあるかどうかなのです。



つまり勝ち組パチンカーはその時その時に応じて
臨機応変に対応し、応用力があるわけです。



ダメと思ったら、いつまでも過去のやり方に固執しない。。。



実は過去に良いといわれた手法は
今では通用しないものが多々あります。



1.新台入替だと出ると思ってる。

2.攻略会社の情報は裏技的なものが多いので効果があると思ってる。

3.ホルコン攻略さえ入手すれば勝てると思ってる。

4.客が多いホールだと勝てると思ってる。

5.とにかく回る台を1日粘れば勝てると思ってる。



こうしたパチンコの常識は、確かに過去は通用したものばかりです。



ですが、今のパチンコの構造が変化した以上、
過去のやり方に固執するのは得策ではありません。



もしパチンコで負けてばかりだという方。


その原因は必ず上記の項目にあるはずです。



いくつかは心当たりがあるのではないでしょうか?



もしこれからのパチンコで勝ちたいと考えるなら?!



是非とも気をつけなければならないことは、
世間一般で言われてるこの「5つの嘘」に騙されないことです。


「でも、嘘は分かったけど。。。」

「一体この先勝つためにはどんな方法があるんだ?」



そこであるパチンコ必勝法の出番です。



それは「第3の手法」とでもいいましょうか?




その「第3の手法」は、以下のたった3つの作業を
するだけでOKなのです。



1.効率の良いホール選びをする

2.出そうだと思われる台を打つ

3.勝ってる段階で勝ち逃げしプラスを確定する



その手法をマスターすることで
以下のようなことが自然に起こります。



・台の特徴や癖が予め分かるようになる。

・いつでも好きな時にパチンコを打って勝てる。

・大負けすることが一切なくなる。

・資金に余裕がなくても平気である。

・ローリスクでハイリターンが狙える。

・毎回着実にプラスが出せるようになる。

・巷のガセ情報に騙されなくなる。

・ホールの心理が手に取るように分かる。



これらのことは、効果のほんの一例です。



しかも、すごいのは、この効果が実感できるだけでなく、
身につけれる時間も、早い人では1週間、遅くとも2ヶ月で
感じ始めているという事実です。




では、その「第3の手法」の秘密を知りたくないですか?



知りたいという方はこの先をご覧下さい。

↓ ↓ 

http://snipurl.com/xk945






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!







釘を開ける台にはセオリーがあります!
パチンコホールにはパチンコとスロットの2種類があります。


そしてスロットの場合には、どの台に高設定を入れるかは、
ほとんどセオリーというものがありません。



例えばですね?


1機種5~10台のイベントを行う場合・・・・・



どこに高設定を入れるかは、そのホールの店長によって
考え方がバラバラで、やり方もそれぞれです。



また中には、お客様に読まれないように、わざと何も考えず
一定のパターンも考えずに適当に思いつきで設定を行う店長もいます。



ですが!?



パチンコのイベントの場合には、ちゃんとしたセオリーがあり
釘師や店長が違っても大体の根本的な考え方は同じであります。




理由はそのように実際に行うことで、そのイベント機種の稼動が
上がり易いからでもあります。



それでは、パチンコの場合はどういう台の釘を開けるか?


 
これについてちょっと解説してみたいと思いますね。




大体イベントで店長が釘を開ける台というのは
1週間のトータル平均の数字を見て



●あまり回ってない台を開ける

●極端に稼動が少ない台を開ける


という考え方がそこには存在いたします。





(回ってない台を開ける場合)

 
釘調整を実際に行う店長が見るデータには、
パチンコ台の機種ごとに様々なデータが載っています。



そして釘師がその中で一番見るのは、
「スタート」という数字でもあります。



「1日あたりの平均スタート数」



「前回釘調整した後からの平均スタート」

の2つを良くチェックしています。



ここで

「前回釘調整した後からの平均スタート」というのは、

釘師が3日前に釘調整をした場合の3日間の平均スタート数になります。



1日より2日。2日より3日。



営業日数が多ければ多いほど、
その「スタート数値」の信用性が高いわけです。




例えば同じ台で釘をいじらないで、千円当たり前々日「15回」、

前日が「17回」、そして当日が「18回」ということもありえます。




もちろんこれは打ち手の打ち方にもよりますが・・・・




ではその釘の状態は当日の「18回」と見るかというと、
3日間平均の値で「17回」(3日とも稼動が同じ場合)と判断します。




つまりこれは裏を返せば!?




あまりにも毎日釘をいじってしまうと、その機種の
本来ののスタート数値が分かりにくくなってしまいます。



 
話を元に戻すと店長が釘を開ける順番としては、

●前回釘調整した後、平均スタート値が低い台

●当日スタート値が低かった台


という風になります。




そしてその後の優先順位として、
『稼動が少ない台』ということになります。




 
(稼動が少ない台)

例えばここで1機種10台あって、平均で3万発稼動とします。


その中でも1台だけどういうわけだか、大幅に稼動数が
低く1万発しか稼動してない台があったとします。



そして実際に営業後にその稼動の低い台を店長は気にします。


「たばことか放置してあって稼動が少なかったのか?」


「バネの調子が悪く玉飛びが悪かったのか?」


「単純にデジタルが回らなかったのか?」


閉店後にデータを見ながら確認して、
とりあえず釘を開けて2、3日間様子を見ようとします。



同じ機種で他の台は稼動しているのに、
その台だけ稼動してないと非常にまずいと考えるわけです。






(こういう場合は、釘を開ける可能性が高い)

パチンコのスタートは、打つ人によって技術介入とかがあるので
同じ釘でも当然スタート回数がかなり違ってきます。


例えば中高年の女性や年配の方が終日遊技した台だと、
思ったより回らなかったりします。


本当は、「1分間あたり6回の釘調整」なのに
「5.5回しか回らなかった」ということもあるわけですね。


しかしながら、現場の店長もさすがに誰が遊技してたかまでは、
常に見てるわけではないので、

「本当は6回の釘調整で、打ち手側の技術により5.5回しか回らなかった」

と捕らえてしまうわけです。



そしてこの台を翌日、釘を大幅に開けてしまい

「上手な人が打って、6.3回になってしまう」

というミスも起こしてしまうわけです。



つまりは、前日にあまり上手ではない打ち手が遊技した台の場合、
翌日釘調整を大幅に開ける可能性が高いというわけです。



もしその日にデータランプ上あまり回ってなくても
実は釘は甘い台ということがあります。



その辺の事情をよく考慮しながら、翌日の台選びを
推測する癖をつけるようにすると!?




思わぬお宝台にめぐり合えるかもしれませんよ! ^^







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





釘調整についてプロの視点を述べます!
釘調整はホール経営を成り立たせる上で
非常に重要な要素であります。


店長も日々のデータと数字とニラメッコしながら
釘調整を行ってるわけです。


かといってむやみやたらと釘を触るわけでは
決してありません。



ホルコンから出てくるデータを元にして
根拠のある釘調整を行うからです。



では、ここで釘調整について、
プロの視点で詳しく補足します。



命釘は機種全台同じ開きに統一しているのですが
これには大きな理由があります。



それは何かと申しますと?!



釘師は最終的に機種全体損益を計画して釘調整をやる為に
1 台1 台バラバラでは平均データとして釘調整の読み取りが
難しくなるからです。



それから命釘で1 番反応するのはスタート回数になります。


このスタート回数はどの台を選んでやっても
同じスタート回数になるように調整しています。



その上で出るか、出ないか?



これは基盤ロムに任せた事で島の中に
自然な出玉を見せることになります。



こうして島機種内に釘調整の差別化を無くす為ですが、
連日朝一から打ちにくる常連客が釘の見方が詳しいと仮定します。

※この常連客はいつも命釘の開いている台選択が出来きます。




ここではっきり分かることは、

・1 回の大当り出玉、スタート回数は機種全体同条件に調整している。

・出る、出ないはその日の基盤ロム周期に任せている。

・客の顔を見て出すか、出さないかは、やっていない。



要するに釘調整は機種全体の割数の結果を見て、
後日どのような釘調整をやるかを決めています。



その為には新台入替当初は毎日スタート平均が
台別個別データを見て平均になるようにします。


なたそれと同時に命釘以外の誘導釘で
釘調整して平均に近づける作業も欠かせません。



誘導釘の調整が完成すると、後は命釘の開け閉めだけの
日々の作業になります。



・割数はどうだったか。

・計画通りの利益が取れているのか?

・大当たり確率は平均確率よりも辛かったか?甘かったか?


その上で明日の確率はどうなるかを予測します。



その上でこのスタート回数で明日は出るのか、出ないのか?

また命釘を板ゲージのいくらにするか?


このように毎日釘調整の検討し判断した
釘調整をやっています。


なので必ず釘調整するにも根拠があります。





それから命釘は同じでスタートも同じだけど
回る台と回らない台があるのは何故?


というあなたの素朴な疑問にお答えします。



実は、ホール側はトータルの平均スタートで
同じ回転数になるように調整しています。



ぴったり同じにすることは物理的に無理があります。


また打ち手によっては当然打つ狙い場所が違います。


この違いでスタート回数も当然変わります。




はっきりしている事は、全体バランスを平均化することで
誰が打っても極端にスタート回数の差はないという事です。




勝率を上げるためのイベントの立ち回り法について
イベントというと・・・・・


最近では、ガセイベントが多くなったという声を
あちこちで聞くようになってます。



つまり名前だけのイベントばかりで、実態を伴ってない
イベントがそれだけ多いという証拠でもあります。


ですので、ホールのイベントがそんな状況であるからこそ?!



ここは頭を使って戦略的にイベントを攻略しなければなりません。



イベントといっても、中には反対に釘が閉まってるホールもあります。



なので、以前に比べてもイベントだから普段よりも勝てるとか、
イベントだから朝早く台を確保しなければならないとか。。。



過去の考えは、今のホールのイベント状況においては
この際一旦捨てなければなりません。




イベントといっても過去のように行けば勝てるような
ものではなく、むしろデメリットもしっかりと把握して
おく必要があります。



例えば最近のイベントによくあるデメリットとしては・・・・



・最近では明らかにガセイベントが多くなってる

・イベント時は客数が多く、自由に台選びが出来にくい

・事前の準備や朝一の並びなど、入店前までが若干面倒である

・時差オープンするホールなどもあり、稼動時間が満足に取れない



など。。。




こうしたイベントのデメリットは予め把握しておくことが大事です。




それをよく理解した上で、ではどうしたらいいのか?



イベントを利用して上手く勝つためにはどうすればいいのか?



では、その点について簡単に挙げていきましょうか。




・なるべくホールのイベント動向を常にチェックし、本物のイベントを見極める

・イベント時の入場方法などは事前によくチェックしておくこと

・台選びをする際には、事前のそのホールの釘調整を下調べしておくこと

・もしあぶれた場合に、第二の打つ機種の候補を考えておくこと

・イベント時は普段よりも客数が多いので、その熱気に惑わされずに冷静に対処すること




まぁ、これらはどれもこれも当たり前のことばかりと
思うかも知れませんが、それでも大事なことです。



なので、イベント時には上記に挙げたことを
よく頭に入れておいてください。




そしてこの中でもやはり何といっても一番大事なことは、
「ガセイベントを見抜き、本物イベントの見極め」であります。


ガセイベントは山ほどあるので、その中からも本物イベントを
見抜く眼力が必要になります。




宣伝とか煽りばかりで、釘も全然変わらないようなホールには
正直期待するだけ無駄ってやつですから。



なので、そのホールのイベント時期、ホームページ、メールマガジン、
あるいは店内ての告知やチラシの文面、開催頻度や過去の信頼度など・・・・



これらの要素からそのホールの本気度を見極めるしか方法はないです。



ですので、ここは面倒がらずに普段から実際にホールに
足を運んで確かめる作業を怠らないようにしてください。




ホントにイベント時に釘を開けてるかどうか?



これは、平常営業との釘の比較が必要になります。



ですので、空いた時間を利用して普段から釘の状態も
よくチェックしておくことが望ましいです。



それから最後にイベント時に大事な点をお伝えしておきます。



イベント時は、とかく客数も多く、普段よるもホールの熱気とか
活気がある場合が多々あります。



なので、イベント時ほど冷静に対処しなければなりません。



特にイベントだからといって根拠なく台を打ち、
そして粘れば勝てるなんて思わないように注意して下さい。



逆をいえば?!



イベント時だからこそ、一旦ダメと分かれば
普段以上に潔く早めに切り上げることも重要です。




是非ともよく頭に入れておいて下さいね。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする









パチンコホールの売上ってどれぐらい?
パチンコホールの売上ってどれぐらいあるのかご存知でしょうか?



一般の方にはもちろん想像が付かないかもしれませんが・・・



まぁ、この売上は当然ホールの設置台数とか
その規模によって変わってきます。



設置台数が多い大型店、いわゆる500、600台以上のホールは
それだけ客が入れば入るだけ売上も多くなります。



例えば、同じ時間営業で同じ稼動をしても設置台数が多いホールの方が
単純に考えても売上金額は多くなります。



300台ぐらいの中小ホールのAクラス(よく客が入ってるホール)で
大体平日で800~900万


土・日の週末で1200~1300万ぐらいの売上はあります。



まぁ、これもそのホールの地域性とか客数にもよりますし、
機種構成(売上が上がる機種が多いか少ないか)にもよります。


なので、今述べた売上はひとつの稼動が多いホールの
目安ということで参考にしてみてください。



なので、上記のホールの場合ですと、
平日の1台あたりの売上は


900÷300台=3万円


というように計算が出来ます。



土・日の場合ですと、


1200万÷300台=4万円



これが1台あたりの売上の目安になります。




なので、これが500台のAクラスのホールですと


500×3万円=1500万


の売上が平日の営業ではあるということになります。



ちなみに土・日ですと!?



500×4万円=2000万


の売上が見込めるということです。




そして気になる利益率なんですが・・・




よほどボッタクリ営業をしてない良心的なホールで
平日営業の場合には売上の8%~10%


土・日で売上の15%~20%


という割合になります。




コレ見て分かるように売上が多いホールほど
粗利益も大きくなります。



つまり客が入れば入るほど、出玉の還元率が良くなるわけです。




つまり売上があるからこそ、無茶に粗利を抜かなくても
1割抜くだけで金額が大きくなるわけです。



それだけ多くの客から少しづつ利益を頂戴するので
客数が少ないホールに比べて1人あたりの負担額が
少ないわけであります。




これが、客が多いホールほど出玉を還元できるという
トリックなわけですね。^^



いかがだったでしょうか?






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






初代のギンパラの凄さを知ってますか?
みんなが思って以上にどうやらこの夏に登場した

ギンパラ2が苦戦してるようです。




ですが、初代を知る私としてはそれも当然かなと思います。



やはり機械の内規とか当時よりも厳しくなってるので

単純に今と昔の機械では比較が出来ないからです。





そして今回は、当時を懐かしみながら

初代のギンパラについてお話をしてみたいと思います。




私のような30代後半~40代以上の世代の方は

当時の凄さをよく知ってるのではないでしょうか?




実は、初代のギンパラは前評判はあまりよくありませんでした。



液晶画面が見難いとか。。。


役モノが余計だとか。。。



ですが、これがまた蓋をいざ開けてみたら?!




あれよあれよといううちに大ヒット!!!





しかも途中で生産をメーカーが打ち切ったので

新台が入手できないと見たホール関係者は

中古市場へと目を向けるようになったのです。




その結果として・・・・・




当時のギンパラの新台は17万円前後だったのですが、

中古市場では1台当たり最高で200万円まで高騰しましたから。




今では信じられないでしょ?



ちなみに私が当時いたホールが中古市場で買った値段は?!



当時で1台当たり160万円。



20台入れたのでしめて3200万円なり!!





でも、しっかりと回収できましたから。^^




それぐらい凄い機械だったわけです。





今のホール店長さんたちは羨ましがるでしょうし、

絶対に欲しがるでしょうね。^^







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







パチンコ上手な人間ほどホール心理に長けている。
ホールは明確な意図を持って日々営業しています。



もう少し分かりやすく説明するならば・・・・


各ホールの店長は毎月のノルマがあります。



それは大小ホールの規模は関係なしにです。


それと1年間を通しての数字のノルマがあります。



その数字を達成するためには新台の購入費や地代、あるいは人件費や広告宣伝費などの
毎月掛かる経費はもちろんのことですが、パチンコ台の売上と粗利が重要なわけです。



そしてこれらの数字をクリアするための手段が日々の釘調整にあたるわけです。



つまりホール側はノルマをクリアする意味でも
日々ハッキリとした意図を持って釘調整を行ってるわけです。



なので打つ側としてはこの辺のホール事情は
しっかり押さえておきたいポイントです。



そしてパチンコが上手い人間ほど?!


こうしたホールの心理というか裏事情を読み解くことに長けています。


各ホールのHPやメール配信などからそのホールの本気度や信頼性を吟味する。


釘が変化する条件や、新台の扱い方、あるいはイベントの位置づけなど。。。

全部が店長の意図をどこまで読めるかで収支が大きく変わってきます。


「でも、そんなの実際にホールに行って釘見れば分かるのでは?」


おそらくそう思った人がほとんどでしょう?



でも、実はそれは勝つ目的を考えた場合まだ甘いということになります。


つまりホールの営業時間は当然限られてるわけですし、
あなたの体は身ひとつなわけですから。



自分が行く可能性のあるホールすべてを常に
毎回毎回足を運ぶのは現実的には無理ですよね。



実際に勝つ人間ほど、どこのホールに行くか
という事前準備の時点で神経を集中させてるわけです。



先ほども申し上げたようにホール側はそのほとんどは
今ではHPはもとよりメール配信サービスを実行してます。



そうした情報源を有効活用するかしないかだけでも
立ち回りの無駄が省けます。



そのホールが配信するメール文ひとつの表現からでも
本気度を推し量ることが出来るわけです。



また何気に見てるそのホールのHPからでも
何かヒントが隠されてる場合があります。



当然HPやメールというのは生物です。


その瞬間、瞬間で変化します。



HPも更新され続けますし、メール文も毎回違う内容になってます。


そうした情報源からそのホールの意図を読み取る。


それがあなたが出来れば出来るほど勝利に近づきます。



私が言いたいことは、勝負は情報収集の段階で
始まってるということです。



特にホール選びに関してはこうした情報源を
上手く活用することが出来るかが勝負の分かれ目です。



メールひとつを取ってみてもその内容が


「本気の出玉イベントなのか?」

「単に店がヒマだからとりあえず配信したものなのか?」


こうしたホールの意図を読み解く姿勢を見せるだけでも全然違いますから。



それで実際に打つホールを決めて来店し、実際のメールの内容と比べてみれば
それが本当かどうかはすぐに分かります。



事前調査こそパチンコの必勝法なり!!



これはあながち大袈裟ではないかと思います。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





店長の立場からのホール選びのポイントとは?
パチンコ店の店長クラスでプライベートでも
パチンコが大好きという店長も少なくはありません。



また店長クラスは、仕事の合間を縫って
実際に他店偵察がてらパチンコを打つ方も多いです。



では、彼らが実際にどんなホール選びをしてるのか?


これってとても興味深くありませんか?



ホールの裏側を熟知してる店長クラスですから、
当然ホール選びは一般人に比べて上手いはずでしょうし。



またそれと同時に店長だからこそ色々と分かる
勝利のコツがあるかと思います。



そこで勝てるホールを選ぶ前に彼らが「打たない」
と決めてるホールの定義があります。


それは、いわゆる有名大手チェーン店で勝負しない
という定義であります。



これはなぜだか分かりますか?



その答えは凄く明確です!




つまりこういうことです。



そのような大手チェーン店は新台を片っ端から地域最速で
導入し、イベントもガンガン打っていきます。



つまり、何でもありのイケイケのホールであるわけです。


そこで冷静になって考えてみるとよく分かりますが、
それだけ多くの新台を導入していれば当然経費もかさみます。


なので、そのようなホールは機械代の経費を考えた場合
回収あるのみというのが本質であることが分かります。



それを店長クラスはよく分かっているからこそ、
実際に勝負するホール候補としては避けるわけです。



一般人のようにただ客が多いとか、活気があるから出てそうとか
そういう上っ面の判断で決めることは間違いなくありません。



そして新台導入台数を極力抑えて還元率を高くしてる
地元の老舗ホールであるとか、そのようなホールを狙うわけです。



確かに店長クラスは他店偵察や新台の偵察を兼ねてますので
新台を打つことももちろん業務としてあります。



ですが、新台を打ち続けてると当然いくら店長クラスといえども
財布の中身が厳しくなっていくのは目に見えてますからね。^^;



なので本来は新台なんて今は打つべき手段ではないわけです。


むしろそのホールが長期稼動を見込んで導入した新台なら
多少は勝負も出来ます。



また、台の横に最近ではコインサンドにTVなどが設置されてる
タイプのホールを見かけるようになりました。



このような設備機器は当然通常のタイプのものよりも
コストが高くついてます。



つまりそのような最新設備が設置されてるホールは
高コスト体質のホールなので打つホールとしては避けます。



逆に古いタイプのデータ表示機を使ってるようなホールは
コストを抑えて客に還元しようとする姿勢が見受けられます。



つまり、余分な設備や経費を掛けてないホールで
なおかつ純粋に出玉イベントが信頼あるホールを狙うわけです。



あとはそのホールのスタッフの数なんかも
店長クラスはようチェックしてます。



客数に対して明らかにホールスタッフの人数の比率が
多いホールは余分なスタッフの日当まで打ち手が面倒みなくては
いけない可能性が高いホールであります。



また駐車場なんかも当然チェックします。



自社地の駐車場であるのか?


それとも間借りしてるのか?


立地内に駐車場がなく、隣のコインパーキングなどで
月極で借りてるのかどうか?


他の施設と共同の駐車場になってるのか?


こんなことまで計算に入れて偵察をします。




例えばですね?



自前の駐車場を持たずに、近隣のコインパーキングと
提携して来店客に無料チケットを配ってるホールなんかは
どうでしょうか?


一見、駐車場のチケットのサービスをしてると
思われがちですが、そうは話は簡単ではありません。



そうですね。


カンの言い方はもう分かったかとは思いますが、
そのチケット分がしっかり出玉の回収分として乗っかってます。^^;



また自社の建物かどうか?


あるいは借地なのか?



こんなこともチェックします。



物件を買ったばかりとかだとまだ借金の返済がかなり残ってます。



反対に借地や借家であれば、コストが抑えてある分
出玉にも期待できる部分が確かにあり


あとはそのホールで狙う機種なんかも戦略を立てます。


メイン機種はチェックするのはもちろんですが、
店長クラスは準メインとなる機種の稼動具合をチェックします。



こうした準メインとなる機種の稼動が良いのであれば、
それだけ打ち手に信頼されてるホールであることがよく分かるからです。



それと店長お勧めコーナーや店長おすすめ台には
業界人はまず座りません。




なぜならば?


そのカラクリをよく知ってるからです。^^



「店長おすすめ!」などの札が刺さってる台は、
還元した台でも何でもありません。



要は、おびき寄せ台としての役割であります。



確かに中にはそういう台の釘がガバっと開いてる
ホールもないとはいえませんが・・・



それでもほとんどのホールではそれらはおびき寄せ台
という位置づけである場合がほとんどです。



いかがだったでしょうか?



普段では見えないようなホールの心理。



店長だからこそ分かるホール選びと台選びのポイント。



少しは参考になりましたか?






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






新台入替自粛期間の立ち回り方法について
パチンコホールの大半が、自粛期間で出玉還元を売りにして
集客しようと考えてます。



そしてその出玉還元を目的としていろんな機種別の
イベントを開催しようと各ホールは考えてます。



つまり本来であれば導入する予定である新台の経費の分を
多くのホールは計算に入れた営業をするはずです。



ですが、今回の自粛は今年の7月の時点で決まっていたこと。


要は、決して余った余裕のあるお金ではないということです。



なので打ち手にとってのメリットはそんなにないのか?


こう問われれば決してそういうことでもありません。



実は次の2つの要因さえ間違わなければ
案外とこの時期は美味しいのであります。



その要因とは・・・・



メリハリのある調整をするホールに
還元する時期だけ打ちに行くこと!




たったこれだけです。




自粛期間中は、新台の経費が掛からない分、
何か出しっぱなしみたいなイメージがあるかと思います。



ですが、決して大手ホールでもそんなことはありません。



逆に出さない日と出す日のメリハリが普段以上に
ある可能性が普段以上に高いということです。



この出玉のメリハリ度がこの自粛期間の特徴でもあります。




これらを見極めるためにも、まずは期間中の還元日を
しっかり見極めて自分の目で確かめることが大事です。



そして本当の勝負は今月の11月に入ってからです。



10月の狙い目付近で還元しつつも、それ以外の日に
しっかり回収していたようなホールの場合?!


まさにお祭りイベントになるでしょうからね。



狙い目としては11月の4、5日頃。


そして土・日を挟んだ2週目です。



2週目の狙い目としては、月~金の平日。


中でも前半は特に狙い目であります。



また自粛期間に還元するとうたいながら一向に
客数や稼動に比例してないようなホールは
絶対に避けるようにしてください。



本当に出してるかどうかは出玉以上にそのホール全体の
稼動状況に顕著に現れてきますから。



なので、決して見逃せない要因でもあるわけです。



その他の見分ける要因としては各ホールが開催する
イベント内容にあります。



全体のイベントに加えて、看板機種に力を入れてるホールが
打ち手としては理想のホールであります。



機種別イベントは力を入れてることをアピールする目的と、
稼動の悪い機種を回収目的で使う目的の2つのパターンがあります。



なので、ガセの場合も多くなるので避けたほうが無難です。



この時期にお勧めの機種としては、やはり台数が多いものが良いです。


・びっくりぱちんこ 水戸黄門

・花の慶次 ~愛~

・北斗の拳 剛掌


といった看板機種となります。



これらの機種は稼動が落ち始めてることに加えて
新台のない時期なので力を入れてくる可能性があります。



あとは、ニューギンの「戦国無双」なんかも狙い目です。



それはなぜかと申しますと?!



すでに客離れが始まってるので、導入直後よりも
かなり甘めに調整してくる可能性があるからです。




以上の要素をしっかり頭に入れながら
今月の自粛期間に上手く立ち回ってみてください。




ご参考までに。。。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






パチンコ、サラ金、キャバクラの相対関係とは?

パチンコでそもそも負けるのはなぜですか?

あなたは冷静に考えたことがありますか?


それは自分自身を見失ってしまってるからなのです。


負けると悔しい。


そしてお金を突っ込んでもリーチばかりが外れるとイライラする。


おまけに当初財布にあったお金もすっからかんに。


負けて悔しいから翌日もその感情を引きずったまま
勝負してしまう。。。


あとはこの繰り返しで月末の給料前には
もう電気代も払えないぐらいに貧しい生活に
なってしまう。


あとはお決まりコースですね。



パチンコで負けを取り返したいから我慢すればいいものをサラ金までに
お金を借りて打ってしまう。



当然その後も負け続け、借金だけが残っていく。。。


あとは自己破産への道へとまっしぐら。



サラ金でお金を借りる場合も一緒。


金がないならないなりの生活をすればいいものを
それ以上のお金を使おうとするからドンドン借金が増える。


おまけに金利が高いから、利息も膨らむ。


当然、働いて返そうなんて思ってないから
ギャンブルで返そうとする。


そうこうしてる内に、支払い期日が来るがお金は貯まるどころか、利息が膨らんで
また違うとサラ金から借金を繰り返す。


あとは自己破産への道。。。



では、次にキャバクラに嵌る客。


最初は先輩や会社の同僚などに連れられて
仕方なしに行く。


そして偶々自分のそばに座ったホステスが
凄く可愛く自分の好みであることに戸惑いと嬉しさが入り混じる。


会話が弾み、チェックする頃に向こうからラッキーなことにメールアドレスをあなたに
教えてくれて内心「ラッキー」と叫ぶ。


そして後は、毎日のようにそのキャバ嬢から
メールが来るようになる。


「●●さん、この間はありがとう♪」

「また今度来て下さいね!」

「あっ、そうそう今度は一緒に食事にでも行かない?」


といって営業とは分かっていてもついつい
それに乗っかってしまう。


そしてやれるわけでもないのに心の底は
妙な期待感と嬉しさが湧き上がってくる。


そして毎週のようにその子からメールで営業され
毎回通ってしまう。


でも、重役でもない一概のサラリーマンには
正直毎回食事をおごって店に行くのは
金銭的にきつくなる。


それでも●●ちゃんに会いたいという一心と
いずれは付き合ってくれるのではという甘い期待が
入り混じってお金のことをいつの間にか忘れてしまう。


もうこの状態では、あとは金づるの単なるいい客で
身包みをはがされてしまう運命に。



まぁ、ちょっと話は長くなってしまいましたが
パチンコ、サラ金、キャバクラにハマる人間は
実は共通してるわけです。


つまり、冷静さを失ってしまってるということで。


そして自分自身が外野に左右されてしまってるということでも。



つまり、自分が自分を動かすのではなく自分をある人がリモコンで

無理やり動かしてるといったらイメージが涌くでしょうか?


昔の漫画でいえば?


鉄人28号。

あるいは

マジンガーZ


かなり古くてすいません。(苦笑)



でも、そんなイメージで思っていただければ
分かりやすいと思います。



つまり、こうした場合、他人にコントロールされてる
時点で負けが決まってるしまってるわけです。


自分が自分でないような。そんな感じ。



野球でいえば、打席に入る前から負けてる状態。

ピッチャーでいえば、投げる前から打たれるイメージを
持ってしまってる状態。


この状態では、いくらいい技術をもっていても
本番では中々いい成績を上げることは難しいです。


では、なぜイチローが常に安定して良い成績を
上げることが出来るのか?


それは試合に出る前から精神的にも肉体的にも
準備万端だからです。


そしていろんなことを想定して、いつ何時どんなことが
起きてもそれに対処できるイメージトレーニングを
怠らないから毎年安定した成績を残せるわけです。


話がちょっと逸れましたが・・・・


つまり、パチンコで負ける人間も、サラ金でお金を借りる人間も
キャバクラに嵌る人間も、その前の時点で負けてる
というわけです。


まず彼らはなぜそうなったのか?

その原因を考えようとしません。


そしてまた同じことを繰り返す。


つまりリセットが出来てないから
いつまで経っても同じミスを犯します。



ここにゴミ箱があるとします。


ゴミ箱もさすがにゴミを捨て続ければ
一杯になって次のゴミを入れることが出来ません。


ゴミを入れるために、もちろん一度中身を
捨ててカラッポにする必要がありますよね?


そうすれば、次にまたゴミを余裕を持って捨てることが出来ます。


人間の心理も一緒です。


まずは上手く行かなかったこと、悪い出来事など
一旦リセットします。


そして次には、また0からの状態で始めます。


感のいい方はもう分かったでしょ?



先ほどのイチローですよね。



イチローは実は毎回毎回の打席で過去を
引きづらないようにリセットしてたわけです。


ヒットが出た打席も、三振した打席も
次にはリセットして忘れ去るのです。


なので毎回毎回0の状態から始めるわけです。


だからスランプも少ないし、どんな状況であっても
本番でいい結果を出す確率が高くなるのです。



では、また話を戻しましょうかね。



パチンコで負ける人間、サラ金に借金を重ねる人間
そしてキャバクラにハマる人間。


これらに共通してるのは、前の過去をリセット
出来てないから最悪の結果が起こるわけです。



そう考えると!?


パチンコで勝つのも、技術や釘読みなど
ノウハウ的なものも確かにありますが、


本質的な部分においては、
実は人間の心理的な要因の方が大きいわけです。



それが分かりさえすれば、あとはあなたが今後
どうすればいいのか何となく分かりますよね?^^






【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html




台選びで大事なこととは?
 パチンコで出る台が分かれば、もちろん誰も苦労はしませんよね?


 『この出る台さえ分かれば、本当にいいのになぁ~~~!』

 と思うのがほとんどのパチンカーなのです。



 反対にいえば、ほとんどのパチンカーが

 出る台を見つけられてないわけですね。




 優良店には、超セの良い台が多いのは事実です。

 イベントに信頼性があれば、その対象の機種を選べばよいですし

 データの良い台とか人が集る台を選んでおけば無難でしょうからね。



 この時点で釘が読める方は問題ありません。




 ですが、当然ながらそのような優良店であっても

 利益を取りたいコーナーがあります。



 なので、それがどこのコーナーであるのかを見分けなければ

 なりません。




 良いホールであれば、人気の台でも出す意思が強い

 可能性が高いのです。




 『海系』のコーナーを見れば、そのホールの方針が
 
 ある程度分かるのではないでしょうか?





 実際に台選びをする際には、3,4台ぐらいを目安に候補に

 挙げます。


 客付きの良いホールですと、中々移動が大変なことが

 多いですが、1台だけとかに絞ってしまうと、それが空いてない

 ことだってあります。



 ですので、ここで3,4台候補といったのは

 本命が確保できなかった場合の保険ということですね。



 それから読み違えをすることもありますから、それも

 頭に入れておいて、やはり3,4台は候補にしておきたいのです。



 台選びは、ホール選びの次に大事なことですが

 日当を決めるためには、台選びが重要ですね。




 自分のレベルにあう台を選ぶことが大事なわけです。



 それから台選びに大事なことは、見た目に騙されるなと

 いうことですね。



 最近では、入れる箱を小さめにしたり、反対に箱自体は

 大きめですが底厚であったりと、何かとホールも

 出玉の見た目の細工をしております。



 とにかく台選びには、見た目には騙されないことです。


 朝から客付きが良いからといってそのホールに足を運んでも

 大して出してないこともあります。


 
 優良ホールでも、もちろん出さない(回収日)日が

 ありますから、その時に備えてよい台が無かったときは

 他のホールに行くぐらいの気持ちの余裕が必要です。



 常にフットワークを軽くしておき、台選びも慎重に

 行うようにしてみてくださいね。






【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html





出る台を選ぶために大事なこととは!?
パチンコで出る台が分かれば、もちろん誰も苦労はしませんよね?


『この出る台さえ分かれば、本当にいいのになぁ~~~!』

と思うのがほとんどのパチンカーなのです。



反対にいえば、ほとんどのパチンカーが
出る台を見つけられてないわけですね。



優良店には、超セの良い台が多いのは事実です。

 

イベントに信頼性があれば!?


その対象の機種を選べばよいですし
データの良い台とか人が集る台を選んでおけば
無難でしょうからね。



この時点で釘が読める方は問題ありません。



ですが、当然ながらそのような優良店であっても
利益を取りたいコーナーがあります。



なので、それがどこのコーナーであるのかを
見分けなければなりません。



良いホールであれば、人気の台でも出す意思が強い
可能性が高いのです。



それは何といっても『海系』のコーナーを見れば、
そのホールの方針がある程度分かるのではないでしょうか?



実際に台選びをする際には、3,4台ぐらいを
目安に候補に挙げます。


 
客付きの良いホールですと、中々移動が大変なことが
多いですが、1台だけとかに絞ってしまうと、
それが空いてないことだってあります。



ですので、ここで3,4台候補といったのは
本命が確保できなかった場合の保険ということですね。



それから読み違えをすることもありますから、
それも頭に入れておいて、やはり3,4台は
候補にしておきたいのです。



台選びは、ホール選びの次に大事なことですが
日当を決めるためには、台選びが重要ですね。



自分のレベルにあう台を選ぶことが大事なわけです。



それから台選びに大事なことは、
見た目に騙されるなということです。



 
最近では、入れる箱を小さめにしたり、反対に箱自体は
大きめですが底厚であったりと、何かとホールも
出玉の見た目の細工をしております。



とにかく台選びには、見た目には騙されないことです。


 
朝から客付きが良いからといってそのホールに
足を運んでも大して出してないこともあります。


 
 
優良ホールでも、もちろん出さない(回収日)日が
ありますから、その時に備えてよい台が無かったときは
他のホールに行くぐらいの気持ちの余裕が必要です。



常にフットワークを軽くしておき、台選びも慎重に
行うようにしてみてくださいね。





【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。