パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


元パチンコ店長だから語れることとは?
 ホールの本音は

 『みんなに平等に負けて欲しい・・・・』


 これが本当の気持ちです。




 一部の人がパチンコで儲けていれば、その分だけ一般人が余計に

 負けなければならないということになります。



 そこで、店側としては、この方々の儲け分を一般のお客に少しでも

 還元したいと思っているわけなのです。




 でも、パチプロと呼ばれる連中は、

 昔から消えたことはありません・・・・・・・・。



 つまり、永遠に不滅ということなのですね・・・・。




 ホールとしては、『みんなに平等に負けて欲しい!』

 こう思っていても、プロ連中はいなくなりません。




 でも、反対にこう考えられないですかね?

 もし、彼らが完全にいなくなってしまったら・・・・・?





 ●パチンコそのものに夢がなくなってしまいます!



 そうすると、どういうことが起きるのかって?



 ●偶には勝つが、結局は確実に負けるゲームである
 
 こういうことになってしまいますね。





 一般の方々が、同じ負けるにしても

 『いつかは、プロみたいにジャンジャン勝てるようになるかも・・・?』

 こう思うことで、期待感を持ちながら打ってくれるわけなのです。




 このような気持ちがあるから、たとえパチンコで負けていても

 ハマッてしまう方が多いのです。。。



 とにかくですね、こういったことから

 『パチンコは勝てるギャンブル』でなければ、

 ビジネスとして成り立たないということが理解できますでしょうか?




 もしも、負けることが予め分かっているのなら

 ゲームセンターなんかでゲームをしていたほうが

 ずっと楽しくありませんか?




 もしホール側が、本音の『みんなに平等に負けて欲しい』

 と願っても、



 本当にそのような現象になったら業界がダメになるのは

 言うまでもありませんよね?



 このようにパチンコには、『いつかは大儲けできる!』

 という夢が無ければ成り立たないのです。



 また、攻略できるような余地があるかもしれないという

 欲望がある限り、パチプロの存在自体もなくなりません。



 このような中で、あなたが勝ち組みになるか?

 あるいは夢だけ追って負け続けるか?


 それは、2つに1つ



 『あなた次第である・・・』
 


 ということでしょうかね?(苦笑)




【データランプ攻略 基本講座!】


http://www.zero-one-pachi.com/detayomi.html





 

スポンサーサイト

何やら怪しい裏ロムの世界とは?
 『裏屋』とは?


 いわゆる裏基板やBモノをパチンコホールから密かに依頼され

 警察に内緒でホールに搬入するか?



 もしくは既存の台に取り付ける業者であります。




 そして実はこの『裏屋』が、パチンコ業界の繁栄を

 支えている部分でもあります。



 仮に台の実力を100%とすれば、裏基板がそれに

 大体50~100%のパワーを加えて

 台の実力を150%にも200%にもしてしまうわけです。




 またお客が少ない時間帯や朝一のモーニング、あるいは

 お客が集りだす夕方のイブニングの出玉操作も自由自在。




 お客にとって打っていて面白い台、ギャンブル性が高い台に

 仕上げてホールの客付きを良くするわけですね。




 つまり、人気が出るのは実はメーカーの力だけでない部分も

 見逃せません。



 それからBモノと似て非なるものでCモノと呼ばれるものも

 確かにあります。



 これは、中国人とかが夜中にホールに忍び込んだり、店長クラスを

 抱きこんで取り付ける基板のことで、専用のセット打法などを

 身に付けたものだけが出玉を出すことが出来るものであります。




 そして実際に『打ち子』と呼ばれる人種が、長期に渡って

 少しづつホールに気が付かれないように抜くわけです。




 もちろん被害を被るのは、ホールとそのCモノを知らない

 一般客であるのはいうまでもありません。


 
 このようなセット打法を行うには、それ専用に手を加えた石

 が必要不可欠になってきます。



 
 それではその石はどんなルートで作られているのでしょうか?




 いわゆる裏基板などに使われる石は東南アジア諸国のIT先進地域で

 作られています。




 そして向こうには、裏基板作り何十年という歴史があります。




 正規の石ですと、三洋物産系のエル・イー・テックという

 日本のメーカーの製造品でありますが



 東南アジアのIT先進国では、それに匹敵するほどの

 精密な石を作れるわけなのですね。




 ですが、正規の石には菱形で囲った『量』の文字がレーザーで刻印されています。



 向こうで作られた石にはマーキングなどはないです。



 つまり、それを実行すれば商標法の違反になるからです!!




 ただ単に石を作る分には、何に使うのかが明かされないから

 向こうの業者としては違法ではないですし、違法に手を貸した

 というような意識も持たずに済みますからね。




 マーキングは日本の専門業者にやらせて、そっくり同じ外見に

 して、この石1個を3万円ぐらいで売るわけです。



 このようなB石は作りの専門の裏業者が正規の石に手を加えて

 設計作図で1億、2億というお金で海外のメーカーに発注するのです。



 ロットがまとまらなければ、当然ながら向こうの業者だって仕事自体を請けません。

 なので多くの台数が出ている人気機種の石を作らないと採算が合わないわけです。



 裏モノにも、実はこのような裏事情が絡んでいたわけですね。。。





 パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





【パチンコ初心者必勝法】思い込みを捨ててください!
 今回は

 『思い込みが勝ちを遠ざける?』

 についてお話をいたしましょう。



 この言葉を聞いて思わず

 『ドキッ!?』

 とした方もいるでしょう・・・・ 



 人間は思い込みが元々激しい生き物ですからね・・・。


 特にパチンコを打つ人間に多いような気がします。。。



 で、ホールに行ってあなたがまず目にするのは

 ●ドル箱

 ●満足気に打ってる客の姿


 でありますね?

 

 『いいよなぁ~~~~~? あんなに勝ってて・・・』


 『もしかして店側のサクラではないだろうか?』


 『何か特殊な攻略法でもやってるのだろうか?』


 など憶測を張り巡らせるわけですね。



 ですが、そんなことを考えるよりもまずは自分が勝負する台を

 確保することを先決しなければなりません。



 ここで、あなたが狙おうとしている台がたまたまシコタマ

 出玉を出している客の隣の台だったとします。



 ですが、このような出している台の隣に座るのはある意味

 勇気(?)のいること!?



 その台に座るかどうか、迷いこんだ挙句に

 他の台に座ってしまう人間もいるでしょう。



 パチンコは勝ったもの勝ちです。

 パチンコは出したもの勝ちです。




 出してる人間の隣に座ることに何のためらいを

 感じてはいけません・・・。



 自分が、『この台出そうだなぁ・・・・』

 とピンと感じた台であれば?



 隣がヤクザっぽい人間であろうが(苦笑)

 遠慮なく座って勝負するべきなのです。




 隣の台が大連チャンして気が引けるかもしれないですが

 パチンコは基本的には同じ確率で大当たりが決まるゲームで

 ある以上・・・・・・!?




 2台、3台立て続けに連チャンしても決しておかしくは
  
 ないのであります。



 あなたが遠慮したがために、後から来た客がその後に

 あなたが座ろうとした台で大当たりを連発していたことは

 誰でも経験のひとつやふたつはあるはずです。




 この例からも言えることですが!?


 パチンコを打つ場合には

 『遠慮は禁物です!』



 空き台はどんな人間でも座る権利が平等にあります。





 パチンコで勝つためには、ある程度の図々しさや

 強い意志が大切なことでもありますから・・・・。




 『どんな状況であれ、自分が決めた台に座ることが重要!』

 なのであります・・・・。

 


 いかがだったでしょうか?






パチンコの強化書です。

↓  ↓

詳細はこちらをクリック!





 


今月末から来月に向けての戦略とは?
もうご存知だとは思いますが・・・・・


今月から来月にかけてはAPECの影響で
新台入替の自粛がなされてる状況であります。



地域によっては若干の時期のずれがありますが、それでも来月末までは
新台がホールに導入されないということになります。



そしてホール側としては新台の経費が掛からないというメリットが生じるために、
思い切ったイベントをこの時期に打つ絶好の機会となります。



ですが、こんな時こそ、打ち手は慎重な立ち回りが
求められるときでもあるわけです。



そしてこの時期にホールが力を入れてくるであろうと
予測されるパチンコ機としては!?


・戦国無双

・北斗の拳

・花の慶次


の3大MAX機種に力を入れてくるであろうことが
予測できるわけであります。



これらの機種とは反対に


・エヴァ6

・ギンパラ2


に関しては、ホール側もある意味諦めてる節が見え隠れいたします。



それとあといまだに人気の高い「牙狼」ですが・・・・



正統後継機の新台が控えてるので、ホール側があえて
出玉でサービスする可能性は低いでしょうからね。


かといってライトミドルもあまり打つのをお勧めは出来ません。



普通の甘デジと比べてみても、出玉的には辛いという
レベルになりますからね。



ただ牙狼しか打たないというファンの方は「RED」が
出るまでは辛抱する方が今は賢明な判断だといえます。



あと、ホールが釘を閉めても閉めても出てしまうのが?!


・CRびっくりぱちんこ 水戸黄門2


であります。



確かに三共の「CRパトラッシュ」も甘いのは甘いですが、
いかんせん全体的に台数が少ないわけですからね。。。



そして今回の自粛明けの注目機種としては?!


・CRFタイガーマスク 虎よ闘え!カウント80(三共)


ぐらいなものです。



ですので、最初に挙げたMAX機種に関しては
長期稼動の可能性が高い機種でもあります。



なのでくれぐれも極端な回収台には座らないように
十分に注意をしてくださいね。



それからこの時期は新台の経費が掛からない分、
各ホールの出玉イベントを要チェックしてください。



この時期は出玉の還元を受けられる何よりのチャンスがあります。



そしてそういった出玉勝負での体力勝負になれば?!


当然、大手チェーン店系列のホールが有利になります。



大手チェーン店は新台入替の経費も普段は莫大な費用になります。


それがそっくりそのまま無くなるわけですから、
その莫大な新台の経費をイベントに回すとなれば!?



必然的に凄いことになりそうです。



実際に強豪ホールが軒を連ねるエリアでは
アツい出玉合戦を繰り広げてるとも聞きます。




当然体力のある大型店の出玉合戦はかなりの迫力が
あるのではないでしょうか?



そういう意味では、この時期にあえて狙い目としては


・強豪がひしめくエリアのホールであること


・普段新台入替を頻繁に行う大型店や大手チェーン店


などがキーワードとして思い浮かぶのではないでしょうかね。




まぁ、いずれにしても自粛明けはどのホールも新台入替合戦が
繰り広げられることは間違いありません。




ですので、そこでホールが回収営業をする前のこの美味しい時期に
取りこぼしのないように優良ホールをよく見極めてください。




今、述べた要素を参考にして勝負ホールを決めて打ってみて下さいね。






パチンコの強化書です。

↓  ↓

詳細はこちらをクリック!









遊技機管理システムのその全貌とは・・・
負けた客の大半がホールが事務所でカメラを見ながら
操作するというふうに思ってます。



まぁ、遠隔操作をしてると思ってるのでしょう。



ですが、遠隔操作をホールがする場合
そんなイチイチ店長がカメラに張り付いて
操作することはないですからね。



それらは割数的なこととか、出玉率的なこととか
利益率的なこととかを予め仕組むのが通常です。



もし仮にそのホールが遠隔をしてたとします。



でも、実際は予め島ごとに出玉率や割数を設定しておくので
店長がカメラの前で張り付いて、客の顔を見ながら操作する
なんてことはないわけです。



ということで?!



実は、ホールに来る客の顔を認証させて顧客管理をする
システムを開発した会社があります。



その会社は「●ムロン」という会社。


聞いたことがある方もいるかも知れませんが
あの●ムロン社です。


つまりこの会社が開発したのが「顔認証システム」と
呼ばれる顧客管理システムであります。



要約すればこういうことです。



ホールに入店してきた客を店内カメラで撮影し、
記憶するというイメージです。



それだけあれば、防犯システム上でも非常に有効な
システムであることは間違いありません。


ですが、話はそれだけでは終りません。



入店した客が台に座ると、その映像から

「どの客がどの台を打ってるのか?」

ということがホールコンピューターに記憶されます。



さらにその顧客のデータを蓄積することで
顧客別の収支をホールコンピューターが記憶するわけです。


そのコンピューターに残ったデータを元にして
ホールコンがその客の打ってる台の出玉率を
操作するという仕組みだそうです。



これはもっと簡単に説明すればですね?


要は勝ってる客からは搾り取り、負けてる客や
たまにしか来ない客には出玉を出す



というようにホールの都合のいいように
出玉を調整出来るようになるわけです。



極論をいえば?!



釘調整なんて一切要らないということになります。



ですが、もしこんなシステムの特許が風適法上で
認可されてたら・・・・



当然、パチンコホールからは客が消え去り、
間違いなく今以上に業界全体が冬の時代になる
ことは当然のことでしょう。



誤解してる方がいますが、
●ムロン社が開発した「顔認証システム」は・・・



特許は通ってますが、このシステム自体は未だに
当然認可は下りてません。



その辺を勘違いして、


「今のホールは顔認証で操作してる!」

「●ムロン社が特許取ってるからホールは導入してる!」


とか早合点しないようにしてくださいね。


そういったまがい情報を鵜呑みにする方もいますので。




まぁ、仮にもし行政が認可してそのシステムを
ホールが導入するようになったとしたら・・・・



打ち手はどう思いますか?



イカサマバクチではないですが、予めホールが
操作できるのが分かったしまってるパチンコに
誰が喜んでいくでしょうか?


冷静になれば分かることです。



また、行政も決してバカではないですから
そうしたシステムも現実に出回るようにするのであれば?!



出玉操作云々よりも、ホールでの防犯上での有効性とか
ホールの脱税を防ぐシステムとして許可するような
動きにもっていくはずですからね。




パチンコの強化書です。

↓  ↓

詳細はこちらをクリック!








パチンコメーカーはホールをランク分けしてます。
通常はパチンコホールは、自分達が良いと判断した
パチンコ台をメーカーに注文します。



特にそれが前評判の高い機械ですと、
それだけ注文がメーカーに殺到いたします。



つまり、各ホール間での競争が注文の時点から始まっています。



そして新台を注文したからといって安心は出来ません。



なぜならば?




メーカーはその注文したホールの過去の実績を冷静に見てますから。


 
つまり、どういうことなのかと申しますと
そのホールの過去の納入実績を見てるということ。



そのホールが過去にどれだけそのメーカーの機械を
買ってくれたかどうか?



そして過去にそれだけ多く買ってくれたホールに
優先的に納品するわけです。




つまり、新台を買うのには実は注文の早い順ではないのです。




過去にどれだけそのメーカーの機械を買って
そのメーカーに協力してきたのか?



この一点をメーカーは見て、そのホールに新台を
納入するかどうかを上の人間が判断するわけです。



なので、今まで購入実績のないホールが
いくら今度の前評判の良い新台を入れたいと思っていても!?



後回しにされるわけです。



メーカーというのは、厳禁なものです。




過去に付き合いをどれだけしてくれたかどうか?



 
すべてはこれですからね。




まるで天下り先のようなやり方をしてます。




そして今まで協力してくれたホールには
支払い方法もある程度融通が利きます。



手形を長くしてもOKだったり、あるいは裏で値引きをしたりと・・・・。



パチンコ業界ほど不平等な業界はありません。



まぁ、逆をいえばもろにガチガチの資本主義社会でもあるわけです。



お金のあるホールは相手にするが、機械代を払えない
体力のないホールは相手にしないというね。。。




新台が地域でバンバンにトップで入るホールは
それだけメーカーへの実績があるというわけですね。




あなたの通うホールの新台入替を見るだけで
そのホールがメーカーとどのような付き合いをしてるのかが
一発でわかるというわけです。^^






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





果たしてホールコン攻略法って一体何ですか?
かねてからいろいろとパチンコ攻略法に関するものが前からあります。



その中にいわゆる

『ホールコン攻略法』

といわれるものとかがあります。



まぁ、別名「ホールコン打法」とも言われます。


その前に?!


この『ホールコン』といわれるものについて
ちょっとここでおさらいをしてみましょうかね。



ホールコンピュータとは?


パチンコ、パチスロ店に設置される
専用コンピュータのことですね。



これはもう何度もお話してるように
理解出来てると思います。


通常ホール内には、事務所などに備え付けられております。



この「ホールコンピューター」の役割とは?!


パチンコ・パチスロ台とLAN接続され、各台がどの程度の
出玉を出したか(いわゆる「差玉」)に関する統計情報を
リアルタイムに収集し、パチンコ店の経営管理に利用する
ということが主な役割方法であります。



なので、この辺のことをよく理解しないで

「やれ遠隔操作の装置」

だの

「ボタンひとつで大当たりを掛けれる」

だの論議されてるわけです。




そしてホールコン自体は、その他の役割として

●CR機で使用されるプリペイドカード・ICカードなどの販売状況の管理

●自店や近隣の競合店の来店者数のデータ、

●従業員の給与管理等一般的な企業における経営管理システム

などと同等の機能を持つことも多いのです。



そしてもっといいのになると?!


中には最新のゴト手口やその防御方法の
情報配信を受けたりといった機能を持つものも
確かにあります。



そんな中で、巷ではいわゆる

『ホールコン打法』

などというような攻略法が
あります。




ではここで!?


この『ホールコン打法』とは
一体どういったものなのでしょうか?




(ホルコン打法)

ホールコンピュータは一般的には統計情報の収集のみを行い、
ホールコンピュータ側から各パチンコ・パチスロ台を
コントロールする機能は持たないとされています。

が、しかしながら・・・・

「実際にはホールコンピュータが大当たり回数や大当たり
の発生をコントロールし、新台やいわゆるイベント機種に
大当たりを集中させたり、ホールが赤字とならないように
出玉・メダルの総数をコントロールしているのではないか」

とする考え方をベースにしてるのが特徴です。


つまりこの考えをベースにして

「ホールコンがどの台を大当たりさせようとしているか」

を読みとるという攻略法が存在するとのことです。



誤解のないように言っておきますが、
こういった考え方を持ってパチンコを
する輩もいるということです。



ただ、これだとホール自体が「ホールコン」を
自由自在に操り遠隔操作をしてるということに
なってしまいます。



そしてホールコンピュータが大当たり判定を
行う時間の法則などを語っているものもあるようです。


それによるとパチンコ台は、一定の法則により
各シマ内で約4~6台ずつグループ分けされているとのこと。


そして大当たり判定の時刻になるとホールコンピュータが
グループ単位で大当たり抽選を行い、当選したグループ内に
大当たりが発生し、しばらくの間、大当たりがそのグループ内を
周回するという法則らしいのです。



冒頭でもチラッと述べましたが
全くもってありえない話です。



つまり冒頭でも述べたように「ホールコン」というものは
あくまでそのホールのシマにあるパチンコ台のデータを
収集・管理するためのものであります。



たしかにオカルト的な発想で考えれば、
そのような法則に当てはめようとすれば
そういう論議が成り立つのかもしれません。



ですが、実際に日々ホールコンピューターを扱ってる
現場の店長クラスにとっては、「それって一体何なの?」
ってな話になるわけですね。



「ホールコン打法」と呼ばれるものを
全部が否定するわけではありません。



なぜ全部を否定しないのかというと!?


それで実際勝てればその人はいいからです。


おそらくそれは偶然で勝ててるのでしょうからね。


まぁ、オカルト的なものを信じる人たちにとっては
そうした攻略法もアリなのかなぁという私自身の
意見ですし、あくまでオカルト的な位置づけ以外の
何者でもありません。



ただ、あまりにも『ホールコン』の役割が
事実と曲がって伝わってるという感じがしてなりません。



とにかくこの世には、ホールコンに関する色んな情報や
攻略法などのものがあります。



それを信じる・信じないはその人の勝手です。


私がとやかく言うことではもちろんありません。



ただ、あまりにもホールコンの裏側や内部のことを知らない人間が勝手に
理論・理屈をつけて何も知らない人間を洗脳してるのにはかなり危機感を感じてます。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







ホールコンピューターの意外な盲点とは?
ホールデータに関しては、フィーバーブームの頃から

その重要さが指摘され始めました。




こうしたデータの扱いにより、ホールの成績が左右されるようになってきました。




そこで!?


 

もう少しデータに目を向けようではないかということもあり

ホールも真剣にデータ管理をするようになってきたのが

フィーバーブームの時期になります。




それまでは

●アウト

●セーフ

●差玉

●打ち止め回数

●売上

●ジェットカウンターで数える玉数


ぐらいのデータ管理でありました。




ですが、これだけのデータで事足りていたのは当時は

事実でありました。




ですが!?





ここで実は問題も同時に生じていたわけであります!!




 
その問題とは一体・・・・・・・???



 










 
当時は、フィーバー機の売上は上がるのだが、他の一般台

に関しては上がっていないという事実がありました。




そこでホール全体の売上だけでは機種に合わせたクギ調整が

まったく出来ないというジレンマに陥ってしまったわけです。




ですので、島ごとの売上を求めて、機種の種類ごとに割数を
 
出さなければならなくなったのです。




いわゆる機械の性能の差が大きくなってしまったわけで

島の割数を出す役目がコンピューターに付加されたのです。




そして、その後にフィーバーのカウント規制が始まったのです。



これは連チャン規制のようなもので、機械の魅力だけでは

ホールも営業が出来なくなったということなのです。




こうなれば、とにかくホールの力で顧客を呼ばなくては

ならなくなってきたわけであります。




そこでクギ調整を円滑に行うために、それぞれの機械について

細かくデータを取らざるを得なくなったのです。





その時に登場したのが???





●ベース(遊び率)


と呼ばれる考え方だったのです!!





これは特賞中と特賞以外に分けで、特賞以外の時に

アウトに対するセーフの割合を求めたもの。




この機械の状況を把握しなければならないとのことで

生み出されたのが、ベースなのです!!



 
このようにしてより正確なデータが求められるようになり

今現在に至っております。




今では、確率変動中のデータなどももちろん検出出来ます。




競争が激化している今日この頃!?




パチンコ台から提供されるデータ数字は、ホール営業に

とっては非常に重要な武器のひとつとなっています!!

 



いかがだったでしょうか?







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





パチンコの目的指向型心理とは?
パチンコで勝つために大事なことって何か分かりますか?


技術?

知識?

情報?

台選び?

ホール選び?

ホール心理?



まぁ、どれもこれも大事である要素には変わりはありません。


ですが、実はこれだけでは足りません。


パチンコで負けてる方の多くが
実は今から述べる要素が根本的に欠如してます。


それは一体何でしょうか?


すこし考えてみてくださいね。








では、その答えを。



それはですね?























常に客観視して見ること!

なわけです。



このことを説明する前に、ちょっと心理学面について
お話をしておきましょうかね。



この心理学はパチンコを打つ場合にはとても重要です。


「アソシエイト」「デソシエイト」という考え方が
目的指向型心理学にあります。



ちょっと難しいですかね?^^;



でも、我慢して聞いてください。とても大事なことなので。



それぞれ解説していきますからね。


まず「アソシエイト」について。



これはある出来事の中にいて物事を見る、
つまり、当事者の視点のことです。


それに対して「デソシエイト」とは?


そこから離れて見る、つまり第三者的な視点のことを言います。



例えばですが、これをパチンコに例えるとですね?


「負け続けてしまう」ことってありますよね?



おそらくほとんどのパチンカーがそうだと思います。



打ちにいっては負け続け、そして反省し
検証しても中々勝てない日々が続く。。。


何をやっても上手く勝てないという状態です。



これがいわば「アソシエイト」という状態。


ほとんどのパチンカーはこれに当てはまります。



やればやるほどドツボにハマリ、色々と台の前で考えてはいるのだが、
何も直感が当たらないしまたカス台ばかりを引いてしまうというね。



何時間も打ち続けて、もういい加減財布の中身が
空になるまで打つわけですが、当然いい結果は出ません。


少しも勝てる気がしなくなり、段々とイライラが募ります。



気分転換をしようとして、休憩所でお茶したり
ガムをかみながら打ってみたり、お菓子を食べながら打ってみたりと。。。


いろんなことをやるけど、それでも勝てない。


挙句のはてにはサラ金にまで手を出し、攻略法にまで
手を出し、泥沼から抜け出せない状態に陥るというね。



つまり、その問題にどっぷりと浸かった状態ではよく物事が冷静に見えない。


問題という大きな布団が頭の上から覆いかぶさってるようなものです。



それでは決して布団を見ることは出来ません。

いや、目の前の一部しか見えません。



いや、真っ暗闇で何も見えてないかも・・・・。


当然のことですが、この状態では解決できるわけが
ありませんよね?



「木を見て森を見ず」という諺があるようにもう木すら見えなくなってしまうのです。


そんなときにある知人の一般パチンカー、ここではA氏としておきましょうかね。



パチンコを思い切って打つのをしばらく止めたりトイレで鼻歌を歌ってみて台から離れてみたり、
あるいはホールの駐車場を訳も無く一周して散歩してみたりと・・・。


あるいはパチンコから一旦離れて、全然違うことをしてみたりとかね。



つまり煮詰まった状況から離れて、頭をリフレッシュするという策をとるようです。


これは効果てきめん。


他の角度から見る、何かいい方法はないかなと
半分ぼんやりしながら考えを巡らせていると!?


突然、直感がひらめいたり、いい方法が思い浮かんだりします。


これがいわば「デソシエイト」であります。



しかし、パチンコ玉を打つことにのめり込んでしまってる
パチンカーにはそんな余裕なんてありません。


にもかかわらず、いわゆる勝ち組といわれるプロや
パチンカーなどはいつでも一瞬にして「アソシエイト」
「デソシエイト」の考え方が出来るわけです。



あなたは過去に何かの仕事やあるいは何かのスポーツの練習をしてるときに
こんなことを言われた経験ってないですか?


「ただ漠然と練習していては上達しない。常に何のための練習なのかを考えなさい。」

とね。



この練習の成果がどんな状況で発揮されるのか?


常にそれを意識してるのとそうでないのとでは
上達の度合いが違うというのです。



しかし、それはなかなか難しい。


経験や失敗を繰り返さないと身につかない。


分かっていても失敗してしまうのが凡人というものです。



勝ち組パチンカーはそこがそもそも違います。


普段から常に考えた立ち回りや台選びをしてるので一瞬にしてホールで判断をして、
無駄な投資をしないという選択が出来るわけです。



常日頃からプロ連中は、そうした一瞬の判断をする訓練をしてますし、
常に様々な想定をしながら立ち回りをしてるわけです。


だからこそ、実際にホールに行った時に恐ろしいほどの集中力を発揮するのです。



あるプロの言葉です。


「釘や好調台を読むことだけに傾いてしまうのはある意味危険。

俺の立ち回りに対するスタンスは常に30%ほど。後の70%は

どんな条件やどんな状況であっても、ただ自分を信じて

台を選んで打つことだけに集中してるから。」



この言葉は、まさに「アソシエイト」と「デソシエイト」を
同時に行ってるということでしょうかね。



どんな窮地に陥っても、また自分が思うような台選びが
出来なくても常に心の中は第三者的な視点で冷静です。



ここが彼らがトータルで勝てる所以です。



どんな状況であったとしても頭の中は冷静。


例え勝てない日があったとしても、それはその日と
考える割り切りの良さ。


そして次の日に備えて準備をする。


あとはこの繰り返し。


そして収支を見ながら、今の自分を知る。


常に自分というものを第三者的に捕らえてるから
イチイチ感情に負けてしまうこともない。


多くの負け組と勝ち組の違いは実はたったのこれだけであるというのは
意外と知られてないわけです。



誰も言わない真実。



それが「アソシエイト」と「デソシエイト」の関係なのです。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





新台自粛時だからこそ本当に優良店を探せ!
最近では、地元のホールの釘がガチガチで
勝てなくなったというような声をよく耳にします。



そしてあの連チャン機のCR牙狼が最近では
全然勝てなくなったとの声も聞きます。


「これだけ釘がガチガチだと勝負にならない!」


とパチンカーの嘆きが数多いのも事実であります。



確かに牙狼は2年前に出た名機であることは事実です。



ですが、最近の状況からすれば!?



今はかなり危険な機種であることが分かります。




それはなぜかと申しますと!?



今年ホールに登場した「エヴァ6」と「ギンパラ2」が
これがまた当初の期待に比べて全くの誤算であり、
まだ機械代すら回収出来てないホールがあるほどです。



なのでそんなホールでは、連チャン機のイメージが
打ち手に染み付いてる牙狼が回収しやすい機種である
ということなのです。



つまり過去において誰でも1度や2度は美味しい思いを
牙狼でしてるので、その連チャンのイメージが常に
頭にどこかに残存として残ってるわけです。



だからこそ、いまだにそれを忘れられない顧客が
牙狼に座って打ちつづけてしまうわけなのです。



ただ実際には今の牙狼に関しては、牙を抜かれた連チャン機。



ホール側でも露骨な釘調整をされてるわけです。




そして実はこの牙狼の後継機が
11月下旬にホールにデビューします。



ただ今年の8月にライトミドルが出た時点で、
牙狼に関しては撤去対象機になってたわけです。



つまりホール側にとってはすでに外す対象になってる
機種をわざわざ還元することはないわけです。



その辺を踏まえた上でホールで打つ機種を絞って
いくことが何よりも重要であります。



そして今後の立ち回り方法はどのようにしていけばいいのか?



こういう疑問があるかと思います。





これは冒頭でもお伝えしましたが、今月から来月にかけては
新台入替の自粛規制があります。



そして実はその期間こそがホールの正念場となります。




つまりこういうことです。



入替費用がいつもよりも掛からないわけですから、
その間に本気イベントを打って打ち手に還元するのか?



はたまた、それにも関わらずに普段と全く変わらない
営業で回収を続けていくのか?



なので打つ手としても本当の意味での優良店を
この時期だからこそ見極めていく必要があります。



ハッキリいってこの自粛規制時期に出玉を還元する姿勢が
一向に見当たらないホールはもう今後は期待しても無駄です。



そういうホールには今後は二度と近寄らない
ということがポイントになります。



「自粛規制時だからこそ本当の優良店が分かる!」




このことを頭にしっかり入れながら
是非とも優良ホールを見極めてみてください。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






データランプの読み方と解説について
よくデータランプの見方が分からないという相談を受ける場合があります。


また、実際に初心者の方の中にはこういう悩みがある人もいるかと思います。



実際にホールによってはこのデータランプの仕様が
違ってるので見方が分からない方もいるのもうなづけます。



ただ、全部が全部のホールのデータランプの仕様は
流石の私でも判りかねます。



なので、ここではデータランプの基本的な
見方について解説してみたいと思います。




まずデータランプは


●大当たり回数(大抵3日間、1週間)

●スタート回数

●履歴


が見れます。




ホールによってはもっと程度の良い仕様であれば
大当たり回数も1週間、いや30日間のものが見れたりします。



またスランプグラフが見れるものもあります。



また最近では確変大当たりと単発大当たりの回数が
それぞれ見れるものも主流になってきています。



それからその台のその時点での大当たり確率まで
見れるものもあります。




このように、データランプには様々な台の情報を
見ることが出来ます。



また見たり使ったりするのは、当然タダです。



せっかく無料で使えて見れるので、これを有効に活用
しない手はありません。




確かにホールに依ってデータランプの種類や表示方法が違います。



ですが、最近のホールでは液晶画面でスランプグラフを
表示しているホールもあります。




これらの情報は、見方を知る人にとっては大きな情報源になりますが、
見方を知らなければ意味が無いものになります。



パチンコの台ごとにデータランプが設置され、それを一台の機械で観察出来る
データロボが設置されるようになってからまだ10 年余しか経過していません。



データロボは、ダイコク電機が開発したのが始まりだった様ですが、
パチンコ経験が長い人ほど実はこれらの機器を余り見ようとしません。



ホールへ入って、他のお客様をよく観察して見れば気が付くと思いますが、
たまに見る人もいますが、殆どが「見る」人だけで、「読む」人は少ないものです。



実は、いつ大当たりするのかどうか分からないパチンコで、

「過去を見て現在を知り未来を予測する」

たった一つの窓口がこのデータランプなのです。



現在、全国ホールには色々な種類のデータランプがあり、
全部は解説し切れませんが。。。。




ですが、基本はどのタイプも同じです。



本日の大当たり回数、スタート回数、あるいは大当たり確率や大当たり履歴まで
表示されて居り、最近のデータランプのタイプは詳細表示が親切です。



初めて見るタイプでも、パソコンを操作するよりかは簡単です。


なので見方はあまり難しい事はありません。^^



「呼び出しボタン」以外のボタンを全て押して、
他もゆっくり見れば分かります。



どうしても分からない場合は、店員に聞くのが一番早いですね。




さて、このデータランプで何を知りたいのか?



一番知りたい事は、確率の流れがどうなって、これからどうなって行くのか?


これらを推測したいのです。




もしそれが分かれば、おぼろげながらでも、
これから回収に向かう可能性が高い台は手を出さずに済みます。



そしてその方法としては

【総回転数÷大当り回数=確率】

で計算します。



この計算方法でその日のその台の調子が読めます。



確率が辛いということは、不調台

確率が甘いということは、優秀台



こうして大雑把ではありますが、その台の調子を
ちゃんとした計算法から実際のデータとして判断できます。



それから何軒かのホールでデータランプを観察すれば分かりますが、
最近はご丁寧に前10 日分の確率を表示するところもあります。



また10 日分のスランプグラフも見える様にしたホールもあります。



このスランプグラフは文字通り、台のスランプ状態を
折れ線グラフで表したものであります。



つまり、過去と未来のその台「行く末を推察できます。





最後になりますが・・・・



どうせならそのホールのデータランプの仕組みを
よく理解し、使いこなし有効に活用してください。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






新機種をトップ導入するホール心理とは?
 パチンコホールは、どこのホールも

 毎月必ず数回かは新台入替を行います。





 多いホールですと、毎週のように行うところもあるようですね。



 この新台入替にもいろんなホール心理があって


 ・とにかく何でもいいから新機種を地域で一番に入れたい

 ・メインとなりそうな機種だけいち早く入れたい


 などのホール心理があります。




 そして新台入替は、大抵は他のホールよりもいかに

 早く導入することが出来るかが勝負です。




 周りのライバル店よりも1週間も2週間も遅く入れてたのでは

 圧倒的に先行者の方が利益は高いのです。




 今の業界の流れって、本当にそうです。




 そして新台、新台へとお客が流れていき

 段々と自店のお客が他店に移行するわけです。




 その差はホールも十分に認識しているので、いち早く新台を
 
 入れたがるわけです。




 早く入れることのメリットよりも、早く入れないことの

 デメリットが大きいということです。




 つまりここでいうデメリットというのは、顧客が

 他店に移行してしまうということです。




 そして今まで駄目になってきてるホールというのは

 メイン機種や有力機種を無理してでも先行導入してない

 つまりトップ導入していないホールだということ。




 そういった戦略が取れない内に、ドンドン顧客を

 ライバル店に取られていってるわけです。




 つまりある程度『これだ!』というメイン候補の機械は

 多少無理してでも買っておかなければなりません。



 たとえそれが他のライバル店よりも少台数でも

 先行導入が出来るのであれば、無理してでもやるべきなのです。




 メイン候補となる機種が先行で入れられなかったら?



 その時に出ている2番手・3番手あたりの機種に目星をつけて

 それらを他のホールが入ってないから入れるとう作戦もあるわけです。





 まぁ、いずれにしろメインとなる機種は先行者利益を多大に
 
 もたらすということはホールの歴史が物語ってますからね。。。





 いかがだったでしょうか?







 パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






ただ真似るだけでは勝てません!
 パチンコで勝つためには、やはり自分なりのスタイルを

 きちんと構築しておく必要性があります。




 パチンコで勝つ人間の中には、パチプロと呼ばれる

 人種の方がいます。



 彼らの中でも、スタイルは様々であります。



 例えばですね?


 ・ジグマタイプ

 ・開店プロ

 ・攻略プロ


 などに分けられます。



 プロといっても、それぞれスタイルがあります。



 この中でも昔ほど攻略プロはネタが無いので

 難しくはなってきてるのではないでしょうか?



 いわゆるキズネタとか昔はよくありましたが・・・・



 後は体感器などの用具を使った不正行為やゴト行為など。



 まぁ、そのような危ない橋をあなたは渡る必要性はありません。 ^^;




 そして開店プロなどは、今でも通用するスタイルですね。



 立ち回り系のプロはいち早く開店前に並んで新台を取ることで

 勝てる可能性が高かった昔の時代に比べて?


 平常営業までも含めたより広い視野で考えることと

 台の選択眼が要求されるのであります。



 そしてジグマもそうです。



 ひとつのホールに住み着いて、立ち回るという

 彼らのやり方もまた同じです。



 そして共通するのは!?




 プロの技術でもある

 ●釘読み

 ●無駄打ちをなくす止め打ち

 はどのスタイルのプロでも当然のことです。



 そしてこの中でも、自分に近いスタイルを追求する

 べきではないでしょうか?



 一番大事なことは、自分の資質とリンクした武器を

 身に着けていくことが重要です。



 いくら開店プロのような立ち回りをしたいと思っても!?



 肝心の朝から打つ時間がなければ無駄になります。



 それから後は、朝から打つだけの体力もある意味必要に

 なってきますからね。



 また、台選びの着眼点を普段から磨いておかないと

 いくら美味しい餌があっても気がつかないという羽目になります。



 とにかく自分に合ったスタイルを構築することは

 パチンコで勝つためには必要不可欠であります。



 そして勝つためには、

 ●情報収集&活用

 ●マメさ

 が何よりも大事なのです。



 そしてとにかく自分で仕入れた情報や立ち回り方法は

 何でも一度は自分で実行してみることです!



 自分で実践してみることで、結果が出て、反省点が

 分かるわけです。



 プラン・ドゥー・シーという言葉があるように


 まずは計画を立てて、実行する。

 そしてその結果に対して分析する。



 後はひたすらこれの繰り返しです!




 そしてそれに+アルファを組み込んでいけば

 後はそう負けることも少なくなるのではないでしょうか?





 今一度、自分自身に当てはめてみてくださいね。








 パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





ホール選びの一番の重要ポイントとは?
ホールにはぞれぞれ種類があります。


それは立地条件だったり、台数の違いであったりといろいろです。


●大手チェーン店

●駅前・ビジネス街のホール

●地方の郊外ホール


この中で、大手チェーン店の場合ですが新装開店とか
グランドオープンは積極的に攻めてもいいかと思います。



ただ、2~3週間を過ぎればあまり期待は出来ません。


このような大手チェーン店の場合、完全に営業方針がマニュアル化
されており、平常営業になったらそんなに期待は出来ませんからね。



それから駅前とか商店街などの立地条件にあるホールですが、
こうした立地は通り客や一見客が多いので、そんなに期待は出来ません。



ただこれも周りにライバル店が多くて客の取り合いをしてる場所で
あるとか、あるいは最近新規の店が出店してきたとかいう場合は、
反対にチャンスがあります!



状況判断が特にこうした立地条件にあるホールでは大切です。



それから郊外店の場合、これも立地条件によります。


例えば、交通の便が良いホールだとそこそこのクギ調整である場合
が多く、出す意志は期待するほどはないという判断が出来ます。


もちろん中には出玉還元率が良いホールもありますが・・・・


それは先ほど述べた駅前店などと同じで
ライバルが多いということが条件になります。


それから郊外店の中でも、少し交通の便が悪い立地条件のホールの
場合は、集客がある意味交通の便が良いホールに比べて大変です。


なので出す意志が長く続く可能性があります。



こうした郊外店のホールは狙い目でもあります。


しかしながら、これも周辺にライバル店があまり無ければ
ある意味殿様商売をするホールもあります。


なので、とにかくここでも周辺のライバル店の
有無をチェックしておきましょう!



そして『ホール選び』をする上で一番大事なポイントとは!?



パチンコホールがその地域に密集してることがポイントです。



それでなおかつその地域でホール同士で
客の取り合いをしてるような地域であるなら!?



たとえ出す期間がそれぞれのホールが短くても、
必ずどこかに出す意志のあるホールがあります。



ですから、常に近辺のホールの状況は調べておいた方が良いでしょう。



あとアドバイスするなら、地域密着型のホールが
良いかと思われます。


大手全国チェーン店以外で地元で規模が大きいホールの場合、
周囲の環境に関係なく安定的に出す傾向があります!



つまりそれだけ地域に密着して地元のお客を大事にするホールで
ある可能性が高いわけですから、ある程度は安定した出玉を魅せる
可能性が高いホールでもあります。



いかがだったでしょうか?



それぞれのあなたの住んでる地域のホールをマメにチェックして、
勝負しようとするホールがどの傾向にあるのか?




今一度確認してみてくださいね。^^






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






勝つための行動をちゃんと起こしてますか?
パチンコで勝つためには事前の準備が大事です。



そしてこの事前準備を怠らないのが、パチプロ達であります。


彼らはそれを業としてる以上、勝たなければ食っていけません。



でも、彼らはいつの時代でも存続しています。



なぜでしょうか?




それを一度考えてみてください!
 

















とにかくプロと呼ばれる連中が存在するということは


稼ぐ事が出来る = 勝つことが可能である


ということなのです。





つまり、どうすれば勝てるのか?を


このことを実際に勝ってる人間から聞けばよいわけです。





知識もなく、ただ漠然とパチンコをしていても勝てないには

今までの流れでいうと分かると思います。



遊技として楽しんで勝てるほど、パチンコは甘いものでもありません。




そこにはビジネス感覚が大事です!




簡単にプロは勝ってるとか、稼いでいるとか言ってますが

彼らも勝つための手段を心得てるばかりでなく、そのための

努力も惜しまないわけです。




勝てるホールと分かれば、それが地方であろうが

都会であろうが足を運びます。




雑誌やインターネットなどで情報を仕入れても良いですし

勝ち組から実際に話を聞いても良いでしょう。



ノウハウを購入しても良いでしょう。




ただ、攻略会社のネタはお勧めいたしません。


ほとんどがガセですから。。。





とにかく今の時代は、その気になりさえすれば

いろんな情報を仕入れることが出来ます。




そしてただ漠然と情報を仕入れるのではなく

疑問を持ち、それを理解するために、あるいは

把握するために仕入れてもらいたいということです。




疑問に対して答えを出してくれる人を探す

あるいはその人に代わる情報を手に入れる




私が言いたいのは、勝ちたければ何か行動を

起こしてくださいということなのです!




考え方を変えるのは、基本であります。



パチンコ以外でもどんなことでも、このことは
 
通用する本質であります。




難しく考えないで、今すぐあなた自身で出来る

ことから探して実行してみてください!





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







パチンコメーカーの直営店をご存知ですか?
パチンコメーカーはもちろんパチンコの新台を開発し、
それと同時に販売してる企業であるのは誰でも知ってるかと思います。



ですが、このパチンコメーカーがひっそりと
パチンコホールを経営してることは実はあまり知られてません。




因みに以下のパチンコホール名ですが・・・・




パーラーニューギン

DAIICHI

パーラーMIZUNO

モナコ

パーラー正ちゃん

サンシャインKYORAKU

パチンコサンヨー




これらはすべてパチンコメーカーの直営店ホールであります。



いくつかはご存知の方もいるかと思います。^^




それとホール名からして、どのパチンコメーカーの直営店かは
ある程度分かる方もいるかと思いますが・・・




それでは、上記でピックアップしたパチンコホールは
それぞれどのメーカーが運営してるのか?








ではその答えを・・・・







パーラーニューギン ⇒ ニューギン


DAIICHI ⇒ ダイイチ


パーラーMIZUNO ⇒ マルホン工業


モナコ ⇒ 奥村遊技


パーラー正ちゃん ⇒ 高尾


サンシャインKYORAKU ⇒ 京楽産業


パチンコサンヨー ⇒ 三洋物産




いかがだったでしょうか?



すべて分かりましたでしょうか?





ちなみにパチンコメーカー自体は元々名古屋が主流です。



上記に挙げた直営店もすべて名古屋市内にあります。




もしパチンコ好きで名古屋に行く機会がある方は、
是非一度覗いてみることをお勧めします。^^




こうした直営店の役割としては?




主に各メーカーが発売する新機種のデータ取りとして
先行導入されるケースがあります。



また発売前の機種がコッソリと導入されてることも
極稀にあり、業界関係者はこうした直営店に行き、情報収集に努めるわけです。



そういう私も昔はよく新機種の市場調査に出向いてました。^^




ちなみにですが、メーカー直営店で先行導入される新機種ですが
そのメーカーが今後力を入れて販売するかどうかは導入台数の多さで
判断することが出来ます。



ホールに売りたいという新機種はやはり直営店で先行で
ボックスで数多く導入する傾向があります。



それでその機種をホールに売るために出る台という
いいイメージを付けるためにも1週間以上出玉を放出したり
する場合も多々あります。



実は直営店で打つことは、そういう意味でも勝率は上がるわけなんです。



私もそれで過去に美味しい思いをさせて貰いましたから。^^



反対に、直営店で1~2週間経過して客付きがイマイチであれば!?



その新機種はあまり良くない機種であると判断が出来るわけです。



パチンコメーカーの直営店を見るだけでも
生の新機種の先行情報が手に入るというわけです。



各パチンコメーカーは、このようにして直営店を
新機種の販売網として上手に活用してるというわけです。




いかがだったでしょうか?







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






出玉の増減のメーカー別の傾向とは?
出玉とひとえに言っても、それはホールによって扱い方は様々です。


いわゆる等価交換に近い営業をしてるホールでは
当然その出玉周辺の釘調整は辛めになってる傾向があります。



要は、出玉を削った状態ってやつですね。



それが換金率が低くなるに連れて・・・



普通は出玉周辺を削ることは少なくなります。



ただ、最近のホールは換金率の高低関係なしに
その機種を打つ客層を見て出玉を削ってしまう。



そしてその異種外れるまでそのまま放置というホールもあるようです。



これはすなわちプロ連中対策でもあるわけです。



彼らばかりに止め打ちなど技術を駆使されて
抜かれるのをホール側は一番嫌います。


なので、プロ連中が多いと分かれば?!



その機種のコーナーは極端に出玉を削るという
釘調整を行うケースも多々あります。



通常はプロ連中がそのホールからいなくなれば
出玉調整も元に戻しますがね。。。



ただ、客がいなくなった頃を見計らって出玉調整を元に戻す前に
機械が外れるといった具合です。



ホールとしては出玉を削って当然という風に
思ってるフシがあるのでしょうね。



例えばですね?




沖縄海などは普通の人が打つと玉が減り、1回の出玉も1300個を切るぐらいの
調整になってるホールもあるようです。


まぁ、これは等価交換のホールではそれぐらいが通常なのでしょうけどね。^^;



それ以外の換金率なら、せめて1400個をキープ出来るぐらいの調整にしてもらいたい
という打ち手の思いも多々あります。



こうしたホールの出玉の増減調整は打ち手のレベルによってかなり左右されます。



そういった点から考えるとですね?




メーカー間のゲージ構成に対する格差が明らかです。



京楽系の場合、アケれば甘い。


それに対して三洋の海系の場合はホール側は
有無を言わさずに出玉を削りますといった具合にね。。。




こうしたゲージに対する格差が起こるのは
メーカーの開発のコンセプトというか?


志の違いがかなり影響してると思われます。



海系に関しては、メーカー側としてはブランド品なので
何としてでも売らなければならない機種であります。



だからこそ、プロ連中ばかりに技術で出玉を抜かれる
というのが困るというホールの現場の考えに迎合してるのです。



その結果として?!



海系の場合、誰が打っても出玉が減る機械を作りました
という仕様になってるわけです。



それに対して京楽系の場合、ホール側の出玉の削りに壁易してる人達向けの
機械を開発しようとする姿勢がゲージ構成からもしっかり見えています。



例えば京楽系の中でも、「美空ひばり」なんかはどれだけホール側が
ひどい釘調整をしても出玉が減らない仕様になっています。



つまり万人が打っても、大当たり中や確変中には出玉が減らないというか、
ストレスが無くなるように考えてゲージ構成を作ってるのだと思います。


まぁ、こうしたゲージ構成を見てみてもそこに各メーカーの意図が隠されてます。



最近の京楽系の機種に関しては、打ち手のイライラ感とか
そういうものを出来るだけ排除しようとする心意気が感じられるように思えます。



ただ、実際に問題としては、機械を扱うホール側としては甘いゲージ構成の
機種に関しては割数を落とすのにかなり苦労するわけでして。。。^^;



それでまだ稼動が上がり、客が付けば問題ないわけです。



その機種をイベント台にして他の機種を打ってもらう
という相乗効果が狙えるわけですから。



いずれにしても、ホール側も各メーカーの開発の意図というかコンセプトを
しっかり理解した上で釘調整をする姿勢が臨まれてるのは言うまでもありません。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







データランプの読み方と解説について
よくデータランプの見方が分からないという相談を受ける場合があります。

また、実際に初心者の方の中にはこういう悩みがある人もいるかと思います。



実際にホールによってはこのデータランプの仕様が
違ってるので見方が分からない方もいるのもうなづけます。



ただ、全部が全部のホールのデータランプの仕様は流石の私でも判りかねます。


なので、ここではデータランプの基本的な見方について解説してみたいと思います。



まずデータランプは


●大当たり回数(大抵3日間、1週間)

●スタート回数

●履歴



が見れます。




ホールによってはもっと程度の良い仕様であれば
大当たり回数も1週間、いや30日間のものが見れたりします。



またスランプグラフが見れるものもあります。



また最近では確変大当たりと単発大当たりの回数が
それぞれ見れるものも主流になってきています。



それからその台のその時点での大当たり確率まで見れるものもあります。


このように、データランプには様々な台の情報を見ることが出来ます。



また見たり使ったりするのは、当然タダです。



せっかく無料で使えて見れるので、これを有効に活用
しない手はありません。



確かにホールに依ってデータランプの種類や表示方法が違います。



ですが、最近のホールでは液晶画面でスランプグラフを
表示しているホールもあります。



これらの情報は、見方を知る人にとっては大きな情報源になりますが、
見方を知らなければ意味が無いものになります。



パチンコの台ごとにデータランプが設置され、それを一台の機械で観察出来る
データロボが設置されるようになってからまだ10 年余しか経過していません。



データロボは、ダイコク電機が開発したのが始まりだった様ですが、
パチンコ経験が長い人ほど実はこれらの機器を余り見ようとしません。



ホールへ入って、他のお客様をよく観察して見れば気が付くと思いますが、
たまに見る人もいますが、殆どが「見る」人だけで、「読む」人は少ないものです。



実は、いつ大当たりするのかどうか分からないパチンコで、

「過去を見て現在を知り未来を予測する」

たった一つの窓口がこのデータランプなのです。



現在、全国ホールには色々な種類のデータランプがあり、
全部は解説し切れませんが。。。。



ですが、基本はどのタイプも同じです。



本日の大当たり回数、スタート回数、あるいは大当たり確率や大当たり履歴まで
表示されて居り、最近のデータランプのタイプは詳細表示が親切です。



初めて見るタイプでも、パソコンを操作するよりかは簡単です。


なので見方はあまり難しい事はありません。^^



「呼び出しボタン」以外のボタンを全て押して、
他もゆっくり見れば分かります。



どうしても分からない場合は、店員に聞くのが一番早いですね。


さて、このデータランプで何を知りたいのか?



一番知りたい事は、確率の流れがどうなって、これからどうなって行くのか?


これらを推測したいのです。



もしそれが分かれば、おぼろげながらでも、
これから回収に向かう可能性が高い台は手を出さずに済みます。



そしてその方法としては

【総回転数÷大当り回数=確率】

で計算します。



この計算方法でその日のその台の調子が読めます。



確率が辛いということは、不調台

確率が甘いということは、優秀台



こうして大雑把ではありますが、その台の調子を
ちゃんとした計算法から実際のデータとして判断できます。



それから何軒かのホールでデータランプを観察すれば分かりますが、
最近はご丁寧に前10 日分の確率を表示するところもあります。



また10 日分のスランプグラフも見える様にしたホールもあります。



このスランプグラフは文字通り、台のスランプ状態を
折れ線グラフで表したものであります。



つまり、過去と未来のその台「行く末を推察できます。



最後になりますが・・・・



どうせならそのホールのデータランプの仕組みを
よく理解し、使いこなし有効に活用してください。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





データランプの確率をちゃんとチェックしてますか?

どこのホールにも、台上にはデータランプがありますよね?



むしろそれが設置されてないホールを探すことの方が
難しいのではないでしょうか?



このデータランプにもいろんなタイプがあります。



・3日間しか表示しないもの

・1週間表示するもの

・10日間のデータを表示するもの


など・・・・



まぁ、最近はどのホールでも最低7日間のデータを
見れるようにはなってますが。。。


 
この他にも機能的にいろんなものが存在いたします。

※スランプグラフが出るものとか・・・。



そしてこのデータランプには、全体の大当たり確率が
表示されるタイプが多いのです。



つまり大当たりごとに確変割合と実際の機械のスペックとを
ここでは比較してみて確変割合が低い場合には全体の確率自体を
チェックしてみてください。




例でいうならば!?




300分の1の機械でしたら100分の1

350分の1の機械でしたら150分の1

 
以上となる基準がかなり勝ち繋がるかと思います。




確率が高ければ高いほど、当然これらの確率も上がりやすいです。



なので、全体の目安としてもとても参考になります。



ホール側としては、全体ベースとして平均的なスペックの割合に
落ち着くという前提で釘調整をいたします。




その中で、我々が勝とうとするのなら!?



スペック以上の確率の台を見つけなければなりません。




なので、今打ってる台の確変割合を常に把握しながら
それと同時にスペック確率を大幅に下回ってる場合には、
初当たり確率で大幅に上回らないと勝てないという計算になりますね。




このことを頭にいれて、ホールで勝負する時には
台上のデータランプのその台の状態を常にチェックする
クセを付けてくださいね。



●確変の割合はどうなのか?


●また全体の大当たり確率はどうなのか?


 

数字化するクセをつけることで、
勝負する基準がより明確になりますからね。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





データランプの歴史をご存知ですか?
通常、データランプと聞かれれば?


パチンコを打つ方のほとんどが知っています。


パチンコ台の上に設置されてるランプがあるのはもうご存知ですよね?


あれは、別名では「コールランプ」「データランプ」と
呼ばれたりもしています。


元々は「コールスイッチ」とランプ部のみの、ホールスタッフを
呼び出すことを目的としたものでした。


呼び出しランプと称しているのは当初の発祥の名残です。



そもそもデータランプという呼び方をしてなかったのには
訳があります。




昔の現金機しかなかった連チャン機全盛の時代には
ほとんどのホールが大当たりしたら光るという簡単な
トップランプしかなかったわけです。



あるいは、ランプを押して何かあった時に
店員を呼ぶための目的としての役割しかなかったのです。



そうこうしてるうちに、あの上場企業であるダイコク電機が
ホール向けに大当たり回数を同時に表示するデータランプを
開発いたしました。



それが今のデータランプへの流れというか
先駆けになったわけであります。



当初出たときは、斬新でホール関係者も打ち手側も
かなりの衝撃というか注目をしました。



従来だとホールは打ち手に一切台情報を提供しないという
秘密主義を敷いていたからです。



また導入したホールも、台情報が見られるとなると
稼動に影響するのではないかという不安も確かにありました。

※出る台が分かるとそれ以外は打たないのではという不安。



ただそれも導入してみたら杞憂に終わりました。



台情報が(この時代はその日の大当たり回数だけですが)公に
見れるというのが打ち手の潜在的ニーズを満たしたわけです。



そして時代と共に集客要素が高く、他店との差別化が
図れるということでどこのホールもこの大当たり回数が表示される
データランプへと移項したわけであります。



その後、データランプもドンドン進化していき

・スタート回数表示

・3日間の大当たり回数表示

・履歴表示

・確変の回数表示

・スランプグラフ化

など


様々な機能を搭載したものに進化を遂げてきています。


ここ10年ばかりで呼び出しランプは急速に発展してきました。


いまやバリエーションは多種多彩。



むしろこうしたデータランプがないホールは
ドンドン淘汰され生き残っていけない時代にまでなってきています。




その中でこうしたデータランプを開発する会社は、
プレイヤーの方が欲しいものはなんなのか?を常に追求してきました。



今もなお進化し続けるデータランプですが・・・・・・


今後も益々今までにない機能を搭載したものが
いずれは出てくるのではないかと予測されます。


ホールに遊技されに行く際は違う観点で呼び出しランプに
注目してみてはいかがでしょうか?!



今の時代はデータランプはホールの必須アイテムです。



また我々打ち手もその流れに乗り遅れないように
常にデータランプのことも研究しべきでしょうね。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





ヘソ釘ばかりを見ていては勝てません!
 釘読みはいきなりすぐに誰でも出来るものではありません。



 当然、パチンコを打ったことがない方には

 何をどう見たらいいのかがさっぱり分かりません。




 でも、それも経験を積んである程度数をこなしていけば

 誰でも読めるようになってきます。



 ただ、それも問題意識を持って釘を見ないことには

 上手には決してなりませんからね。




 最近の機種ですと、昔の機種に比べて液晶画面が大きく

 ヘソに行くまでの距離が長いものが増えてきました。



 この液晶サイズによって玉の流れにスランプが出来たり

 しますし、ヘソが広がっていても中々回らないという

 ことが起こりえます。



 なので、ヘソ釘だけを見るのではなくその前の誘導釘とか

 ジャンプ釘なども見るクセをつけるようにしたいものです。




 一般的にはヘソ釘が開いていて、なおかつ上がり気味だと

 デジタルが回りやすいといわれています。




 ただ、これも機種のゲージ構成にもよりますので注意が必要です。




 いくらヘソ釘が開いていても上げ調整気味になっていても

 ジャンプ釘が上げ調整であれば、そこで玉が失速して

 ヘソに中々入らなくなってしまいます。



 反対にジャンプ釘が下げ調整になっていれば!?




 液晶横を通過した玉が、ヘソに入る前にジャンプ釘で跳ねて

 ヘソに絡みやすくなります。



 そうすると確率的にはヘソに入りやすくなりますので

 当然デジタルの回転率が上がるわけですね。



 なので、見た目の釘だけを見ているとこういったことに

 気がつかない恐れがあります。



 ですので、釘を見ることは当然大事なのですが

 もっと大事なことをいえば!?













 ●ヘソに絡むまでの玉の流れをよく掴む


 ということが重要なポイントであるわけですね。




 このような視点を持つことで、どんな機種に出くわしても

 応用が利くようになりますからね。 ^^






 いかがだったでしょうか?





 今までヘソ釘ばかりに気を取られていた方はこれを機に

 今一度釘読みのポイントを見つめなおしてみていかがでしょうか? 







 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする





試し打ちでもむやみやたらと打ってはいけません!
試し打ちといえども、それを数台試せば、

1万円なんていう金額はアッという間に無くなってしまいます。



これは、ただ漠然と打つからこういうことになります。




どうせ試し打ちするなら、そこはやはり考えながら

打ちたいものです。




そうすれば、無駄な投資金を減らすことが出来ますからね。



そこで、今回はその試し打ちのポイントを

簡単にまとめてみました!




まずは、セブン機の場合から。



●事前の台のチェックを行う


●試し打ちの価値があるかどうかチェックする

 
●初めて見るゲージや機種は、必ず事前に試し打ちする

 ※ここでの投資は後々役に立つから。


●試し打ち段階での判断は500円単位での回転数を見ること。
 最低と最高に回った回数を把握しておく。


●ストロークのポジションはあくまで試し打ちの場合には仮で良い。
 持ち玉になったらいろいろなストロークを試してみること。


●試し打ちしてすぐに大当たりした場合には、そのまま打って様子を見ること。
 持ち玉での判断基準は大体1000個ほどの打ち込み数が目安になる。





いかがでしょうか?


 

ここでいう試し打ちも、釘が読める方とそうでない方では

大きく変わってきます。




つまり、釘がそれだけ読める方の方が無駄な投資を最初から

しなくても良いので、より有利になるということです。




なので、こうした試し打ちひとつを取ってみても

やはりある程度の釘読みは出来た方が良いのです。




理解していただけたでしょうか?




 
最初は、上手く釘読みが出来なくて

思った以上に試し打ちの段階で投資金を使ってしまうかもしれません。




でも、そこでの経験が必ず後々大きなリターンとして

戻ってきますからね。




誰でも最初から上手くはいきません。




経験を何度も積み、ある程度失敗もし

そしてそれが糧となるのです。



経験は裏切りません!


 

長い目で考えるクセをつけるようにしてみてくださいね。







【本日の格言】

パチンコで勝てる人間は、こうしたトータルで考えれるのです。







1パチの必勝法とは? ⇒ こちらをクリック



元釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座





1円パチンコで勝つためには・・・・・・
こんばんは


本日は特別なお知らせがあります。




知人のパチンコ仲間であるトシキさんが

このたび、あるプロジェクトを公開しました!



そのプロジェクトとは? ⇒ こちらをクリック



元釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座




これは、1パチだけに焦点を絞った情報になります。




しかし、1パチも4パチも勝つ上で必要な基本的なことは

ほぼ変わりないんで、ぜひ見ておいてほしいと思います。



そして、今回は1パチ無料情報を入手してくれた方に

「パチンコ情報詐欺の手口と裏側を全て暴露」した音声をあげます。



実際にトシキさんがしゃべってます。



間違いなくここでしか手に入らない貴重な音声レポートとなりますので

もし興味のある方は今のうちに入手しておいてください。




こんなこと暴露する勇気ある人間は業界広しといえども

トシキさん以外に他にはいない思いますから。。




これは、パチンコする人には全員に知っておいてほしい。

それぐらいの濃い貴重な内容です。



興味のある方は・・・・・・


↓  ↓  ↓

こちらをクリック




これから勝って楽しいパチンコライフをこれで送ってください。





それでは。





果たしてホールコン攻略法って一体何ですか?

最近ではネット上でもホールコンに関する攻略法とか
ホールコンに関する様々な情報などを販売してる業者も見受けられます。




私もそれらのいくつかを読んでみましたが・・・・・



正直、変な理屈・理論を重ねただけの内容のものが
多いように思えました。



またホールコンにはグループがあるとか
わけの分からんことまで正しいことのように書かれてますから。



ほんとに始末が悪いですね。



くらぐれもこれらの情報には惑わされないで
いただきたいと思います。



著名人のフリをしてあたかも持論が正しいかのように
書いてるものが多いので本当に見る目を養ってくださいね。




あとそのことに付随してなんですが・・・・



かねてからいろいろとパチンコ攻略法に
関するものが前からあります。



その中にいわゆる

『ホールコン攻略法』

といわれるものとかがあります。


まぁ、別名「ホールコン打法」とも言われます。


その前に?!


この『ホールコン』といわれるものについて
ちょっとここでおさらいをしてみましょうかね。



ホールコンピュータとは?


パチンコ、パチスロ店に設置される
専用コンピュータのことですね。



これはもう何度もお話してるように
理解出来てると思います。


通常ホール内には、事務所などに備え付けられております。



この「ホールコンピューター」の役割とは?!


パチンコ・パチスロ台とLAN接続され、各台がどの程度の
出玉を出したか(いわゆる「差玉」)に関する統計情報を
リアルタイムに収集し、パチンコ店の経営管理に利用する
ということが主な役割方法であります。



なので、この辺のことをよく理解しないで

「やれ遠隔操作の装置」

だの

「ボタンひとつで大当たりを掛けれる」

だの論議されてるわけです。




そしてホールコン自体は、その他の役割として

●CR機で使用されるプリペイドカード・ICカードなどの販売状況の管理

●自店や近隣の競合店の来店者数のデータ、

●従業員の給与管理等一般的な企業における経営管理システム


などと同等の機能を持つことも多いのです。



そしてもっといいのになると?!


中には最新のゴト手口やその防御方法の
情報配信を受けたりといった機能を持つものも
確かにあります。



そんな中で、巷ではいわゆる

『ホールコン打法』

などというような攻略法が
あります。




ではここで!?


この『ホールコン打法』とは
一体どういったものなのでしょうか?




(ホルコン打法)

ホールコンピュータは一般的には統計情報の収集のみを行い、
ホールコンピュータ側から各パチンコ・パチスロ台を
コントロールする機能は持たないとされています。

が、しかしながら・・・・

「実際にはホールコンピュータが大当たり回数や大当たり
の発生をコントロールし、新台やいわゆるイベント機種に
大当たりを集中させたり、ホールが赤字とならないように
出玉・メダルの総数をコントロールしているのではないか」

とする考え方をベースにしてるのが特徴です。


つまりこの考えをベースにして

「ホールコンがどの台を大当たりさせようとしているか」

を読みとるという攻略法が存在するとのことです。



誤解のないように言っておきますが、
こういった考え方を持ってパチンコを
する輩もいるということです。



ただ、これだとホール自体が「ホールコン」を
自由自在に操り遠隔操作をしてるということに
なってしまいます。



そしてホールコンピュータが大当たり判定を
行う時間の法則などを語っているものもあるようです。


それによるとパチンコ台は、一定の法則により
各シマ内で約4~6台ずつグループ分けされているとのこと。


そして大当たり判定の時刻になるとホールコンピュータが
グループ単位で大当たり抽選を行い、当選したグループ内に
大当たりが発生し、しばらくの間、大当たりがそのグループ内を
周回するという法則らしいのです。



冒頭でもチラッと述べましたが全くもってありえない話です。



つまり冒頭でも述べたように「ホールコン」というものは
あくまでそのホールのシマにあるパチンコ台のデータを
収集・管理するためのものであります。



たしかにオカルト的な発想で考えれば、
そのような法則に当てはめようとすれば
そういう論議が成り立つのかもしれません。



ですが、実際に日々ホールコンピューターを扱ってる
現場の店長クラスにとっては、「それって一体何なの?」
ってな話になるわけですね。



「ホールコン打法」と呼ばれるものを
全部が否定するわけではありません。



なぜ全部を否定しないのかというと!?


それで実際勝てればその人はいいからです。


おそらくそれは偶然で勝ててるのでしょうからね。



まぁ、オカルト的なものを信じる人たちにとっては
そうした攻略法もアリなのかなぁという私自身の
意見ですし、あくまでオカルト的な位置づけ以外の
何者でもありません。



ただ、あまりにも『ホールコン』の役割が
事実と曲がって伝わってるという感じがしてなりません。





とにかくこの世には、ホールコンに関する色んな情報や
攻略法などのものがあります。



それを信じる・信じないはその人の勝手です。


私がとやかく言うことではもちろんありません。



ただ、あまりにもホールコンの裏側や内部のことを知らない人間が勝手に
理論・理屈をつけて何も知らない人間を洗脳してるのにはかなり危機感を感じてます。





1パチの必勝法とは? ⇒ こちらをクリック



元釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座






あなたが通うホールの客層をよく観察してますか?
ホール店長が大抵のホールでは、釘調整をしております。



そして彼らは普段は、事務所でカメラを見ながら

客をチェックしております。



『あの何番台の客は最近勝ち続けてるなぁ。。。』

『あの客はこの1週間ほど負けてばかりだなぁ。。。』


とか思いながら、モニタカメラを見つめています。



 
そして実はお客の顔色(懐具合)を見ながら

釘調整を反映させている部分もあります。




データの向こう側に見える客の顔色を見てるのです。



そしてどのホールにも必ず常連客と呼ばれる人種が存在いたします。





そしてこの常連客の売上が、ホールの売上を左右してるのです。




つまり彼らはホールにとっては、上客の部類になるわけです。





そして常連ともなれば、当然打つ機種や打つ台が決まってきます。




 
そして彼らの行動パターンと懐具合を日々観察しながら

上手く彼らを遊ばせるのが店長の腕の見せ所でもあります。




こうしてホールの売上の大部分を占める常連客の情報やデータを

元に、ある程度彼らが座るコーナーがメインとなるケースが多いので

釘の開け閉めを判断するわけです。





つまり、そのホールの常連客がどの層が多いのか?


どの年齢層が多いのか?




このようなことをちょっとばかり観察するだけでも

ホールが出そうとしてるコーナーが瞬時に分かるわけですね。





ここでのポイントですが!?






常連客はホールにとっては一番大事なお客様です。




売上の7割以上を占める彼らを大事にすることが

今後の売上と利益をもたらすわけです。




なので、必然的に常連客が座るコーナーというのは

他に比べても釘調整が甘くなりがちなのです。





例えば、年配層が多いハネモノのコーナーがあるとします。



 
こうしたコーナーがあるホールで、そのコーナーがある程度

年配層で稼動が上がってる状況であれば、そのコーナーは

これからも狙い目であるといえるわけです。




なぜならば?




先ほど申し上げたように、常連客が座るコーナーは

ホールが釘を甘めにしやすくなるという心理状態を

考えれば分かりますよね。




このように、あなたが通うホールの客層を観察して

彼らの行動パターンをチェックすれば?





ホールの戦略自体も分かってしまうわけなのです!




1パチの必勝法とは? ⇒ こちらをクリック



元釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座






ただ漠然とパチンコを打ってても勝てません。。。
最近、暑い日が続いてましたが。。。


今日は久々に朝から雨模様で涼しい1日となりそうです。^^



ということで・・・・・・



本日は、まず最初に知人のパチンコブログを紹介したいと思います。


彼との出会いは2年前。


共通の知人を介して知り合いました。


人柄が誠実なところに私は初対面から好感を抱いて
今日まで付き合いをしております。


その知人は元攻略会社で幹部をしており、
現在はプロとして活躍しております。


とても面白いブログなので、もし興味のある方は
是非とも見ておいて下さい。



  ↓   ↓   ↓   ↓

『もう攻略法は存在しない』 全てのパチンカー必読!元攻略幹部【現パチプロ】が送る暴露ブログ





さて、知人のパチンコブログを紹介したところで!?



本題にはいりましょうかね?



パチンコは気分転換や娯楽で打つのは楽しいですし、

また勝った瞬間はやはり嬉しいものです。



ただ気をつけないといけないことがあります。



最近のパチンコはギャンブル性が高いので、
もし仮にあなたが楽しい思いを続けるには?


最近のパチンコ機種、ホール情報に精通し、
さらに大当たりの情報を知ることが大切です。



例えば、今日はイベント日だから角の見せ台を狙うとか、
シマ中央部に好調台があるだろうとか・・・。



普段パチンコを打つ方の多くが、それぞれ自分の思惑を
持ってパチンコホールに通います。



何も考えずにパチンコを打つ人は少ないと思います。



当然ないかしら目的というか、勝ちたいと思って
少なくともホールに行くかと思います。



そこで、『パチンコを打つ際の心構え』を説明していきたいと思います。




■パチンコの投資額は少額にすること


アツくなるとついついリーチが掛かるたびに
あと1000 円、あと1000 円と多くの方がつぎ込んでしまいます。

今日は一万円投資しても当たらない、 さらに1.5万円でも当たらない。

少し焦り出したら隣の台が確変を見事に引き当てた。

そしてその台の連チャンが止まらない状態になった・・・・。


益々気が焦りふと一瞬気を取り直して2万円から台移動するが、
依然として大当たりが来ない状態。


挙句の果てには持ち金5万円をすべてつぎ込んで
結局負けてしまう。

これって本当によくやりがちな最悪のパターンです。

なのでダメと思ったらその日は見切りを早めにつけること
が非常に大事です。

なので持ち金の中である程度、1台あたりいくらまでと
いうルールを自分で決めておくと良いです。




■パチンコの上手な立ち回り方とは?

あなたは今日は偶々勝ったとしましょうか。

ですが、偶然座ったら大勝ちした場合と、
いろいろと調べた上で自分なりに予測を持って
勝つ場合とでは、同じ勝つでも意味合いは全然違います。


後者は事前のデータ情報や立ち回りによって、
コンスタントに勝ち続る可能性が高いわけです。

また、パチンコは当然ギャンブル性の高い娯楽ですから、
勝負に厳しくなることは大切です。

あらゆる方法や事前の対策を講じても勝てない日は
1 ヶ月打ってれば当然そういう日があります。

そんな日は千円でも勝ちは勝ちと、
割り切ることが明日に繋がります。

当然そのパチンコの立ち回りが上手になれば
勝率アップに繋がります。

小額での勝ち逃げは欲があるパチンコファンには
心理的にとても難しいことでもあるわけですが、
それでも勝てば当然見えてくる物がありますから。




■パチンコは短時間勝負で決める!

朝イチなどに偶々連チャンする場合がありますが
その際にも見切りが大事です。

まだまだ続くとここで欲をかいてしまって
ドル箱を呑まれるよりも、勝ってるところで
素直に止めることが大事です。

打ち続けたらもしかしたらそれ以上に
大勝ちするかも知れませんが、今のパチンコは
先の波の予測が難しく、2連チャン程度であれば
かえってその後にハマル可能性もあります。

またある程度7~8連チャンした後は、
大抵700~800回ほどのハマリがあることも多いです。

パチンコの確率としては、大勝ちするよりも
打ち込む割合の方が当然高くなってるわけです。

好調の時に止める勇気を持つことで
その後の万が一のハマリに対応できます。




■パチンコホールの営業方針を知ること

ホールの場合、大抵その月ごとに
還元と回収の週間を計画的に決めており、
特定のサービスデーを設けて目玉にしています。

この目玉のサービスデーを上手く利用すると?

当然パチンコの勝率は高くなるわけです。

そのホールの信頼度の高いイベントはいつ行われるかの
時期や周期を予めチェックしておくことが大事です。




いかがだったでしょうか?



パチンコというものは、欲を出したら必ず負けるようになってます。


欲を欠かない強い気持ちがあれば、その欲に打ち勝ち
冷静に対応できるということです。








パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






ギンパラ2攻略by黄金率レビュー
この度、あのみのさんたさんでおなじみの
小山内さんが新しいパチンコ教材を出されました。



それがこちらです!

↓ ↓


ギンパラ2攻略by黄金率




ご覧になって分かるように「ギンパラ2」の攻略法です。



そしてこの「ギンギラパラダイス2」 は、「大海SP」や「沖縄2」、
あるいは「桜マックス」などに比べると?!


初当たり一回の連チャンによる継続数と放出玉はどちらかといえば少ない機種です。


ですが、その代わりに「大嵌りの危険性」も少ない機種に仕上がっています。



つまりこの特性を逆手にとってこの特性を掴んで、少資金・短時間での勝負では
毎日の様に、2万円・3万円の勝利は比較的に簡単に出来るということを趣旨としてます。



この機種は、

「小さい放出を繰り返す周期」



「大きな放出を繰り返す周期」

があります。




このパチンコ教材では「ギンギラパラダイス2」の


1.「打つべき台」と「触ってはいけない台」の見分け方を教えています。

2.「ギンパラ2」の大当たりしやすい回転数を教えています。

3.台上のデータランプを見て、勝てる台が分かります。


このようなことが分かるようになります。




ギンパラ2で勝ちたいという方は
是非とも入手しておくことをお勧めします!


↓ ↓


ギンパラ2攻略by黄金率





ちなみに「ギンギラパラダイス2」はこれまでの海シリーズとは
「波演出」が大きく変わったのです。



そして実はそこにまだ気付かない人は戸惑っている。


反対にこれは大きなチャンスでもあります。



今回の「ギンギラパラダイス2」は、あまりにもパチンコ黄金率と相性がいいようです。

※パチンコ黄金率はこちらから!




長いこと海シリーズを打ち続けて来ましたが、
こんなに楽に勝てる機種はおそらく今までにないです。




マニュアルを読んでも分からないことがあったら
その時には一人で悩まずみのさんたに聞いて下さい。

↓ ↓

ギンパラ2攻略by黄金率







釘調整の見抜き方と練習方法について!
 パチンコを打つ場合には、そのホールの釘調整を

 よく見極める必要性があります。





 そこでまずは、釘調整のアケシメを見抜くポイントを

 簡単に説明してみましょうか?




 パチンコ店における釘調整はさまざまで、それを見抜くためには、

 同じ店に通うことが必要最低条件になります。




 それには、的を1台を追って、釘調整の変化を見抜く練習を

 積むことが大事です。




 また、釘を見極めるために

 特によくでている台を追いかけても良いでしょう。




 たとえば、羽根物で、センター始動チャッカーの入賞率がよく、

 一日数十回大当たりした台の釘調整をよく把握しておく。




 そして翌日もしくはその数日後に同じ台を打ってみると、

 センター始動チャッカーの入賞率がやや悪くなていることがある。





 そしてこの時に大事なことが

 その台のどの釘が閉められた調整であるかをチェックするのです。




 その閉めた釘がその店で調整される釘の一部分であると

 判断できるということになります。




 CRフィーバー機でも同じように練習すると、

 スタートチャッカーの入賞率を、どこで釘調整するのかが

 段々と読めるようになります。




 そしてパチンコホールでは

 下記のように釘調整するのが一般的である。


 ●命釘のみで釘調整する

 ●誘導釘のみで釘調整する

 ●命釘と誘導釘の両方で調整する
 


 まぁ、そのホールの釘調整の方針ややり方にも

 よりますが、基本は大事です。



 こればかりは数をこなして、目で馴れていくしか

 ありませんからね。






 (釘調整の見抜き方と練習方法について! )


 例えばですね?


 パチンコ店が10店あったら、10店とも釘調整が異なります。


 
 それぞれのホールの店長の釘調整にも癖があり

 調整方法や釘を障る箇所も微妙に違いますからね。



 道で殺す調整を好む店長もいれば、スタートを出来るだけ

 回すような調整で出玉を削る調整にする店長など・・・





 また一見するとまったく同じように見えても

 釘調整自体微妙に異なりますからね。




 これは料理の世界でも同じようなことがいえる。


 同じ素材や材料を使ったとして、同じ料理方法をしたとしても

 調理した人によって味付けが違うので当然味が違います。




 これは、釘調整にも同じことが言えるのです。




 パチンコホールでは、同じ誘導釘を調整するにしても、方向や度合い

 その他の誘導釘との組み合わせ、あるいは命釘の釘調整と、これだけでも

 数限りなくあります。



 そこで、そのホールの味付け、つまり釘調整を見抜くためには、

 どの釘を、どの方向に調整するかを普段から見抜く訓練が必要であります。



 ヘソ釘だけなら比較的初心者でもある程度簡単に見極めれるでしょうが

 それが誘導釘と複合的な調整をしてあると、かなりの練習が不可ですし

 習得するのに時間が掛かります。



 まず、あなた自身でいくつかの台を選び、その中でも

 よく回る釘調整の台をピックアップして、1000円ずつ

 スタート回数回を数え、1万円で何回デジタルが回るかを数えてみる。



 そしてその次に1000円平均で何回デジタルが

 回転するのか自分なりに計算してみる。



 ボーダー以上をかなり大幅に回る台であれば、

 数日の間に釘が締まる調整になるのが予想できます。



 その時、どの誘導釘を動かしたかを記憶しておいて見極める訓練をする。



 動いた箇所が発見できたら、さらに試し打ちで打ってみるとよいでしょう。



 しかし、1000円ではわかりにくいので、研究のためにもう少し、

 3000円~5000円程度は練習のつもりで打つとよいでしょう。




 それで平均回転数がどの程度下がるか?


 これを判断します。





 その誘導釘にいつも注意して打っていれば、

 そのパチンコ店の釘調整のクセ自然と分かるようになるはずです。




 いかがだったでしょうか?




 釘読みは数と経験がモノを言います。




 くじけずに、またちょっとばかり釘が見れないと諦めずに

 ひとつでも多く釘を見る癖を付けてみてくださいね。







 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。