パチンコで勝つための極秘情報局
パチンコで勝つための必勝法情報などを公開!
最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甘デジはどのホールでも本当に甘いのか?
どのホールでも最近急激に増えてるのが、
いわゆる1円パチンココーナーです。



その中でも特に甘デジコーナーが増えてきてます。



「少ない投資で当たりが引ける!」


「MAXタイプでは見れなかった演出や連チャンが味わえる!」


というようなフレーズを売り文句にして
市場がドンドン増えていったのが甘デジです。



ですが、これらの要素は本当にホールがそのような使い方を
してる場合に限りであります。




正直なことをいいますと?!




経営が苦しいホールでは、この甘デジコーナー自体を
確実に利益回収のコーナーにしてしまってるホールもありますから。



いや、おそらく数多くのホールが今の現状では
そうではないかと思ってしまいます。



実はホールにとってはこの甘デジは収益が取り易い
回収用の位置づけとされています。



またMAXタイプなんかで連チャンした後に即止めする客が
増えてしまうと、当然ホールとしては赤字になってしまいます。



実際にそういう立ち回りをする客が増えてきてます。



そうなれば、当然甘デジコーナーにしわ寄せが行くことになります。



それで、実際の甘デジコーナーの出玉状況はどうなのか?




確かに1万発以上出るケースもあります。



でも、それは実際には稀なことですし、出玉のスピードは
明らかにMAXタイプに劣ります。



そして甘デジを打つ客は、出たり呑まれたりを繰り返しながら、
最終的にはちょっとだけ勝ったりして、さほど損はないような
感じ程度で負けて帰っていきます。




普通に考えれば、確実に利益が取れる甘デジコーナーを
ホールはもっとサービスすればいいのではって思ってしまいますよね?



でも、残念なことにそうした打ち手の気持ちを薄々は
分かっていてもそれが出来ないのが今のホールの現状なのです。




パチンコを打つお金が少なくなってきてる方たちが
その理由から甘デジを打つようになってきてますが・・・・



そうした客からさらに利益を甘デジで取ろうとしてるわけで、
決して甘デジは甘い使われ方をしてるわけではありません。



なので、要注意です!





そして甘デジコーナーが危険なホールの特徴を挙げておきます。


・スロットコーナーの稼動が悪いホール

・MAXタイプの稼動が悪いホール


このような傾向にあるホールで甘デジを打つのは避けて下さい。




反対に甘デジを打ってもいいのはこの反対のホールです。


・スロットコーナーの稼動が抜群のホール

・MAXタイプの稼動が良いホール




ホールに行って打つ際に、何が損をするかというと?!



こうやってホール心理を読めずに、また物事を全体的な大局の目から
見ることが出来ない人たちです。



視野をもっ広げてホールの心理を読むこと。




なので、たまには普段は打たないコーナーをよく観察したり
するということも大事なことですよ。



パチンコで勝てる台を見つけるには?








パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!



スポンサーサイト

カニ歩きでお宝台をGETしよう!
先月に藤商事が発売した

「ヴァン・ヘルシング」はもう打ちましたか?



これは約200回転に1回の突入する

「ドラキュラバトル」で勝利すると?!



2Rか14Rの大当たりを9回セットで獲得出来ます。



しかもこれが約67%でループするというから
出玉の潜在能力が抜群でもあります。



ちょっとシステム的に複雑な仕様になってます。



なので、簡単に説明するとですね・・・・


大当たり確率が1/24.73


といっても、初当たりまでは、出玉のある大当たりを直接引くか、
もしくはドラキュラバトルで勝利するかの2パターンが存在します。



そしてほとんどの場合、後者のパターンです。


ちなみにバトルに発展するのは、砂時計を獲得すると
役モノの時計の針が1つ進み、24時を指した時。



つまり、確率的には240分の1クラスの機械と
同じようなものであります。



そしてそのバトルの勝率が1/3のために、
もし負け続ければ1000回転以上のハマリも
覚悟しなければなりません。



このような特性をもった機種なだけに、手を出しづらい
という打ち手も多いかと思いますが・・・・


でも、実はこれにはちょっとおいしい話があります。



それは何かと申しますと?!



朝一でのカニさん歩き打法が有効であることです。



本機の場合、先ほども述べたようにいかにして
「ドラキュラバトル」で勝利するかどうかが
勝敗の分かれ目になります。



ですが、ホール側が閉店後にいわゆる「RAMクリア」を
すると、翌朝には1/24.73の確率でバトルに突入する
という仕組みになってるわけです。



ですので、もしバトルで負ければ別の台にすぐに移動。


それでもまたダメならさらに別の台に移動。



こんな感じでカニさん歩き打法をすればいいわけです。



全店で「RAMクリア」を当然行ってるわけでは
決してありませんが。。。



それでも中にはホールによっては「RAMクリア」を
閉店後に行ってるところもあります。



また普段は行わずに、イベント時だけに行うホールも
もちろんあります。



そしてそうしたホールは、朝一の客付き具合やそのシマの
状況などを見れば一目瞭然です。



なので、もしあなたの近所のホールに「ヴァン・ヘルシング」が
導入されてるのであれば?!



朝一は三文のお得になるかもしれませんよ。^^




ちなみにこの機種の出方についてですが・・・・



ひとたびツボに入れば2万~3万発も可能です。


朝一でこれだけ出ればまさに御の字です。




そして夕方以降の勝負であれば?!



時計の針が24時近くの台を積極的に狙ってみてください。




ご参考までに。。。







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!





ライトミドルが実は狙い目・・・・・
2年前にホールに登場した「牙狼」ですが・・・・


当時はその連チャン性と勝負の早さが話題となり、
それと同時に打ち手のハートを射止めました。



そしてその「牙狼」が強烈な連チャン性をそのままに
より遊びやすいライトミドルで登場しました。



このライトミドル機の「牙狼」に関しては


大当たり確率が1/147.93

確変突入率が82%

出玉が480個


というスペックとなってます。



本家の「牙狼」で痛い目に遭った打ち手達が

「この甘い確率なら勝負してみようか!」

というように考えてるようです。



そのおかげかどうかは分かりませが、
連日ホールで高稼働を誇ってるようです。



そしてそのライトなスペックらしからぬ
出玉の暴れっぷりが注目されています。




実際のホールデータを見ても、最大の赤が
5万発近くも出ています。



これは等価交換のホールでいえば!?


約20万円近い金額になります。




そして大当たり回数にすれば100回以上も
大当たりしてる台もあります。



もちろんこれだけ出るということはその逆もあります。




出ないときには、ホール側の黒字が4万発以上も。。。



これはお金に換算すると16万円以上にもなります。



つまりそれだけの金額を打ち手が負けてるということです。




この数字だけを見ると?!


「ライトミドルなのにどこが遊びやすいの?」


って疑問に思うかもしれません。。




ただ、今挙げた数字はあくまで最高数値なので
全部が全部の台がこうなるということではありませんので。




いずれにしても、他のライトミドルの機種では
見ることが出来ないような出方をしてるのが「牙狼」です。




なので、ホール側も実際の釘調整は慎重にならざるを得ません。



これはどういうことかといいますと?



ホール側も予想以上に出ることが怖いので
思い切って釘を開けられないということです。



なので、ホールによってはボーダーライン以下の
台ばかりということもあるようです。



なので、これをよく理解した上で立ち回ることが大事です。


ボーダーよりも下回る台ばかりで打ってれば、
長時間打てば打つほど負けの金額も大きくなります。



なのでボーダー以下の台はなるべくは手を出さないように
注意したいところでもあります。



そしてそういうホールで打つ場合には、
ある意味割り切ってイベント時だけ打つとか。



閉店前だけ打つとか。。。



そしてある程度連チャンしたら、すぐに止めて
勝ち逃げすることがポイントになります。




出方としては前日のハマリ台が翌日に爆発する傾向が
あるようです。



なので、朝一で狙うなら前日のハマリ台。


夕方以降に狙うのであれば、その日の好調台。



連チャンもする分、ハマリも大きい機種ですから、
打つ際にはまずは投資金をしっかり決めて
ダメならすぐに諦める割り切りも必要です。



そしてこの「牙狼」に関しては短時間勝負が
向いてる機種でもあります。




参考までに。。。






1パチの必勝法とは? ⇒ こちらをクリック



元釘師の初心者のためのパチンコ必勝講座




北斗の拳の1台あたりの粗利ってご存知ですか?
パチンコ台に粗利って聞いたことはありますか?


ご存知のない方のためにまず最初にこの粗利について
説明をしてみたいと思います。



まずここで粗利とは・・・



パチンコ台の売上、つまりサンドの中に入ったお金から、
出玉の換金分を差し引いた金額となります。



通常の場合、1台1日あたりの金額を、機種別や
ホール別に平均したもののことを言います。



当然ではございますが、1日中その台に客付きがなく、
サンドに入るお金が一切無ければ?!


その日の粗利は0ということになります。



つまり、稼動(客付き)が悪いと平均粗利も減り、
逆に稼動が上がれば当然平均粗利も増えていきます。




ちなみに今の4円パチンコでの平均粗利は
1台に付き4000円程度です。



4円パチンコのコーナーがMAXタイプにシフトしてる
昨今では、粗利は台の爆発力の裏返しにもなります。



なので、本来であれば大幅に粗利は増えてきても
おかしくはない話なのですが・・・・



実はその裏ではあることが起きてます!






それは何かと申しますとですね?



















稼動の大幅低下による粗利の急激な低下を招いてるということです。



もう少し分かりやすく説明するのであれば?!



そもそも1台当たりの粗利を増やそうと試みてMAXタイプを
導入したのも関わらず、実際のホールの粗利はというと、
稼動も全体的に落ちて、粗利も反対に低下してるわけです。



4円パチンコでのMAXタイプの台数を増やしたホールの
思惑とは違って、現実には逆の現象が起きてるわけです。



といってもMAXタイプの粗利はやはり元々高い
ということは事実でもあります。



数年前ではとても考えられませんでしたが、
新台導入時の稼動が良ければ1台あたりの粗利がなんと?!



1万円を超えてるなんてこともありましたから。




その粗利に拍車を掛けたのがST確変タイプの機種であります。




普通の1回ループのスペックですとどうしても確変中の
ハマリとかでその間の売上が発生しない時間が長くあります。


それに対してST機の場合、きっちりと確変が終わるので、
売上が上がるというのがホールのST機に対する評価なのです。




そして最近の新台の中での注目の機種である「北斗の拳」なんかは・・・



導入して1週間での粗利は平均して1万円程度。




最近の傾向からすれば、まだ適正レベルでの粗利額です。




もちろん中にはそれ以上抜くホールもありますが。。。



ただ、全体として見ると、ホール側も北斗に関しては、
大事に使おうとしてる姿勢がデータからも分かるようです。



反対に北斗と同じ時期に出た某機種なんて
それこそ粗利額はひどいものです。




いわゆる完全ボッタクリ営業ってわけです。^^;




まぁ、ホール側の考えを代弁すればですね?



そのようないつお客が飛ぶか分からないマイナー機は
抜けるうちに機械代を回収してしまおうという考えがあるようです。



「なら、最初から導入するなよ~~!」


って話ですよね。




といってもホール側もいい加減、それを分かった上でやってます。



いや、むしろそんなマイナー機をホールの回収目的で
導入させてるメーカー側に責任があります。



こういう機械が長持ちしないことはホールも打ち手も
もう分かってるので、そのような機械ばかりを販売してる
メーカーは今後は益々売れなくなってるわけです。



なので、何度も言うようですがとにかくホールで台を打つ場合には
そのホールが大事に使おうとしてる姿勢が見られる機種や台。




そのような機種だけをメインで打つようにして下さいね。





ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!







パチンコで勝ちたい方はこの先をご覧下さい!

  ↓ ↓ ↓ ↓

ここをクリック!!!







北斗の拳が好調のようで・・・・・
今月にホールに導入されてる北斗の拳


どのホールにおいても稼動がかなり好調のようです。^^



今回のぱちんこCR北斗の拳 剛掌(ラオウ)』は、
進化×継承をテーマにしたパチンコです。



それと同時に2003年に発表した『パチスロ北斗の拳』以来、
パチンコの打ち手のハートをがっちりとつかんできたサミーの看板シリーズ。



多彩な予告演出をはじめとして、あらゆるリーチやバトルボーナスなど。。。


今回も前作の継承はもちろん、新しい要素もふんだんに盛り込んであります。



ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!





スペックに関しては、前作の『北斗の拳 ラオウ』とほぼ同じです。




ちなみに今回の北斗は、


大当たり確率約1/399 、継続率80%


のマックスタイプです。




スピードのある右打ち消化全開のバトルモード

あるいはハイパーボーナスならば?!



2000個を超える出玉による爆発力も非常に高いです。



連チャンのツボにはまった時には、
それこそ一機のドル箱形成が可能になります。



ちなみに今回から採用されたクロス枠が、
多彩な予告やリーチ演出を熱く盛り上げる役目をしてます。



またパチンコ台そのものがリアルに揺れているような感じにさせる
「シェイクビジョン」によるアクションも注目のポイントであります。



なお、今回登場する人物はシリーズ機史上最多となってます。



かつてのジャギやアミバなどお馴染みのキャラに加え、
元斗皇拳ファルコが新たな強敵として登場します。



これは、ラオウ昇天後を描いた「天帝編」を取り入れているためです。

さらに、挿入されている楽曲も歴代最多の全7曲となってます。




好きなファンも多い「愛をとりもどせ!!」「TOUGH BOY」に加えて、
黒王全回転リーチ持にのみ流れる超プレミア曲もありの。。。



とにかく楽しみどころは満載で、これもまた見物であります。



爆発力が高い機種とはいえ、スペック上は初期投資も多くなりがちです。



なので、打つ際にはできるだけ回転率が高い台を選択して打ちましょう!



ちなみに以下にボーダーラインを示しておきます。



■ボーダーライン


2.0円 ⇒ 23.9回

2.5円 ⇒ 21.4回

3.0円 ⇒ 19.5回

3.3円 ⇒ 18.6回

4.0円 ⇒ 17.0回













さらに緊急情報が入ってきました!




今現状でホールに導入されてる「北斗の拳 拳掌」の後継機として、
早くも「黒王バージョン」のリリースが決定した模様です。



ちなみにスペックは以下の通りになります。



大当たり確率:397.2分の1

賞級数:3%13&15

出玉数:約2226個(16R)、約539個(4R)、約270個(2R)

確変突入率:80%

時短:電サポ中の2R通常当選後に30回OR50回OR70回




ちなみに大きな相違点としては・・・・・・




新内規対応バージョンのために2R大当たりの出玉が
多いということであります。



最大出玉である右アタッカー16R大当たりは、
払い出し理論値は2400個になります。



新内規ではその最大出玉に対して、最小8分の1以上出玉が
獲得できなければ「大当たりとはみなされない」ということになってます。



なので、出玉最小値の2Rは300個となってます。




さらに「ケンシロウバージョン」も年内に登場するとか?

しないとか・・・・?




そんな噂も出てくるぐらい北斗は好調のようです。^^



しばらくの間は、この北斗がホールの主役になりそうです。



ただ、ご存知のようにMAXタイプの機種であるので、
くれぐれも投資金額を大幅に使い過ぎないように要注意してくださいね。




ぱちんこ北斗の拳剛掌の大当たり動画をみたい方はこちら!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。