パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


データランプの見方について

パチンコホールには今やどこに行ってもデータランプが設置されています。

いや、むしろ設置されてないホールを探す方が難しいくらいです。


そしてこのデータランプにも様々な種類のものがあります。


例えばですね?


3日間の大当たり回数が見れるもの

1週間の大当たり回数が見れるもの

30日間の大当たり回数が見れるもの

あるいは7回前までの大当たり履歴が見れるもの



3回前までの大当たりしか履歴が見れないもの

総スタート回数が表示するものとそうでないもの



まぁ、メーカーの型式やホールによって

データランプにも様々な種類のものがあるってことですよね。


それからデータを表示するのが縦書きのものや

横書きのものなどもあります。


もっといえば、当日がグラフにあるものや

ないものまであります。



これだけ挙げるとキリがないのでこれぐらいにしておきますが・・・


そして過去の履歴を見る場合、データランプにある



「履歴」ボタン もしくは 「データ」

と書かれた「DATE」ボタンを押します。

それを押すことでその台の履歴が見れます。

それからデータランプの表示上での注意点を。


まずメーカーによって1目盛りのスタート回数に

違いがあります。



1マスに付き大体の場合は100回転です。


ですが中には1マスに付き50回転のデータランプもあります。
また1マスに付き200回転のタイプのものもあります。


なのでまず自分が打ちに行くホールのデータランプが

どのタイプであるかをチェックしておいてください。


データ表示の例をもう少し具体的に説明しまします。



(1マスが100回の場合)



もし過去の大当たり履歴で

2マス分ランプが付いていたら!?



この場合には、100~199回転以内

で大当たりしてるということになります。



(1マスが50回の場合)

この場合には、50~99回転以内で

大当たりしてるということになります。



(1マスが200回の場合)

この場合には、300~399回転以内で

大当たりしてるということになります。



最後になりますがデータランプには

「×100」とか「×50」とか

いう目盛りの表示が書かれています。



なので打つ台のデータランプを見る際には

必ずこの目盛り表示の確認をして下さいね。



パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!


パチンコで勝つ方法 



スポンサーサイト

台データを見て仮説を立ててみよう!

過去の大当たりの回数や履歴などは、誰でもホールに行けば
台上のデータランプで確認したことがあると思います。



パチンコは1回転するたびに同じ確率で内部抽選をします。



過去の結果を元にして、もうそろそろ出るだろう、
あるいは昨日も出たから今日も出るだろう、と過去の大当たり履歴
を見て台を選択してる方も多いかと思います。



ただ、これもある意味不確定なことなので一概にいいとか悪いと
いうことはいえません。



そして私が一番あなたに見てもらいたいのは、こういう目に見える
大当たり回数や大当たりの過去の履歴のことではありません。



では、一体何を見てもらいたいのかというと?


●その台の総回転数


なのですね。



データランプを見ていると、前々日・前日ともに
通常時の回転数が多い台があるかと思います。



つまりこの通常時での回転数が多いということは
何を意味してるのかを考えるわけです。


(疑問)回転数が多いということは?

        ↓

(答え)お客がよくその台に座ってる

 


(疑問)では、なぜその台によく座ってるのか?

        ↓

(答え)釘が甘くてよく回る台だから


このように仮説が立てられます。



デジタルが回らない台には、基本的にお客は
座りませんから結果的に稼働率が悪く通常時での
回転数も少ないはずです。



その反対にデジタルがよく回る台に関しては、
稼働率が高くよく回るからお客が粘っていた
可能性が高いと推測できます。

もし釘調整が据え置きであると仮定したなら、
今日もこの台はデジタルがよく回るのでは?
という予測が出来ますよね。

ただこの視点方法も欠点があります。


どういうデメリットがあるのかと申しますと!?



まず、稼働率が良すぎるホールでは
通用しないということです。

稼動率が良すぎるホールは、空き台が出ても
すぐに次の客が座ります。



なのでどの台に関しても稼動が高く差別化が
出来ないためにこうした視点は通用しないというわけです。

それからお客の層が初心者などが多いホールでも通用しません。



つまり、こうした初心者とかパチンコの知識に
乏しい層が多いホールでは、そのような客は
何も考えずに台に座る傾向があるからですね。



まぁ、こうしたことを頭にいれてひとつの
参考にしておくと大変便利になるかと思いますよ。


パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!








出玉グラフの活用方法について

誰でもホールに行った際にはデータを見ることも多いかと思います。



最近のパチンコホールにおいては、台上にあるデータランプで
ある程度の台の情報が表示されるので直ぐにみれます。



さらに詳しいデータ情報を見たいのであれば?!



データロボなどであれば、より台選びに有利になります。


なのでここは断然出玉グラフをチェックするべきです。



もともとは確率論だとデータというのは無意味だと
いうことになります。



ですので、いつどこでどういう台を打っても
常に状況は同じなので台を選び意味はない。。。。



ということに確率論だとそういうことになってしまいます。



あなたはそれを信じられますか?



実はホールには確率論者がデータを見ながら
台選びをしてる光景をよく見ます。



情報は多ければ多いほど実際には参考になります。


パチンコの大当たり確率は大抵は1/300前後です。



ただ確率だけで見てしまうとですね?



消去法ではなくいつでもどこであっても1/300なのです。


しかも常にシャッフルされた状態での1/300です。



1000回転後も2000回転後も大当たり確率は1/300



このように確率論では大当たりは奇跡的偶然としか
いいようがない状況が生じてるのが普通の光景になってしまいます。


ただ出玉グラフを見てみるとですね?



出たり入ったりを繰り返しながら上昇してたり、
あるいは下降しています。


つまり、このグラフの波を見ることは大きな参考に
なるわけです。



結果をだしてる人は、実はこうした出玉グラフを上手く
活用して台の上昇や下降の具合をチェックしてるのです。



なので出玉グラフを上手く活用することで
良い結果が出る確率は上がるわけです。


こうしたグラフを見ることでその台が


・上り調子か?

・下り調子か?

・底なのか?

・天井なのか?



こうした台の動きというか流れが
ある程度予測出きるということです。


確率論も確かに大事です。


ですが、実際の台の動きやトレンドを見ることが
実はとても大事なわけです。


なのでいくら回しても大当たりしないとか
ハマリが来ることを考えた場合!?


納得出来ると思いませんか?



つまり台の調子を出玉グラフでチェックする習慣を
付けるようにすればですね?



今その台が下降気味なのか?


それともこれから上り調子になるのか?



こうしたことを予め把握することが出来るというわけです。^^


まぁ、確かに波とか否定する人も確かにいます。


昔のボーダーだけの理論を頑なに言う人もいます。



ですが、出玉の状況を実際にグラフで見ることで
波の存在が決してないわけではないということがいえませんか?



上り調子の台を打てば誰でも勝てます。



反対に下降してる台を打てば、どんなにデジタルが
回ろうが負ける可能性が高くなります。


理屈はいたって簡単なことです。


パチンコで勝てる台を見つけるには?






パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!




勝つためにはランプ表示をよくチェックしてくださいね!

最近のパチンコ台は潜確とかなんやらと何かとゲーム性の
用語が増えてきています。



特にこれから初めてパチンコをやろうとする人にとっては
最初にある程度ゲーム性を理解しないと中々スムーズには
いかないようであります。



といっても画面上のリーチアクションなどで純粋に
楽しむという見方も初心者の方には確かにあります。



ですが、勝ちにこだわるのであれば!?


こういう打ち方はもちろんNGであります。



そして最近の機種は、盤面中央にドンと構えている液晶画面で
様々な演出が繰り返されて、見てる側には確かに楽しいという
側面はあります。



ですが、実はこれはメインの表示装置ではないわけです。


本当の表示装置は盤面の隅においやられており、
見た目も地味なランプである場合がほとんどであります。



そして最近の台は潜確を搭載したものが多いので、
それを液晶から見抜くのは至難の業であります。



でも、これもランプを見ることで一瞬にして
判別が出来るようになります。



潜確だけではなく、ランプ類は他にも様々な情報を開示しています。


その機種に関しての役立つ情報が得られますから、
普段からランプを確認する癖をつけるようにしてみて下さい。



実際によくあるフェイクや潜確といった液晶画面では
判断しにくいことも、ランプを見ればこれらも一目瞭然です。



そういうわけで実質的なメイン表示装置は実はランプなのです。



その辺をしっかりと理解しておいてください。



それと同時にランプ表示が分かると色んなメリットがあります。



◎大当たりラウンド表示

昇格が先に分かるので安心して演出を楽しむことが出来る。


◎メインデジタル保留

リーチ中液晶の保留が消えても大丈夫です。


◎メインデジタル表示

潜確などの当選を瞬時に判別することが出来る。


◎朝イチ潜確ランプ

これを知ってるだけで朝イチ潜確台を確保出来る。



このようなメリットが挙げられます。




例えば、メインデジタルの保留個数が分かればですね?


無駄な打ち玉を防止することが出来ます。



それと同時にデジタルを回す時間効率もアップできます。



まだあります。



メインデジタル表示で潜確を判別できると同時に、
取りこぼしと無駄な追加投資を防止します。



また的確な止め時を把握することが可能になります。



朝イチ潜確ランプを事前にしっかりと把握しておけば?!



投資金額がほぼ0で確変台を朝からGETすることが出来ます。



このようにランプ表示を事前にしっかりと情報収集しておくことで
美味しい思いをすることが出来ます。



要は知ってるかどうかで立ち回りに差が出てきます。


なおかつトータル的に収支にも影響を及ぼすわけです。



今まで述べてきたようにランプ表示はいち早く多くの情報を
事前に掴んでおき、覚えておけば得することばかりです。



それらのランプ表示をしっかり観察し、同時に読み解き、
様々な場面の立ち回りで有効になります。



これが勝てるパチンカーの立ち回り法でもあるわけです。


パチンコで勝てる台を見つけるには?





パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

パチプロのパチンコ必勝メール講座




データを見る上での重要ポイントとは?
過去の大当たりの回数や履歴などは、誰でもホールに行けば
台上のデータランプで確認したことがあると思います。



でも、こうしたデータや履歴を有効に活用してる方は
案外と少ないのではないでしょうか?



パチンコは1回転するたびに同じ確率で内部抽選をします。




過去の結果を元にして、もうそろそろ出るだろう、
あるいは昨日も出たから今日も出るだろう、と過去の大当たり履歴
を見て台を選択してる方も多いかと思います。



ただ、これもある意味不確定なことなので一概にいいとか悪いと
いうことはいえません。




そして私が一番あなたに見てもらいたいのは、こういう目に見える
大当たり回数や大当たりの過去の履歴のことではありません。




では、一体何を見てもらいたいのか?






その答えは・・・・・・






























●その台の総回転数

なのですね。




データランプを見ていると、前々日・前日ともに
通常時の回転数が多い台があるかと思います。



つまりこの通常時での回転数が多いということは
何を意味してるのか?




これを考えるわけです。



(疑問)回転数が多いということは?

        ↓

(答え)お客がよくその台に座ってる

 


(疑問)では、なぜその台によく座ってるのか?

        ↓

(答え)釘が甘くてよく回る台だから


このように仮説が立てられます。




デジタルが回らない台には、基本的にお客は
座りませんから結果的に稼働率が悪く通常時での
回転数も少ないはずです。




その反対にデジタルがよく回る台に関しては、
稼働率が高くよく回るからお客が粘っていた
可能性が高いと推測できます。





もし釘調整が据え置きであると仮定したなら、
今日もこの台はデジタルがよく回るのでは?
という予測が出来ますよね。



ただこの視点方法も欠点があります。




どういうデメリットがあるのかと申しますと!?




まず、稼働率が良すぎるホールでは
通用しないということです。




稼動率が良すぎるホールは、空き台が出ても
すぐに次の客が座ります。




なのでどの台に関しても稼動が高く差別化が
出来ないためにこうした視点は通用しないと
いうわけです。




それからお客の層が初心者などが多い
ホールでも通用しません。



つまり、こうした初心者とかパチンコの知識に
乏しい層が多いホールでは、そのような客は
何も考えずに台に座る傾向があるからですね。




まぁ、こうしたことを頭にいれてひとつの
参考にしておくと大変便利になるかと思いますよ。



パチンコで勝てる台を見つけるには?








パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。