パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


稼動状況と出玉チェックで判断する

釘を見ることが出来る人でしたら、そのホールの
良し悪しを判断できるかと思います。


ただ釘を読めない人も当然いるわけでして。。。


釘が読めれば判断は非常に早いわけですが
そうでない人にとっては一苦労します。


そこで釘が読めない状況での判断基準を
解説してみましょうかね。


そういう場合には、そのホールの稼動状況や
出玉をチェックしてみると良いです。


客付きが良い(稼動が良い)というのは
それなりの理由があるわけです。

※反対もしかりですが・・・


客さんは正直ですからね。


店内に入ってまず見るのは稼動状況と
出玉の状況です。



この時、釘が見れればよく分かるのですが
見れない場合の方には、これがあります。

例えばですが?


データロボを使って回転数を調べたり・・・

データランプを見て大当たり回数を調べたり・・・



それだけ多く回されていれば、釘の状態が
良いという判断が分かります。


出玉も同じです。




稼動が高いホールほど安定するはずなのですが
偶にイレギュラー的に出てしまう場合もあります。


なのでそこの辺は状況を見て判断して欲しいところです。


釘は実際に見て、打ってみてボーダーラインよりも
+3~4回以上上回るような台が見つかれば打てる店
であると判断できます。



それから稼動状況について。



大抵の打ち手はデジタルが回らなければすぐに止めます。


高い稼動を維持してるホールは、それだけ粘る価値が
ある台があるという裏付けになります。



それから出玉に関して。



ボーダーを上回る台があれば稼動も上がり、さらに出玉の
演出も派手になってきます。



この場合でも、波の荒いバトルタイプなどは先ほど申したように
イレギュラー的に爆発してしまうこともあるので
出来ればミドルタイプやメイン機種で判断した方が良いです。



出玉というのはやはり正直なものです。



稼動が高いホールほど安定して出ますからね。



それから余談ですが・・・


ダメなホールほど釘すら見ない
層がとても多いものです。


その反対に優良店ほど打ち手のレベルもかなりの
ものである場合がほとんどです。


こうした客層などもチェックするようにすると
より精密なホール選びが出来るのではないかと
思います。



最後になりますが、新台入替直後の稼動は出玉の
状況には騙されないようにしてください。



こうした直後の新台は黙っていてもある程度は
客が付くこおtがほとんどなので。

稼動や出玉の状況は当てにはなりませんから。


なので定番の機種やメイン機種で判断すべきです。


ホールを見る上での基準でお勧めなのは
やはり海シリーズです。


海シリーズには以下の特徴があります。


・大半のホールの看板機種である

・新台入替や他の機種イベントの影響を受けにくい



自分の経験上からも言えることなんですが
この海シリーズの釘が良ければ、そのホールは
使えるホールであることが多いからです。



是非とも参考にしてみてくださいね。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






スポンサーサイト

勝負するホールを開拓するためには?

ホール選びをするために

・ネット

・チラシ

・メールマガジン


など様々な情報を集めていると思います。


そしてこれらの情報を集めるのも
確かに大事なのです。


ですが、もっと大事なのがアナログです。


つまり実際にそのホールにいって様子を見ることです。


ネットや広告などはあくまで判断材料の入口に
過ぎません。


やはり勝負するためには、実際にホールに行って
様子を調べなければなりません。


実際にプロ連中はこの部分をまずはしっかりやるので
失敗が少ないわけですね。


彼らは勝負に値すると分かれば、車でも
電車でも遠いところでも行きますからね。



で、実際にホールに行って様子を探るわけですが
店内に入るまえに様々なチェックポイントがあります。


・駐車場の様子

・ホールの外観

など・・・。



この箇所で見るからにダメなホールは
店内を見る価値がありませんからね。



まず駐車場に関して。



郊外店では多くの客が車で来店します。

そのために、駐車場の車の数を見ることで
店内の客の数がある程度分かります。


郊外店なら客数を計る要素になるので
駐車場自体ガラガラなホールは当然×です。


それから次にホールの外観について。


外観をぱっと見てやる気の感じられないホールは
当然ダメなホールになります。


ネオンの一部が掛けているとか。

ノボリ旗などがいつまでも古いままとか。

建物をもう10年以上もリニュアルしてないとか。

電球などが切れっぱなしになってるとか。

立体駐車場の柱などが錆付いたままとか。


これらは客を呼ぶ気がないのか?

それともお金を掛けられないのか・・・


いずれにしろ期待しても無理だと思いましょう。



確かに以前だと、こうした見た目が悪くても
穴場的なホールは確かにありました。

ですが、そういったホールも年々減ってきて
少なくなってます。


近年の状況の中ではこうした穴場的なホールを
探すのは非常に困難であるといえます。


上記に挙げたようなホールは、そもそも体力が
ないと判断できます。


体力がないということは、玉を出す元気が
ないホールだということです。


ただ外観だけが立派でも中身(出玉)はさっぱり
というホールもありますがね・・・。 ^^;



ある程度はそのホールの常連客の何気ない会話や
仲間同士の情報交換でアナログ的なことは
リサーチできる部分もあります。


こうしたホールの外観に関する情報は重要ですよ。


自分ひとりだけで情報を網羅することは
ある意味不可能に近いですからね。


そこで頼りになるのが、知人やパチンコ仲間
あるいは常連客たちであります。


ホールの情報を共有するだけでなく、ホールのシステムでは
出玉の共有もOKのところもありますからね。


そういうことを念頭に置いておけば
より立ち回りに幅が広がります。



それから今回のファフナーなどの攻略法を使う際にも
普段行かないようなホールで仲間と実践したり
することも出来ます。


自分の行きつけのホールでやりにくいのであれば
普段行かないホールで実践するのもアリです。



そのためにもネットワークは普段から幅広く
持っておいた方が良いでしょうね。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!




羽根デジを活用するホール心理とは?

牙狼が中古市場で一時期に比べて
かなり値段が落ちてきています。



最高では、1台あたり70万円以上もしてたのが
ここに来て20万円ぐらいになってます。


メインのミドルタイプの稼動がイマイチなことから
てこ入れとしてあえて牙狼を中古で導入している
ホールもあるようです。



まぁ、1台あたり20万円程度ならホール側も
手を出しやすいですし、ある程度実績がある機種なので
ホール側も使いやすいでしょうしね。


これはプロ野球でいえば?



一度解雇された日本で活躍していた助っ人外人が
また違う日本のチームにスカウトされたような
感じでしょうかね。


やはり実績があるものは、失敗は少ないですからね。。。



セブン機ばかりに目を奪われがちですが
羽根デジタイプも中々高稼働を維持してる
ものもあります。


例えばですね?



アグネス・ラム。


実はこの機種、中古市場で1台あたり50万円も
するのだとか・・・


ホールにとっては決して安くはない値段ですが
これが実は高くはない買い物なのです。



つまり安定して稼動が稼げて、なおかつ粗利も
確実に抜ける機械だからです。



その間、そのシマに関しては機械を入替しなくていいし
もうメーカーが販売してない機種なので、しばらく
中古市場でも値崩れすることもないわけです。


なのでもし仮に思ったほど稼動しなくても
すぐに中古市場で売りに出せば!?


やはり50万円近くで売れるわけです。



さらに地中海がもし思っていたよりも
評価が良くないとされたら、アグネスは
より価値が上がるでしょうしね。


 
つまり今のホールでは、エヴァ5なんかよりも
アグネスの方がよっぽど価値があるということ。


そして今後のホールの羽根デジの活用法は
一体どうなるのか?


まだまだホールで活躍してるものもありますが
一時期に比べては、段々と寿命が短めに
なってきてます。



そして客が全体的に厳しい中小のホールでは
甘デジ専門店なども考えてるところもあるようです。



1円パチンコなど低貸し玉料金での営業をするホールも
増えてきたのでこうした発想もある意味当然かもしれません。



ただ通常の貸し玉料でのホールでは、十分に粗利が
1円パチンコに比べて取れます。


なので無理にする必要もないのではと思います。



それから低貸し玉料でなくても、通常の貸し玉料のホールでも
甘デジを打つ層は確実にいますからね。



まぁ、活路を見出すという意味では
羽根デジ専門店もいいのかもしれません。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!







地中海を打つために大事なポイントとは?

地中海が6月の初旬にホールにに登場しました。


 
そして実際に導入する側のホール心理をここで
考えてみると、意外なことが分かります。


つまり、

「海物語シリーズ」

に客付き出来ないと繁盛するホールは作れない
という心理です。



それだけホール側には、まだまだこうした海神話が
根強く残っています。



一番の最盛期の頃は、ホールの設置台数×40%を
 超える設置比率となってました。



それだけ海はホール側にメリットをもたらしていた
というわけであります。



入替不要の機械が増え、なおかつ入替費用が減れば
それだけ打ち手に還元できる赤字費用が増えることを
意味していたわけです。



だからこそホール関係者は海シリーズに
過大な期待をしてしまうわけです。



今は海シリーズに限らずエヴァシリーズや
花の慶次2などの入替不要の機種が増えてきました。


海に頼らなくても、入替不要のコーナー作りは
可能なのですが、いまだに大量台数の大海物語を
高稼働させることに強い意志を燃やすホールもあります。



今回の地中海は、最大で2BOX程度が目安ですが
それ以上の大量台数導入をしてきたホールは
打ち手にとって多大なチャンスがあります。



つまり採算度外視で赤字放出すると意気込んでる
ホールもあるからです。


なので「海さえ客が付けばホール経営は安泰!」
と考えてるホールがあればかなりのチャンスです。



是非ともそういうったホールを狙って
勝負してみてくださいね。



今年の夏は、海シリーズで意外なボーナスが
手に入るかもしれませんよ。。。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





長時間パチンコが打てるのなら?

パチンコを打てる時間はほとんどの方が
限られた時間内で打ってると思います。



サラリーマンの方が多いので
打つのは夕方以降とか土・日とかに
なると思います。


それでも学生とか自営業者とか、あるいは営業マンなら
ある程度は打つ時間に規制はありません。


なので今回はもし仮に長時間打てるのなら
何を狙えば良いかという視点でお話をして
みたいと思います。



今年に入ってホールは新台の負担率が
春先から非常に高くなってきています。



・花の慶次2

・エヴァ5

・スーパー海IN地中海

・筋肉マン

など。


話題の機種を次々に導入したホールが
それだけ多かったので、負担も増えたのです。



なのでホールも釘を回すに回せないのが
実情でもあるわけです。



なのでここは発想を変えて、低交換率のホールで
打つというのもアリかと思います。



なぜならば!?



回る台を探しやすいですし、持ち玉で
粘るメリットがUP↑するからです。



なのでもしあなたが長時間パチンコを打てる
のであれば、こうした低交換率のホールで
勝負する方が良いかもしれません。



そしてそうした低交換率のホールでお勧めなのが

●花の慶次2

●牙狼

といった爆裂機であります。


こうした機種を打つ客の特徴としては

・運試しに投資金額を決めてる人

・連チャンが終わったら即止めする人

などです。



つまりミドルスペックを打つ層に比べて
明らかに打つ時間が短い傾向にあるわけです。


つまりそれだけお客の入れ替わりが激しく
現金で打つ比率が非常に高い機種なのです。


なので低交換率のホールであればあるほど
ホールの利益も上がることから、釘も甘くなり
やすいのであります。



特に牙狼なんかは増台が完了した今でも稼動が高く
看板機種になってるホールもあるようです。


そうしたホールでは他のホールと差別化しようと
牙狼などの爆裂機をひとつの目玉機種にするので
釘の開けが期待できます。


さらには釘調整次第ではチョロ打ちをすることで
外に逃げる玉が若干減り、回転率がUPする
こともありますからね。


リスクはないので、一度試してみるのもアリかも
しれないですね。


とにかく低交換率で長時間打つのであれば
この「牙狼」なんかもお勧めのひとつです。


それから「エヴァ5」などに関しても
ホール側としては長期間使いたいという
心理があるので、最近は開け返されてる
こともあります。


ある程度お客が付いてるホールであれば
「エヴァ5」なんかも打つと良いかもしれません。



この「エヴァ5」に関してですが!?



前作同様に、電チューの保留が優遇されるので
出玉関係を締める傾向にある高価交換のホールで
打つ場合には要注意です。


回転率もさることながら、スルー周辺の釘なんかも
よく慎重に見極めるようにしてください。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





過去を引きずっていては勝てません。
人間何かと調子が悪いとついつい誰かのせいにしたり、
あるいはモノとか周りのせいにしたりとかすることがあります。




パチンコでいえば、ついついホールのせいや
あるいは台のせい・・・・・


まぁ、確かにそのような気持ちは分からなくもありません。


ですが、何かのせいにしている以上
そこからの成長や発展は少しもありません・・・。


ノウハウでも同じです。


あるノウハウを購入した。

でも、勝てない。


それでこれは使えないと早合点する。


そしてまた違う攻略法やノウハウを買う。

また結果が出ない。



そしてまた文句を言う。


そしてこの繰り返しで延々に負け続ける。



まず負けている方には、このことを
肝に銘じていただきたいのです。


 
何かのせいにしていては、いつまで経っても
パチンコで勝つことは出来ません。



そこには、反省 ⇒ 検証 ⇒ 分析 ⇒ 次なる手

という流れを考える必要性があります。



何が悪くて負けたのか?


・偶々だったのか?

・ホール選びや台選びが悪かったのか?

・引き際がまずかったのか?

・狙いの台を他の人間に先に取られたのか?
 
・釘読みが出来てなかったのか?

・軍資金が足りなかったのか?


など・・・・・。



負けたのには、色々な原因があるでしょうからね。



そのひとつひとつを紐解いて次の勝負に
生かすようにしなければなりません。



つまり、反省はしても後悔はしてはいけません。



反省は次へのステップを踏むために必要ですが
後悔すると、それを後々も気持ちの上で
引きずってしまいます。



マイナスを引きずらないためにも
負けたことは一瞬忘れることです。



メジャーリーガーであるイチローが
なぜ毎年のように成績を残すことが
出来るのか?


そのヒントが実はここにあるわけです。


彼はどんなに前の打席で結果が良くても悪くても
次の打席ではすべてをリセットします。


気持ちを切替えて過去の結果を忘れて
次の打席に集中するわけです。


だからこそ毎年のようにいい成績を出せてるわけです。



気持ちを0にして、新たに勝負する気持ちを
持つことはパチンコでも大事です。



私はここで何も精神論を語るつもりはありません。



ですが、負けを何時までも考えていると
先には中々進めなくなるということを
言ってるのですね。


過去はもう2度と戻りません。


 
だったら未来のいいことを思い、なおかつ
その未来の勝負に向けて邁進したほうが
よっぽど良い結果が出るのではないでしょうか?


実はパチンコで負けている方は、実際に
ほんとに負けを引きずっている方が多いのです。



私のところにメールする方の中にも
実は多いのですね。^^;



ですが、過去に捉われてはいけません。



『過ぎ去ったことは忘れる!』



このことをしっかりと頭に入れて
今後も頑張ってくださいね。。。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





パチンコの釘調整を見極める方法とは?

パチンコを打つ場合には、そのホールの釘調整を
よく見極める必要性があります。



そこでまずは、釘調整のアケシメを
見抜くポイントを簡単に説明してみましょうか?



パチンコ店における釘調整はさまざまで、
それを見抜くためには、同じ店に通うことが
必要最低条件になります。



それには、的を1台を追って、釘調整の変化を
見抜く練習を積むことが大事です。



また、釘を見極めるために特によく出てる台を
追いかけても良いでしょう。



たとえば、羽根物で、センター始動チャッカーの入賞率がよく、
一日数十回大当たりした台の釘調整をよく把握しておく。



そして翌日もしくはその数日後に同じ台を
打ってみると、センター始動チャッカーの
入賞率がやや悪くなていることがある。




そしてこの時に大事なことが
その台のどの釘が閉められた調整で
あるかをチェックするのです。




その閉めた釘がその店で調整される釘の
一部分であると判断できるということになります。



CRフィーバー機でも同じように練習すると、
スタートチャッカーの入賞率を、どこで釘調整するのかが
段々と読めるようになります。




そしてパチンコホールでは下記のように
釘調整するのが一般的である。


 ●命釘のみで釘調整する

 ●誘導釘のみで釘調整する

 ●命釘と誘導釘の両方で調整する



まぁ、そのホールの釘調整の方針ややり方にも
よりますが、基本は大事です。



こればかりは数をこなして、目で馴れていくしか
ありませんからね。





【釘調整の見抜き方と練習方法について】


例えばですね?


パチンコ店が10店あったら、
10店とも釘調整が異なります。


 
それぞれのホールの店長の釘調整にも癖があり
調整方法や釘を障る箇所も微妙に違いますからね。



道で殺す調整を好む店長もいれば、スタートを出来るだけ
回すような調整で出玉を削る調整にする店長など・・・



また一見するとまったく同じように見えても
釘調整自体微妙に異なりますからね。



これは料理の世界でも同じようなことがいえる。


 
同じ素材や材料を使ったとして、同じ料理方法をしたとしても
調理した人によって味付けが違うので当然味が違います。



これは、釘調整にも同じことが言えるのです。



パチンコホールでは、同じ誘導釘を調整するにしても、
方向や度合いその他の誘導釘との組み合わせ、あるいは
命釘の釘調整と、これだけでも数限りなくあります。



そこで、そのホールの味付け、つまり釘調整を
見抜くためには、どの釘を、どの方向に調整するかを
普段から見抜く訓練が必要であります。



ヘソ釘だけなら比較的初心者でもある程度簡単に
見極めれるでしょうが、それが誘導釘と複合的な
調整をしてあると、かなりの練習が不可ですし
習得するのに時間が掛かります。



まず、あなた自身でいくつかの台を選び、その中でも
よく回る釘調整の台をピックアップして、1000円ずつ
スタート回数回を数え、1万円で何回デジタルが回るかを数えてみる。



そしてその次に1000円平均で何回デジタルが
回転するのか自分なりに計算してみる。



ボーダー以上をかなり大幅に回る台であれば、
数日の間に釘が締まる調整になるのが予想できます。



その時、どの誘導釘を動かしたかを
記憶しておいて見極める訓練をする。



動いた箇所が発見できたら、さらに
試し打ちで打ってみるとよいでしょう。



しかし、1000円ではわかりにくいので、
研究のためにもう少し、3000円~5000円
程度は練習のつもりで打つとよいでしょう。



それで平均回転数がどの程度下がるか?


これを判断します。




その誘導釘にいつも注意して打っていれば、
そのパチンコ店の釘調整のクセ自然と
分かるようになるはずです。



いかがだったでしょうか?


釘読みは数と経験がモノを言います。



くじけずに、またちょっとばかり釘が見れないと諦めずに
ひとつでも多く釘を見る癖を付けてみてくださいね。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





京楽のおぼっちゃまくんがなぜ受けるのか?

おぼっちゃまくんはTVCMでも流れているので
もうすでに知ってるパチンコファンも多いでしょう。



そしてこの台は、

「流石は京楽!」

という仕上がり具合ですね。



発売当初は若者に受けるのではないかと
私も思ってました。


ところが!?



蓋を開けてみたら年配層に受けてるようです。



この台の人気の秘密なんですが
演出の面白さに加えて大当たり確率が
甘いということが挙げられます。



つまり極端なハマリがないということが
いえるわけでもあります。



そして一撃で3万発なども実際にホールデータでは
珍しくはありませんからね。



爆発力も同時にあるわけです。



それが打ち手にとってかなりの魅力となり
受けてる理由だと思います。



こうした甘い出方をする機種の場合
ホール側は釘を渋めにするのが
一般的です。


かつての初代の「冬のソナタ」のようにね。。。



ところが!?



7月に「仮面ライダー」が出る予定があるので
「筋肉マン」と合わせて、大々的な京楽イベントを
打ちたいというホールの思惑も潜んでいます。


なのでいくら甘い出方をするといっても
ホール側は客が飛ばないように甘釘で
営業するところが多いと思われます。



狙い方としては

●夕方以降の勝負であれば当日の好調台

●朝一勝負であれば前日のハマリ台


が狙い目となります。


一度試してみてください。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





潜伏確変マシンで勝つためには・・・?

出玉を損してるという事実。


これは潜伏確変機を楽しむ前にまずは
知っておいていただきたいことです。


確変の潜伏はあくまでゲーム性の一環であり

大当たり=出玉

にはならないことを念頭において下さい。



もしあなたが出玉を求めてるのであれば?



確変が潜伏しないノーマルタイプを
打つことをお勧めします。



確変が潜伏するタイミングは大きく分けて

・通常時突入

・大当たり終了後突入

の2つがあります。



そして打つ前にその機種がどんなタイプで
あるかを確認しておくことが大事です。



通常時突入タイプでオーソドックスなのが
「初回潜伏タイプ」です。


性能は初の突確(出玉なし)で潜伏しますが
潜伏中に再び突確を引くと?

電チューサポートが機能しだし、確変が告知されると
いう親切な仕様になっています。



潜伏してる状態が長期化しにくいので
リスクも少なめで初心者でも安心して打てます。



これとは反対に「エンドレスタイプ」は
性能は出玉アリの大当たりを引かない限り
永遠に確変が潜伏するというものです。


表示上の確変継続が高い機種で搭載されてるケースが
多いために、ついつい深追いしてしまいがちです。


また初回潜伏とエンドレスを複合させている
ような機種もあります。



さて、次は出玉のある大当たり後に突入するケースです。



この場合は潜伏といってもチャンスタイム(時短)が
一定回数消化された後に「確変」に昇格し、電チューサポート
も継続する「演出タイプ」と、チャンスタイム終了後に
電サポがなくなる「リスタートタイプ」とがあります。



「演出タイプ」は確変が終わったと見せかけて、
打ち手にドキドキ感を与えるだけなので確変を
実際に捨ててしまうことはありません。


また実質潜確ではありません。



注意点があるとしたら?



もうひとつの「リスタートタイプ」であります。



単発大当たり後のチャンスタイムが妙に短いのが
判別のポイントになります。



試行回数が多いと潜伏となる前に当たってしまい
折角の仕様が台無しになるからだと考えられます。



チャンスタイム後は一定回数まで高確率を
イメージさせるモードに突入し、次第に
通常時へと戻るような仕様で、確変が潜伏してるか
通常になってるかが非常に分かりにくくなっています。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






前日出た台だからといって避けてませんか?

パチンコを打つお客の心理は本当に不思議です。


その中でも、よくあるのが

「前日出た台は、今日は出ないから避けよう。」

といったようなことです。


まぁ、お客さんの台選びには、いろいろなやり方があり
人それぞれなので、あえて否定はしませんが・・・


前日出てない台を狙う方もいれば
反対に前日に出た台を翌日も打つ方もいます。

どちらがいいとか悪いとかいう問題ではありません。

ただ最近では「花の慶次」や「筋肉マン」などは
前日で出た台が出る傾向にあるものもありますからね。

なので一概には言えません。


ただホール側としては、単に差玉だけを基準に
釘調整をしてるわけではないということです。



・ホール全体の出玉率

あるいは

・機種ごとの出玉率

・それぞれの台の回転数

・ベース

など・・・・


様々な要素をチェックして、翌日の釘調整に
つなげていくわけであります。


仮にここに2日間よく出た台が
あったとしましょうか?


そういう場合でも、その台の回転数や
ベースや確率といった数値が大幅に基準を
上回ってない限り、釘を極端に閉めたりはしません。


お客が思ってるほど、ホール側はそれぞれの
台の出玉にはある意味関心を持っていませんから。


機種ごとの出玉率やホール全体の出玉率などが
目標数値に収まっていれば良いというのが
基本にあるわけです。



前日、前々日と出ていた台を打ってみて
ある程度ボーダーライン以上上回る台ならば
勝てる可能性もかなりあるわけです。


一度は打ってみるべきであります!



もちろんそれで必ず勝つと
いうわけではありませんが・・・・

 
少なくとも何の考えも持たずに
台選びをするよりかは数段マシである
といっておきましょうかね。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






ホールの出玉の周期を読み取れば勝てるの?

どのホールもそうですが、出す日と出さない日が
当然ながらあります。



連日のように出すホールといったら・・・?


それは新規オープンのホールや
リニュアルオープンしたホール
ぐらいなもの。


通常のホールは、そう何日も続けて
出すのは至難の業であります。



そのホールが出すタイミングを狙って打てば
普通に打つよりも勝てる可能性が当然高くなります。

※もちろん負ける場合もありますが。。。


そして特にその中でも、優良店といわれるホールほど
出玉のきちんとした戦略を立てているのであります。


出す日と出さない日のメリハリをしっかりと付けて
利益を出しながら、なおかつお客にも満足して
貰えるような還元日をタイミング良く実行出来るのが
優良店の強みでもあります。



それらのホールの基本的な戦略としては

月~金までの平日は高めで。

それ以外の土・日では低めに
しっかりと釘調整されてます。


この周期が狂ってしまうと、出したい時に
出せなくなりまた回収しなかればならない時に
反対に出てしまったりするわけです。


この出玉の周期は、客層にも関係していきます。



平日ですと、常連客が多いので、ホールにとっては
一番大事な客であるので、より長く自分のホールを
贔屓にしてもらいたいと思っています。



そこで出玉率を高めにしておいて
毎日の負担を少しでも減らそうと
しているわけです。


その一方で、土・日は一元客が増えます。



彼らは冷やかしであったり、1回コッキリの客で
あったりするわけなので、リピートはしにくいわけです。


なので、これらの客が増える土・日に回収しておいて
平日の常連客へ還元するシステムを作りあげているのです。


そしてその反動として期待できる曜日が
月曜日であるという風にいえます。


土・日と閉めていた釘を大幅に開けて
還元しようとホールは試みます。


なので、時にはホールの思う以上の出玉が
出てしまうケースだってあるわけです。


むしろ客側にとってはこうしたハプニングは
大変ありがたいわけであります。


なんせ、2日間閉めてた釘を開けるわけですから
ホールの思惑通りの出玉率にならないこともあります。


さらに予想に反して出なかった場合?

翌日の火曜日はさらにねらい目になるのです。



低い出玉が3日間も続けば、さすがに客離れも
起きますからホールも必死で出玉を出そうと
しますからね。


それからもう1日期待出来る曜日が金曜日。


これもあえて説明する必要性はないでしょうが。。。


土・日により多く来店してもらうためには
金曜日に確実に出すことがポイントになるからですね。



金曜日に出ているところを見せれば、週末は必然的に
客が集まり、ホールは回収できるというわけ。


優良店であればあるほど、玉を出すタイミングの
重要性を心がけているのですから。


また、それが分かっているからこそ
優良店にもなれたわけですからね。。。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






メーカーが新機種を検定通過しても販売しない訳とは?

パチンコ台をホールに設置するためには?


まずはメーカー側は保通協と呼ばれる
機関で試験を受け、なおかつ適合を受けて、
その後に各都道府県の公安委員会から実際に
検定を受けます。


実機の検査があるのは、保通協の方だけで
こちらはいろんな理由で落とされたりとかします。


検定の方は、基本的に保通協の試験で適合を
通ってれば通過します。


法律上では機械が設置できるのは3年間と
なっておりますので、検定を通ってから
販売まで速やかに行わないと、使用期間が
短くなってしまいます。


なので、メーカーは検定を通ったら
すぐに売るという行動を取りたがるのは
当然いうまでもありません。



ちなみに公安委員会の検定通過状況は公示されるので
各メーカーの営業マンは他社のメーカーの新機種動向を
常にチェックしております。



さてここで本題ですが?



実際に検定情報を見てると、かなり前に
検定通過してる機械があるのにも関わらず
まだ販売してないというものがあります。



パチンコ機の場合、実は基本的には同じ時期に
1つの商品のみ販売という原則のために
何をいつ売るのかが大事になります。



つまり、メーカーとしても販売する以上は
販売台数を当然伸ばしたいわけですからね。



なので商品販売の順序を他社のメーカーの動向も
睨みながら入替えるということを日常茶飯事的に
行います。


そのために公示が出てるのに、まだ販売は
してないという機種も出てくるわけです。



場合によっては、検定を通過しただけで
販売せずにそのままお蔵入りという
ケースもあります。



ただ、これも裏ではお蔵入りと見せかけて
本命のスペックを保通協に通して最終的に
売るのはそっちというようなフェイント攻撃も
多々ありますから・・・・。


このように公示があるので機種名が
他社にも分かってしまいます。



販売されていない機種名を他に晒すわけですから
それは販売の手の内をさらすということにも
なるわけです。


検定を通過したら他のメーカーが
対抗措置を取れないようにすぐに
販売を開始する!


これはメーカーが販売をしていく上での
原則でもあります。



検定を通過していれば、いつ販売するかは
メーカーの勝手というわけです。



他のメーカーの新機種を買わなくさせるように
抑止する効果もあるし、機種名があえてさらけ出される
ことで前宣伝も狙えるという効果も当然ながらあります。



このように新機種が市場に出るまでには
各メーカーの水面下での駆け引きが
実はあるわけですね。



いかがだったでしょうか?




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






1ヶ月のパチンコで勝つための戦略を考える!

パチンコで毎日勝ち続けることはある意味不可能です。


それでもトータル的に勝つことは十分に可能です。



トータルで負ける人間は、その日その日の
パチンコ成績に一喜一憂します。


ですが、勝ち続ける人間は
いちいちその日その日の成績に
一喜一憂いたしません。


彼らはよく知っています。

 
そしてもっと先のことを見据えて
パチンコを打っています。


この意識の差が、パチンコで負け続ける人間と
勝ち続ける人間の違いでもあります。


最近のホールのクギ調整を見て思うのですが
4,5年前からかなりきつくなったのではないかと。


なので、従来よりもその辺の戦略をしっかりと立てて
行動しないと痛い目にあってしまいます。


新台入替初日といってただ単に
飛びついていたのではダメです。

もっと戦略的に考えないとダメです。


今のホールの新台入替での出し方も
数年前とは違ってきてます。

また新台の基板内容も、初日から
あまり出ないようになってるものも
多いのです。

※ホールが機械代を回収しやすくするため。



それからパチンコを打つ場合、基本的には
ホールは給料前の中旬以降が狙い目です。


ですが、上旬に関してはホールはイベントやら
新台入替などを行ってきます。



ですので、上旬に関しては

「勝負どころを前にしての布石」
 
を打つことが大事であります。


つまり、もう少し説明すると

「よく回る台を徹底して打つこと!」

が基本となります。


ですが、上旬は持ち玉に余裕があれば気になる台を
試し打ちするのもいいかもしれないです。


たとえばですね?

●急に客付きが良くなったコーナー

●クギ調整に変化があった

●毎日同じ人間が打つ人数が増えてきている

など・・・。


このような傾向が見られれば
試し打ちして調査してみるのもアリです。


但し、せっかく勝った金額をすることの
ないように負けない程度にね。


このようなことをすることで、ストックしている
優秀台のクギの状態をキープしつつ、新たな
ストック台の発掘に充てられます。


 
もちろんあなたが

「これはよく回る!」

と思った台に関しては現金投資も良いでしょう。


このようにして上旬で、そのホールのクギ調整を
負けない程度に十分に調査しておくわけであります。


なので例え勝つ確率が増えても、収支は
そんなによくないかもしれません。
(試し打ちを行うために投資するので)



そしてある程度、目ぼしい台を見つけたら
ホールがどちらかというとクギを甘くしやすい
『中旬』以降に勝負を賭けます。



ホールがクギを甘くする『中旬』以降に
狙い目を定め積極的に勝負をする。



そしてその『中旬』以降の勝敗次第で
『下旬』に関しては柔軟に対応していく。


このような戦略を立てることで、
ホールが攻めやすくなります。



それから最後に注意ですが?


『試し打ち』を行う際のアドバイスとしては
どちらかというとクギ調整が頻繁に行われない機種
を狙うと良いでしょう。


また他人が打ってた回る台をハイエナして
数千円程度試し打ちしてみるのもアリと思います。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





島田紳助とビギナーズラックの相対関係とは?

先日、知人にDVDを借りました。


それは一体何のDVDかと申しますと!?




『紳竜の研究』


 http://snipurl.com/eh5ua


という島田紳助のDVDだったのです。




そしてこのDVDを観ることで

『紳助のいう芸能界で売れる理論とパチンコのビギナーズラック』

との相対関係が見出せたわけです。


今回は、是非とも最後まで一字一句読み飛ばさずに
しっかり最後まで読んでくださいね。^^






【 島田紳助とビギナーズラックの相対関係とは?】



私の好きな芸人のうちのひとりが
実を言いますと『島田紳助』なのです。



私が中学時代の頃の漫才ブームの時から
ずっと彼の姿をTVなどで追ってきました。




今の彼はある意味、さんまやビートタケシの存在を
抜いてるのではないかと思えるぐらい勢いがあります。



どのTV局の番組を見ても、紳助が司会をやってる
ものがほとんどです。



そして人気の浮き渋みの激しい芸能界において
彼ほどマルチな才能を長年において発揮してる
芸人も珍しいです。



そんな彼も漫才ブームの当時を振り返って
語っていたことがありました。



今も昔も変わらずに芸能界にはいわゆる
『一発屋』と呼ばれる芸人がいます。



そして紳助はこうした『一発屋』は
絶対に2年3年は持たないとハッキリ断言してます。



それは偶々当たった大きな交通事故みたいなものだと。。。



なのでその後は修復が不可能になります。



これが小さな交通事故(小ブレイク)なら
まだ修復が可能になるのだとか。。。



つまり芸人の『一発屋』は所詮はその時期だけで
終わるということです。



だからこそ、売れてるときこそ売れなくなったときの
ことを考えて次を考えておかなければならないということです。



紳助の場合、漫才ブームの時期を冷静に振り返り
自身の体験を踏まえて語ってるのですごく説得力が
あります。



これをパチンコで置き換えるなら?


『一発屋』はいわゆるビギナーズラックということ。



所詮ビギナーズラックだけでは、パチンコで
勝ち続けることが出来ません。



1回や2回は偶々勝てても継続して
勝つことは出来ません。



だからこそ、最初に美味しい思いをした方は
その後は特に自身の考えに注意し、パチンコを
もっともっと研究しなければなりません。



また先ほどの芸人の話に戻します。



芸人で売れるためには、売れる時期や
過去の売れた芸人の流れを研究することが
大事だと紳助は語っています。



それが分かってる芸人は長く続いて
売れていきます。



紳助しかり、タケシしかり。



また漫才師でいえば
オール阪神・巨人しかり。。。




そしてパチンコでは過去にいろんな攻略法が
ありました。



でも、それは昔使えたもので
今は使えないものであります。


・体感器打法

・セット打法

・バグを狙ったもの

・モーニング狙い

・ランプ打法


など・・・。



それらは時代の流れと共に風化して
今のパチンコでは通用しないものであります。



そして今の厳しい時代にも継続して
パチンコで勝ち続けてるプロがここにいます。




彼の名は光基さん。


ちなみに彼の経歴とは?




彼は自身が勝った時も負けた時にも
その原因を明確に分かっています。



ここが他の一般パチンカーとの大きな違いです。



また彼自身、自身が編み出したある必勝法で
10年以上にも渡ってトータル収支をプラスに
しています。



そして彼の必勝法は、過去に一時しか使えないような
代物ではありません。



これからもこの必勝法をあなたもマスターすれば
光基氏のように継続してパチンコで勝てる可能性が
高くなります。



光基氏の必勝法は面倒な手順を踏む必要性は
全くありません。


釘が見れなくても大丈夫です。


初心者の方でも全然OKです。


その他にお金は一切掛かりません。



しかもたった3,000円で大当たりを獲得出来て
なおかつ勝つことが出来ます。



まぁ、時間がある方は一度参考程度に見てみてください。


ここをクリック



サイトを読むだけでも参考になりますから。








【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





今後の鍵を握る機種とは?

ここ数年のホールといえば
海系が主流になっていました。



各メーカーがいろんな話題の新機種を発売
してこようが、ある意味海系はホールのメインと
として長年の間位置づけられたわけです。



そして今現在、海の最新機種である大海スペシャル
に関しては約32万台が導入されています。


またその甘デジタイプであるアグネスラムに関しても
約9万台が導入されています。



つまり合計で約41万台が全国のホールで
稼動してきたわけであります。



それとその他の、カリブや沖海などの過去の海系を
含めると全体のシェアで20%以上にもなります。



かつての初代の海物語や新海物語などの黄金期には
こうした海系の設置比率が50%を超えるホールも
多々ありました。



確かにその頃と比べると、今の海系のシェアは流石に
減少してる傾向にはありますが・・・・。



それでもやはりホールにとっては海系は今もなお
欠かせない中心の機種であります。


ホールにとっては

「腐っても海」

といったところでしょうかね?




そんな海シリーズなんですが、全体的には
ホール側の粗利率が低いということが特徴です。




つまりこれは何を意味するのかと申しますと!?



確実に粗利が取れる機種であるために、ホール側は
必要以上に利益を回収する必要がなく、適性粗利で
甘い営業を心がけているということであります。



そうした中!?



6月にいよいよ海の新作が発売されました。




それと今年は海物語の10周年記念ということもあり
マリンちゃんを主役にしたTVアニメなども制作されるなど
メーカー側も盛り上げに必死です。



現在のホールの状況の中では、稼動を回復させるためには
ミドルタイプの扱い方が鍵を握ってると感じています。



今年の3月まで積極的にMAXタイプを導入してきたホールでは
ミドルスペックの稼動低下が深刻になってきています。



なのでそのミドルタイプの稼動を立て直すためには

・エヴァ5

・海系


の扱い方が今後のポイントを握っています。




この2機種は特に今後長くホール側が扱うように
育てていくことが予測されます。




長期稼動維持のためにも、ホール側はこの2機種に関しては
そうえげつない営業はしてこないのではないかと思います。







【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!






台のネカセで回転数に差が出ます。

パチンコはまずは釘がよく回るかどうかが
大事であることはもう理解してるかと思います。


つまり釘調整が良ければ、それだけデジタルも
よく回るということであります。


それと同時に実は見過ごせない箇所があります。



現在のパチンコで釘と同時に大事なのが

「ネカセ」

であります。



このネカセは場合によっては、釘以上に
玉の動きを左右するものです。



当然回転数にもかなりの影響を与えます。



この「ネカセ」について。



「ネカセ」は台の傾斜のことを表します。



一見すると垂直に設置されてるように見えますが
実はパチンコ台は厳密にいえば垂直ではありません。


僅かながら台自体に傾斜をつけて
ホールに設置されています。


一般的には、後方向に傾けて設置されてる場合
「台が寝ている」という状態になります。


反対に前方向に垂直に近い場合には
「台が起きてる」という状態であります。


そして現在のパチンコ台のほとんどが
ステージというものがあります。


この箇所に乗った玉がヘソに入賞しやすいか
どうかを決めるのがこの「ネカセ」の役割です。


大まかには後傾斜度が強いほど、玉はヘソに入賞
しやすくなります。


なので現在のセブン機で少しでもデジタルがよく回る台を
打つためには、「ネカセ」の部分が勝敗を左右するといっても
大袈裟ではありません。




ここで簡単に誰でも出来る「ネカセの判別法」を
伝授してみたいと思います。


やり方はいたって簡単です。



100ライターってありますよね?


これを実際にホールで使用します。



まずライターの側面を台のガラス面に対して
垂直にくっつけます。



そしてその際に、ライターの中にある液面の
傾き加減でその台のネカセを判断します。



100円ライター以外にも、ミネラルウォーターなどの
小サイズのペットボトルなんかもあります。



これらのグッズはとても便利です。



一度ホールで試してみると、はっきりと
台の傾き加減が分かると思います。




最後になりますが、この台のネカセが良いと
止め打ちが効果的になります。


ステージからのヘソの入賞が高い機種の場合
ステージに乗ったら打ち出しを停止します。


ネカセが良い台の場合は、このやめ打ちが
非常に威力を増します。


ひとつ参考にしてみてくださいね。





【結論】

釘が同じでもネカセが違えば回転数に
大きな差が出るということ。







【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





イメージトレーニングをパチンコに取り入れよう!

よく勝負師ほど『ゲンを担ぐ』ということが多いのですが
もしあなたが何か判断に迷った場合も、こうしたことを
することもあるのではないでしょうか?


あるいは新聞などの占いコーナーについつい見やって
それを元にその日の行動パターンを決めたりとかね。。。



まぁ、たまには占いで気分転換の意味を込めて
行動するのも自分的にはアリかなと思ってます。


※ただ占いに頼ってはいけませんよ。くれぐれも気をつけてくださいね。



それからパチンコホールに行く場合、どの方も勝とうと
思っていくと思います。


ですが、頭でそう思っていても潜在意識が

『また負けるのではないだろうか。。。』

『本当に今日は勝たしてくれるのだろうか・・・』

なんて不安をよぎる場合も多いのではないでしょうか?



そういえば、昔あの有名プロレスラーであるアントニオ猪木が
控え室で大事な試合前にあるTV局のアナウンサーからインタビューを受け

『試合に出る前に負けることを考えるバカがいるか~~!(怒)』

『出てけ、おら~~~~~~~~~~~っ! (怒)』

と怒声で叫んだことがありましたよね?

※プロレスに詳しくない方、ゴメンナサイ。 ^^;



そしてその後にそのアナウンサーに対して怒りの張り手を
お見舞いしたシーンが今でも脳裏に蘇りますが・・・・。



これはそっくりそのままパチンコを打つ場合にも
当てはまります。



つまり私が何を言いたいのかと申しますと!?



これからパチンコを打つ前に

『負けることは一切考えるな!』

ということであります。




とにかくイメージをプラスに持って、自分が座る台は
確変大当たりが来て何箱もドル箱が積まれてるシーンを
思い浮かべてみると良いでしょう。




やはり稼いでるプロとか知人に聞いてみても、
自分の運命は自分自身の意識の持ち方で
作り出してるということが分かったのです。



つまりあなたの潜在意識が現実の結果を作り出してる
というわけなのです。



なので、もしパチンコを打つ場合には
これからは出来るだけ強気の姿勢で打つことを
お勧めいたします。


その際には、出来るだけ具体的なイメージを強く持って
打ちに行くと良いでしょう。



それから冒頭で述べた『ゲンを担ぐ』ということに関して
いえば、例えばですね?


あなたがその日に知人から良い知らせが届いたとか
電車に乗ったらスムーズに乗り継ぎ出来たとか、普段の生活で
何気ないことでタイミングが良ければ、その日はツイテル
可能性が高いわけです。


その逆もまたしかりです。



パチンコは、100回行っても100回勝つわけではないので
もし気乗りがしない時や、何かタイミングが悪い日には
打たないという選択をすることも大事なのです。



こうして自分自身のバイオリズムなどを常に意識し
そして打ちに行く際には強い気持ちでプラスのイメージを
持っていけば、いい結果が出るのではないでしょうか?



今日は、ちょっとメンタル的というか心理的な面について
お話をして見ましたが、参考になりましたかな?



【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





打つ台をどうやって選べばいいのか分からなかったら?

出る台の選び方が分かりません。



●釘も分からない

●台選びも分からない

●出そうなタイミングも分からない



こういう方は、パチンコではお手上げなのか?





はい、そういう方のためにも私が良い方法を
今回お教えいたしましょうかね。



上記のようなことに当てはまる方には
迷わずスミ台を打つことをお勧めいたします。



これには明確な理由が私なりにあります。



つまり、現役店長をしていた時に釘調整を毎日
行い、閉店時にはその日の台のデータを常に
チェックしてたからいえることなのですが・・・。


正直申し上げて、どの機種も角台が一番稼動が良いわけです。



それだけ多くの客が座って打つということを意味しています。


これはホールコンのデータでもしっかり証明されています。

※おそらくどのホールもそうだと思いますが。。。


そして1週間、1ヶ月の平均の稼動を見ても
やはり角台は抜群に稼動が良いわけです。



また実際にあなたがホールに行った場合も、やはり
どのシマも角台には人が座っており、なおかつドル箱が
積まれている光景を目にする回数が多いかと思われます。



それから角台がなぜいいかと申しますと、ホールとしても
やはり演出としての看板台にしやすいという理由があるからです。

※たまにひねくれた店長がいて、角台はあえて釘を締めるという方もいます。



客がホールの一番目に付くところに、ドル箱が所狭しと
一杯に積み上げられている。


これを他の客が見て、奥側の台のことはよく見ないで

『ここのホールは気前よく出してるよな。』

というイメージを付けさせます。



そして

『よし! 今日は俺も出そう!』

というやる気を起こしてくれれば
ホール側はそれで思う壺なのです。


パチンコファンの心理を巧みに操り
射幸心を煽る格好の宣伝効果を上げてくれるのが
角台の特徴でもあるわけです。



なので、このことをよく理解した上で
この角台をうまくGETすれば、大きく勝てる
チャンスも出てくるわけです。


ただ誤解して欲しくないのが、すべてのホールの
どこの機種に関してもこの法則が当てはまるわけでは
決してないということです。


ホールも出来るだけ看板機種やメインのコーナーで
こうした角台の演出を試みようとします。


また、こうした正攻法を嫌って先ほどもチラッといったように
あえて角台を回収台にするホールもあるからです。



そして同じ角台ばかり出していてはいい加減客に気付かれるので
各角台をローテーションで組んでるホールもあるわけです。



こうした読みを上手く立ち回りに生かすことで
勝率はUP↑していくのではないでしょうか?



とにかく打つ台に迷った場合

あるいは打つ台がどれを選んでいいのか分からない場合


こうした場合は、シンプルに考えて『角台』を打つのが
意外と正解だったりもするわけです。






【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





メーカー別傾向と対策について

パチンコの台はメーカーごとによって特徴があります。


それはソフトの部分もハードも部分も一緒です。



そして知り合いのホール店長に聞いてみても
やはり基板というか、大当たりの出方には
各メーカーごとに特徴があるようです。



MAXタイプの先駆けとなって『花の慶次』にしても
2、3日出る台はトコトン出続け、出ない場合には
1週間近く出ない場合もあります。



そしてこうしたメーカー特徴をある程度掴んでおけば
打ち手としては非常に立ち回りやすくなります。




ゲージなどの目に見える部分や演出・リーチの頻度
あるいは出方などの目に見えない部分。



こうしたものを普段から意識しておくと
非常に有効に立ち回れると思います。



そしてこうしたメーカーの傾向を知るポイント
として以下のような項目を挙げられます。




【釘などのゲージ部分】


・ステージを含めたヘソへの絡み具合

・アタッカーなどの出玉に直結する部分

・スルーチャッカーの位置

・電チューの位置や開く秒数






【スペック部分】

・大当たり確率や確変の突入率など

・ボーダーラインは甘目か?辛目か?

・アタッカーの構造による出玉の増減の具合は?

・大当たりの周期はどうか?

・荒さはどうか?(暴れるのか?安定した出方なのか?)




【ゲーム性に関して】


・リーチアクションの頻度は?

・スーパーリーチの信頼度はどうか?

・プレミアムリーチの頻度と信頼性はどうか?

・バリエーション豊かな開発をしてるのか?

・似たようなキャラを使うのか?それとも?

・技術介入度の隙があるかどうか?

・芸能人とのタイアップは多いか?少ないか?





以上のようなことを常に考えて、調査することで
そのメーカーの傾向と対策が見えてきます。



例えば、ここでは例として説明しますが!?




『冬ソナ2』という京楽の機種がありましたよね?


これなんかは、芸能人とのタイアップ機で
なおかつ版権が多額に掛かってる台であります。



そうすると!?


中身的な部分では、リーチや多彩な演出で目先で誤魔化し
肝心の中身は、辛目というかガセ演出が多くてちっとも
大当たりしないというホールが回収するためのものだなぁとか。


こうしたことが予測出来るわけですね。


なので、そんなに連チャンを期待してはいけないとか
止め時をこうしようとかいう対策が立てられるわけです。



反対に冒頭で述べた『花の慶次』なんかですと
出る台はトコトン出る傾向があるので、連チャンを引いたら
ひたすら粘って打つとかね。



このように各メーカーの傾向を知っておけば
それにあわせた立ち回りが可能になります。



またゲージに関しても、比較的スランプの少ないゲージを
作るメーカーなのか?


それともスランプが少なく、打っていて安心して打てる
ゲージなのか?


これらによっても打ち方(ストローク)を工夫する必要があるのか?
それとも一定の箇所を狙って打てばいいのかの判断が付くと
思います。



パチンコはこうして戦略的な部分で打っていかなければなりません。




漠然と打ちにいって勝てるほど、昔と違って
今のパチンコは甘くはありません。



傾向と対策を知る!



これを肝に銘じて打ってくださいね。






【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





回転のムラはなぜ起こるのか?

パチンコを打っていると、どうしてもストロークに
ムラが生じてしまうことがあります。



今までは調子よくヘソに玉が入賞していたのだが
ある瞬間から急にヘソに玉が入らなくなる。


このような経験はパチンコを打ってる方でしたら
誰もが経験してるのではないでしょうか?


では、こうしたムラはなぜ起こるのでしょうか?



パチンコ玉の直径は11ミリ。

そして重さは約5グラムであります。



このパチンコの玉はすべて同じように見えますが
実はそうではありません。


それぞれのパチンコ玉の刻印や汚れ、
さらには目に見えない個体差によって
すべてが違うわけです。



またパチンコ台の盤面内の釘は玉がぶつかることで
振動し、ミクロの単位で動いてるような感じがあります。


それからストロークの微妙な変化。


これらの様々な要因が重なって、玉の動きは
すべて違ってくるわけであります。


そのために安定してヘソに常時入賞するわけはなく
回転数にどうしてもムラが生じてしまうわけなのです。



それでも、人為的な影響が及ぼすストローク調整と
玉の汚れなどを極力除けば回転数のムラも多少は
防げるのではないかと思われます。



なのでどんな機種を打つにしても、あなたのベストな
ストロークを見つければ?


それをぶれないように微調整を心がけるようにし
手に手汗や油などが付かないように玉救いカップ
などで玉を上皿に入れるようにすると良いでしょう。



一度試してみてください。






【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





パチンコで勝つための現実的な必勝法とは?

最近のパチンコは、勝てなくなったとよく聞きます。



でも、私はそういう人には

『本当にそうですか?』

とあえて聞きます。


それはなぜかというと、基本を忘れている場合が
多いからに他なりません。


では、ここでパチンコで勝つための法則を
簡単に箇条書きで述べたいと思います。


心当たりのある方は、何回も読み返してみてくださいね。



●クギを読ませるホールで勝負すること!
●パチンコを打つときは、目的意識を持つべし!
●回転率のいいボーダライン付近の台で勝負すること!
●等価交換よりは、低交換率のホールの方がよく回る。
●オカルトや運や偶然に頼るな!
●データはちゃんと重視するべし!
●台選びよりも、まずは初めにホール選びを重要視せよ!
●ホールが出す日と出さない日をちゃんと把握して勝負せよ!
●自分なりの勝ちパターンを見出すこと!
●相性の良いホールや機種で勝負しろ!

以上ですが、どれもこれも本当にごく当たり前のことですね?



でも、ほとんどの方々が頭で分かっていて、いざ本番となると
案外実行していなかったりいたします。


ですのでパチンコで勝つために私からのアドバイスというと!?

『基本に忠実に!』

が大事です。


もうこれに尽きますね。


人間にも相性があるように、パチンコにもやはり相性があります。


パチンコ台とは相性も大事でありまた恋愛と同じだと。。。


つまりある意味パチンコ台も

『こっちが愛せば、向こうも愛してくれる。』

ものだと。



オカルト的なことになってしまうかもしれませんがなぜかこうした
相性は存在するのです。誰でも以前にこうした経験したことがある
かと思いますが・・・・!?


●Aというホールはいつも勝てるのだけど
●Bというホールでは、なぜか大当たりすらしない

なんていうことがあるかと思います。


あるいは

●Aというメーカーの台は勝てるのだけど
●Bというメーカーの台は勝ったためしがない

なんてこともありますからね。



つまりこれらのことは、一言でいえば相性なんだと考えられます。


何度も言いますが、相性はやはり存在するとい
うことらしいのです。


なので、パチンコを打つ場合にはこうした相性を大事にすると良いのです。


例えば、あなたがどっちにしようか迷った時などの場合!?

『Aという機種を打とうか?Bという機種を打とうか?』

判断に迷った場合、あなたならどうしますか?

私なら迷わず過去の相性を重要視します!



Aという機種のメーカーで過去に何度か勝ったことがあるのなら、
ここでは迷わずにAという機種を選びます。


バカにしがちでありますが、意外と
こうした相性はバカに出来ないぐらい重要なのです。


いくら突っ込んでも出ない台は出ません。


いくら好きで好きでしようがなくても相手の女性があなたのことを
振り向いてくれなかったら無駄に終わります。


振り向いてくれない相手に時間とお金を使うぐらいなら、あなたに
多少でも興味を持ってる女性に時間とお金を使った方が、どれだけ
良いことでしょうか? 


ちょっと話が逸れてしまいましたが・・・・・・。


つまり、パチンコでもあなたとの相性は大事に
すべきだということなのです!


過去にあなたが勝った経験があるホールやメーカーの機種など、
今一度おさらいしてまとめておくと後々いいことが
あるかもしれませんからね。






【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!



前回の続きです。

前回は引き際についてちょっとだけお話をさせていただきました。

 
パチンコでは、攻め時はもちろん大事なのですが、
それ以上にこの引き際が大事なのです。



これが上手い人間は、確実にパチンコで勝てます!

 
断言いたします。


 
ですが、あなたがこの引き際が上手に出来ないと
いつまでたってもパチンコで成績を上げるのは困難でしょうね?



では、この引き際について簡単に説明していきますね?



私の考えでは、やはりクギ師をしていた経験から申しますと

『クギの良い台は基本的には止め時はありません・・・・・』


ですが!?


この考え方も条件がつきます。



それは何かと申しますと!?


 
時間とか投資金額に限りがある場合は、
考慮しないといけないということなのですね。



ですので、軍資金の半分ぐらいや持ち玉の半分ぐらいを
止め時の目安とするとベストでしょう。


 
もちろん持ち玉の数にもよりますが、クギ調整が良い場合には
持ち玉で続行した方が良いのです。



完全等価のホール意外ですと、持ち玉続行した方が現金で投資
するよりも玉で投資した方が有利になるからです。


ですので、勝っている時こそ持ち玉で勝負するべきです。



持ち玉でハマル方が、まだ現金を投資してハマルよりも
いいですからね?(笑)



勝っている金額が期待値を上回るようなことであれば
基本的には持ち玉で打った方が良いでしょう。



また、遊技する時間が一日3時間しかない方であれば
どこまでを投資金額の目安としたらいいのか?


それはですね?


1時間半が投資金額の止め時ですね。

4~5時間の場合は、2時間まで。


軍資金が3万円あって、クギ調整が良い場合は
3万円を使い切るのもアリでしょう。


ですが、ここで大事なことは軍資金の半分が目安なので
1万5千円であります。


クギ調整があまりよくないのに投資は禁物です!


やめる勇気が必要です。



大事なことなので、もう一度申します。

『パチンコは止める勇気が大事です!』




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





勝ちやすい機種を見分けるポイントとは?

あなたはパチンコを打つ際に一体何を
考えますでしょうか?



・釘調整

・ボーダーライン

・ホール選び

・台選び

・イベント

・打つ機種


など・・・。



様々なことを考えて打つのではないでしょうか?



そして勝つためには

「ホール選び」「台選び」が

一番重要な要素だといわれています。


もっと付け加えるのであれば?



●勝ちやすい機種

を打つということが非常に大事です。



簡単な例で挙げますと!?


お金に余裕がない方がMAXタイプや
バトルタイプを打つのはある意味無謀です。


そういう方は、まずは甘デジとかハネモノで
勝負した方がより勝ちやすいといえます。


つまり今のあなたにとって勝ちやすい機種は
何なのか?


それを考えることが大事です。


そしてその勝ちやすい機種を打つポイントを
以下にまとめてみました。


●長期の稼動が期待出来る機種であること

※つまりこれはホール側の開け直しが期待できます。


●スタートの消化時間の効率の良い機種

※より多くの回転数を回すことが出来る。


●技術介入の要素が多い機種

※役モノ搭載機のV狙い、ステージ止め、電チュー開放狙いなど



最後に挙げた「技術介入の要素が多い機種」ですが
こういうと何か特別な腕がないといけないみたいですが
決してそうではありません。


実際にパチンコで人が出来ることといえば

・ハンドルの強弱でのストローク変更

・ストップボタンによる止め打ち

の2つだけですからね。



そして実際にプロ連中が狙う機種は、
これらを調節することでホール側が
想定した出玉率をより上乗せできる機種。


その利幅が大きい機種であればあるほど
勝ちやすい機種になるわけです。



最近の機種でいえば?

●ファフナー

などがそれに当たります。


それから一般的な機種でいえば
「海シリーズ」なんかがそれに
当たります。


この海系は、実は上記で挙げた要素の
すべてに当てはまる機種であると分かります。



それから最後になりますが、他の機種も含めて
技術介入で出玉の回転率を上乗せ出切るのであれば!?



等価交換などの高価交換のホールが
より金銭的にもメリットがあるという
ことが言えます。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





引き際が肝心です。

パチンコで勝つためには引き際が肝心です。


多くの方がこの引き際を間違えてしまってるので
結果的に負けてしまってるわけです。



そこで今回は

『引き際と止め時を科学する』

ということでお送りしたいと思います。




 
あなたはパチンコを打つ時に、ちゃんとした止め時を
心がけてますでしょうか?



ですが、ほとんどの多くのパチンカーが
実際にはついつい粘ってしまって負けてしまうという
パターンに陥ってしまうわけなのですね?



もちろんそうでない方もいます。


ですが、ほとんどが稀ですね。。。



よくスポーツ界、ここでは分かりやすく例えると
プロ野球や今人気の格闘技なんかを例にしましょう。



こういった一見華やかな世界こそ
『引き際』が大事だといいます。



いつまでもベテランが昔の栄光にすがり付き、
若手が育たなくなるというデフレスパイラルは、
どこの世界でもあることです。



当人は

『まだまだ俺はやれる!』

『俺は客を呼べる!』

『俺はスターだ!』

などという自惚れが。



時にはチームや本人までもダメにします。


あるいは観客をガッカリさせてしまいます。



やはりここは『引き際』が大事です。


一番ベストなのは、自分が最高潮の時に惜しまれて

『まだやれるんではないの?』

と思われて引退するのが一番です。



これはそっくりそのままパチンコにも当てはまります。

『一番勝ってる時に、さっとやめる!』

分かっていても、多くの方々がいざとなると

『いや!まだあともう少し出るはずだ!』

と思い、ズルズル打ってしまうことが多々あります。



ここでパチンコでは理不尽なことがよく起こります。


・時間がない時に連チャンが止まらない

・新台で一番クギが開いてる台なのに、一番ハマッテしまう

・クギがシブイのに隣の客の台が1,000円で大当たりする

・単発が10回以上も続いてしまう

・閉店間際に1,000円で確変が掛かってしまう


数え上げたらキリがありませんよね?



ここで大事なことは、短い時間でしか勝負しない人、
毎日打たない人などは短期間で判断しないことです。


つまり遊技している時間がどれだけかを考慮しないといけません。


当然打つ時間の期間が年間通して長い人は、
トータルで何ヶ月かは不運に見舞われるということですね?


ですので、何が言いたいのかと申しますと短期間での勝負には
どうしても運・不運が付きものであるということなのです!


この続きはまた次回にてお話してみたいと思います。







【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!





メーカーの強引な売り方についにツケが・・・?

最近は、パチンコメーカーの強引な売り方による
ホールの負担が増えています。



また、そのことが全国各地の遊技組合で
問題にもなっています。



ここ数年、メーカーの横暴ぶりが
かなり目立ちます。



・抱き合わせ販売

・優先販売


など。



一部の大手ホールだけが有利な販売方法を
手がけています。




そしてそういう横暴なメーカーの売り方が
いよいよ通用しなくなっています。






■ 減少してるメーカーの販売台数 ■



冒頭でもお伝えしたようにここ数年の
パチンコメーカーの売り方が強引になっています。


ホール側は、新台がないと営業できないので
渋々ながらメーカーの無理な販売条件を
呑むしかなかったわけです。


一部の大手チェーン店だけが先行で
ドンドン新機種やいい機械が入り


反対に中小ホールは、後回しに
されるという。。。


もはやある意味イジメにも似たような
販売を行ってきたわけです。


TVではCMをバンバン流し、格闘技団体の
スポンサーになっていたりと。。。



とにかくメーカーが業界で唯一儲かってる
ような感じがしないでもありません。




ですが、実を言いますとメーカーの販売台数も
次第に減少してきているのです。



かつては400万台規模ともいわれたパチンコ機の
新台市場ですが、昨年の販売台数は317万台ぐらいで
1昨年に比べても23万台も減少傾向にあります。



ちなみに昨年も機械が売れた三洋で、約53万台だそうです。

ただこれも1昨年と比較すれば、台数も半減してるようです。




このようにメーカーの新台販売台数が減少してるのも
色々と要因があります。



部品のコスト増による新台の価格上昇

ホールにおける勝ち組・負け組の格差

低貸し玉料による設備投資を制限されてる現状


などなど・・・・。



いろんな要因が重なり合っています。




これらの要素を一言でいうのであれば、
ホールの購買余力の衰退ということであります。




さらに昨年からの金融機関のホールへの
貸し渋りなども絡んできています。



ただでさえ経営が苦しいホールは、格好の餌食で
これらの金融危機により、今年もまたホールの閉店が
相次ぐという予想が立ちます。



そしてそれと比例するかのように、新台の販売台数も
縮小していうのは目に見えています。



限られたパイの中でも、ホールはメーカーに
散々不要で役に立たない機械を買わされ続けてきました。



特に、中途半端にヒットを出したメーカーの
手抜き台は、購入履歴や台数縛りという手法で
ホールに押し付け販売をしてきたのであります。



またTVCMなどで宣伝をバンバン流し、
ホールに『買わなければ・・・』という脅迫観念を
与えるのもある意味強引なやり方です。



今後は更なるホールの経営悪化により、これまでの
強引な販売方法では、台数を売れなくなる時代がやってきます。



なので、メーカー側は過去の反省を生かし
ホールに機械を買ってもらうためにも
営業力よりも商品力をもっと磨くべきだと思います。







【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!




台のデータ履歴を見ることで一番重視する点とは?

過去の大当たりの回数や履歴などは、誰でもホールに行けば
台上のデータランプで確認したことがあると思います。


でも、こうしたデータや履歴を有効に活用してる方は
案外と少ないのではないでしょうか?



パチンコは1回転するたびに同じ確率で内部抽選をします。


過去の結果を元にして、もうそろそろ出るだろう、
あるいは昨日も出たから今日も出るだろう、と過去の大当たり履歴
を見て台を選択してる方も多いかと思います。



ただ、これもある意味不確定なことなので一概にいいとか悪いと
いうことはいえません。


そして私が一番あなたに見てもらいたいのは、こういう目に見える
大当たり回数や大当たりの過去の履歴のことではありません。



では、一体何を見てもらいたいのか?











●その台の総回転数

なのですね。





データランプを見ていると、前々日・前日ともに
通常時の回転数が多い台があるかと思います。




つまりこの通常時での回転数が多いということは
何を意味してるのか?



これを考えるわけです。



(疑問)回転数が多いということは?

        ↓

(答え)お客がよくその台に座ってる

 


(疑問)では、なぜその台によく座ってるのか?

        ↓

(答え)釘が甘くてよく回る台だから



このように仮説が立てられます。




デジタルが回らない台には、基本的にお客は座りませんから
結果的に稼働率が悪く通常時での回転数も少ないはずです。



その反対にデジタルがよく回る台に関しては、稼働率が高く
よく回るからお客が粘っていた可能性が高いと推測できます。



もし釘調整が据え置きであると仮定したなら、今日もこの台は
デジタルがよく回るのでは?とう予測が出来ますよね。



ただこの視点方法も欠点があります。



どういうデメリットがあるのかと申しますと!?




まず、稼働率が良すぎるホールでは通用しないということです。



稼動率が良すぎるホールは、空き台が出てもすぎに次の客が
座ります。



なのでどの台に関しても稼動が高く差別化が出来ないために
こうした視点は通用しないというわけです。



それからお客の層が初心者などが多いホールでも通用しません。



つまり、こうした初心者とかパチンコの知識に乏しい層が
多いホールでは、そのような客は何も考えずに台に座る
傾向があるからですね。




まぁ、こうしたことを頭にいれてひとつの参考にしておくと
大変便利になるかと思いますよ。






【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!




データランプの見方が分からない場合には?

データランプの見方が分からない。


こういう悩みがある人もいるかと思います。



実際にホールによってはこのデータランプの仕様が
違ってるので見方が分からない方もいるのもうなづけます。



ただ、全部が全部のホールのデータランプの仕様は
流石の私でも判りかねます。



なので、ここではデータランプの基本的な
見方について解説してみたいと思います。




まずデータランプは


●大当たり回数(大抵3日間、1週間)

●スタート回数

●履歴



が見れます。



ホールによってはもっと程度の良い仕様であれば
大当たり回数も1週間、いや30日間のものが見れたりします。


またスランプグラフが見れるものもあります。



また最近では確変大当たりと単発大当たりの回数が
それぞれ見れるものも主流になってきています。



それからその台のその時点での大当たり確率まで
見れるものもあります。




このように、データランプには様々な台の情報を
見ることが出来ます。


また見たり使ったりするのは、当然タダです。


せっかく無料で使えて見れるので、これを有効に活用
しない手はありません。




そしてデータの中でも、大当たり回数をよくチェックする
人は実際に多いかと思います。



ですが!?



大当たり回数よりももっと大事なことがあります。





それは、何かと申しますと

『総スタート回数』

であります。



この『総スタート回数』を見ることで
その台が稼動が良いのかどうか?


あるいはその台の釘調整が良いのか悪いのか?


ということが分かります。




なので、出来るだけ『総スタート回数』が多い
台を狙って打つと良いでしょうね。



以上、基本的なデータの見方でしたが
もちろんこの他にもいろんな機能があります。




何か機械の調子が悪い場合とか
あるいは釘に玉が引っ掛ったりとか・・・・




こういう場合には、データランプに付いてる
呼び出しボタンを押すことで店員があなたの台に
駆けつけてくれます。




また最近では、どこのホールに行ってもワゴンサービス
というものがあるかと思います。



そして綺麗なワゴンサービスのお姉さんに
何か飲み物を頼みたい場合にも、このデータランプに
付いてる『ワゴンサービス用のボタン』を押すだけで
あなたの台の元にワゴンレディーが注文を取りに来てくれます。




いかがでしょうか?




データランプはこのように台の情報を見るだけでなく
様々な機能を兼ね備えています。




いくら使ってもお金を取られることはありません。




なので、どうせならそのホールのデータランプの
仕組みをよく理解し、使いこなし有効に活用してください。




もしそれでも使い方や見方が分からない場合には
どうしたらいいのかって?




その場合には、素直に店員さんを呼び
データランプの見方について説明を受けてください。




最近の店員さんはどこも親切です。



なので、遠慮なく聞いてくださいね!







【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!



データランプの歴史に迫る!

いきなりですがデータランプと聞かれれば?


パチンコを打つ方のほとんどが知っています。


パチンコ台の上に設置されてる
ランプがあるのはもうご存知ですよね?


あれは、別名では


「コールランプ」


「データランプ」


と呼ばれたりもしています。


元々は「コールスイッチ」とランプ部のみの、ホールスタッフを
呼び出すことを目的としたものでした。


呼び出しランプと称しているのは当初の発祥の名残です。



そもそもデータランプという呼び方をしてなかったのには
訳があります。




昔の現金機しかなかった連チャン機全盛の時代には
ほとんどのホールが大当たりしたら光るという簡単な
トップランプしかなかったわけです。


あるいは、ランプを押して何かあった時に
店員を呼ぶための目的としての役割しかなかったのです。


そうこうしてるうちに、あの上場企業であるダイコク電機が
ホール向けに大当たり回数を同時に表示するデータランプを
開発いたしました。



それが今のデータランプへの流れというか
先駆けになったわけであります。



当初出たときは、斬新でホール関係者も打ち手側も
かなりの衝撃というか注目をしました。


従来だとホールは打ち手に一切台情報を提供しないという
秘密主義を敷いていたからです。


また導入したホールも、台情報が見られるとなると
稼動に影響するのではないかという不安も確かにありました。

※出る台が分かるとそれ以外は打たないのではという不安。



ただそれも導入してみたら杞憂に終わりました。



台情報が(この時代はその日の大当たり回数だけですが)公に
見れるというのが打ち手の潜在的ニーズを満たしたわけです。



そして時代と共に集客要素が高く、他店との差別化が
図れるということでどこのホールもこの大当たり回数が表示される
データランプへと移項したわけであります。



その後、データランプもドンドン進化していき

・スタート回数表示

・3日間の大当たり回数表示

・履歴表示

・確変の回数表示

・スランプグラフ化


など


様々な機能を搭載したものに進化を遂げてきています。


ここ10年ばかりで呼び出しランプは急速に発展してきました。


いまやバリエーションは多種多彩。



むしろこうしたデータランプがないホールは
ドンドン淘汰され生き残っていけない時代にまで
なってきています。




その中でこうしたデータランプを開発する会社は、
プレイヤーの方が欲しいものはなんなのか?
を常に追求してきました。


今もなお進化し続けるデータランプですが
今後も益々今までにない機能を搭載したものが
いずれは出てくるのではないかと予測されます。


ホールに遊技されに行く際は違う観点で呼び出しランプに
注目してみてはいかがでしょうか?!



今の時代はデータランプはホールの必須アイテムです。



また我々打ち手もその流れに乗り遅れないように
常にデータランプのことも研究しべきでしょうね。




【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!



潜伏確変の判別方法について

最近のパチンコ台は、『潜伏』やら『突確』やら
『2R通常』とか。。。



かなりいろんな大当たりの種類やゲーム性が
複雑であります。


ですが、コツさせ掴めばこれらを把握する
ことはそう難しくはありません。


特に2R時短や2R通常を搭載していない機種
(つまり、バトルスペックでない機種)
の潜伏確変判別方法は簡単です。



まず、打ち始める前に台のどこかにある
2Rランプを探します。



各機種、潜伏確変に突入する可能性のあるモードに
突入したときに、その2Rランプが点灯するかどうかを
確認します。



2Rランプが点灯したら、2R確変確定で潜伏確変に突入します。


2Rランプが点灯しなかったら、小当り確定で確率は変わりません。



ただし、既に潜確状態のとき低確率に
転落することはないので、ご安心ください。



2Rランプがどこにもなく、7セグなどで
確認しなければならない機種もあります。



なお、ホールによっては、小当りも“大当り”として
カウントするところも少なからず存在するので、
大当りカウンターは基本的には信用しないでください。



たまにパチンコ番組で、大当りカウンターが増えて喜んでいるものも
見受けられますが、2Rランプを確認しなければ無意味です。



大当りではなく“小当り”の場合もありますので。



その辺はよく気をつけて確認してみて下さいね。





【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!



台選びの基本は過去の経験則にあり

最近のパチンコ台はデジパチが多いと思います。


そして実際にパチンコを打つ方も
このデジパチを打つ人がほとんどです。


その台選びをする際には、満足する回転率の
台があるのかどうか?


これがポイントになるかと思います。



そこでまずは試し打ちをしてみます。



一般的なホールでは、同一機種の回転率に
メリハリをつけないが、但し例外ももちろん
あります。



それから新台導入直後やシマの配置転換は
ホール側が意図せずに大きなバラつきが
出ることもあります。



なので試し打ちをする際には
そのあたりも十分に気をつけて下さい。


そして初見ではそのホールの釘の具合を
しっかりとチェックします。


特にメイン機種。



実際に打ってみて

・ヘソの周り具合

・ステージからの絡み具合

・ヘソ以外の釘調整

・アタッカー周辺

など。。


初見のホールでは手探り状態に
どうしてもなりがちになります。


ですが、基本はホール側はヘソ釘で
調整をします。


なので初見の際にヘソの幅と回転率を
覚えておき、メモして、再来店時に
そのデータを生かせばよいわけです。



パチンコで勝つためには一朝一夕では
なかなか手に入るものではありません。


なのであなたなりの情報収集をして
データを蓄積しておくということが
とても大事なことです。





(ポイント)

初見のホールでは、他のホールで打った時の
情報やデータを元にして釘を見ること。







【データで勝つための方法とは?】


このメール講座を読めばデータ攻略の

ポイントがよく分かります。


興味のある方は是非登録してみてください!   


   ↓  ↓  ↓  ↓


こちらをクリックしてみてね!







元パチンコ釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座-TPG






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。