パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホールコンピューターの歴史をたどる?

パチンコ店はホールコンピューターを使って
各台ごとのデータを集めます。


このデータは日々の釘調整をする上では
非常に重要な役割をもたらします。


またデータに関しては、当時のフィーバーブームの頃から
その重要さが指摘され始めました。


こうしたデータの扱いにより?!


近年は、さらなるホールの成績が左右されるようになってきました。


そこで!?


もう少しデータに目を向けようではないかということもあり
ホールも真剣にデータ管理をするようになってきたのが
フィーバーブームの時期になります。


それまでは


●アウト

●セーフ

●差玉

●打ち止め回数

●売上

●ジェットカウンターで数える玉数


ぐらいのデータ管理でありました。


これだけのデータで事足りていたのは当時は事実でありました。


ところが、ここで実は問題も同時に生じていたわけであります。


その問題とは一体何かと申しますと?



当時は、フィーバー機の売上は上がるのですが、
他の一般台に関しては上がっていないという事実がありました。


 
そこでホール全体の売上だけでは機種に合わせたクギ調整が
まったく出来ないというジレンマに陥ってしまったわけです。


ですので、島ごとの売上を求めて、機種の種類ごとに割数を
出さなければならなくなったのです。


いわゆる機械の性能の差が大きくなってしまったわけで
島の割数を出す役目がコンピューターに付加されたのです。


そして、その後にフィーバーのカウント規制が始まったのです。


これは連チャン規制のようなもので、機械の魅力だけでは
ホールも営業が出来なくなったということなのです。


こうなれば、とにかくホールの力で顧客を呼ばなくては
ならなくなってきたわけであります。


 
そこでクギ調整を円滑に行うために、それぞれの機械について
細かくデータを取らざるを得なくなったのです。


その時に登場したのが?


●ベース(遊び率)


と呼ばれる考え方だったのです。



これは特賞中と特賞以外に分けで、特賞以外の時に
アウトに対するセーフの割合を求めたものから導き出される数値です。

※詳しくはこちらのマニュアルに書かれてます。
⇒ 
http://www.zero-one-pachi.com/holekon.html


 
この機械の状況を把握しなければならないとのことで
生み出されたのが、ベースなのです。


 
このようにしてより正確なデータが求められるようになり
今現在に至っております。


今では、確率変動中のデータなどももちろん検出出来ます。


 
競争が激化している今日この頃!?


 
パチンコ台から提供されるデータ数字は、ホール営業に
とっては非常に重要な武器のひとつとなっています。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



スポンサーサイト

ホールの出玉コントロールの裏側について
ホールコンピューターに関しては、これはいわゆるホルコンと言われるものです。


これについては過去にも何度か解説してきたかと思います。



その役割は主にパチンコ台からのデータ収集と管理です。



このパチンコ台から出力されるデータは
スタート回数や大当り確率も確認できます。




そして実はこのデータから釘師は後日の割数を予測します。



割数の結果に1番反応するのは確率です。



通常なら出ないほどの釘調整をやっても
予測以上にその台の確率が軽くなれば?



当然ホール側の予測以上の割数になってしまいます。




実際に釘師は連日の累積データから確率の動きを見ていますが、
裏目に出て、読みが間違う時も当然あります。



ここで皆さんが思っていることで大きな間違いとして、
ホールは出玉のコントロールは自由に出来る
と思っている方が多くおられます。



実はホールは3 日間、1 週間、1 ヵ月間のトータルで、
目標の割数を設定している事をご理解下さい。



自由に出玉のコントロール出来るのは、何度も申し上げますが
それは遠隔操作以外には物理的に絶対に無理ですからね。



これを理解するだけでも「ホルコン攻略」のような理論が
いかにまがいものであるかがよく理解できると思います。




話を戻しますが・・・・・・



実際に日々釘師が釘調整をし、毎日閉店後に
その台の確率をチェックします。



実は、出てない台をあえて閉めることも、
またその反対に出すぎた台をあえて閉めなかったりもします。



例えば仮に前日の確率が重い確率になっており、
後日は確率が軽くなることが予測出来るようなケース。


こうしたケースではあえて釘をワンランク閉めることもあります。



この釘師の読みと台選択の方向性は
打ち手に取っても同じ意味をなしています。



釘師は何度も述べていますが、機種全体の確率で判断しています。


そこに面白い魅力がある部分で、ここは細かく解説しますね。



ここでは仮に打ち手が1台1台の確率を知っていたとしましょう。



そうすると、どうでしょうか?



釘師が開けるか、閉めるかを考えるのと同じく、
打ち手はこの台は明日、出るか、出ないか?


そんな事が分かってしまう事になる訳です。



ここは凄く重要なポイントになります。



スタート回数も同じでは釘を見る意味もない。



それで打ち手は運任せのパチンコだけしか残された道はないのか?



凄く不愉快で今後のパチンコの楽しみがなくなってしまいます。



その辺が今回の趣旨になる訳です。



パチンコの大当りを、それらを左右しているのは全て確率ですね。



機種のスペックで確率の動きは当然変わります。



釘師は良くこんな事を言います。



今回の機種は「さしみ」だな!


この機種は「二個一」だ!




これは何を意味するのかというと!?


さしみとは・・・・

3 日間出て4 日間出ない事を言っています。


二個一とは・・・・

1 日間出て2 日間出ない事を言っています。


二人三脚とは・・・・

2 日間出て3 日間出ない事を言っています。




どうでしょうか?



パチンコ台のデータを長い事、分析している釘師が、
この業界言葉で言うくらいデータには周期があるのです。



出る周期が続けば、出ない周期に変わり、その繰り返しになっています。



そこで貴方が台選択を間違わない方法をここではちょっとだけ伝授しますね。


いつも通っているホールの確率をエクセルに
まとめておく事です。


この作業はやらないで面倒と思われる方が沢山おられます。


実は3 日間もやればすぐになれます。


なれると言うよりも楽しくなってやめられなくなります。



何故、楽しいか?


段々、やるべき台、狙える台が分かってくるからです。



もし仮にあなたがある日、実践して貴方が選択した台が
予測通りに出たらどうなりますか?


心臓バクバクで嬉しくて嬉しくて
思わずガッツポーズになりますよね?


初めてパチンコをやって大当りした時に
心臓がドキドキしませんでしたか?



その時の刺激よりももっと凄い刺激と喜びです。



ですから、一度エクセルに書き込みをやり始めるとやめられなくなります。





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!




ホルコン理論の矛盾とは?
そもそもこのホルコン理論とは一体何かと申しますと?!


パチンコ台は4~6台を一グループとして管理されていて、
ホールコンピュータが大当り配分を決めていると言う事を
前提として成り立つ理論です。



そしてそうした理論を情報として販売してる業者もいます。



もう少しこの理論を説明しますとですね?



大当りの配分はグループごとに回ってくるので、
5台グループの内の一台に大当りがあれば
そのグループ内に配分される事が多いということです。



なので抽選で大当りが配分された台を観察して、
次に大当り抽選で当選する台を見抜くと言う理論です。



これには、先ずその該当すると思われるホールがパチンコ台を
1番台・2番台・3番台・4番台・5番台というような順並びで
グループを組んでいるか?



または1番台・11番台・21番台・31番台・41番台と、
末番結びでグループを組んでいるか?



これを見分ける事が必要という理論のようです。




もしそのホールが並び番号でグループを組んでいる場合?!



1番台から5番台までを一グループとして、
仮に1番台に大当りがあったら・・・・・



この理論でいけば、次に大当りが配給されるのは
2番台から5番台の内のどれかと言うことになります。




そして末尾番号でグループを組んでいる場合には?!


1番台に大当りがあったら、次に大当りが配給されるのは、
11番台・21番台・31番台・41番台のどれかと言う事になります。



但し、このグループ分けが番号とびで、51番からの事もあれば
101番からの場合もあります。



ですが、このホルコン理論。



一見すると何か良さそうな感じがしますが・・・・・




現実的にこれをホールで実践するとなると、
かなり難しい障害が起こって来ます。



つまりこういうことです。



先ず、グループ分けが並びであるのか?末番であるか?


これを見定めるには、相当な時間その該当ホールの観察をしないと
素人ではまず判別できないでしょう。



いや、業界関係者でも無理でしょう。



またもし仮にそれが見分けられたとしても、
残り4台の内のどれであるかを見分ける事も難しい事です。



よしんばそこまで上手く仮に見分けたとして、大当りしたとしても?!


その台が「本日好調台」である保証はどこにもありません。



もしあなたがこの理論を実践するために朝からホールに
朝一にいったとしてホルコン攻略の適合台を探してみるとします。



ですが、実践すれば分かると思いますが、現実はかなり苦労しますし、
見分けるのも困難であることがよく分かると思います。



しかももしそれが百歩譲って本当だと仮定したとしても
どこかに先に大当たりが出るのを待たなければいけません。


仮に大当りがどこかの台に台に出たとして考えてください。



その状況で自分が今打っている台を捨てられるかとなると
おそらくほとんどの方が実際には迷ってしまうと思います。



まぁ、もし仮に実践するとしても気休め程度に考えて
都合の良い時だけ活用してみるというスタンスです。



そもそもホルコンを扱ったことがあるものとしては、
ホルコンで出玉を操作してること自体が遠隔操作になります。



遠隔操作を攻略するには、現実問題としてそのホールの店長なり
あるいはオーナーなりとつるまないと不可能です。




しかもその理論を主体として打つべき台を探すのは
あまり効率的でないと私は思います。



最大の難点は、ほとんどの方がそのホール島の
グループ分けを見定めるのが難しい。



それと初めて打つホールでは現実的に使えない。



またホールで当たりが出た台を全台見張る事はできないので、
ホール内を巡回して、たまたま見かけた台を基準にして
並び台・末番つなぎを探さなければなりません。



なのでそういうケースでは、ほとんどが空き台である事が少ない。

ということが挙げられます。



まぁ、その理論を信じる方もいるでしょうし、
実際にそれで大当たり台にありつけた方がいるのであれば
何も私は言うことはありませんが。。。



なので、ホルコン理論を信じるも信じないもその人の勝手です。



もし仮に実際のホールで試すのであれば?!



あくまで気休めで補助的なものとしての程度で
考えておいた方が精神上にも良いかとおもいますので。




パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






果たしてホールコン攻略法って一体何ですか?
かねてからいろいろとパチンコ攻略法に関するものが前からあります。



その中にいわゆる

『ホールコン攻略法』

といわれるものとかがあります。



まぁ、別名「ホールコン打法」とも言われます。


その前に?!


この『ホールコン』といわれるものについて
ちょっとここでおさらいをしてみましょうかね。



ホールコンピュータとは?


パチンコ、パチスロ店に設置される
専用コンピュータのことですね。



これはもう何度もお話してるように
理解出来てると思います。


通常ホール内には、事務所などに備え付けられております。



この「ホールコンピューター」の役割とは?!


パチンコ・パチスロ台とLAN接続され、各台がどの程度の
出玉を出したか(いわゆる「差玉」)に関する統計情報を
リアルタイムに収集し、パチンコ店の経営管理に利用する
ということが主な役割方法であります。



なので、この辺のことをよく理解しないで

「やれ遠隔操作の装置」

だの

「ボタンひとつで大当たりを掛けれる」

だの論議されてるわけです。




そしてホールコン自体は、その他の役割として

●CR機で使用されるプリペイドカード・ICカードなどの販売状況の管理

●自店や近隣の競合店の来店者数のデータ、

●従業員の給与管理等一般的な企業における経営管理システム

などと同等の機能を持つことも多いのです。



そしてもっといいのになると?!


中には最新のゴト手口やその防御方法の
情報配信を受けたりといった機能を持つものも
確かにあります。



そんな中で、巷ではいわゆる

『ホールコン打法』

などというような攻略法が
あります。




ではここで!?


この『ホールコン打法』とは
一体どういったものなのでしょうか?




(ホルコン打法)

ホールコンピュータは一般的には統計情報の収集のみを行い、
ホールコンピュータ側から各パチンコ・パチスロ台を
コントロールする機能は持たないとされています。

が、しかしながら・・・・

「実際にはホールコンピュータが大当たり回数や大当たり
の発生をコントロールし、新台やいわゆるイベント機種に
大当たりを集中させたり、ホールが赤字とならないように
出玉・メダルの総数をコントロールしているのではないか」

とする考え方をベースにしてるのが特徴です。


つまりこの考えをベースにして

「ホールコンがどの台を大当たりさせようとしているか」

を読みとるという攻略法が存在するとのことです。



誤解のないように言っておきますが、
こういった考え方を持ってパチンコを
する輩もいるということです。



ただ、これだとホール自体が「ホールコン」を
自由自在に操り遠隔操作をしてるということに
なってしまいます。



そしてホールコンピュータが大当たり判定を
行う時間の法則などを語っているものもあるようです。


それによるとパチンコ台は、一定の法則により
各シマ内で約4~6台ずつグループ分けされているとのこと。


そして大当たり判定の時刻になるとホールコンピュータが
グループ単位で大当たり抽選を行い、当選したグループ内に
大当たりが発生し、しばらくの間、大当たりがそのグループ内を
周回するという法則らしいのです。



冒頭でもチラッと述べましたが
全くもってありえない話です。



つまり冒頭でも述べたように「ホールコン」というものは
あくまでそのホールのシマにあるパチンコ台のデータを
収集・管理するためのものであります。



たしかにオカルト的な発想で考えれば、
そのような法則に当てはめようとすれば
そういう論議が成り立つのかもしれません。



ですが、実際に日々ホールコンピューターを扱ってる
現場の店長クラスにとっては、「それって一体何なの?」
ってな話になるわけですね。



「ホールコン打法」と呼ばれるものを
全部が否定するわけではありません。



なぜ全部を否定しないのかというと!?


それで実際勝てればその人はいいからです。


おそらくそれは偶然で勝ててるのでしょうからね。


まぁ、オカルト的なものを信じる人たちにとっては
そうした攻略法もアリなのかなぁという私自身の
意見ですし、あくまでオカルト的な位置づけ以外の
何者でもありません。



ただ、あまりにも『ホールコン』の役割が
事実と曲がって伝わってるという感じがしてなりません。



とにかくこの世には、ホールコンに関する色んな情報や
攻略法などのものがあります。



それを信じる・信じないはその人の勝手です。


私がとやかく言うことではもちろんありません。



ただ、あまりにもホールコンの裏側や内部のことを知らない人間が勝手に
理論・理屈をつけて何も知らない人間を洗脳してるのにはかなり危機感を感じてます。






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!






twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする







ホールコンピューターの意外な盲点とは?
ホールデータに関しては、フィーバーブームの頃から

その重要さが指摘され始めました。




こうしたデータの扱いにより、ホールの成績が左右されるようになってきました。




そこで!?


 

もう少しデータに目を向けようではないかということもあり

ホールも真剣にデータ管理をするようになってきたのが

フィーバーブームの時期になります。




それまでは

●アウト

●セーフ

●差玉

●打ち止め回数

●売上

●ジェットカウンターで数える玉数


ぐらいのデータ管理でありました。




ですが、これだけのデータで事足りていたのは当時は

事実でありました。




ですが!?





ここで実は問題も同時に生じていたわけであります!!




 
その問題とは一体・・・・・・・???



 










 
当時は、フィーバー機の売上は上がるのだが、他の一般台

に関しては上がっていないという事実がありました。




そこでホール全体の売上だけでは機種に合わせたクギ調整が

まったく出来ないというジレンマに陥ってしまったわけです。




ですので、島ごとの売上を求めて、機種の種類ごとに割数を
 
出さなければならなくなったのです。




いわゆる機械の性能の差が大きくなってしまったわけで

島の割数を出す役目がコンピューターに付加されたのです。




そして、その後にフィーバーのカウント規制が始まったのです。



これは連チャン規制のようなもので、機械の魅力だけでは

ホールも営業が出来なくなったということなのです。




こうなれば、とにかくホールの力で顧客を呼ばなくては

ならなくなってきたわけであります。




そこでクギ調整を円滑に行うために、それぞれの機械について

細かくデータを取らざるを得なくなったのです。





その時に登場したのが???





●ベース(遊び率)


と呼ばれる考え方だったのです!!





これは特賞中と特賞以外に分けで、特賞以外の時に

アウトに対するセーフの割合を求めたもの。




この機械の状況を把握しなければならないとのことで

生み出されたのが、ベースなのです!!



 
このようにしてより正確なデータが求められるようになり

今現在に至っております。




今では、確率変動中のデータなどももちろん検出出来ます。




競争が激化している今日この頃!?




パチンコ台から提供されるデータ数字は、ホール営業に

とっては非常に重要な武器のひとつとなっています!!

 



いかがだったでしょうか?







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。