パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホール関係者の方は早く気付いてください。。。
最近はホール関係者の方が

「普段もお盆も最近は変わりはないよねぇ。。」

なんて嘆いてる姿があります。




ですが、今はお盆も普通にどの業種でも店がやってますから、

そういう面でも客が分散します。




なので、今と昔のホールのお盆営業の違いを最初に

お話をしてみたいと思います。




昔のお盆営業は、一斉に長期休暇を取る会社も多かったので

普段来ないような一元客が大勢押し寄せました。




つまりこのことはホールにとってはかなり好都合なわけです。




何もしなくても稼動自体が大幅にUP↑するので

ホール側ががっぽりと回収に回ることが多かったわけです。




では、ここ最近のお盆営業はどうでしょうか?




今現在は、一昔とは違って会社や業種によっては

休暇を取る期間が人によってバラバラです。



それに加えて休暇の過ごし方にも変化があります。

※周りに何もない田舎地域はまだパチンコの需要が高いです。




昨今では、お盆営業といってもこうした理由から

昔のように黙っていても稼動が大幅に上がるということは無くなってきてます。




ですので、回収メインのお盆営業ではその後には

一機に客が飛ぶケースが多々あります。




つまり、人の流れや行動パターンが変わったことで

お盆営業のホールの戦略にもかなり影響が出てるということになります。




昔と比べて、生活スタイルも変化し、それが今日のお盆営業にも

支障を来たしてきてます、




その最大の要因が、各企業や業種の休暇期間のズレです。



以前とは違い、時期をズラして休みを取る人も増えてきてます。



なので、昔に比べてお盆といえども人が集まりにくくなった!



そういうことなのです。




早く気付いてくださいね、ホール関係者の現場の人はね。。。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






スポンサーサイト

なぜ同じノウハウを入手してるのに勝てないのか?
巷には様々なパチンコの攻略法とか情報があります。


有料で売られてるものもあれば無料で入手出来るものもあります。



そもそもパチンコとは

「玉をヘソに入れてデジタルを回して当り」

というだけの非常にシンプルなゲームなのです。



それをよく理解した上で


・よく回る台を出来るだけ打つ


・回収台では打たない(ヘソ釘が渋い台)


・ホールの回収時期に打たない


・大当たりのタイミングを打つ(出てる台、爆発しそうな台)


・出す気のあるホールで打つ


・人気のある台で打つ



このようなことを常に心がけるようにしてください。



いかがでしょうか?




何も決して難しいことではないでしょ?



なので、出来るだけシンプルに考えることがまず大事です。


それを攻略法とかセット打法、ホルコンとか・・・・



色んな情報に踊らされて、そのようなものに
振り回されているパチンカーが非常に多いです。



そして話を余計にややこしくし、自分自身が自分で
頭の中を混乱させてるわけです。



つまり、分かりやすくいえばですね?


自分で本当のところは訳が分からなくなってる状態です。



要は情報に振り回された挙句、自分でどれが本当にいいのか?


あるいはどれを重点的にやればいいのか?



これが自分でも分からなくなってるのです。



もちろんパチンコはギャンブルですからかけたお金を増やしたい
という気持ちは分かりますし、当然の考えだと思います。



しかし、攻略法とかセット打法、ホルコンというのは、
あくまでそれはパチンコの情報の1つでしかありません。



ガセ情報も多いですし、そうした情報が本当に使えるかどうかは
かなり怪しいものであります。



使えない情報を鵜呑みにし、それができれば
必ず儲かると言ったら決してそうでもないのです。



早くこのことに気がついてください。



もちろん中にはちゃんとした全うなノウハウや情報もあります。


では、そうしたノウハウを入手しても
勝てない人とそうでない人がいるのはなぜなのか?



ここで、そのことについて説明していきましょうかね。




例えばですが・・・・




あなたが仮にあるカーレースに出場するとします。



そのレースに出る際にチームから用意されたマシン。




それが時速300キロは楽にスピードが出るF1マシン。



もしあなたがF1レーサーでなければ・・・・?



どうなりますか?


そのモンスター級のマシンを乗りこなせますか?



もちろん答えは「NO」ですね。



いくら凄いF1マシンを提供されても肝心のドライバーの
乗りこなす技術がないことには乗りこなせません。



一般人では操縦することさえ出来ません。



なにが言いたいのか分かりますか?



つまりいくら凄いマシンであってもそれに乗るドライバーの
技術がなければ宝の持ち腐れになるってことです。



これは野球でもゴルフなどのスポーツでも一緒です。



いくら一流の道具をあなたが持ってたとしても、
肝心の基礎体力が無かったり・・・・



あるいはその道具を使いこなすための技術が無ければ
全く結果が出せないのは言うまでもありません。



あなたがイチローが使ってるのと全く一緒の
グローブとバットを使ったとしても、それで打てるように
なれない、イチローのような凄い守備が出来ないのは!?



当然ですが、言うまでもありません。


あなたがまずやらなければならないのは、
走ることや筋力トレーニングなどの基礎体力をつけることです。



基礎体力がない選手はどの業種のスポーツでも活躍は出来ません。



また現役選手としても長持ちしません。



基礎体力がついて、初めて技術が生きてくるわけです。




つまり、同じパチンコでもこれと同じことなのです。



いくらあなたが凄いノウハウや情報を入手したとしても?!



肝心の基礎がなしてなければ意味がありません。



凄いノウハウを入手 ⇒ 読んだだけで理解しようとしない


マニュアルを読んだ ⇒ 読むだけで実践しない


マニュアルを理解し実践 ⇒ 実践では相変わらず我流に戻ってる
                  あるいは間違ったやり方で実践してる





このように勝てないのは明白です。




そこで話を冒頭に戻しましょうか?



・よく回る台を出来るだけ打つ


・回収台では打たない(ヘソ釘が渋い台)


・ホールの回収時期に打たない


・大当たりのタイミングを打つ(出てる台、爆発しそうな台)


・出す気のあるホールで打つ


・人気のある台で打つ




この基本を理解せずに、情報やノウハウだけを
追い求める人が中にはいます。




ここで理解してないというのは、頭で分かってる状態は入りません。



あくまで頭で理解して実際にその基本を行動として
あらわしてるかどうか?



これが基本を理解して分かってる人です。



どうですか?


もしあなたがこの基礎を分からずして(理解せず)、
仮に裏技とか攻略法を入手して勝てると思いますか?



そうした類の情報は、ここでは使えるかどうかは別にして
仮に入手しても基本を理解してる人こそ有効になるのではないでしょうか?



そもそも上記のことを普段からやらずして、
攻略法だけで勝とうなんていうのは無理があります。



パチンコで勝ちためには、パチンコの基本をしっかり理解してから
攻略をしなければ、どれだけいいノウハウや情報を入手したとしても
それだけで稼ぐことはできません。



仮に攻略法を入手しても、間違ったやり方で理解してたらどうですか?


当然、勝てないのは当たり前です。




また、そもそも使えないガセ攻略法や裏技を使えると
思い込んで実践し続けてたらどうなりますか?


当然勝てないのは当たり前です。



あるいは本当にすばらしいパチンコ必勝法を購入し、1回だけ読んで分かったつもりになって、
2,3回だけ実践して結果が出ないといって途中で止めるとどうでしょうか?



これまた当然勝てないのは当たり前です。



つまり情報やノウハウもその受け側のモラルやスキルが
大事だということです。



入手しただけではもちろん勝てません。



理解しただけではもちろん勝てません。



実践しただけでも勝てません。




それらは何度も繰り返し読んで、理解し、何度も実践して検証し。。。


このサイクルを繰り返して初めてあなた自身の生きたノウハウとなります。


そして面白いことに、ノウハウを入手して結果を出すのは初心者が多いのです。



それはなぜだか分かりますか?



その答えが実は今言ったことにあります。



初心者の方は、自分が分からないから
素直に忠実に理解しようとし、実行します。



そして分からない点は、素直にすぐに聞きます。



そしてまた実践し、検証し・・・・・


それを素直に繰り返す。




なので、最終的に結果が出やすいわけなのです。



これ、下手に経験ある方や知識やノウハウで頭でっかちに
なった人だとそうはいきません。



つまり、彼らと初心者との違い。




それは


「とことん自分を信じれるかどうか?」


「余計なことを考えずに素直に実行するかどうか?」


実はこのほんのちょっとした意識の差だったりするわけです。



なので、もし色んなノウハウを入手したけど
結果が出ないと悩んでる方。



あるいは攻略法などに洗脳されて、どれが本当なのか
分からなくなってる方。



そういう方は、今回の記事をプリントアウトして
時間あるときに何度も読み直してみてください。


分からなくなったとき、迷ったとき、結果が出ないとき。



人間なので誰だってそういう時期は来ます。



そういうときだからこそ、答えは簡単です。


「物事はシンプルに考えろ!」


「結果が出ないときは基本に戻れ!」



です。^^







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする








1パチのメリット&デメリットを理解してますか?
最近では、あまりにホールの4円パチンコでの回収モードに嫌気が差した
プレイヤーたちがこぞって1円パチンココーナーに移動して打つ姿を見かけます。




この1円パチンコなんですが・・・・



1円パチンコが普及してから1年以上が経ちました。



1円パチンコは、従来のパチンコの1/4という少ない投資で
遊べるとあって瞬く間に全国に浸透していきました。



1玉1円なので、ゲームセンター感覚で
楽しんでる方も多いことだろうと思います。



しかしながら、お金をかけて打ってる以上は
やはり勝ちたいというのが心情です。



1円パチンコといえどもパチンコである以上は
勝つために最大のポイントは?!



やはり回転率にあります。



ボーダーライン以上周る台を基本に考えた方が良さそうです。


それは4円パチンコと全く同じです。




1円パチンコといえども4円パチンコと本質は全く同じです。


より回転率を意識して立ち回るということは基本です。



しかしながら貸し玉数の多さや換金率の違いなど普段のパチンコと異なる点が多く、
どれだけ回ればよいかの判断が分からないという方も多いです。



では、その1円パチンコの立ち回り方法を解説する前にまずは簡単に
1円パチンコのメリット&デメリットを簡単に説明してみましょうかね。



【1円パチンコのメリット】


・投資金額が少ない

・大負けの可能性が低い

・豊富な機種ラインアップがある




【1円パチンコのデメリット】

・勝ち金額が少ない

・時間効率が悪い

・最新の機種が打てない




次に1円パチンコの仕組みについて



【換金率】

これは各ホールごとに違ってきますが
一番多い換金率は0.6円~0.75円です。

これは4円貸しに換算すると2.4円~3円になります。



【玉貸し】

一般的なパチンコは1玉が4円でホールから借りるわけですが。
1円パチンコの場合には1玉1円で借りることが出来ます。

4円の時に比べて4倍多く玉を借りることが
出来るので、いつもよりも投資金額を抑えることが出来ます。



【設置機種】

撤去予定の機種などを1円パチンコで再活用するホールが多いので
設置機種に関しては非常に多彩ではありますが、4円でも客付きが良い
新台が入るというケースは稀です。




以上のような4円パチンコとの違いを明確に
理解した上で1円パチンコを是非とも楽しんでみてください。



1円パチンコといえどもやはりホール選びはとても重要であります。


優良店の目安としては、1円パチンコの割合が
パチンコ全体の1/3以下ということが上げられます。



設置割合が多すぎるとですね?



ホール側の売上が出にくくなるのでその結果として客側に還元される出玉数も
少なくなる可能性があるからです。



その他の要素としては・・・


大型のチェーン店なんかが狙い目になります。



バラエティーに富んだ機種ラインアップがウリのひとつになってるともいえるので、
入替費用が安く済むチェーン店などは出玉面でもそれだけ期待が出来るということです。



それから当然ですが、競合店が多い地域のホールも
お勧めになります。



1円パチンコ導入店が多ければ多いほど、競争率が高くなるので
それだけ優良店が見つかる可能性が高くなります。



それとは反対に周囲に1円パチンコがない地域のホールは、
ある意味一人勝ち状態なので無理に出さなくても客が付きます。



なのでそういう地域では客付きはあまり優良店であるかどうかの
参考にはなりませんので。



注意してくださいね。



まぁ、最終的な判断は実際に自分で打ってみて自分で下すことが大事です。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする









今日はパチンコの知識で知ってもらいたい事があります。
今日は知ってもらいたい事があります。



多くの方が勘違いしてるのでまずはよくある質問について
回答をしてみたいと思います。



これは絶対に理解して、しっかり覚えておいてください。




【質問】

台についている「プッシュボタン」や「チャンスボタン」は
大当たりに関係あるのでしょうか?

よくこのタイミングで叩くといいとか・・・

プッシュボタンでの攻略法があるとか聞いたのですが・・・





【回答】


よくこういうことを質問される方がいますが、
最初に結論から申しますとですね?


ボタン類は大当たりには一切関係ありませんってことです。


よく、このタイミングで叩いたら大当たりしやすいとか・・・


あるいは何回叩いたら大当たりしやすいとか・・・



攻略雑誌とか、あるいはネット上でもこういうことを
言ってる方がいますが。。。。


何度もいうようにボタン類は大当たりには
一切関係ありませんから。


プッシュボタンやチャンスボタンの信号というのは、
実際には副基盤のみに送られているのです。


なので、大当たり乱数、ポイントを直撃、誘発する事は
絶対に不可能なんです。


これは、よく覚えておいてください。


あくまでもボタンはその機種の演出の一つなので。


その程度の位置づけでしかありませんから。



なので、たまにこういうことを言う方がいます。

「このタイミングで叩くと大当たりする。」

とかね。



でも、それは偶然当たっただけですから。


たまたまその時に、打ってた台の内部で
大当たりを引いただけに過ぎませんから。


なので、自分だけの思い込みとかで
それが関係あるとか勘違いしないでくださいね。



そんなことを信じてるようでは、
言い方は悪いですがパチンコでは勝てません。



なので、そういう方は本当に最低限の
正しい知識を持つようにしてください。






ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!




 


北斗の拳の1台あたりの粗利ってご存知ですか?
パチンコ台に粗利って聞いたことはありますか?


ご存知のない方のためにまず最初にこの粗利について
説明をしてみたいと思います。



まずここで粗利とは・・・



パチンコ台の売上、つまりサンドの中に入ったお金から、
出玉の換金分を差し引いた金額となります。



通常の場合、1台1日あたりの金額を、機種別や
ホール別に平均したもののことを言います。



当然ではございますが、1日中その台に客付きがなく、
サンドに入るお金が一切無ければ?!


その日の粗利は0ということになります。



つまり、稼動(客付き)が悪いと平均粗利も減り、
逆に稼動が上がれば当然平均粗利も増えていきます。




ちなみに今の4円パチンコでの平均粗利は
1台に付き4000円程度です。



4円パチンコのコーナーがMAXタイプにシフトしてる
昨今では、粗利は台の爆発力の裏返しにもなります。



なので、本来であれば大幅に粗利は増えてきても
おかしくはない話なのですが・・・・



実はその裏ではあることが起きてます!






それは何かと申しますとですね?



















稼動の大幅低下による粗利の急激な低下を招いてるということです。



もう少し分かりやすく説明するのであれば?!



そもそも1台当たりの粗利を増やそうと試みてMAXタイプを
導入したのも関わらず、実際のホールの粗利はというと、
稼動も全体的に落ちて、粗利も反対に低下してるわけです。



4円パチンコでのMAXタイプの台数を増やしたホールの
思惑とは違って、現実には逆の現象が起きてるわけです。



といってもMAXタイプの粗利はやはり元々高い
ということは事実でもあります。



数年前ではとても考えられませんでしたが、
新台導入時の稼動が良ければ1台あたりの粗利がなんと?!



1万円を超えてるなんてこともありましたから。




その粗利に拍車を掛けたのがST確変タイプの機種であります。




普通の1回ループのスペックですとどうしても確変中の
ハマリとかでその間の売上が発生しない時間が長くあります。


それに対してST機の場合、きっちりと確変が終わるので、
売上が上がるというのがホールのST機に対する評価なのです。




そして最近の新台の中での注目の機種である「北斗の拳」なんかは・・・



導入して1週間での粗利は平均して1万円程度。




最近の傾向からすれば、まだ適正レベルでの粗利額です。




もちろん中にはそれ以上抜くホールもありますが。。。



ただ、全体として見ると、ホール側も北斗に関しては、
大事に使おうとしてる姿勢がデータからも分かるようです。



反対に北斗と同じ時期に出た某機種なんて
それこそ粗利額はひどいものです。




いわゆる完全ボッタクリ営業ってわけです。^^;




まぁ、ホール側の考えを代弁すればですね?



そのようないつお客が飛ぶか分からないマイナー機は
抜けるうちに機械代を回収してしまおうという考えがあるようです。



「なら、最初から導入するなよ~~!」


って話ですよね。




といってもホール側もいい加減、それを分かった上でやってます。



いや、むしろそんなマイナー機をホールの回収目的で
導入させてるメーカー側に責任があります。



こういう機械が長持ちしないことはホールも打ち手も
もう分かってるので、そのような機械ばかりを販売してる
メーカーは今後は益々売れなくなってるわけです。



なので、何度も言うようですがとにかくホールで台を打つ場合には
そのホールが大事に使おうとしてる姿勢が見られる機種や台。




そのような機種だけをメインで打つようにして下さいね。





ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!







北斗の拳が好調のようで・・・・・
今月にホールに導入されてる北斗の拳


どのホールにおいても稼動がかなり好調のようです。^^



今回のぱちんこCR北斗の拳 剛掌(ラオウ)』は、
進化×継承をテーマにしたパチンコです。



それと同時に2003年に発表した『パチスロ北斗の拳』以来、
パチンコの打ち手のハートをがっちりとつかんできたサミーの看板シリーズ。



多彩な予告演出をはじめとして、あらゆるリーチやバトルボーナスなど。。。


今回も前作の継承はもちろん、新しい要素もふんだんに盛り込んであります。



ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!





スペックに関しては、前作の『北斗の拳 ラオウ』とほぼ同じです。




ちなみに今回の北斗は、


大当たり確率約1/399 、継続率80%


のマックスタイプです。




スピードのある右打ち消化全開のバトルモード

あるいはハイパーボーナスならば?!



2000個を超える出玉による爆発力も非常に高いです。



連チャンのツボにはまった時には、
それこそ一機のドル箱形成が可能になります。



ちなみに今回から採用されたクロス枠が、
多彩な予告やリーチ演出を熱く盛り上げる役目をしてます。



またパチンコ台そのものがリアルに揺れているような感じにさせる
「シェイクビジョン」によるアクションも注目のポイントであります。



なお、今回登場する人物はシリーズ機史上最多となってます。



かつてのジャギやアミバなどお馴染みのキャラに加え、
元斗皇拳ファルコが新たな強敵として登場します。



これは、ラオウ昇天後を描いた「天帝編」を取り入れているためです。

さらに、挿入されている楽曲も歴代最多の全7曲となってます。




好きなファンも多い「愛をとりもどせ!!」「TOUGH BOY」に加えて、
黒王全回転リーチ持にのみ流れる超プレミア曲もありの。。。



とにかく楽しみどころは満載で、これもまた見物であります。



爆発力が高い機種とはいえ、スペック上は初期投資も多くなりがちです。



なので、打つ際にはできるだけ回転率が高い台を選択して打ちましょう!



ちなみに以下にボーダーラインを示しておきます。



■ボーダーライン


2.0円 ⇒ 23.9回

2.5円 ⇒ 21.4回

3.0円 ⇒ 19.5回

3.3円 ⇒ 18.6回

4.0円 ⇒ 17.0回













さらに緊急情報が入ってきました!




今現状でホールに導入されてる「北斗の拳 拳掌」の後継機として、
早くも「黒王バージョン」のリリースが決定した模様です。



ちなみにスペックは以下の通りになります。



大当たり確率:397.2分の1

賞級数:3%13&15

出玉数:約2226個(16R)、約539個(4R)、約270個(2R)

確変突入率:80%

時短:電サポ中の2R通常当選後に30回OR50回OR70回




ちなみに大きな相違点としては・・・・・・




新内規対応バージョンのために2R大当たりの出玉が
多いということであります。



最大出玉である右アタッカー16R大当たりは、
払い出し理論値は2400個になります。



新内規ではその最大出玉に対して、最小8分の1以上出玉が
獲得できなければ「大当たりとはみなされない」ということになってます。



なので、出玉最小値の2Rは300個となってます。




さらに「ケンシロウバージョン」も年内に登場するとか?

しないとか・・・・?




そんな噂も出てくるぐらい北斗は好調のようです。^^



しばらくの間は、この北斗がホールの主役になりそうです。



ただ、ご存知のようにMAXタイプの機種であるので、
くれぐれも投資金額を大幅に使い過ぎないように要注意してくださいね。




ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!








お盆営業のホール営業の傾向を考えよう!
ホールに黙っていても人が数多く集まる時期。


それは、GW、連休中、お盆、正月の時期であります。


これらの時期はホールの回収時期でもあります。



なので、絶対に深追いは禁物なわけです。



そして先日、次のような質問が来ました。


「では、お盆明けは狙い目ということですか?」


この意見はある意味正しいと思いますが、間違いでもあります。



つまり、お盆後にも実は落とし穴があるからです。


それがお盆前後が勝ちにくいといわれる理由でもあります。




もっと正確に言うとですね?



お盆前と後で営業方針が変わる(出す・出さない)ホールがありますし、
またお盆が明けてからも、しばらくはお盆営業の延長みたく、
回収営業を行うホールもあるからです。



もちろんこうした傾向は、お盆に限らず最初でも述べたように
GW期間中や正月期間中にも当てはまります。



といってもですよ!?



中にはお盆とかの長期休暇の時期しか
パチンコを楽しめないという方もいます。



そしてそういう方は、こうした長期休暇の時期ほど
パチンコを楽しみにしてるという方もいるかと思います。



日頃は短時間でしか打たない方も、パチンコを思い存分に
楽しめる大型連休中はやはりパチンコを打ちたいと思うはずです。



なので、そういう方のためにまずはお盆営業の実態を
しっかりと把握してから打つようにしてください。



そのためには、まずは今と昔のホールのお盆営業の違いから
お話をしてみたいと思います。



昔のお盆営業は、一斉に長期休暇を取る会社も多かったので
普段来ないような一元客が大勢押し寄せました。



つまりこのことはホールにとってはかなり好都合なわけです。



何もしなくても稼動自体が大幅にUP↑するので
ホール側ががっぽりと回収に回ることが多かったわけです。




では、ここ最近のお盆営業はどうでしょうか?



今現在は、一昔とは違って会社や業種によっては
休暇を取る期間が人によってバラバラです。


それに加えて休暇の過ごし方にも変化があります。

※周りに何もない田舎地域はまだパチンコの需要が高いです。



昨今では、お盆営業といってもこうした理由から
昔のように黙っていても稼動が大幅に上がるということは無くなってきてます。


ですので、回収メインのお盆営業ではその後には
一機に客が飛ぶケースが多々あります。



つまり、人の流れや行動パターンが変わったことで
お盆営業のホールの戦略にもかなり影響が出てるということになります。



昔と比べて、生活スタイルも変化し、それが今日のお盆営業にも
支障を来たしてきてます、


その最大の要因が、各企業や業種の休暇期間のズレです。



以前とは違い、時期をズラして休みを取る人も増えてきてます。



なので、昔に比べてお盆といえども人が集まりにくくなった!



そういうことなのです。



では、ここでお盆で負ける要因を簡単に挙げてみましょうかね?



理由は3つあります。


・未練がましく打ち続ける

・普段よりも空いてる台が少ないからつい他の空き台で打ってしまう

・客寄せのお盆前後のガセイベントで資金をすってしまう



こうした打ち手側のうっかりミスが輪をかけてその結果としてお盆は勝てないという
負のスパイラルを強化してしまってるわけです。



では、お盆はもう一切勝てないのか?



といえば、これも「NO」です。



といいますのは、9月は祝日が多い時期でもあります。



お盆で抜きすぎてしまうと、当然ホール側としては9月の営業に響いてしまいます。


なので、お盆に絞りすぎてしまうと9月の連休中に集客ができなくなってしまいます。


なので、お盆は確かに普段よりかは全体的に間違いなく回収モードでありますが・・・



その中でもいかに体力のあるホールを選ぶか?


これが大事な要素になります。



そしてそのお盆時期に勝つためにはどんなホールを
選んで勝負すればいいのか?



以下の4つの条件に当てはまるホールを選んで
打ちにいくようにしてください。



1.お盆と普段であまり客数や稼動が変わらないホール

2.お盆時期でもメリハリのある営業をしてるホール

3.イベントがシンプルでわかりやすく、普段から信頼性のあるホール

4.そのホールのメイン機種を見極めてそのメイン機種だけを打つようにする



いかがでしょうか?




ただ闇雲にホール選び&台選びをしていては
特にお盆時期は絶対に普段以上に勝てません。




上記にまとめたような戦略を事前にしっかり構築しておき、
それを素直に実践することが大事です。



「どうしてもお盆にパチンコを打ちたい!」


「お盆しか長時間パチンコを楽しめない!」




そんな方に向けて今回は解説をしてみました。^^



少しでも参考になればと思います。




といっててもですね?!



基本はお盆時期は打ちにはいかないことがベストですからね。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






えっ?この夏の注目であるCRギンパラ2が・・・・・
この夏の注目機種であるCRギンパラ2なんですが・・・


それが意外と予想もしなかった光景がホールで
見受けられるようです。



つまりホールによっては新台入替初日から
空き台がちらほら出てる光景が目に付いたからです。



そして中には年配客の捨て台詞なんかも・・・・


「こんなの昔のギンパラじゃないじゃないか!」


ってな具合でね。



昔のギンパラの凄さを知る年配層の客には
文句を言いたくなる気持ちも分からなくはありません。



といいますのは?!



初代のギンパラは設定が1~3に分かれ、設定1で大当たり確率が
約223分の1で、確変突入率は約50%だったわけですが、

肝心の出玉の方はというとですね?


約2300個もあったんですね。



それに対して今回のギンパラ2の場合はというと?!


確かに大当たり確率と確変突入率は初代とほとんど
変わりはないわけです。



ただし出玉は初代の出玉数の半分の1250個。



なので、当時を知るギンパラファンの年配層の客は
冒頭の台詞を言いたくなったわけです。



1回の大当たり出玉が1250個しかないので、
大当たり確率の分母の半分もデジタルが回せないって
具合になってるわけです。



それから初代のギンパラファンにしてみれば、
初代の良かった部分を再現して欲しかったというのが
本音でもあります。



盤面も役モノも初代ギンパラにそっくりでありながら、
演出に関してはまるっきり違うというね。。。


それもある意味残念に思ってる要因のひとつです。



あのシンプルで分かりやすかった演出や特長を
待ち望んでいたギンパラファンも多かったはずですから。


なおさらのことです。



それにどのホールも今回のギンパラ2のスペックが
甘いということで過剰に警戒をし、釘をガチガチに
絞めすぎたのも苦戦してるひとつの理由でもあります。



台のデザインもGOODだし、出玉のポテンシャルも
そんなに悪くないのに、非常にもったいない話です。



そして実際のホールでの釘調整は、右のスルーを締め気味に
してるので確変中に出玉が激しく減り、打ち手を苛立たせてる
光景もあります。



初代のギンパラは確かに右打ちが不自然ではなかったのですが、
今回のギンパラでの右打ちに必然性をあまり感じません。


ホールでの使い方も右側のスルーを締めてるので
玉減りだけが右打ちで目立つようになってしまってます。



しかもそれと同時に大当たり確率が甘いわりには
ハマリも意外と深いですから。



800回とか平気でハマルので、それなら甘デジの海を
打とうかというように思う客がいるのも何となく分かります。



ただ、出玉の能力は確かにある機種です。



実際に10連チャンで1万発以上出る台もあります。


つまりツボに入れば勝ち逃げするのも可能な機種であります。



それから初代と同じように、魚群が出たら
2回に1回は当たるというのもですね?



気になる点ではあります。



それからあと他には今回から採用されてる
液晶枠のリングが回転する「リングスベリ」。


これが今回の目玉といいますか?


勝敗のカギを握ってます。



これが回転時に発生して、リーチになれば?!



かなり激アツなので、外れるとマズイです。



実際には外れるケースが多々あるようです。^^;



まぁ、マイナス面ばかりを強調して言いましたが、
それでも初代のような連チャン性の高さは侮れません。



今後のホールの対応に注目すべき機種でもあります。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







お盆はズバリ北斗設置ホールを狙え!
今週はお盆期間の8月13日~16日が金曜日~月曜日
というような並びになってます。



この今年のお盆の日程に関しては、ホールとっては、
仮に17日が土曜日で大型連休になる方が良かったわけです。


それはなぜかと申しますと?!



大型連休になれば、それだけ出す日、出さない日が
自由自在に作れるからです。



それだけに、今年はある意味ホールにとっては
ある意味最悪の暦といえます。


つまり、この4日間は、抜き抜きモードの
ボッタクリ店に豹変するホールも多々あります。


それだけに、ホール選びはとても重要です。



さらにこのお盆でのホール選びのポイントになるのが?!



新台であるサミーの「北斗の拳 剛拳」が導入されてる
ホールであるかどうかです。



これが設置されてるホールの場合、当然「北斗」を
猛プッシュして営業をします。


基本は北斗人気を利用した、お盆ならではの抜き調整になりますが。。。。



ただ、先々のことを考えた場合はといえば・・・・



今後は新たなMAXタイプが出ないということを考えるとですね?



「花の慶事」「牙狼」「パトラッシュ」とも、
あまり極端な抜き調整はしづらいわけです。



というわけで、案外「北斗の拳」は狙い目のひとつでも
あるということになります。



ただMAXタイプはハイリスク&ハイリターンだけに、
無難に立ち回るのであれば?!


ミドル&ライトミドルタイプを狙うことをお勧めします。




そんな中でも「ギンパラ2」なんかは良いでしょう。




この機種の場合には大当たり後は右打ちで消化するわけですが、
決して難しく考えることもなく、画面の指示通りに従うだけでOKです。



同じような海系でも「大海」や「桜マックス」などは
非常に厳しい釘調整になる傾向にあります。



なので、出来れば「ギンパラ2」の方がいいでしょう。




ただし、今述べたことはすべて「北斗の拳」が
設置されてるホールであることが前提となります。



「北斗」を設置出来なかったホールの場合、「エヴァ6」や海系を
中心とした営業方針になります。



ですので、メリハリのある営業が非常に難しく、
全体的にはチョイ抜きモードになります。



おまけに新台の「ギンパラ2」に関しては、いわばカモ扱いです。


そうしたホールでギンパラ2といえども、
怖いくらいに抜き抜きモードになってる可能性があります。



なので、まずは釘をしっかりとチェックして
出す気が少しでもあるホールなのかどうか?



これを事前によく確認してください。





ご参考までに。。。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする








CRギンパラの新装開店について

この度、三洋から発売された注目の機種である
CRギンギラパラダイス2なんですが・・・



この機種の初代は、伝説の名機として
パチンコファンに知られてることで有名です。



そしてその伝説の名機がこの度、新しくなり
復活することになりました。



三洋の名を世に広めることに成功したのは
このギンパラのおかげといっても過言ではありません。



そして今回登場したギンパラ2




この復活版は、実はホール関係者の間でも
期待と不安が半々といった感じであります。



確かに大海と同じ演出には魅力を感じる部分はありますが・・・・




ただ、スペックを見てみると!?



大当たり確率が1/221.5


確変突入率が50%


継続率が66.6%


出玉が約1350個



というようにかなり甘目の仕様になってます。



それと右打ちが必要な点に不安を感じてる
ホール関係者も少なくはありません。

※打ち手が慣れれば問題ないのですが・・・




ただ個人的には、既存の海系は大当たり確率が低いだけに、
今の海系に魅力を感じてない潜在的な海ファンの掘り起こしに
繋がるのではないかと期待はしてますが。。。




そういう面から考えるとですね?




各ホールでは、一気に大海が撤去されることが
予測されてきます。



なので今後は大海を打つ場合には、注意が必要になります。



釘がよほど開いてない限りは、手を出さないように
した方が無難でありましょう。



それから大海以外の沖海2や桜マックスなどの
その他の海系の機種に関しては!?



お盆前の7月末から8月上旬はエサ撒きとして
比較的に甘めに使うホールもあるかと思います。



ですが、ギンパラ2を導入したホールが海系の機種の
そのホール全体のシェアが現状維持、もしくはそれ以下の
ホールの場合には、そもそも海系を出す気がないと判断できます。



なので、あなたが普段通うホールのホームページや
宣伝チラシなどは要チェックしておいて下さい。




それからこのギンパラ2の新台初日に関してですが・・・・



初日はある程度様子を見たほうが無難です。




といいますのはですね?




ホール側もスペックが甘めということで、
当初はあえて釘を思ったほど開けずに様子を見る
ということが予想されるからです。




つまり、同じ海系といってもまた別の種類の機械という
位置づけで扱うホールもあります。



なので、ホールによってはあえて出さないという
可能性もあります。




当初は各ホールのギンパラの稼動状況や釘の様子を
チェックしながら、そのホールの扱い方をよく観察してください。



そして各ホールのギンパラ2の扱い方を把握した上で、
この夏に多用されると予想される海系イベントを上手く
狙い打ちにすることが勝利に結び付く可能性が高くなりますので。




是非ともご参考にしてみて下さい。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







8月以降のパチンコがまた変わります。。。
スロットの好調に比べてパチンコの全体的な稼動低下は
ホントに見る目を覆うばかりですが・・・・




それは、今年のパチンコの新機種にヒット作が
少ないということにも関係してます。



そんな中?!



8月以降には、また内規改正が実施されるようです。



従来のような「大当たりなのに出玉無し!」という機種は
今後は一切導入されなくなります。



こうした内規改正のために各パチンコメーカーが
こぞってMAXタイプの機種を市場に出してきます。



・CRゴルゴ13


・CR大シャカRUSH


・CRゴジラ


・CRミリオンゴッド



など・・・・・・




ただ駆け込みで出てくると思われるこれらのMAXタイプですが・・・・



それほどスペック的には目新しい感じが一切ありません。



それよりも案外と注目すべきなのは?!



サンセイR&Dが発売する「CR牙狼」のライトミドル版です。




確かに今まではこのタイプの機械でヒット作がないのですが
それでもこのサンセイが出す新機種は期待の的です。



スペック的な面を見てもですよ?



大当たり確率が1/148


それで新魔戒チャンス突入率が50%

さらに継続率を見ても82%



出玉は少なめで740個ほどですが
何よりもスペック的な面で期待できます。



順調に出玉を増やし、ドル箱を積めるイメージが
何か涌いてこないですか?^^



さらにこのサンセイの「CR牙狼」のライトミドル版が
注目なのにはもうひとつ理由があります。




それは何かと申しますと!?















今秋に3D映画の「牙狼 RED REQUIEM」が
劇場公開されるからであります。




もしかしたら今秋は、牙狼のムーブメントが起こるかもしれません。





是非とも今秋の「牙狼」の動向には注目です。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする









ほとんどが不調に終ってるパチンコの新機種事情・・・
毎月のように発売されてるパチンコの新機種



ただ、続々と登場するパチンコの新機種なんですが・・・・




今年は例年以上にヒットした機種が思った以上に少ないのが
とても気になるところでもあります。



その理由はやはりどの機種に関しても打ち手の負担率が
高くなってきてるということが原因のひとつにあります。


あるパチンコ機器メーカーが全国のホールのデータを
収集し、発表したデータの数値にとても興味深いものが
ありました。



その中で、打ち手の1時間あたりの負けの金額が840円

というデータ数値であります。



実はこの数値に関しては、過去最高なんだとか。。。



それだけパチンコを打つお客1人あたりの負け額が
年々増えてきてるという確固たる証拠であります。



成績が不調なパチンコに比べてスロットの方はというと?!




これが稼動と粗利共にパチンコ台を上回ったようです。




今年に入ってからというものの、スロットの方は・・・・


エウレカセブンや新鬼武者、あるいは蒼天の拳などといった
ポテンシャルの高い優秀な機械が市場に出てきました。


これらのスロット台は、仮に低設定であったとしても
引き次第で万枚可能な機種でもあります。



つまり打ち手に夢を与えるような優秀な台が
ことスロットにおいてはそういう機種が増えたというのが
好調の要因になった理由でもあります。



こうしたスロットの好調は実はパチンコファンにとっても
喜ぶべき現象なわけです。



それはなぜかと申しますと?!



スロットの稼動がUP↑していけば。それだけホールの利益も
回復していってるからです。



そうなると・・・・



スロットで稼いだ分をパチンコに還元するといった
昔の新海物語が好調だったような営業方法をホール側は
取ることが出来るからであります。



ただ、最近のパチンコ機の現状は本当にひどいものです。



特に今年に入ってミドルタイプの惨敗状態が目立ちます。



ミドルタイプの島に行けば、客もまばら状態で死んでる。。。



そんな光景をどのホールでも見てるとは思います。



つまりこうした大当たり確率が350前後のミドルタイプは
「エヴァ6」と「海シリーズ」以外はほとんどヒットしてません。



本当にひどいものです。



そういうことで、打ち手の方も1円パチンコとか
あるいは甘デジタイプの機種に流れてる傾向があるわけです。



今後もこうしたミドルタイプの機種は苦戦すると思われます。



なので、今後の各パチンコメーカーのラインナップを見ても!?



・CRエヴァ6


・CR北斗の拳 剛掌


・CRギンパラ2



ぐらいなものです。




そしてお盆明けには京楽の人気シリーズである
「水戸黄門」の最新作が控えてます。




いずれにしろ、今年の夏はこれらの話題の機種の動向から
目が放せませんね。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする








もういい加減に勝つためのパチンコをしませんか?
 多くのパチンコを打つ方はなぜパチンコをするのでしょうか?



 またあなたはなぜパチンコを打つのでしょうか?





 パチンコ自体が好きだという人もいるでしょう。


 また時間潰しに打つという人もいるでしょう。




 ですが、残念ながらこれでは勝てません!




 明確な目標がないからです。




 では、多くのパチンコを打つ方は大事なお金をつぎ込んで

 なぜパチンコを打つのでしょうか?




 
 それはもちろん『あわよくば勝ちたい!』

 と思ってるからですよね?





 世の中多くの負けてるパチンカーがいてホールが成り立ってます。



 その反対にわずかですが、勝ち組の人もいます。



 
 大方のパチンカーは自分の都合だけでホールに行きます。



 距離的にも近くて自分の都合で、台も空き台の中から

 適当にカンを頼って打ちます。



 それで本当に勝てますか?




 まぐれで勝つことはあっても、今後はパチンコで勝ち続ける

 ことは出来ません。




 つまり、『勝つためのパチンコ』と『遊ぶパチンコ』は

 根底から違いますから。




 勝つためのパチンコを第一に心がけるのなら、まずは勝ちやすい

 ホール探しから始めなければなりません。




 次に機種選びが大事です!!




 メーカーが違えば、確率や演出はもちろんのこと基板の出方

 も違ってきます。



 機種選びを自分なりにしっかりしておかないと

 あちこちの新台に目移りして余計なお金を使ってしまいます。



 そしてパチンコの打ち方も人それぞれですが、結局は

 勝たないと意味がありません。



 
 『遊ぶパチンコ』と『稼ぐパチンコ』では根本が

 違います。




 パチンコで長く遊ぼうと思ったら、実は『稼ぐパチンコ』

 をしなければ長く続かないのをちゃんと理解してましたか?




 パチンコは勝つのか?負けるのか?


 このどちらかしかありません。




 勝つためのパチンコのポイントは!?



 ●勝ちやすいホールを選んで、ホールの出玉率を把握する

 ●ホールが還元する時期を狙い打ちする

 ●機種が持つ性格(出方や波)を覚える



 
 この3つのポイントがパチンコで勝つためには大事なのです。




 地域性も無視し、まともなホール選びもしないで釘師のクセも

 掴まずに勝てるわけはありません。




 マグレは2度、3度はそう続かないですからね。。。






 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






メール会員システムを有効に生かそう!
 今の時代、どこのホールもメール会員というシステムがあるかと思います。



 また、このブログを読んでる読者の方も

 何軒かのホールのメール会員に入ってるかと思います。




 このメール会員ですが、意外と情報収集するのには

 バカには出来ません。




 つまり、あなたが会社にいようが家にいようが

 どこにいようがあなたの携帯に流れてきて、そのホールの

 情報を教えてくれるわけですから。




 今ですと、折込チラシなどにQRコードが掲載されてる

 ホールも多いですし、ネットのP-WORLDなんかでも

 検索すれば各ホールの情報が出てきます。




 つまり、家にいれば全国のパチンコホールの情報が検索出来て

 いろんな情報を知ることが出来るのです。



 これですと、極端なことをいえばいちいち見て回らなくても
 
 HPを検索すれば、最低限のシステムや営業方法が分かるのです。




 また、メール会員に入っておけば!?




 もちろんリアルタイムで新台入替やイベントの情報、あるいは

 会員限定のイベントなどをいち早く知ることが出来ます。




 なので、とりあえず初めは何十個か入っておくと良いでしょう。





 もちろんそんなに入ると携帯メールが鳴りっぱなしになるから

 嫌だと思う方もいるかもしれません。




 その時は、いらないホールだけをメール会員を解約すれば

 よいわけです。




 つまり、出来るだけ多く入っておくことで『良い情報』と

 『悪い情報』の見極めが出来るようになります。



 このホールのメール情報は役に立たないなぁと思ったら

 そのホールのメール会員を解約すればいいことです。



 また、いくつのホールのメールを受信することで

 そのホールごとのやる気度がメールの内容で分かるように

 なりますから。。。




 やたらと煽り文句ばかりのメールでしたら、止めておいた

 方がいいでしょうね。



 
 反対に具体的な数字を交えてメールを送ってくるようなホール
 
 や具体的なイベント内容、あるいは還元台の台数など

 とにかくより具体的な内容のメールでしたらこれはもう

 重要視した方が良いでしょうからね。




 とにかく面倒がらずに、まずはいろんなホールのメール会員に

 なってみてはいかがでしょうか?




 今はインターネットもあります。



 携帯やパソコンさえあれば、誰でもどこでもすぐに検索出来ますからね。



 『やるか?やらないか?』



 
 本当にそれだけで1ヵ月後には結果は違ってくるのでは

 ないでしょうかね?





 

 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする






8月以降のパチンコがまた変わります。。。
スロットの好調に比べてパチンコの全体的な稼動低下は
ホントに見る目を覆うばかりですが・・・・



それは、今年のパチンコの新機種にヒット作が
少ないということにも関係してます。



そんな中?!



来月の8月以降には、また内規改正が実施されるようです。



従来のような「大当たりなのに出玉無し!」という機種は
今後は一切導入されなくなります。



こうした内規改正のために各パチンコメーカーが
こぞってMAXタイプの機種を市場に出してきます。



・CRゴルゴ13


・CR大シャカRUSH


・CRゴジラ


・CRミリオンゴッド



など・・・・・・




ただ駆け込みで出てくると思われるこれらのMAXタイプですが・・・・



それほどスペック的には目新しい感じが一切ありません。



それよりも案外と注目すべきなのは?!



サンセイR&Dが発売する「CR牙狼」のライトミドル版です。




確かに今まではこのタイプの機械でヒット作がないのですが
それでもこのサンセイが出す新機種は期待の的です。



スペック的な面を見てもですよ?



大当たり確率が1/148


それで新魔戒チャンス突入率が50%

さらに継続率を見ても82%



出玉は少なめで740個ほどですが
何よりもスペック的な面で期待できます。



順調に出玉を増やし、ドル箱を積めるイメージが
何か涌いてこないですか?^^



さらにこのサンセイの「CR牙狼」のライトミドル版が
注目なのにはもうひとつ理由があります。




それは何かと申しますと!?

















今秋に3D映画の「牙狼 RED REQUIEM」が
劇場公開されるからであります。





もしかしたら今秋は、牙狼のムーブメントが起こるかもしれません。




是非とも今秋の「牙狼」の動向には注目です。






 
パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。